ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




少し前の『CUT』の6月号に「歴史を変えたインディーズ映画ベスト50」というのが掲載されていた。

80年代の後半から90年代にかけてインディーズやミニシアター系のヨーロッパ映画などを猛烈に見ていたわたしには懐かしいものもあり、知らないものありのラインナップ。
ちょうどミニシアターが各地に出来て花盛りになる頃で、レンタルビデオ屋にも以前なら見られなかったようなタイトルが並び始め、貪欲な映画好きのマニアック度が深まっていく時期でもありました。

そこで『CUT』編集部が選んだ「歴史を変えたインディーズ映画ベスト50」はというと…

50.エル・マリアッチ('92)
49. ラン・ローラ・ラン('98)
48. CUBE('97)
47. 血の祝祭日('63)
46. 悪魔のいけにえ('74)
45. マッドマックス('79)
44. アモーレス・ペロス('99)
43. アメリカの影('59)
42. スウィンガーズ('96)
41. Dead Man's Shoes('04)
40. ディセント('05)
39. パッション('04)
38. ポイント・ブランク('97)
37. マルコヴィッチの穴('99)
36. バッファロー'66('98)
35. THX-1138('71)
34. ブレアウィッチ・プロジェクト('99)
33. シャロウ・グレイブ('95)
32. 断絶('71)
31. ピンク・フラミンゴ('72)
30. スウィート・スウィートバック('71)
29. バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト('92)
28. In The Company Of Men('97)
27. ダーク・スター('74)
26. ロスト・イン・トランスレーション('03)
25. ドラッグストア・カウボーイ('89)
24. ハピネス('98)
23. 死霊のはらわた('82)
22. 吸血鬼ノスフェラトゥ('22)
21. ロジャー&ミー('89)
20. Slacker('91)
19. 真実の囁き('96)
18. ウィズネイルと僕('87)
17. シティ・オブ・ゴッド('02)
16. シーズ・ガッタ・ハブ・イット('85)
15. ブラッド・シンプル('84)
14. ストレンジャー・ザン・パラダイス('84)
13. メメント('00)
12. イレイザー・ヘッド('75)
11. バッド・テイスト('87)
10. ミーン・ストリート('73)
9. サイドウェイ('04)
8. ユージュアル・サスペクツ('95)
7. セックスと嘘とビデオテープ('89)
6. ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド('68)
5. モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン('79)
4. クラークス('94)
3. ターミネーター('84)
2. ドニー・ダーコ('01)
1. レザボア・ドッグス('91)


やっぱり「レザボア」は強かった。鉄板ですね、これは。
この映画が与えたインパクトはやはり計り知れないものがあって、”興奮と熱狂”が同時にやってきた感がありました。

2位の「ドニー・ダーコ」はアメリカで公開当時かなり賛否両論で、ただサンダンスでは絶賛を浴びてこの映画で一気にジェイク・ギレンホールが注目を集めたのを覚えています。見ようと思いつつ見逃していたので今度見てみたいです。

見ていない映画もたくさんあって興味深いのだけれど、全体的に90年代の作品が多いのは編集者の世代(恐らく30代~40代?)のせいなのかな。「モンティ・パイソン」「ミーン・ストリート」「ピンク・フラミンゴ」「THX-1138」「ダーク・スター」などのインディーズ映画の王道(?)はきっちり押さえてあるけれど。カサヴェテスは「グロリア」じゃないんだ。

そして何と言ってもやはり「低予算映画の花形」はホラー映画ということで、結構ホラーがランクインしていますが、わたしはホラーやスプラッタ映画が好きじゃないので「悪魔のいけにえ」と「死霊のはらわた」ぐらいしか見たことがない。今でもレンタルであっても借りないし、TVでやってても滅多に見ない。あ、でも「スクリーム」だけは3本とも見た。(笑)ただしあれはホラー?or コメディ?

個人的には「セックスと嘘とビデオテープ」、「シャロウ・グレイブ」(ダニー・ボイルの傑作は「トレスポ」より絶対こっち!)はもっと上位にくるかな?「サイドウェイ」がこんなに上位なのはわたしにはちょっと意外だった。

このベスト50には入っていなかったけれど、

「激突!」(スティーブン・スピルバーグ)
「遊星からの物体X」(ジョン・カーペンター)
「パリ、テキサス」(ヴィム・ヴェンダース)
「ヴィデオドローム」(クローネンバーグ)
「マイ・ビューティフル・ランドレット」(スティーブン・フリアーズ)

も追加したい気分です。
最初の3本はインディーズと言えるのかどうかわからないけど…。
「歴史を変えた」とまでいうには至らないんじゃないかな、と思うものもあるけれど、記憶に残るという意味ではインパクトのある映画が揃っているのでしょうね。

ここ何年かは洋画よりも邦画(の若い才能)を見る楽しみの方がグッと増してしまったためにちっとも洋画に食指が動かなくなってしまった。これも経年変化なのかな。

ジャニーズに興味を持つようになったのも経年変化ということで…。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画







全くもって疎いので・・・にしても1つぐらい見てても良さそうなのに、ほんとに1つとしてみたものはありませんでした(汗っ
#たぶん有名なやつが並んでても見てないかな・・・ハハハッ

映画にもインディーズという枠組みがあるのですね~

めったに映画は見ないのですが(見てもビデオで・・・^^;年に1本がいいとこ) 最近見たのが「 I am Sam 」 泣ける映画を見たいと言ったら友達が紹介してくれました。泣ける系で「アンドリュー」も切なかったなぁ・・・。

もしよろしければelsurさんのお勧め「泣ける映画」あったら教えていただけますか?(^^)

#「またあいにいきます」←これは私にはよくわかりませんでした(^^;;; 単純なやつを・・・  スイマセンわがまま私~汗



【2007/07/24 23:37】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

このラインナップはやはり随分とマニアックなので、「たまに映画でも見ようかな?」という楽しみ方の場合にはたぶん選ばれない映画ばかりだと思います。(笑)
ただインディーズ(メジャー製作ではない映画)だと予算がない分、作り手のクリエイティブな才能や感性が発揮されることが多く、俳優のネームバリューなどに頼らない面白さを発見できる楽しみがあります。こういうタイプの映画が好きな人はそういう新しい発見を楽しみにしてるんじゃないかと思います。

わたしは映画やドラマを見て泣いてしまう確率が高いので、「これは泣いてしまうかも…」という映画は恥ずかしくて映画館に見に行くことができません。困ったものです。仕方ないので家でDVDで見たりしますが、やっぱりボロ泣きしてます。(笑)

そんなわけでわたしの場合「泣ける映画」は山のようにあってどれをお薦めしたらいいのかわかりませんが、もしまだご覧になっていなければ「ギルバート・グレイプ」はどうでしょうか。これは秀作です。大好きです。驚異のディカプリオです。(お涙頂戴映画ではありませんが、たぶん泣いちゃうと思います)

邦画だと何だろう…最近だとやはり「フラガール」かな。しずちゃんと蒼井優ちゃんに多分泣かされます。(笑) 
あと絶対泣いてしまうのは「トトロ」と「火垂の墓」ですが、号泣はしないけれど岩井俊二の「Love Letter」も心揺らす名作です。

【2007/07/25 00:34】 URL | elsur #-[ 編集]
A級作品のよさがわからない人間なので(苦笑)面白ければなんでもOKです(^^)

フラガールはビデオに録画したまま見てません・・・失礼ですねっ
フラに興味があるので見ようと思ったのです。
あれは泣ける映画だったんですね!知らなかった・・・

「トトロ」はビデオ2本潰すほど見てますのでステージクリアですね☆
「火垂の墓」も見ましたが戦争映画はそれだけで辛くて結構キチャウノデ・・・・#だから「硫黄島・・・」も“作品”として割り切って見れればいいのですがその勇気がまだありません(苦笑)

で、「ギルバート・グレイプ」ですね♪
ディカプリオは苦手ですが(顔が・・・^^;)入ってしまえば大丈夫!
是非、拝見させていただきます!
ありがとうございましたぁ~♪
【2007/07/25 00:56】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

「フラガール」は正確には”泣ける映画”というのとはちょっと違うと思いますが、廃れ行く自分たちの炭坑町を救うために無心に踊る彼女たちの姿を見ると涙が自然に溢れてしまう、そういう映画だと思います。浄化作用としての涙ではなく、彼女たちへ送る声援や拍手の代わりの涙です。もし録画を持っておられるのであれば見てみてください。ラストが圧巻です。

「ギルバート・グレイプ」は随分昔の映画で、93年の製作です。
ちなみに主人公はジョニー・デップで、ディカプリオは知的障害を持つ彼の弟の役なんです。だからディカプリオもまだ少年の頃ですが、その障害を持つ少年の演技がまったく演技に見えないほど素晴らしく、彼はこの作品でアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされました。受賞は逃したんですが。(主演のジョニー・デップも共演のジュリエット・ルイスも好演しています)
ご家族で見るのにもピッタリかも知れません。




【2007/07/25 20:10】 URL | elsur #-[ 編集]
ありがとうございました。

早速今日借りてきました(また早っ?)
もう1本子供に選ばせたら「チャーリーとチョコレート工場」
どちらもジョニデでした(笑)

1週間かけてゆっくり見ますね。


で、
また、
嵐 ネタで ご報告(笑

悪い事に(苦笑)CDレンタルが半額だったんですよ。
関ジャニ はもちろん借りたのですが、
嵐に手を出してしまいました「いざっ!Now」

せっかく関ジャニモードに入ろうと思ってCD借りて
好きなアレンジャーさんだったりギタリストもそうだしドラマーも♪
おおっ!これでテンション上がってきたぞ~~ 
               と そこまできたのに・・・
元の木阿弥です(涙)
ちょっとダビング中に聴いてしまいました。ARASHI
ヤバイです正直その後に出たBEST盤より 遥かに好きです。いい!
なんでジャケ写真はただのアイドルなのに!なんなの~?

絶対コンサート行かねば!!
関ジャニを前にして浮気宣言ですぅ。。。 苦しい“恋”です
【2007/07/25 22:56】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

「いざッ、Now」、そうなんです、一見アイドルアルバムに見せかけておきながら実にツボを押さえた曲が多くて多彩でしょう?
彼らの、というか彼らのプロデューサーの選曲センスや手腕に拠るところが大きいとは思いますが、こういうのを聴かされてしまうと思わず「おっ?! なになに?これはなんだ?」となってしまいます。全く侮れないのです。
わたしは嵐で最初に聴いたオリジナルアルバムが「いざッ、Now」だったのでツボにはまってしまいました。今もって全然飽きません。
嵐恐るべし、です。

きっとコンサートの日程が近づくと自然に関ジャニモードにスイッチが切り替わるかも?! とりあえずは関ジャニアルバムで準備ぬかりなく、ということで。(笑)

映画、ゆっくり楽しんでください。新旧ジョニデ祭りですね!

【P.S.】 すこし立ち直りましたかー?(笑)
【2007/07/26 18:14】 URL | elsur #-[ 編集]
腹水盆に帰らず・・・

レスが1000文字超えてたみたいなんです。
で、やり直そうとしたら・・・四次元ポケットへ・・・ショック

なにを書いたか漠然としか・・・
あのテンションに戻るに戻れません・・・しかも昨晩はサッカーだったでょ~? ダブル興奮状態だったんですよ(^^;

ぼちぼち、こまめに思い出しながらまたお返事しますね~(笑

またしても・・・
今日は近所の女の子が「TIME」を持って来てくれました(TT)
借りないわけにはいけませんよねー(苦笑)
さらっと 表面だけ舐めた感じですが・・・
「いざッ」ほどの衝撃はなかったです(^^ゞ 
キレイに作られてると言う印象です。
『Love so~』『We can~』という流れからみれば致し方ないのかなぁ~? ちょっと面白みにかけました。
まだ、ちゃんと聴いてないから偉そうな事はいえませんねースイマセン

ただ、
最近の歌手のアルバムは・・・(と言っても大して聴いてないしこんな事口にすべきじゃないかも?w)
というか、昔のアルバムはテーマやコンセプトがあってそれに基づいた構成や選曲があったように感じます。
アルバムそれぞれに色や背景やものがたりを感じてました。
それを考えると、今回の「TIME」も嵐のある一面なのかもしれないなぁ~っと思ったり思わなかったり思ったり・・・でもツマンナイゾ (苦笑)

 ということで・・・(^^; 


ジョニデは役でとても印象の変わる俳優さんなんですね。びっくりしましたぁ~ 
ギルバート・・・心してみます(^^)

ではでは また。

【2007/07/26 23:51】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

「ONE」もわたしにはちょっとインパクト弱いんですが、「Here We Go!」「いざッ、Now」や「ARASHIC」がバラエティに富んだ曲が並んでいたことを思うと、「Time」はいい曲が並んでるんですがはちょっとクセがないというか耳馴染み良すぎるという感じです。 ただ一発目のインパクトはサラッとしてても聴いてるとクセになりますよ、きっと。(笑) 



【2007/07/27 01:33】 URL | elsur #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。