ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




インターネットで森田芳光の『間宮兄弟』の予告編を偶然見た。
佐々木蔵之介とドランクドラゴン(実は見たことありません)の塚地武雅が主人公。なんだかオフビートな匂いがたちこめている。

とにかく映像の色がすごくいい。
予告編では白い色のトーンがブルーフィルターで薄ーく青っぽく見える。この少しだけクールな白が、恐らくこの映画のオフビートな間や、彼らの住む部屋の空間(家中ギッシリ本が詰まった本棚だらけ、でもきれいに整頓されてる)の生活臭のなさを表現するのに上手く働いている。

佐々木蔵之介が本屋で店員の沢尻エリカに声をかけるシーンがあったけれど(ここの佐々木蔵之介がカワイイ)、なぜか本屋のシーンって好きだ。
『ジョゼ』の時の妻夫木くんと荒川良々、『エターナル・サンシャイン』の時のジム・キャリーとケイト・ウィンスレット。不思議とどの映画でも本屋さんの空気って同じだ。

中島みゆきが間宮兄弟のお母さんを演じている。予告編を見る限りでは相変わらずの「中島みゆき」だった。風変わりでおっとりした感じのお母さん(若すぎ?)、という雰囲気。でも実はわたしはちょっと中島みゆきのお芝居は苦手なのですが。

次から次へと若手のお笑いの人が出てくるから、日本のスピードで日本のTV番組を見ていないと知らない人がいっぱいだ。
「ドランクドラゴン」として塚地くんを見たことはないけれど、以前に「はねるのトびら」で彼がブサンボマスターとしてサンボマスターの山口くんの真似をしていたのだけ見たことがある。関係ないけど「武雅(むが)」って。ご両親は竹脇無我を意識したのかな。(笑)
予告編や「はねトび」のわずかなパフォーマンスしか知らないわたしには彼の本当の魅力がわかってないのかも知れないけれど、イマイチ塚地くんに「何か」を感じないなぁ。「あっ、この人、何か持ってるぞ」という才能の片鱗を感じさせるワクワク感がないというか。
期待しない、または予期しない人から、今まで全く見せられたことのなかった部分を見せられた時の驚きと興奮というのは、何とも言えない。
そういう、何かキラッとしたものを持った人にやっぱり惹かれてしまうんだな。

予備知識を持たずに予告編を見たら、これが森田芳光の作品だって気がついただろうか。
アトミックエースの配給だし、配役も豪華だし、原作だって江國香織なんだけれど、作品テーマはミニシアター系。実際上映館も恵比寿ガーデンシネマのようなミニシアター系だけれど。その辺が森田芳光のイメージと少し違って感じるのかな。そういう意味では彼のフィルモグラフィーの中の『(ハル)』に最も近い映画かも知れない。

今は懐かしき「パソコン通信」で知り合ったハル(内野陽聖)とほし(深津絵里)が、お互いの素性を隠したまま交流を深めていくストーリー。
映画のエンディングが2人にとってのスタート、という爽やかさはノーラ・エフロンの『めぐり逢えたら』(トム・ハンクス&メグ・ライアン)にも通じるけれど、主役の内野さんと深津っちゃんがとにかく初々しく、そして魅力的。
実は『家族ゲーム』よりも『それから』よりも、『(ハル)』が森田芳光作品の中でわたしの最も愛する映画だったりします。

5月公開なのでもう試写会などが始まっているようですが、観た人の感想(ちょっと読んでしまった)では、このテーマで2時間は少し間延びして長い、と。予告編は15秒に収めてあるから、面白いところが凝縮してある感じだけど、その意見は何となくわからないでもない。
原作が短編なのか長編小説なのかわからないけれど、雰囲気は何となく短編の1つ、という感じだから、作品の雰囲気からすると短めがちょうどいい感じもする。まぁ、見てないから何とも言えないけれども。

それにしても佐々木蔵之介は快調です。好きです。
彼は「惑星ピスタチオ」で芝居を続けつつ、大阪の大手広告代理店「大広」でサラリーマンも経験している。彼が大広で営業マンをしている頃にわたしも大広さんと仕事をしていたから、もしかして佐々木蔵之介にも逢えたかも、なーんてつまらぬことを考えたりして。ふふふ。

そんなわけで、『間宮兄弟』の15秒の予告を見ただけでこんだけ引っぱる自分にも呆れつつ、映画の持つトーンはその15秒に凝縮されていたことを書き留めておこうっと。

ちなみに『間宮兄弟』とは全く関係ありませんが、NHKの『トップランナー』のHPによると、4月30日のゲストが向井秀徳でした。
向井ファンの皆さん、見逃すべからず。

【追】(4/23/06)
公式HPにある予告編を15秒だとばっかり思っていたら、実は2分ぐらいあった。さすがにあの情報量を15秒にまとめるのは無理か。
というわけで、「2分」に訂正です。





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。