ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




何だかアッと言う間にもう最終回かぁ。
ついこの間ドラマが始まって、「はなまる」やら「東京フレンドパーク」やら「ぴったんこカンカン」に出ていたと思ったら。

撮影と同時進行で夏のツアーもこなして、リアルタイムで彼らのスケジュールを知って観ると本当に大変なんだなということがわかったけれど、逆にドラマの裏側を知らないで観た方がもっと作品として客観的に楽しめたんだろうか、なんて思ったりもします。
ついね、あぁ、ちょっと顔が疲れてるなぁ…とか、痩せたなぁ(特に翔くん)なんていう邪念が入ってしまって。それも含めて楽しんでるといえばそうなんですが、本筋ではなくそういうところに注意がいってる時点で既にドラマに没入してなかった証拠でしたね。(笑)作品自体、気軽に観るタイプだったこともありますが。

オカマ大将、もとい、大野くんは始まって8分過ぎにアッと言う間に登場しましたね! お早い登場で!
あのチラシ配りながら「ウィ~、ウィ~」ってのがコンサートのMCで言ってたやつなんでしょうか?!(笑)
あの空間だけ思いっきり「嵐の大野くん」だったけど(!)、ニノのキラースマイルに打ち抜かれる表情のリーダーは可愛かったですheart01
でもエアギターには参加しなかったのね、残念!
『女性自身』を立ち読みして撮影風景の写真を見ましたが、ロケ中にニノ&翔くんと3人で談笑している様子は本当にみんな和んだいい顔でした。

そして始まって10分でもう太郎はアメリカに行かない決心をするのがわかっちゃうんですね。これも早っ!
今朝の番宣出演やら情報誌の予告なんかを見ても「彼はアメリカに行くのかどうか…」みたいな引っ張りをしてましたが、速攻で「行きません」と。(笑)
でも太郎は日本に残る決心をしたとしても、永原さんはアメリカに研究員として正式に呼ばれたんだから、アメリカに行けばいいのに、と思ったんですが。
なぜに「アメリカ行きはなくなった」のでしょう?

エアギター選手権の本番前、海沿い(川沿い?)で太郎と御村くんが語り合う場面の夕焼けは絶妙な色でしたねぇ。あれはお天気、待ったんだろうなぁ。
キャラメルのような夕焼けの陽の色で、雲がモコモコとわきたつ空をドーンと画面に入れたくなる監督の気持ちがわかるようないい夕焼けでした。

『野ブタ。をプロデュース』の時も主人公達が成長していくその名残のような、”青春の象徴”のような意味合いでいつも夕焼けが登場したけれど、あの時の夕焼けはオレンジのキリッとしたシャープな夕陽でしたね。秋~冬という季節の夕陽だったからかな。
今回の『太郎』の夕焼けはもっとやわらかで、暖かい感じでした。

『朝ズバッ!』と『ピンポン』で早朝から番宣生出演したニノと翔くん、翔くんは涼しげな顔でしたけど、ニノは思いっきり目が腫れてて眠そうだった。(笑)

彼らは『ピンポン』に出た足でC1000のイベントのために福岡に飛んだそうですが(今日のニッキはいつものように前日ではなく今日のC1000のイベント前に書いたのね!)、ニノの寝不足はゲームのせいではないかと推測しますが翔くんは爽やかでした。
福岡のC1000のイベントに参加した方の話では、翔くんは実は「県民性」のロケで昨日も福岡にいたのに番宣出演のために東京に一旦戻って、そしてまたC1000イベントのために福岡に飛んだのだそうです。なのに翔くんの方が爽やかな顔してたなぁ!(笑)

明日・あさってと大阪、東京でのC1000イベントは続きますね。
もし来年にチャンスがあるなら今度は是非応募してみます、C1000大人買いで。それまでC1000のCM契約、終わらないで。(笑)

そして来週末の連休はもうドーム!


【追】NHKの「Music Japan」、情報誌などでは出演者のとろこに嵐の名前がありましたが、結局出演しなかったですねぇ。残念!


【追・追】
『山田太郎』の夕焼けのシーンは日中に撮ったものを夕焼け加工にしたのでは?ということを教えていただきました。『2時ッチャオ!』であのシーンの撮影風景(翔くんと多部ちゃんはあのシーンで撮了だったとか)が流れた時は晴れた午後のお天気だったそうで。物語の設定上、夕方のシーンにする必要があったのでしょうね。
そしてあのシーンを「海沿い(川沿い?)」なんて書いてしまったけれど、もう一度見直したら全然違ってましたね。ビルの屋上だった。用事しながら見てたんでエライ勘違いを。訂正しておきます。(笑)







とうとう終わっちゃいましたね。

あの屋上のシーンは印象的でした。うっかりエアギター大会が終わった後かと思うほど3人の達成感が漂うシーンでした。・・・と思ったらやっぱり桜井君と多部ちゃんは最後の撮影だったのか。
「バカみたいなことに夢中になれる」(うろ覚え)時代がなつかしいです。三人の表情もよかったです。
・・・が、しかしあのエアギター本番はいかがなものでしょう。もう少しひねりというかウルトラCが欲しかったというのは酷でしょうか。

それにしても宇津井さんはスゴイ。いくつになってもチャレンジャーですね。ご存知ないかもしれませんが大昔「赤い」シリーズでたしかバレエを踊ってた記憶が(爆)。その時もけっこういいお歳でしたよ。レッドベジタブルも最高でした。

ともかく「イェーイ、イェーイ、イエー」が当分頭の中で鳴り続きそうです。
【2007/09/16 20:35】 URL | マメモヤシ #-[ 編集]
マメモヤシさん

屋上のシーン、夕焼け加工とわかってもやはり印象に残る場面でしたね。
エアギターの「Happiness」は、まぁご愛敬ということで。(笑)

いやはや、本当に宇津井さんはチャレンジャー!
宇津井さんが妻の手術の成功を祈り手術室の前の廊下でバレエを踊り続けたあの伝説の(?)ドラマは「赤い激流」――記憶にあったりして…!(爆)

【2007/09/16 23:22】 URL | elsur #-[ 編集]
私もあの屋上シーンは演奏終了後なのに・・・?
って、ちょっとマメモヤシさんとはニュアンスが違うんですが(笑

昼ズバのインタビューで「エアギター大会に出場してきたので」って聞こえてしまってたんで、
なぜ???今ごろ練習してんねん???(@@?
一度聞き間違えると、何度聞いてもやっぱり「してきた」と聞こえてしまう…(TT)

残念ながらお涙シーンも私とした事が…珍しく全く泣けず(ショック)結末も不完全燃焼。。。
 ニノ&櫻井くんじゃなかったらあの視聴率ってどうだったんだろう?とか 言い始めると止まんないです。ので辞めます(苦笑
ひとつ! いつこちゃん♪あの子はこれからが楽しみですね(^^)
【2007/09/18 23:20】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

わたしも確認してみました、「夕ズバッ!」街頭インタビューシーン。(笑) あれ、「エアギター選手権に出場し【に】来ました」って言ってます、でも確かに「して来ました」にも聞こえてややこしいです。(笑) … つか、あのシーン、要らなくね?! と思ってしまうのはわたしだけ?? 
大ちゃんは登場して欲しいけど(笑)、みのさんはえぇで…と。

選手権でネクタイを頭に巻いて熱演していたスーツ姿の人、「Gの嵐」のエアギターの回でも(当時)日本No.1のエアギタリストとして登場していた金剛寺武志さん(友情出演)だったのがツボです。(笑)

五子ちゃんは何か「子役魂」を感じさせる子でしたねぇ!
横綱ハンバーグの回と雷が怖くて泣いてる彼女はインパクトありました。

蛇足ですが赤西くんの「有閑倶楽部」に横山くんも出るとか!

【2007/09/19 22:02】 URL | elsur #-[ 編集]
出場し「に」と「て」 娘と何度も聞き比べましたが(笑
娘は「に」だそーで、やっぱりそーなのね(^^;

私もたったあの程度シーンに貴重な時間を費やすなんて…と 思っちゃいましたよ(^^) しかも”晴れて”るし。<もったいねー(--; 

みのさんの独り芝居も。どうでしょぅ^^;;;
「学校へ行こう」のみのさんビデオメッセージそのまんま。
いかんいかん・・・これ以上突っ込みはやめましょう(苦笑) ネタ満載底なしですから…(^^ゞ

横山裕君ですよ♪
どう思います? ちょっとイメージじゃないですよね・・・でも彼はなり切りますからね☆でもやっぱなぁ・・・カツゼツが。。。清四郎的じゃないですよ(^^;
ま、でも見てのお楽しみですね♪
【2007/09/20 00:55】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

「花男」に続き ”最終回男” を定着させようとしていたみのさんですが、視聴者のどれぐらいがこの「最終回特別ゲスト」に関心を持っていたでしょうか。(笑)
少なくとも視聴率に貢献したのは「グループ代表」のもうお一方のゲストだったかも…??

『有閑倶楽部』、横山くんは『拝啓』の時夫よりも一つ若い高校生役(!)ですね。
最近は20代半ばの高校生役も不思議ではなくなりました。
26歳にして高校生を演じる横山くんの心境やいかに!

小栗くんもさすがに「GTO」以来9年間演じてきた高校生役は今冬放送予定の「コナン」で最後にするかも、と言ったそうですが(笑)、「拝啓」での横山くんの19歳は全然違和感なかったからなぁ!

この秋の新ドラ、見たいと思っている作品が既に4本もあるため、『有閑倶楽部』までチェックできる余裕があるかどうかが問題です。(笑)
【2007/09/20 01:32】 URL | elsur #-[ 編集]
”最終回男”・・・みのさんそんな事言われてましたね~(^^)
でも、そんなこと知らない私(&私みたいな視聴者)にとってはどぉ~~でもいいことで(苦笑)
大野くんの絶妙なあの表情こそが「太郎の魅力とは何ぞや!?」最終回にふさわしい場面でしたよ(べた褒め…w超贔屓、身内可愛さ★ もうなんとでも(爆)

横山裕くん19歳は 学生じゃなかったからですね~。あのキャラはぴったりでした(^^)<素直さと言い、チョイおバカさといい。そのまんま(笑
今回は漫画でキャラも出来上がってるからですね・・・(^^;;; 難しいだろうなぁ…

私も有閑倶楽部は娘の反応見ながら、つまみ食い程度の よ て い です(笑
【2007/09/20 10:32】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

> 大野くんの絶妙なあの表情こそが「太郎の魅力とは何ぞや!?」最終回にふさわしい場面でしたよ(べた褒め…w超贔屓、身内可愛さ★ もうなんとでも(爆)

あそこはオカマ大将の本領発揮(?!)のワンカットでありました!!ウィ~、ウィ~。(笑)

【2007/09/21 00:38】 URL | elsur #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。