ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




帰って来ました。

暑かった…広島は暑かったです。
たぶん全国各地どこも暑かったと思いますが!

わたしは8/11の広島グリーンアリーナの第1部を見てきました。
他の会場での様子を知らないのでどのぐらい収容人員に差があるのかわかりませんが、恐らく広島グリーンアリーナは1万人~1万2000人ぐらいのキャパシティなのかな?大阪や横浜よりは若干小さく、長野よりは少し大きい規模なんだろうと思います。
HGA


わたしの席はメインステージ上手寄りのスタンド席で思ったよりもメインステージを近くに見ることができました。
場内カメラ用のスクリーンが全部で5つほど、メインステージの脇に左右1つずつ、スタンド後方の上に左右に1つずつ、バックステージのセンターに1つあったと思います。

わたしの席から最も近いのはメインステージ右側のスクリーンでしたが若干角度が斜めになり、スタンド後方下手側のスクリーンが真正面で最もよく見える位置。しかしそうすると完全にステージにいる彼らを視界から外さなければいけなくなるので、彼らがムービングステージでアリーナ後方に移動し背中しか見えなくなったりすると場内カメラの映像をそのスクリーンで見たりしてました。

全体的に「5人揃ってガッツリ踊る」演出というよりは客席の近くまでいって新しくファンになった人たちにも親近感を感じてもらう、という演出のように見えました。
恐らく昨年からの『AAA』や凱旋コンサートで<凝った、魅せる演出のライブ>というのを極め、これまでの集大成を披露した後だったので今回のツアーはサブタイトルにもあるように「彼らの歌の言葉が一人一人に届くように」という形の演出意図なのでしょうね。


*以下は当日のセットリストや細かいステージ演出について触れてあるので、知りたくないという方はご注意ください。
覚えていることをできる限り…と思ったら恐ろしく長くなってしまいました。
メインステージに組まれているのはグラス仕様の1/4円形のカプセル状のセットで、そのカプセル(?)の左右にも階段状の高台になったセットがシンメトリーで組まれています。
形状は違いますがグラス状で球形、という点では『いざッ、Now ツアー』の時のセットに少し近いかも。

広島ではセンターステージとアリーナ脇の花道に続く通路はあるものの正面のメインステージからセンターステージへは通路がないので、ムービングごと移動するか人力トロッコに乗った状態で移動する形に。
アリーナのバックにもう一台のムービングが設置してありアリーナ外周の花道と接続していました。バックステージだけを使うパフォーマンスもあるので、スタンド席前列の人はかなり近くに彼らを見ることができたと思います。

まだムービングが登場していない『いざッ、Now』ライブの模様を見ると彼らは本当によく走って広い会場を移動しており、ムービングによる移動手段というのはやっぱりものすごく空間の使い方と移動効率を上げていますね。



セットリストは「うらあらし」以外は他会場と同じのようです。

1曲目は「Everybody前進」
メインステージのグラス状のセットが上がって彼らが並んで(横浜での記者会見の時に着ていた)赤いジャケットに白のパンツの衣装で登場。ムービングで後方まで移動してそれぞれが花道に散っていきます。わたしたちのスタンド前には松潤が。

2曲目「Di-Li-Li」

3曲目「きっと大丈夫」
わたしの席に近い花道には潤くんがいるというのに、なぜか見ていたのは対角線上にいる後ろ姿の相葉ちゃん!
最後の「ウォ~ウォウォウォウォ~」の時に必ず相葉ちゃんは大きく手を振りつつ足も上げて踊ってくれる(ちょっとコントのようなんだけどそこが可愛い!)のでそれが見たかったのです。ちゃんと足も上げてました、相葉ちゃん。
潤くん、ゴメン!(笑)

確か全員その花道の位置のままでご挨拶。
ニノの「いらっしゃいませ~!」を聴くことができました。

4曲目「Oh Yeah!」
この曲大好き!でもどんな振りだったか全然覚えてない!!
この曲の後が相葉ちゃんのソロ「Friendship」で、各自ハケて潤くんがメインステージに残って相葉ちゃんソロの紹介をしていました。

5曲目「Friendship」(相葉ソロ)
メインステージでMADと一緒にパフォーマンス。MADは確か黒い帽子(?)に白い衣装で手には大きなスポンジ状の手袋みたいなものをはめてて「何でこの衣装?」とちょっと不思議に思った記憶が。

6曲目「Can't Let You Go」(櫻井ソロ)
相葉ちゃんがハケると今度はアリーナ後方に設置されたムービングステージに赤いソファが置かれたセットに翔くん登場。黒い衣装のMADのメンバーと一緒に歌ってました。この曲は据え付け状態だったのでスタンド前列のお客さんはお得!

7曲目「時代」
翔くん以外の4人がメインステージからポップアップで登場。この時にはもう黄色と黒の衣装を着てたかな?オリジナルよりアップテンポにアレンジされてた気がします。歌の途中で翔くんも着替えて戻り、5人でガシガシと踊ってたかな。

8曲目「Yes?No?」
『One』の時みたいに間奏で暗転してあの光るロープ(?)をクルクルと回す演出になっていました。

9曲目「Carnival Night PartⅡ」
メインステージから花道に散り、相葉ちゃんだけメインステージに残ってた。わたしのブロックの外周花道はニノだったかな?
お手振りタイムになっていたのでわたしの好きな(大ちゃん振り付けの)あの5人揃った可愛い振りを見ることができなかったのが残念だったけれど、相葉ちゃんだけメインステだったので一人でもちゃんと踊ってくれていました。ちょうどわたしの対角線上のアリーナ外周花道に大野くんがいて、あの軽やかな足さばき(?)が見たくて双眼鏡でガン見しておりました。(笑)そのうちニノが次にある自分のソロのために途中でメインステージ脇から舞台裏へ消えていったような。

10曲目「虹」(二宮ソロ)
彼が弾き語りをしているキーボードがメインステージの下手位置に斜め横向きにセットして演奏するため、演奏する手は場内カメラを通してでしかわたしには見えないけれど、顔はこちらに向いて真正面になるため、表情はじっくり見えました。その上高倍率双眼鏡でガン見!!(笑)
声は噂に聞いていたよりも出ていてそんなに酷くはなかったけれど、あれはナマだったのかな…バックボーカルを使ってるようには見えなかったけれど場内カメラを見ているだけではよくわからなかった。

11曲目「太陽の世界」
ニノがハケてからメインステージに翔くんがキャップを被り色とりどりの飾りのついた(ラフなんだけど)華やかな衣装で登場。「Lucky Man」ばりのラップを聴かせてくれました。翔くんはそこから人力トロッコでセンターステージに移動。
他のメンバーはスタンド席にある通路をトロッコで回るというものすごい接近戦!これはスタンド席の人、盛り上がりましたね。
わたしのブロックには相葉ちゃん。全体的にAブロックは相葉ちゃん率が高かった気がします。最も接近が少なかったのは翔くんと大野くんでした。(花道を歩いて回る時だけ通過)

12曲目「WAVE」
曲の途中で翔くんの音頭により、会場全体でウェーブをやるという演出が。5人は外周花道にいて(メインステージから見て上手側から)相葉・櫻井・大野(バックステージのセンター)・松本・二宮 と各ブロックのウェーブ指導を担当してました。
どのタイミングだったか、曲の終わり頃にはニノと翔くんがメインステに移動していて2人でアリーナ席の人たちのウェーブのキッカケ出しをしてたなぁ。正直なところ、ちょっとこの「全員ウェーブ」は時間取ってやるわりには盛り上がりに欠けるような…。

13曲目「Love Situation」
メインステ→ムービングで後方へ移動。
事前情報では5人がナナメ一列で踊る時、先頭の相葉ちゃんが他の4人とは違うフリをしていたということでしたが、昨日は基本通りに踊ったのか明らかな違いには気づきませんでした。潤くんに注意されてもう直しちゃった??
なんか彼らの動きをもっとじっくり見ようと思っていたのに思っていた以上にアッというだったようで、皆が一列で並んで踊る時のエピソードをすっかり忘れてボーっと見てました。5人でしっかり踊る曲が今回は少なめみたいで、「時代」とこの曲はもう一回ちゃんと見てみたいなぁ。

14曲目「a Day in Our Life」
確かバックステージ用のムービングに大野くんと潤くん、残りの3人が前方のムービングに乗ってセンターまで移動してたと思います。

15曲目「ハダシの未来」
センターへ移動してからセンターステージと外周へ続く通路にスタンドマイクが用意されて5人が横イチに並んで「ハダシの未来」。上手側からニノ・翔くん・松潤・大野くん・相葉ちゃんだったかな?ちょっと曖昧。
この後にMCタイムになりました。


<MC>
お盆のせいかものすごく道が混んでいて、その日の午前中に広島の空港に着いた彼らは会場に到着するまで2時間半もかかってしまったそうです。潤くんはしきりに「2時間半経ってもまだ山の中なんだよ!」と言ってたなぁ。
潤くん&相葉ちゃんは車の中でずっと起きてて(相葉ちゃんは体勢のためかお尻がしびれて眠れなかったと言ってました)、他の3人は寝てたそう。ドラマ班の2人は特にお眠りタイムだったみたいです。

最初は「あと30分ほどで着くと思います」と言っていたガイドの人も、あまりの車の動かなさに潤くんが「これ、間に合う?大丈夫?」なんて口にし始めてから途中からものすごく焦り始め不安感を煽っていたそうで、ちょっと「ドS番長」の一面を見せていました。(笑)
「お客さんにも間に合わなかった人たんじゃない?」なんて聞いていて、相葉ちゃんがソロのためにステージから引っ込んで移動する時に遅れて来たために入場を止められていたお客さんに出くわした話をしてました。

結局会場に到着したのが1時過ぎとギリギリになってしまい、開演を2時(実際は2時半)と勘違いしていた大野くんはものすごく慌てて卵かけご飯を食べた!と言って大笑い。
大野くんは卵かけご飯をよく食べるけど、翔くんは必ず納豆を食べるそうで、大野くんのすぐ傍でわざとものすごい速さで納豆をかき回してみせた時に指がつってしまい「指つった、指つった!」と大騒ぎする翔くんに「翔くん何やってんの?」と真顔で突っこんだという大野くんがすごく可笑しかったな。

この後5人はセンターステージから外周を歩いてメインステージまで戻るのですが、その時にはステージには5人分のカウンター席のような椅子が用意されていました。

ニノと翔くんだけが残って他の3人はお着替えに。
その間2人で前日に放送された『山田太郎』の6話のエピソードについて。
ニノが棒読みで「君なしでは生きていけない!」と劇中劇で言わなければならないところを、実は棒読みでも普通に言ってもあんまり変わらなかった、というようなことを言ってて、そのシーンを撮影している時の翔くんのやる気のなさについてニノが言及。「暑いから」と全くテンションの上がらない翔くんの顔真似をニノがやってみせてました。(ちょっと目をうつろにして)
6話のゲストが水川あさみちゃんだったので、彼女が河童に似てると言うニノは彼女を前に 
♪ カッパ カッパ カッパ のカッパ寿司 ♪(このCMソングを翔くんと2人で一緒に歌ってみせる) とからかってた話をしてました。

これまで冬に撮影のあるドラマ(「木更津」「よい子の味方」)が多かった翔くんは寒い方が好きだと答えて着替えタイムに。着替え終わって入れ違いにステージに戻ってきた相葉ちゃんに、ニノが「相葉さんは暑い時のバラエティが好き?それとも寒い時のバラエティが好き?」
続いて戻ってきた大野くんにも「暑い時の舞台が好き?それとも寒い時の舞台?」と質問。
前後の会話を全く聞いてない大野くんの素の「…何それ?」というリアクションに笑っちゃう。
最後に潤くんが戻ってきてようやくニノが着替えに消えます。

その間相葉ちゃん、大野くん、松潤でトーク。
中華が好きな相葉ちゃんは食べ比べたいので実家ではなくよそでよく食べるとか。よく行くお店のおばさんに「”動物園”見たわよ!ほんとに頭いいわねぇ!」と言われ、自分のことだと思った相葉ちゃんは「実は天然に見えてちょっとは計算してるんですよ」と言おうとしたら「ほんと頭いいわ、バン君!」と言われてガックリした話。



翔くんとニノも着替え終わって戻ってきたので各人の近況報告を少し。その後「うらあらし」の趣旨を潤くんが解説。

1部は「途中下車」で、ファンの方からこの曲にまつわるエピソードが紹介されて歌へ。
歌い終わったら『いざッ、Now』でこの曲をやった時の翔くんとニノ(2人はあの時一緒にリフターに乗る演出だった)が、毎回2人で小芝居(?→肩を抱いて遠くを指さす仕草)していたのを再演。ちゃんとニノは ♪すべての街に陽が昇る~♪とひと節歌ってくれました。

うらあらしの2曲目は「LIFE」。5人はメインステのセット(下手側の下/ニノ・上/翔→センター大野→上手側の上/相葉・下/松本)に並んで歌ったのだけれど、翔くんと相葉ちゃんが2人で歌うパートで相葉ちゃんが間違えて「10年後 わかんないや」の部分を2度歌ってしまうミス! 驚いて相葉ちゃんの方を見る翔くんに歌いながら手を合わせて必死で謝ってた相葉ちゃんが可愛かったです。しかし下にいたコンサート隊長・松潤は「やっちゃった」的な苦笑いを浮かべておりました。

18曲目「Hero」
ムービングで移動して外周花道&バックステージへ。
次のソロのために松潤はどこかの時点で裏へ引っ込んだと思うのですがわたしは気づかず。

19曲目「Yabai-Yabai-Yabai」(松本ソロ)
先日の会見でも話題になった「MJ Walk」登場。
わたしの位置からでは忽然とメインステージの天上から逆さに歩いてくる潤くんが現れたように見えましたが、正面席から見るとライトが当たるまで松潤は逆さのまま黒い筒状の布に包まれた状態でスタンバイ位置まで移動し準備していたそうで、コンサートも半ばを過ぎた時点でその運動量とエネルギーは相当すごい、と感心しました。

MJ Walk用の天上レールはセンターステージよりも後ろまであったかな?アリーナ前方の真ん中で一度バンジーで降りてまた上昇し、レール上を歩いて降りてをもう1度ぐらいやってセンターまで行ってた気がします。センターの下でMADたちが待っていて無事に着地し、皆で一列に並んで歌った後もういちど天上から吊されたロープを使ってメインステージに空中移動。これまでのソロ曲とは違って敬礼ポーズが可愛く、最後はキュートな笑顔で決めてて印象的でした。

20曲目「Song For Me」(大野ソロ)
あぁ、この瞬間を待っていましたよ!(涙)
やっぱり大野くんの軽やかでしなやかな動きは美しかった。じぃーーーーっと食い入るように見てしまった。(笑)
彼は黒の衣装で独りで登場し、しばらくして大人っぽく黒の衣装のMADもバックに登場する形で、最後もMADが一人ずつ
舞台裏にハケていき、大野くんが舞台上に残って静かに終わる演出でした。

21曲目「Cry For You」
たぶん今回この曲が5人揃ってキッチリ踊る最後の曲になったんじゃないだろうか。センターステージに仮面&黒マントをつけたメンバー2人(誰だかは判明せず)が出てきて踊り、火の玉のような赤いボール(?)がメインステージに向かって飛んでいったけどあれは何だったんだろう? センターステージにも赤い火をイメージしたような飾りの幕が下りてきて、大野くん以外の残りのメンバーも仮面にマント姿で登場し、それを脱ぎ捨てると銀色のスーツで5人揃って踊ります。ステージ端から何度も花火が上がる演出だったので、わりとメインステに近い位置にあったわたしの席まで花火の熱を感じたぐらいなのでステージ上で踊ってる彼らは相当熱かったんじゃないかなぁ。

22曲目「言葉より大切なもの」
外周花道からセンターステージに移動。

23曲目「君のために僕がいる」
センターからまた花道にも散らばったかな?
♪頑張るさ!負けないのさ!♪ のところのフリを大きくやってるMADが可愛かったです。

24曲目「PIKA★★NCHI Double」
5人は外周花道のリフターで高い位置まで上がってくれました。わたしのブロックの目の前にニノ!視線の高さに近いところまで上がってた気がしてすぐそこに見えた気がします。ほんとはもうちょっと距離はあったかも知れないけど。(笑)

外周時計回りに大野くん、相葉ちゃん、松潤、翔くんの位置でリフターに乗ってて、ちょうどニノの反対側に翔くんがいて、歌の途中で2人が向かい合って挨拶を交わしていたのが微笑ましかった。

25曲目「A・RA・SHI」
花道からバックステージのムービングに移動してコートを脱いで白の衣装になってた記憶が。やっぱり大野くんのお尻をみんなで触ってました。まだやる??(笑)

26曲目「サクラ咲ケ」
花道にまた散って歌って、最後にメインステージに戻ってきて歌の後に(確か)ニノと松潤だけ先に消えて櫻井・大野・相葉の順で一人ずつ締めのコメントをしてハケていきますす。

翔くんのコメントを覚えてないなぁ…みんなにまた会いたい、みたいなことだったかな。大野くんは今日のライブが楽しかったこと、広島に年に1回といわずもっと来たいと言ってたことや、相葉ちゃんが「LIFE」で歌詞を間違えてしまったことを謝ってました。「10年後はわからない」ってとこを2回も歌っちゃった、1年先のこともよくわからないけどどうぞ10年後も僕らをよろしく、また遊びに来てね、みたいな感じのことを。

3人がコメントしてステージから消えて、メインステージ上手のセットに淡いピンク色のスーツのニノが登場し、「相葉ちゃんの2年ぶりの秋の舞台が楽しみ、でも<10年後、わからない>って2回も歌ってましたけどあの人はいつもわかんないですから!」みたいなことを言って歌い間違いをちょっと皮肉ってました。みんなからキャーッと声援がもらえるのがすごく嬉しい、と言った後にものすごく効果絶大な決めゼリフ(あぁ、でも何て言ってたか思い出せない!!)を言って会場中黄色い声援が!
次に松潤が同じ衣装で下手に登場して挨拶を始めるまで、もすごく長い間ニノはずっと深々とお辞儀をしていたのが印象的でした。

27曲目「Be With You」
メインステージで5人並んで動かずにしっとりと聴かせました。

28曲目「Love So Sweet」
本編最後。花道に散らばって最後にメインステージに戻ってきてあのグラス状のセットの中へ消えていくのだけど、相葉ちゃんと松潤が最後になってもう一度客席の方に向かって2人揃って投げキッス!



EC:1曲目「We Can Make It!」
いつものアンコールの時のようにラフな格好に着替えて登場。
ニノは白と紺色のキャップに緑のジャージ姿。翔くんはいつものように赤いタオルを頭に巻いてました。
ムービングで後方へ移動し、途中からMADもムービングに乗って2台でセンターまで移動してくるんだけど、後方のムービングにMADが固まっててすごく狭そうに見えたなぁ。

EC:2曲目「ファイトソング」
吊されて出てきました、あのモビールみたいな輪っかの道具が。天上から。もう誰一人歌えてません。(笑)
腕をゴムの輪っかに引っかけ、一度深く沈み込んで弾みをつけてからビヨ~ンと上方に飛び上がるんだけど、この演出の意図が何なのか未だによくわからない! 途中吊された彼らがアリーナ前方の空中に振り子のように振られるんだけど、ニノと大野くんペアはセンターステージに戻ってくる時に後ろ側にいた大野くんがニノがちゃんと着地できるようにニノの背中に手を添えてあげていたのが見えてちょっと感動。(笑)←バカ
翔くんは袖無しTシャツだったか袖をめくっていたかでゴムが直に腕に当たって痛がり、「オレに袖ちょうだい、袖!」と訴えてました。毎回やってるだろうに、袖アリにすればいいのに。(笑)

EC:3曲目「Happiness」
センターステージ~花道。サイン投げ&お手振り。

1部のアンコールはここまででしたが、2部ではトリプルECまであったみたいで、ダブルは(たぶん)「Future」、トリプルは「Rock You」だったみたいです。

外気も暑かったけれど彼ら自身もハードスケジュールが続いているからでしょうか、相当疲れている様子に見えました。この後2部もあるし、翌日(8/12)にも2公演控えているわけだから本当にものすごいエネルギーが必要なわけで、コンサート自体は発散の場だから楽しいとは思いますが体力的には相当過酷なんだろうなぁと思ったりして。でもまだ広島で中間地点なんですよね。
来月の頭まで福岡・鹿児島・名古屋・宮城・浜松・新潟と続いて、C1000の特別ライブがあってその後ドーム4公演。

いやいやいや、ファンのための追加公演なんだけれどその前に彼らが倒れてしまいませんように…。


あ、いま『花男2』の1回目でNYに”大門”道明寺が登場した。(笑)

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。