ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




めざましのわずか50秒のどえらく可愛い「Happiness」のPV、飽きずにリピートしまくりです。これ、もしフルサイズのを見ることができたら1日中エンドレスで流れていそうな気配。そのぐらいファンには堪らないですね、コレ。

仙台公演のMCで潤くんが「今回のは久しぶりにすごくいい出来」と言ってたそうですが、一体(潤くんの中で)どのPV以来の”いい出来”なのか知りたいところです。(笑)



わたしが個人的に好きなPVを挙げるとするならば…


● SUNRISE日本

彼らのデビュー5周年の年にリリースされたアルバム『いざッ、Now』の初回盤には「Best5CLIPS」としてファン投票で選ばれた5曲のPVがDVD特典として付いてました。(1位が「A・RA・SHI」 2位「a Day in Our Life」 3位「君のために僕がいる」 4位「台風ジェネレーション」 5位「とまどいながら」。)
あくまでこれは2004年時点でのファン投票だったわけですが、それにしてもデビューから5年経っていても1位がデビュー曲「A・RA・SHI」というのは不滅ですね。これは色褪せないなぁ。そして、「いかにもお金かかってない!」というのがハッキリわかる「SUNRISE日本」は上位5曲には選ばれませんでした――いやしかし!
わたしはこのチープな作りのPVが大好きです。とにかくまだ幼顔の5人が全編ひたすら細かい振りで踊る踊る!!特に間奏とエンディングのダンスはシャープで見応えアリ。このPVではニノのリズム感の良さと踊りのしなやかさに目がいきます。

●台風ジェネレーション

デビュー曲「A・RA・SHI」~「君のために僕がいる」までの5曲は全て馬飼野康二の作曲なわけですが、スローバラードで始まって途中でアップテンポに切り替わるこの二段構造がいいですねぇ。(ホントは全編バラードだったのをジャニーさんが「若さが足りない」といって途中からアップテンポに変えさせたそうですがこの判断は正解だと思います) それにしても馬飼野康二はやっぱりスゴイ!
このシングル、曲調が変わるところで翔くんが「one time, two time」とカウントしますが、『AAA』では翔くん、きちんと「one time, two times」と複数形に直して言ってました。誰かに指摘されたのかな。(笑)
前髪を上げてる翔くんが初々しーい。それにしてもやっぱりこのPVでも5人は踊ってます。踊ってるのが好きなんだな、わたしは。

● a Day in Our Life

わたしは何度見ても全然飽きません。この曲自体が好きだからか。
これまでのアイドルらしい曲調のシングル路線からの逸脱、ラップを全面にフィーチャーする冒険、彼らの普段着のような等身大のストリートファッション、そしてスローで展開されるしなやかなヒップホップ・ダンス。(相葉ちゃん、ほんとに足長げー!)
この曲のメインであるラップと美しいメロディーラインの二層構造が映像ではモノクロとカラーで表現されているのもシンプル。大野くんと松潤のメロディー隊が登場するところから映像がカラーに変わりますね。翔くんのイガラっぽいラップとエンディングの大野くんの美しい高音のスキャットがやっぱりいいのです。

● ナイスな心意気

これはもう長髪時代の大野くんのスーツ姿がとにかく色っぽい!!!
非常にソフトです。そしてすでにこのPVで大宮はジャレている!(笑)

● ALL or Nothing Ver.1.02

この曲もずっと聴いてても全く飽きない。大好きです。この曲はわたしには「a Day...」と双璧のサクラップの名曲です。まずもってメロディが切ないほど美しくて。ラップとメロディーラインの二重構造の妙がここでも見事に発揮されています。
お客さんを入れたライブハウスでのパフォーマンス映像になっているけれど、やっぱりここでも5人はガンガン踊ってる。映像を見て初めてこの曲のメロディー隊が大宮コンビであることに気がつきました(通常は大野&松本なので)。大宮であることを意識してなかった。
今のポップで明るく爽やかな曲調の彼らもすごく好きだけれど、「a Day in Our Life」や「All or Nothing」の頃のストリート系&ヒップホップ系の彼らも非常に好きなので、またこういう実験的な曲をやって欲しいなぁ。
ちなみに一番モッシュして楽しそうだったのは(やっぱり)相葉ちゃん!

● きっと大丈夫

前作の「WISH」のPVがビックリするほど古くさい演出で(人形を使った小芝居が挿入されてる)、「WISH」にこのPV?と驚いていたのですが、「きっと大丈夫」のPVは”明るく楽しい5人”という雰囲気がハツラツとした曲調に合ってて微笑ましい。これも曲自体が大好きなんですけど。

「ハダシの未来」も仲良し5人組の雰囲気が出てて楽しくて好きなのだけれど、「瞳の中のGalaxy」あたりからちょっとガッツリと踊るPVが少なくなってしまって寂しいかな。曲の雰囲気にもよるのでしょうが、ドラマ仕立ての演出よりもシンプルに踊ったり5人でジャレてたりしているPVの方がわたしにはポイントが高いです。(笑)

それにしてもわずか1分足らずの映像でこれだけファンを虜にしてしまい、松潤にも「いい出来!」と言わしめた「Hpappiness」のPV、解禁になる日が待ち遠しい!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。