ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日、友人と出かけた時に立ち寄ったBANANA REPUBLICで茶色の柔らかい皮の財布を衝動買い。
どうしてわたしはこうも皮小物に弱いかな。

おとついは22度まであったというのに、昨日・今日の寒さときたら。
今日は友人の卒業式のパーティがあったので参加してきたけれど、ボストン・ハーバーの近くだったから寒かったなぁ、ほんとに。

公の場で軽やかに踊れる人が本当に羨ましくて仕方ないのだけれど、今日も「踊れー、踊れー」とフロアに引っ張り出されないよう、なるべく目立たない場所を確保したつもりが、やっぱりそれは許されなかった…。

DJが Wild Cherry の「Play That Funky Music White Boy」をかけた途端にフロアはグルーヴと熱狂の嵐に叩き込まれてしまった。


      Yeah, they were dancin' and singin' and movin' to the groovin'
      And just when it hit me somebody turned around and shouted
      Play that funky music white boy
      Play that funky music right
      Play that funky music white boy
      Lay down that boogie and play that funky music till you die


このサビの部分を皆が大合唱!
うーん、久しぶりにファンクのリズムに負けて踊ってしまった。
Wild Cherry、恐るべし。”One Hit Wonder” の底力をみました。(笑)
しかし次にKC&The Sunshine Band の「That's the Way」なんかかけるもんだから、フロアは怒濤のディスコ大会になってしまった。

ファンク、恐るべし。


【追】
マドンナの「What it feels like for a girl」の中毒性のある心地よさとカッコよさを再確認。踊るのを忘れて聴き入ってしまった。
マドンナの歌詞はいつもながら素通り、でもこのアレンジは素晴らしい。





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。