ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




一昨日野球でガッチガチの筋肉痛だという二宮さんは昨日スペインへ旅立って行ったのね。――しかし、コレは何の仕事デスカ?

ドキュメント番組のナレーションとか上手いからそういうの? とか ドラマの撮影?とか、あれこれ思い描いてみたり。 明日のニッキで判明するでしょうか…?
世界遺産関連だったら櫻井”ヤッターマン”翔くんはちょっと悔しがるかも!



関係ないけれど、昨日の夜にBS-hi でやっていた「ハイビジョン特集」で、ピアニストの仲道郁代さんがショパンにまつわる謎を追う『ピアノの詩人ショパンのミステリー』を見た。
ショパンの楽譜から読みとれる、彼の演奏者へのメッセージ。
ワルシャワやパリを訪れショパンの直筆譜や彼の時代に使われたピアノ(プレイエル)を実際に検証することで、なぜ普通では不自然となる指遣いをショパンは指定しているのか?、どうしてペダル踏み上げ指示のタイミングが早いのか?という、演奏者ならではの観点からの謎を追ったドキュメンタリー。

現代の進化したピアノとショパンの時代のアンティークなプレイエルのピアノでは音の響きが全く違い、彼が譜面に書き残したペダルの指示はその当時のピアノで弾かなければその効果が100%生かされないという事を、実際にプレイエルを弾いてみて体感した仲道さん。
本当に長い間待ちわびた人に会えたように、懐かしむように、「強く弾いてみてもいいですか?壊れたりしませんか?」と(プレイエルの管理者に)お願いしてしばらくの間ショパンを弾き続ける彼女はとても幸せそうだった。

ショパンを追う旅をしながらピアノを演奏する楽しみと喜びを表現する仲道さんがチャーミングだった。 やっぱりBS-hi はお金と時間をかけて面白い番組を作るなぁ。







>本当に長い間待ちわびた人に会えたように、懐かしむように、「強く弾いてみてもいいですか?壊れたりしませんか?」と(プレイエルの管理者に)お願いしてしばらくの間ショパンを弾き続ける彼女はとても幸せそうだった。

読んでるだけで、高揚する気持ちを抑えながら緊張の面持ちで鍵盤に向かう中道郁代さんの姿が想像できました(^^)
こんなコアな番組が作れるのはやっぱりNHKだから。民営化したらだめだわ

ニノが 「スペイン」 「行く」
たったその二言だけで、嵐ファンは大騒ぎv-11 頼むから早く種明かしして欲しいーわー(TT)
【2007/11/30 09:54】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

やっぱりNHKのこういう教養番組は丁寧な作りで好感が持てますね。

トランジットの待ち時間にパリe-499から今日のニッキが更新されてましたね!スペイン紀行はまだ続く??e-68

【2007/11/30 21:46】 URL | elsur #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。