ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日、放送されたゴールデングローブ賞の授賞式についてエントリを書いていたのに、非常に原始的な操作ミスで全部消えてしまった。ガックリ。
気力をなくして再度書くことはしなかったのだけれど、気を取り直して。

別に大したことは書いてなかったのだけれど、「Ugly Betty」で主演女優賞(TV・ミュージカル/コメディ部門)を獲ったアメリカ・フェレーラと主演男優賞(映画・ドラマ部門)を獲ったフォレスト・ウィティカーのスピーチにちょっと泣けてしまった。2人ともすごく素直なリアクションで、そしてその気持ちがものすごく伝わってきたので…。

フォレスト・ウィティカーはすごくいい俳優なのに、時々(いや、かなりの確率で)「なんで、コレを選んだの?」という映画に出ているのだ。しかも勿論主役クラスではなく脇役で出ていたりしてわたしに疑問を抱かせるのだ。
しかし今回はかなり『ラストキング・オブ・スコットランド』での演技の評価が高く、オスカーも彼が獲るかも。

残念ながらイーストウッドの『バード』を見逃しているのだけれど、ニール・ジョーダンの『クライング・ゲーム』ではすごくいい役だった。
地味だけれど味のあるフォレスト・ウィティカーがオスカーを獲ったらいいなぁと思う。2/11がアカデミーの授賞式でしたっけ。(*2/11はグラミーでした。日本では2/12にWOWOWで放映があり、アカデミー賞は2/26にやはりWOWOWで放映予定。)

最近は全くといっていいくらい、洋画を見なくなってしまった。ちょっと気になる作品は山のようにあり、見てみたいとも思うのだけれど、映画館に足を運んで見よう、DVDを借りてきて見よう、そういう能動的な気持ちはだんだんと薄れてきてしまった。

ここ最近は日本の若い監督の作品を見たい気持ちの方が断然強くなった。そちらの方から受ける刺激の方がずっとずっと多くなった。たぶん、作り手の感性に心動かされることが洋画より多いからで、そういうきめの細かい叙情的な表現を自分は望んでいるんだと感じることが多くなった。

『フラガール』なんか見た暁には、絶対絶対、大泣きするだろうなぁ…。


【本日のBGM】Picture Perfect / Monkey Majik + m-flo

非常にツボをついたキャッチーなメロディーだ。FMから流れてきたらつい聴き入ってしまう。
歌詞は相変わらず(失敬)”彼らでなくては書けない”という個性は感じられないんだけど、サウンドは心地よいです。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。