ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




嵐のファンにとっては長かった「夏の終わり」がやってきました。

10月も一週間が過ぎ世間ではとっくに「夏の終わり」なんて季節ではないのだけれど、7月の14日からスタートした嵐の夏の全国ツアーが昨日の東京ドーム公演のファイナルをもってようやく千秋楽を迎えました。

当初のコンサートスケジュールではチケットを求めるファンの数とキャパシティが全く釣り合っておらず、各所で何度も追加公演を決定したもののそれでもまだ38万人もの人がチケットが取れない状態だったので最終的に10月までずれ込んで大阪と東京のドーム公演が再々追加されました。
潤くんが言っていたように、文字通り「8年間で最も長い夏のツアー」になったわけですね。

わたしは7日の公演には参加していないので昨日が初の東京ドームでのコンサート。
ここに比べればやっぱり京セラドームはまだ小さく感じる。
まず天上が高い高い!

この空間に天上席までビッシリ埋まったファンを見上げる彼らの心境は本当に何とも言えなかっただろうな…見ていて何度もそんな風に感じました。



time monument@tokyo dome

毎回彼らのコンサートの時に会場外に飾られるモニュメント。
地方のコンサート会場では飾られないので横浜アリーナか東京ドームの公演の時しか見ることができない。
ようやくこのモニュメントにも対面することができました。

今回、オーラス公演にしてわたしにとっては今までで最もいいポジションで見ることのできる位置。
メイン&バックステの真正面ではなかったものの、ちょうど1塁側のバックネットが切れた隣のブロックの1Fスタンド席だったのでバックネットに邪魔されることなく全体を見渡せることができました。バックステージと外周花道も近く、外周移動トロッコに彼らが乗るとちょうど彼らの視線の高さぐらいになるため表情がよく見えました。さすがにメインステは遠いけれどバックステの彼らは若干斜めではあるけれど肉眼でも十分見える距離。
そしてわたしにとっての何より一番の重要事項は「Love Situation」の時の視界だったのです。

この曲の振り付けと演出が大好きなわたしはアリーナを前後で移動する2台のムービングステージが同時に視界に収まる場所、どうしてもこれを体験したかった。
今までの座席ではアリーナの真横に位置する場所から見ることになったので、バックステージを見るとメンステからやってくるメンバーが見られず、逆もまた同じ。2台のステージでそれぞれ違う踊りを踊っている彼らを同時に見ることができずどちらかを諦めざるを得なかったのが、ようやく遠近同時に視界に収めることができるのは非常に重要だったのです。そしてもちろんメインステ横のスクリーンに映る場内カメラでのアップも視界に入る。
わたしにとってはコレ重要!!

以下はコンサートの感想ですが、それにしても覚えていることを文字にしたら恐ろしく長くなってしまった。本当に長いですから覚悟して 《…Read More》をクリックしてください。

セットリストは「うらあらし」を除いて京セラドーム公演から同じ。
まとめとして昨日のセットリストと自分が気付いたことを覚え書き。



1. Everybody前進
2. Di-Li-Li
3. きっと大丈夫 <曲間に挨拶>
4. Oh Yeah!
5. Friendship(相葉ソロ)
6. Can't Let You Go(櫻井ソロ)
7. 時代
8. Yes? No?
9. Carnival Night PartⅡ
10. 虹(二宮ソロ)
11. 太陽の世界
12. WAVE
13. Love Situation
14. a Day in Our Life
15. ハダシの未来
<MC> ~ <Hey! Say! Jump お披露目>
16. 《うらあらし》 トーク → 風
17. Hero
18. Yabai-Yabai-Yabai(松本ソロ)
19. Song for Me(大野ソロ)
20. Cry for You
21. 言葉より大切なもの
22. 感謝カンゲキ雨嵐
23. 君のために僕がいる
24. PIKA★★NCHI Double
25. A・RA・SHI
26. サクラ咲ケ
<5人から一人ずつ最後の挨拶>
27. Be with You
28. Happiness

【EC】
1. We Can Make It!
2. ファイトソング(逆バンジー:松潤)
3. WISH
4. Love So Sweet
【EC2】 Future
【EC3】 Rock You
【EC4】 NA! NA! NA!
【EC5】 感謝カンゲキ雨嵐




●オーラスとういこともあって始まる前から会場のテンションも高く、彼らが登場した時点でもうわたしは暑くて暑くて。観客も彼ら自身もすごくワクワクしている気分が全体に感じられて、それが相乗効果となってとにかく彼らと一緒に歌って踊るのが楽しくて仕方ない感じ。

●「Everybody前進」の登場の時は本当にワクワク!ムービングで彼らがメインステからバックステに踊りながら移動してくる様がほんとに”オープニング!”っていう感じのかっこよさ。ニッキにありましたが加瀬亮くんはこの曲が大好きなんだそうで。7日にはウチワ振りながら楽しんだそうです。
東京ドームから肩にカラフル羽付き衣裳。会場がとにかくデカイので遠くからでもメンバーが確認できるようにという趣向なのであれば、なぜメンバーカラーの色の羽とは違う色を着けてるんだろう? 7日のMCでも言っていたそうですが、確かに羽が大きすぎて踊りにくそうではありました。

●「Oh Yeah!」の時の松潤・相葉ちゃん・ニノ並びの時の足踏みを毎回双眼鏡でチェックするも今回も気が付かず。やってた?もう飽きちゃったんでしょうか。

●相葉ちゃんのソロ、黄色っぽいオレンジのTシャツ。これは京セラの1日目で着ていたものかな。京セラの時は黄色に見えたけど、昨日はオレンジに見えました。やっぱり照明で見え方が違ってた。わたしが見た中で今回の相葉ちゃんが一番踊りのキレがよかった気がしました。すごくシャープな感じ。

●今回のポジションで嬉しいことの一つに、初めて翔くんのソロをちゃんと正面に近い位置から見られたこと!毎回感じたけれど、このソロの時にメインステのスクリーンにアップで映る翔くんがカッコいい。 

●昨日の「時代」のオープニングのポップアップ、相葉ちゃんがすごく高く飛び上がってかっこよかったです。

●「Yes? No?」は「I Want Somebody」と並んであの5人縦並びの千手観音風ダンスがかっこよく、いつも座席位置の関係でスクリーンの方を見ていたのが今回は彼らの踊りとスクリーンと両方が一挙に視界に入って嬉しい。蛍光リボンもキレイだったなぁ。

●「Carnival」の時、嵐メンは基本的にメインステの端から端までを使って並んでいたんじゃないかな?花道にも広がっていたかなぁ。わたしはメインステの上手端にいた大野くんばかりを追っていたもんで…。

●ニノの「虹」、やはり今日もメガネ。みんな慣れてきて?次第にあのメガネ外しの時の歓声は以前ほど大きくないかも知れないけれど、それでもやはりメガネを外すと大きな歓声!(笑)最後に彼が「ありがとう ありがとう」と歌うところでLEDで彼の手書きの「ありがとう」の白文字が浮かび上がるけれど、昨日ニノは歌い終わった後に客席の方に向き直って「ありがとう」と一言。ここでまた大歓声!

●「Love Situation」、ようやく思い残すことなく?楽しみました。(笑)
バックステからスタートする大野くんと松潤の踊りが大好き!2チームとも見られるけれど、やっぱりかなり大野&松本ペアを見てしまっている。ドーム仕様の2台のムービングが交差した時の「おーっ!」って感じはさすがに京セラ1日目の方が大きかったけど、それでもやっぱり大技ですね。

●「ハダシの未来」で上手側にいたニノと翔くんが2人で向かい合ってふざけて踊ってる。京セラでもやってたのかな? ♪コトバじゃなくて ウワベじゃなくて 飾らないでいるから~
のところ、わたしは一応ニノのところで一緒に手を上げてます。(笑)
 
●昨日のMC、まず相葉ちゃんがコンサート隊長・松潤に叱られてしまった話。
最初の挨拶の時にメンバーの間では松潤が挨拶を始めた時点でみんなジャケットを脱ぐ、というのが暗黙の了解なのに相葉ちゃんはテンションが上がってしまってずっとお客さんに手を振っていたとのこと。それを見て不安に思った潤くんが相葉ちゃんのところに走ってきて「脱げ!」と一喝したそうです。こういうところ、潤くんはステージ上でもディレクターとしてちゃんと見てるんだなぁ。いきなりオープニングからお叱りを受けてしまった相葉ちゃんが可笑しい。潤くんによると「相葉ちゃんだけが恥をかかないようにと思って言った」という優しさからだそうで。(笑)

翔くんは昨日もMCでいじられていて、オープニングの羽付衣裳の説明を実際に着て実演。他のメンバーにも一応衣裳が渡されたけれど、みんなは着ないまま。翔くんはお客さんに一生懸命説明しているから誰も着てないことに気付かず、みんなから「そんなにこの衣裳好きなら持って帰れば?」なんてからかわれていた。

みんながトークの時に飲んでるペットボトル、翔くんの飲み方がおかしい、と相葉ちゃんが指摘。確かに翔くんのボトルだけ真ん中が握り潰されたように凹んでる。一気飲みするために握っている部分を凹ましてしまうのだとか。実際に一気飲みしてみせる翔くんでしたがほんとにすごい勢いで飲んでました。

相葉ちゃんが7日のドームコンサートが終わった後のテンションを下げようと家で一杯飲んでるうちにそのまま寝てしまい、朝気が付いたら4人に「嵐最高だよね!」というメッセージを一斉送信する直前で寝てしまっていたことに気が付いた。朝冷静になって「いや~、(恥ずかしいので)送んなくてよかった」。(笑) その話をすると翔くんも4月のドーム公演の前日に「明日、頑張ろうな!」ってみんなにメールしようと思ってやっぱり止めた、ということがあったそうで。
結局みんなに冷やかされると思ってやめたそうですが、気持ちの熱い翔&相葉ちゃん vs クールな大野・二宮・松本組の3人が可笑しいです。

●うらあらしの時、相葉ちゃんが曲紹介をすることに。 彼が”Everybody say!”というと、お客さんに「風!」と言ってもらいたい段取りらしいのだけれど、相変わらず言葉が足りない相葉ちゃん。2回目ぐらいで言ってもらえました。でもそういうタイプの曲紹介はこの曲には合わないと思うんだけど。(笑) 

●「Hero」の最後でいつもニノと大野くんが花道の先端でやっている(それにしてもなぜ?)Kissごっこ、7日、ニノは本当に智くんの唇を奪ってしまったそうですが、昨日はいいタイミングで暗転!かなり際どかったけど。一体あの2人は何を楽しんでいるんでしょうか。(笑)

●潤くんソロの「Yabai×3」、東京ドームの天上が高いからホントに高くまで登ってく。そのために若干イントロも長め?いやぁ、あの高さは確かにすごい。

●大野くんソロの、メインステのセンターにある巨大なLEDに映り込む大野くんをようやくまともに見ることができた。メインステは遠いはずなのにそんな風に感じなかったなぁ。相変わらずキレがよくかっこよかったな。

●「Cry for You」、潤くんは毎回サングラスしてたっけ?昨日は大門風の黒くて丸いの。
紫のターバンは覚えているけどサングラスの記憶は怪しい。
昨日のニノのバク転は高かったしキレがありました!まだまだいけるよ!(笑)

●昨日は「サクラ咲ケ」が終わった後の最後の挨拶で本当に涙がにじんでしまった。
毎回翔くんがトップバッターですが、彼が本当に愛おしげに、お客さんが奥の奥までビッシリ入っていることを確認するように見渡す姿が印象的。

「まだ2、3年目の頃は空席もあったりして悔しかった。今、こんな風に皆さんに来てもらえるようになって嬉しい。ただ大事なのはハコの大きさではなく皆さん一人一人の気持ちの大きさ。ここまで来るのに8年かかったけれど、自分たちは間違ってなかった、胸を張ってそう言える。今日、この場に立たせてもらっていることに感謝しています」

翔くんの言葉にちょっと泣けてしまった。

大野くんはいつもアッサリとすごく楽しい時間をみんなで共有できたことを感謝する言葉。
最後に一言、「お祭りを有難う!」と言ってすごくいい笑顔でお辞儀した大野くんがすごく愛らしかった。

そして相葉ちゃん。
もう登場した時から涙がこぼれていた相葉ちゃん。 「今日は本当に有難うございました」と挨拶した後は言葉が続かなくて、涙をこらえるためにクルッと後ろを向いてしまった。前に向き直っても大粒の涙が溢れてきて、言葉に詰まってしまう相葉ちゃんのアップがメインステのスクリーンに大映しに。会場から彼に声援が飛ぶのだけれど、その声が聞こえる相葉ちゃんは言葉が継げずにいつものマイクを両手で包むようにして<ありがとう>のお辞儀をして下手に下がってしまった。この時の彼の心境を想うとみんな泣けてしまい、わたしの周囲でもみんな涙目。感激屋さんの相葉ちゃん、やっぱり愛されるのです。

「泣いてましたね…相葉さん」
が、ニノの第一声。(笑)
嵐は歌も踊りも下手だけれどどうやったら皆さんが楽しんでくれるだろうか、それを常に考えてやっています。自分たちが一番輝ける場所はコンサートだと思っています。今年の夏は終わってしまうけど、今度は夏が来る前に会えるかも?と、次回のコンサートが早い時期にあることをにおわす発言が。これが実現されるには皆さんの声の大きさが必要なので応援して欲しい、と言っていました。

潤くんは今回のコンサートのテーマである「コトバノチカラ」についてのコメント。自分が10年前に夢として語っていたことが8年かけて実現しつつある――海外公演、ドーム公演、地方公演など――これからも夢の実現に向けて一歩ずつ進んでいけたら、と。ここまで来るのに8年かかったことに感謝している、という内容のことも。
”俺たちの夢につきあってくれて有難う、でもみんなも一人じゃない、オレがいるから!(ここでもう悲鳴のような大歓声!)、オレらがいるから!そしてコンサートを一緒に楽しむ仲間がいるから、またみんなで集まって楽しみましょう” コンサート隊長のカッコイイ締めの挨拶でした。

●全員が着替えて登場し「Be with You」を歌うわけですが、メンバーそれぞれの姿がスクリーンに映し出されるのだけれど、相葉ちゃんのアップで彼がやはり涙ぐんで歌っている姿が。ここでまた会場は涙、涙。
常に向上心は持っていてもガツガツとしたところのない彼ら。このドームの満杯の客席を見るのに8年かかっている彼ら。相葉ちゃんの気持ちは言葉を用いなくても容易に伝わってきて、こちらまで胸のつまる想い。

●アンコール、ひとり逆バンジーのジャンケンは最終的に翔くんと潤くんが残って潤くんの負け。ドームはとにかく天上が高いので飛び上がるのもものすごい高さ。
「オレは既にさっきやってる(MJウォークのこと)からつまんねーだろ?!」と文句言いつつ飛ばされる潤くん。終わってからの一言、「全然怖くねー」!

●EC3曲目の「WISH」からは潤くん&相葉ちゃん、大野くん、翔くん&ニノに分かれて外周移動トロッコに乗るのだけれど、何故か上手の3人組はトロッコを通り過ぎて花道の先端まで移動してからトロッコに乗らなきゃ行けないことに気付いて慌てて走って戻ってきた。ちなみに先頭を歩いていたのは翔くんだったかな。(後の2人はそのまま彼についてっちゃった?) …ここもDVDに入れるんでしょうか。(笑)

●アンコールの「Future」では翔くん、「NA!NA!NA!」では潤くんだったかな?花道を降りて
スタンド席のそばまで近づいていました。特に潤くんは正面スタンド席最前列の前に登って歩いたので最前列のお客さんは潤くんに触れ放題。やっぱりスタンド最前列はオイシイですね!

客電が点いてアナウンスが流れてももちろん誰一人帰らず嵐コールが続くので「NA!NA!NA!」に続いてすぐに「感謝」をもう一度歌ってくれた。きっと翔くんのZEROの時間があるから舞台裏に引っ込む時間がなかったからかな。全員メインステに一度戻ってからムービングでバックステ方面に移動する段取りだったらしく、メンバーはみんなメインステに奥まって設置されているムービングの位置まで移動したのに(客席の方を向いていた)翔くんだけ気付かず。イントロが始まっていたのに相葉ちゃんが素で「翔くん!」って呼んで戻ってこさせたのが可笑しかった。 …ここもDVDに入りますか??(笑) ←翔くん2連発?

バックステまで移動して歌い終わった後、彼らはみんな花道を飛び降りてダッグアウトから消えていきました。ダッグアウトのドア際で撮っていたカメラに向かって「ZERO、行ってきま~す!」の声と共に翔くんも消えて、長い夏は終わりました。



最初から大盛り上がり、歌って踊って騒いで、そして涙もあって笑わせられて、お楽しみがたくさん詰まったすごく彼ららしい時間。心のどこかで「まだ終わらないで、もっと見ていたいからまだ終わらないで」そんな気持ちさえしていました。


夏を待たずにまた彼らに会えることを祈りつつ。
実現されたら本当に嬉しい!



テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。