ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




9/4に行われた嵐の国立競技場コンサートの後半の感想です。

* 公演の内容に触れているので、ドームツアーから参加される方で内容を知りたくないという方はご注意ください。


2010 kokuritsu obje


* ほんとはライトアップされた時に撮りたかったのですが、残念ながら帰りは青山門から押し流されるように退場させられてしまったので千駄ヶ谷門には回れず。 うーん、残念。

.............................................................

【MC @ センターステージ → メインステージ】

この日のMCはとにかく話題に事欠かない、盛りだくさんな内容でした。 
なんか密度がすごく濃かったなぁ。(笑)

昨日発売されたTV誌のほとんどでこの日のMCの内容がかなり詳細に紹介されていたので(MC中にメモはとっているのですが)ここでは割愛することに。  
後で自分が確認したい時の覚えとしてMCの内容がどういう流れだったかはわかるようにしておきたいので、トーク内容の見出しを挙げておくのと、各誌の誌面では紹介されなかった部分でわたしが記録していることについて記しておきます。


■ 相葉さんのちくび

■ 客席から男性の声で「相葉くーん」コールが発端の男性コール、お子様コール、女性コール

■ 翔ちゃんのマイクと水


センターステ → メインステに移動開始。移動しながら潤くんの夏虹のドラマの話に。
この時点で7話まで放送が終了してて次は8話。 あと残り3回っていうのがとてもあっと言う間だと潤くん。
センター花道を歩きながらこの話をしてたんですが、翔ちゃんが片手にマイク、片手にペットボトルを持って飲みながら歩こうとして、水を飲みたかったのにマイクを口に持ってって飲もうとしてしまい、そのことに自分で大ウケしてました。(笑) ←カワイイ

■ 夏虹の話題 ~ にのあいチュー♡

国立レポのほとんどで紹介されていたにのあいチュー♡でしたが、相葉さんから仕掛けたものの二宮さんも(逃げてましたが最後は)嫌がる風でもなく楽しげに相葉さんからのアプローチを(自ら)受け容れにいってたことは一応記しておきます、ふふふふ。

■ にのみやさん新ドラ、翔ちゃん映画、大野さんのレギュラー仕事の釣り@東京湾のはなし

■ JALの嵐JET 

翔ちゃんから、『JALのCMに「movin' on」が使われていることをきっかけに新しいCM映像があるのでちょっとご覧いただきましょうか』 という簡単な紹介があって、メインスクリーンに(たぶん)60秒くらいはあった嵐JETに嵐の5人の顔写真がプリントされていく作業の過程を「movin' on」にのせてスタイリッシュ映し出すショートフィルム的なCM映像が流れました。

うろ覚えなのですが、一番最初は現在流れているJALのCMと同じく空港のジャンボ機の前の整備士さんが立ってるシルエットのカットから始まり、MASAKI AIBA とローマ字でかっこよく名前が出て相葉ちゃんのアップの写真が映り、JALのジェットの機体に彼の顔がプリントされてシールが剥がされる映像が。 同じように他の4人のメンバーも名前が出て、アップの顔写真が出て機体にプリントされていく作業をテンポよく映し出し、嵐JETが大空を飛んでいるシーンが盛り込まれていたと思います。
この映像がCMとしてTV等で流れるのかどうかについては一切触れなかったのですが、来年1月までの期間限定だからどこかで是非流れてくれたらいいのにと思います、JALのHP上でもいいから。 movin' on と相まって非常にかっこいい映像でした。

映像が終わってから翔ちゃんが嵐JETの就航が決定した話をしたと思うのですが、映像の中でみんなの顔がプリントされていく作業の時にシール状のフィルムを機体からはがしていくシーンが5人分流れたので翔ちゃんが「なんかピーリングのCMみたいだよね」と笑っていました。
その後TV誌のレポなどにもあった、「すごいよね、ピカチュウと並んだ♪(ハイタッチ)」や、「自分のプリントされてる窓のところから顔を出したい(潤)」「じゃぁ写真の並びを覚えておかなきゃ(ニノ)」「みんなに乗ってもらいたいね(翔)」というような会話が続きました。 * この時点で大野くんの姿はなし

その流でそろそろ後半戦にいきましょうか? いやいや、まだいきませんよ! という流になり、

■ (Mステのトークでも紹介されていましたが)楽屋での翔くんの聴診器ばなし(←やっぱり最後はちくび)

■ 怪物くん登場 ~ 大宮SKもどき登場


23. ユカイツーカイ怪物くん

メインステージに怪物くんが現れ、「ユカイツーカイ怪物くん」を怪物くん体操のふりつきで披露。
歌い終わると白い衣裳に着替えた相葉ちゃんと潤くんがステージに現れ

 : あれ?リーダー?
 : 何やってんの、リーダー? あれ、大仏くん? ぶつぶつくん?
 : 怪物くんだよ!嵐のコンサートは面白いらしいから見に来たんだよ!
 : 4日間とも見に来てますよね?
 : オレは嵐が好きなんだよ!

みたいな恒例のやりとりでミニコンとスタート。

そこへ 確かタカの妊娠で引退したはず(by ドリアラでの大宮コメント)の大宮SKのユウジが「オヒサシブリ!」と突然登場。 会場騒然です。一瞬何が起こったのかわらかないくらいテンションが上がり、隣の友人とギャーギャーとわけのわからぬ声をあげて抱き合い興奮MAXでした。
ステージ上ではまさかまさかの怪物くんと大宮SK(モドキ)のコラボが!!
ちょうど偶然にも前日に「また大宮SK、登場してくれたらいいのにねぇ」なんて言ってたとこだったもんで、もう
友人と大興奮。 いやぁ、やっぱ言霊ってホントだ!!!(泣)

しかしやはり隙間産業ゆえなのか、彼らの存在はひたすら伏せられていてどの国立レポでも見事なまでに彼らについては記述が避けられスルーされておりました、まるでこのひとくだりはなかったかのように・・・!! 唯一「TV Japan」のレポで「マル秘ゲストが登場」とあるだけで、怪物くんもマル秘ゲストに含まれてる? いつもならセットリストも記載されたりするのに今回はどこも記してなかったなぁ。

見慣れたユウジの後ろにポツンと赤い衣裳に(羽根つけてるけど)どっかしらタカとは違うシルエットのタカらしき人物が。 相葉ちゃんが「こんな体育会系だったっけ?」と言ってたのがツボでした、わはは。

ユージがいつものカタコト日本語で「今日モマタキット偉い人ニ怒ラレルト思ウ」と自分で言ってましたが、メンバーからの失笑とツッコミに、憮然とした表情の偽タカはニコリともせずに

 「オレだって好きでやってるわけじゃねぇんだよ!」 ←思いっきり素の翔ちゃんで

と、ローテンション&不機嫌モード全開で吐き捨てておりました。(笑)
ユージがなぜか怪物くんを「ガブリエルくん」と呼んでたのも可笑しかった。(あぁ、シュールすぎる・・・!)

潤くんと相葉ちゃんが偽タカに「何やってくれんの?あ、鋼の腹筋とかできるんじゃない?」とムチャブリ。 翔タカは「もうここまできたら何でもやるよ!」とやさぐれていましたが、その間にユージと怪物くんはササーッと消えてお着替えに。
ひとりポツンとタカの衣裳でステージに残されてしまった翔ちゃん(お約束)は 「うわっ!もう最悪だっ!」 とアタマ抱えてキレてましたけど、この辺は何だかほんとにシュールで(笑)大宮SK(モドキ)の初国立デビューとなりました。

早着替えでニノと大野くんがしらーっと普通の顔して白い衣裳でステージに戻って来たんですが、大野くんはタカ姿の翔ちゃんを見てほんとにずっと爆笑してました。勝手な解釈をすれば「こんな目に遭うなんて・・・」的な、ちょっと気の毒そうな、でも困ってる翔ちゃんはやっぱり可笑しい的な様子で眺めていました、ふふふふ。

「あの~、さっき裏でユージって人とすれ違ったんだけど、『4人の補助があればバク転もできんじゃね?』みたいなこと言って走っていきましたよ!」というニノのドSな発言にはさすがに「ふざけんなよ!」と崩れおちる偽タカ。(笑) マジでできないので「リアルにごめんね」と(名言で)逃れてました、ぷぷぷぷ。 

「もう、オレほんとに帰りたい」と弱気な偽タカは後半戦のために着替えなければいけないので、嵐メンに 「最後に2つだけ言いたいことがある」 と切り出しました。 1つは(真顔で)「仕事っていうのは本当に大変だっていうのがわかった」と。 2つめに何と言ったのかしばらく思い出せなかったのですが、レポを書いてた方が ”裏に下がる幕の間から顔を出して「コクリツノミナサン、アリガトウ」と大宮口調を真似て消えていった” と書いておられて、そうそうそう!(笑)と記憶が蘇りました。

もしこの日の収録がDVD化されるとしたら、やはり(これまでと同様)この部分は割愛されてしまうのでしょうか。 今回は”原点回帰””嵐クラシック”というテーマを据えたコンサート、是非とも復活した【偽】大宮SKも入れて欲しいなぁ。 翔ちゃん、頑張ってたYO!(笑)

■ ガッツ松本


翔ちゃんが着替えている間、いつの間にかバナナを手にモグモグと食べている松本さん。
3人もビックリして「ガッツさんか!」と突っ込んでましたけど、それに「オッケー牧場!」と応えてた潤くんが頼もしかったです。

■ ジャニーズイントロドン!超ロングver.

 *「超ロングver.」というのはピンポンまでの距離がロングになった意。

・TOKIO「花唄」→ニノ ○
・Kinki「Natural Thang」→ 潤くん ○
・嵐「君はいないから」→ 翔ちゃん ×、潤くん ○

→ 潤くん優勝


じゃぁ、そろそろ後半戦いきますか! という潤くんの発声で後半戦へ。


.............................................................


24. リフレイン


この頃は少し風も出ていて、MC後に着替えた長め丈のベストになってる白い衣裳が風になびいて、暗くなった夜空に相まってとても美しかったです。

【追】ハッキリと覚えているわけではないのですが、やはり振り付けはMラバの時と少し違ってたかな??


25. ギフト

この曲はあまり記憶になくて(汗)、どんな演出だったかちょっと思い出せません。 ただ智くんのソロの歌声が美しかったのは覚えてる! 

26. マイガール

うーん、次にやってくる松本さんソロのインパクトが大だったのでメインステで歌ってたのかセンターステだったのかちょっと記憶が曖昧です。(汗)


27. Come back to me(松本ソロ)


噂に聞いていた松本さんソロ。 
ドラマ撮影で時間がない状態で本当によくこれだけのものを見せてくれたと、OPのあのイントロダクションを見てるだけでちょっと感動して(ワクワクしながら見ているくせに)ウルッときてしまった。
いやぁ、すごいよ、潤くん。やっぱり貴方は生来のエンターテイナーです!

メインスクリーン前で繰り広げられる「MJder GAME」、これはさすがにメインスクリーン正面位置の有り難さというか、潤くんソロや ARASHI SHOW TIME、メインステ→センターステを使ってのアクセントダンス等のパフォーマンスを満喫するにはやはり非常にいいポジションでした。

潤くん自身がゲーム画像の一部となってクリアしていくというアイディア、無機質かつクールでテクノな楽曲の持ち味にとてもマッチしていて楽しい~!
この日はこの MJer GAME の最後の大きな岩を砕くところでタイミングが合わず、潤くんが到達する前に先に岩が砕けてしまったのが残念だったけど、それでもお楽しみポイント(ふふふ)もあってワクワクなイントロダクションでした。

ソロの本編はまた趣向を凝らしてJr.くんたちと一緒に全編踊ってるのがいいなぁ! ただちょっと残像の残る映像をずっと見続けているのが辛くてメインモニターを見ずに直接潤くんを見てたりもしたのだけど。せっかく群舞で魅せるダンスを披露してくれているのだけどメインモニターでは結構全体を映さずに潤くんメインの大きめの映像だった気がするので、みんなで踊っているところを視界に入れたくて双眼鏡でガン見してました。
いやー、今回ソロはほんとに5人とも個性があって楽しいなぁ。


28. Magical Song(相葉ソロ)

それで続けて相葉ちゃんのソロ、っていうのがテンションものすごい上がります。この見せ所の多いパフォーマンスが2つ続けてっていうのが最高にいいですね!
潤くんのパフォーマンスが終わって暗転するとお友達が小声で「くるよ、くるよ!バクステ、バクステ!」と相葉ちゃんの登場を見逃さないように教えてくれたのでもうワクワクしながらバクステガン見!

もう、相葉ちゃんのその登場からわたしはKOされてしまいました。
去年の相葉ちゃんのピカダブピカンチのソロも実は5人のソロ中で最も好きなパフォーマンスだったのですが、今年のソロはそれを上回りました! もう、大好きです! たぶん歴代の相葉ちゃんのソロの中でも一番好きかも知れない。(笑)
先に見ているお友達の話を聞いたりしているだけでも期待値は高かったのですが、実際に目にしてしまうともうメロメロです、ふふふふふ! 
キュートにして格好良く、エキセントリックにして魅せる要素が満載、でもちゃんと観客と一緒になって踊れるようにもしてあって最高に楽しかった! 例の「ひぇぇぇぇぇーい♪」の時のポーズも可愛すぎてたまらん!!
まずあのファッションが似合うっていうのが素晴らしすぎる。
 
今回どの国立レポを見てもソロパフォーマンスについては全く触れず、国立の全体のタイムラインに沿ってたくさんの写真を掲載するようなレイアウトになっているのは(ドームツアーもあるからの配慮なのかも知れないけど)そういう取り上げ方をして欲しいという事務所からの通達があったのでしょうかね、見事なまでにソロの写真は
掲載されてなかったですね。コンサートの全体像を表現するにはとても有り難い構成だけれど。ソロの時のメンバーのビジュアルを現時点で視覚的に確認する方法がないのがちょっと残念といえば残念だったけど。

それにしても、最初から最後まであのワクワクした高揚感が落ちない演出で、見ながらずっと「まだ終わらないで!終わらないで!」と思いながらパフォーマンスを見ていました。 いやぁ、ちょっと参りました。かなりやられました。
相葉さん、ホントに貴方はミラクルだ!! もしDVD化されたら恐らく相葉ちゃんと翔ちゃんのソロはものすごいリピート回数で見ている気がします。楽曲として聞くだけなのとパフォーマンスが加わって見るのとでは本当に楽しみ方が違うなぁと最も感じさせた1曲かも。 もう相葉ちゃん、最高です!


29. PIKA☆☆NCHI Double
30. Love so sweet
31. 言葉より大切なもの
32. Believe


ここはライブの定番曲とシングルヒット曲が続く。5人が色違い&デザイン違いのサテン地のカッコイイ系のスーツ姿で。
どの曲だったか、両脇のサイドステージからセンターステに移動してくるところで相葉ちゃんが潤くんがしていた赤くて長いスカーフを抜き取ってしまって(笑)なぜか最後まで相葉ちゃんが潤くんのスカーフを手に持ってヒラヒラさせていました。 潤くんもそれを見てすごい楽しそうだったなぁ!(本日発売の「女性セブン」の相葉ちゃんのソロショットの一番上の写真がまさにその瞬間が!(笑)) 


【ARASHI SHOW TIME】


この時の冒頭に翔ちゃんが観客を ARASHI SHOW TIME へ誘うコメントを英語へ告げて5人がワイヤーパフォーマンスを披露するシークエンスへ。(翔ちゃんの英語コメントは初日は字幕がなかったようですが、2日目からは日本語字幕がメインスクリーン脇の2台の小モニターの方には出ていました:私信)

潤くんと相葉ちゃんの ダブルMJウォーク なワイヤーパフォーマンスに続いて、5人がキューブ型のモビールのようなオブジェに乗って空中へあがりサーカスを歌うパフォーマンス。
この時の衣裳のケープ(? or マント?)が8月の前半戦の時にはなかったものだそうで、後半戦に新たに用意されたもののようでした。


33. サーカス ~ ダンスシークエンス

追加された大きな羽根の付いたケープ(?)はギンギラっぽくて個人的にはかなり悪趣味に見えたのですが(苦笑)、脱ぎ捨てて下の衣裳を見せる時のギャップを考えてあのデザインになったのかなぁ。 ちょっとTimeコンの
時の「太陽の世界」の極彩色サンバ衣裳みたいで何ともオシャレじゃなかったんだけど。 ただこのケープを後の演出で脱ぎ捨てると一転して黒×ゴールドのシャープな衣裳に変わるという落差を強調する狙いだということならギャップは感じられました。

そして彼らが上空でキューブ型のオブジェに乗って歌っている背景ではサーカス風のBGVが流されていましたが、映像が賑やかだったのでスクリーン前で宙に浮いて歌ってた嵐くんたちがちょっと目立たなかったのが惜しかった気がします。

この曲が終わってケープを脱ぎ捨ててシャープな衣裳に替わってからのダンスシークエンスは「嵐クラシック」の醍醐味を見せた圧巻の演出でした。 
このアクセントダンス ~ Monster のゾクゾクするようなかっこよさ、こういうのをわたしは渇望してたんだなぁと思う。息を呑むような、有無を言わせないような、言葉を発する隙すら与えないくらいの、ただただ圧倒的なパフォーマンスを見たくてたまらなかったのです。

コンサートを見ていて鳥肌が立つ瞬間というのはそう多くはないと思うのだけれど、2008年の初の国立競技場公演の初日、彼らが暗闇の聖火台の上に颯爽と現れて Re(mark)able ~ truth のパフォーマンスを見せた時のあのクラクラするような瞬間をまた味わいたかったわたしは、Remixされた「Re(mark)able」「truth」「明日の記憶」のメロディとリズムにのってキレのいい振り付けや千手観音振り付けで踊りながら花道を真っ直ぐ突き進んでやってくるこの演出に、アドレナリンが相当放出された気がします。 こういう、見ている人の心を鷲掴みにするパフォーマンスは嵐の真骨頂! これはやはり花道正面位置で見られたことに感謝。

やっぱり踊る嵐は最高です!
「嵐が見たい嵐」も「ファンが見たい嵐」もここにいることを実感。


34. Monster

アクセントダンスのシークエンスが続く流れでセンターステまで移動して、そこで時計のカチカチという効果音が鳴って Monster に移っていく導入部が、2008年の国立の Re(mark)able ~ truth の流れの時と同様、非常にスタイリッシュでかっこよくて鳥肌モノ。2008年の国立や今回のように、コンサートの中で絶対的な大きな核・山場となる演出&パフォーマンスが組まれているっていうのはというのはやっぱり印象が全然違う。
ちなみに Monster も truth も大野くんのドラマ主題歌っていうところがやっぱね、ドラマチックだよね。

それにしてもセンターステに設置された火炎照射器(?)から放たれた炎がものすごい勢いで火柱を上げて迫力あったけれど、わたしたちの座席のところまでもその熱風が感じられて熱かったから間近で踊ってた彼らはどのぐらい熱かったろうかと思わずにはいられませんでした。 あれは熱かっただろうなぁ。

 【最後の挨拶】

いろんな雑誌の国立レポに5人の最後の挨拶の言葉が掲載されていたのでメモも取ったのですが詳細は割愛。
5人の印象的な言葉だけ覚えのためにピックアップしておきます。

:(movin'on のラップ詞に込めたメッセージ)"Now,it's you and me Yes, This is us" みんなと俺ら、これが "俺たち=嵐" なんだということ。 何かがあったとしても嵐の五色の虹がみんなの頭の上に輝きますように

:今日からもうみんな嵐でいいんじゃないかって。みんなででっかい家族、これからも”嵐家族”でいきましょう。

:始まってから一瞬一瞬が楽しくて、ずーっと覚えていたい。11年目、もっともっと嵐とみんなが好きになりました・・・終わりがない旅ですね。 エヘ、なんちゃって(笑)。

:時代が便利になっていろんな人が見たいあらしが色んな所で見られるけれど、嵐が見たい嵐っていうのはここにしかありません。イヤなことも全部、ここに置いて帰ってください。それが僕たちの役目だと思っています。

:今日は僕の見た風景を大事にとっておいて、明日から頑張ろうって思える時間でした。みんなが明日からもっと頑張ってみようかなとかポジティブな気持ちになってくれたら、今日ここでみんなで騒いで汗かいて楽しんだ甲斐があったんじゃないかなと思います。


35. To be free


5ヵ所のリフターに分かれて乗って歌い、エンディングで無数のエコ風船が夜空に放たれて消えていきました。「ザ・テレビジョン #36」に3Dグラビアとして掲載されるとは思わなかったけど(笑)、この演出は毎回美しいですね。去年は豪雨の日に入ったので風船飛ばしの演出はなくなってしまって見られなかったでちょっと感慨深い。

この風船を放つ時にニノが毎回風船を捕まえようとするから見てて、とお友達に言われていたので下手サイドステージ前で歌ってたニノ(わたしの位置からは左斜め方向の遠い位置で尚かつ後ろ姿)を双眼鏡でガン見してたら偶然にも黄色い風船を2個捕まえて楽しそうに歌ってました。(笑)曲が終わるとリフターを降りてきて慣れた手つきでスタッフに「ホイ」ってな感じで渡してましたよ、ふふふふ。


36. 空高く


本編最後がこの曲という喜び。彼らにとっても特別な思い入れがあるんだろうな。 
メインステに移動して歌っていました。
メインモニターに「1・2・3・4・5」などのリズムに合わせて5人のアップの顔写真が編集された映像がテンポ良く映し出されてかっこよかったな。ツアーパンフやグッズに使われた白い衣裳の写真を使ってたかな?

最後にメインステの階段を上がっていき、メインスクリーンが開いて入っていき、5人手つなぎしてお辞儀して消えていきました。



【EC1】
37. still...


ツアーTシャツ姿でメインステから登場、智潤が下手のムービングへ、翔雅和が上手のムービングへ移動するのですが、下手組は潤くんが大野くんの手をつないで引っ張って連れてってあげ、上手の3人組はニノを先頭に翔ちゃん・相葉ちゃんが電車ごっこみたいに肩に手をおいて連なってスキップしながら移動していく姿が可愛かったです。ここは国立レポの写真の恰好のターゲットポイントだったのかどの雑誌にも掲載されてました。(笑)

上手ムービングの3人組、見ていたらなぜか相葉ちゃんが持っていたタオルでニノのオシリを叩いてました。きっとまたニノが何かちょっかい出したんだろうと思いますが、何やってんだ、にのあい。(笑)


38. ファイトソング


バクステ位置に移動してきて歌ってくれたのですぐ真下。
なぜか翔ちゃんと相葉ちゃんがジャンプ合戦をしていて、クタクタになるまで2人ともとにかくめいっぱいジャンプし合う。何やってんだか。(笑) 【追記】←このジャンプ合戦はもしかしたらファイトソングではなく Lucky Man での出来事だったかも。ちょっと記憶が曖昧です。雑誌の国立レポでは Lucky Man で2人がジャンプ合戦をしていたという記述があったので、もしかしたらわたしの記憶違いかも。バクステでやってたことは確かなんですが。(笑)

智くんのソロのパートで珍しく二度見しちゃうくらい智くんが音程を外してしまって、わたしと友達は2人で腰砕けのハラホレヒレハレ状態になって大笑い。 でも全力で ハイッ、ハイッ、ハイ、ハイ、ハイ! と踊ってました。(笑) 最後の一言は相葉ちゃん、「最高だぜっ♪」


39. Beautiful days

この曲もバクステで。5人一緒に乗ったままバクステのリフターが高く上がってわたしたちに近い位置まで上昇してきてくれました。
エンディングに近づいた時最終日ということで前半戦の時のように神宮球場から豪華な花火がバンバンと打ち上げられて、プチ神宮花火大会後夜祭になりました。
わたしは実物を見るためには振り返らないと見えないのだけど(メインモニターには映し出されていましたが)、嵐くんたちも歌いながら「おぉ~!」みたいな感じで楽しそうに花火を見ていて、ニノのソロパートのところ、♪悲しいほどき~れい~だね~ の部分を ♪花火がき~れい~だね~ とアドリブで替え歌にして歌ってました。(笑)


40. サクラ咲ケ


バクステから再度ムービングで2手に分かれて移動しながら。今度は智潤ムービングがわたしたちの目の前を通過。この時の風景(自分の記憶の中の映像)は、わたしの3列前くらいの席にいた女の子たち数人が、誰1人「サクラ咲ケ」の振り付けを踊ってなかったこと。(笑) なぜ嵐くんたちではなく彼女たちの方が記憶に残っているのか謎なんですけど、わたしの記憶はほんとに視覚的な断片の寄せ集めなので恐らくその時一番印象に残ったんだろうなぁ。全くなにを見ている、わたし。


41. 感謝カンゲキ雨嵐


ムービングで移動してメインステに戻って歌い、Jr.やバンドの紹介。
最後に5人で手をつないで「俺らの名前はなーんだ? せーの!」「あらしー!」でお辞儀してはけました。
一番最後に帰って行ったのは潤くんかな。
 

【EC2】
42. Love Rainbow

アンコールに促されて再度登場。
この時に潤・智・翔・和・雅 の並びで立っていて、なぜかちょっとミニコント。

:今日は楽しかったよね?サトシ?
:ショウも楽しかったよね?
:カズナリもね?
:楽しかったね
:マサキはどうだった?
:楽しかった~!
:ジュンは?
:メンズも若い子も子猫ちゃんたちも最高だぜ!

という流れで笑いをとり、潤くんが自分のTシャツの背中にプリント(アップリケ?)された5色の虹のデザインを見せながら「最後に聞いてください、Love Rainbow」 と紹介して。

WSでもあちこちで映っていましたが、この曲を歌ったとき、下手側の智潤はなにやら潤くんが智くんの肩に手をおいて顔をまじまじ見つめて遊んだり2人で場内カメラに向かって視線を送ったりしていて、上手側の翔雅和の3人はずっと楽しそうに踊ってました。

ニノはまだ練習中だったと思われる振り付けを途中からやり始め、まだカンペキではない80%くらいの完成度の振り付けを力を抜きつつ踊っていて、それを見た相葉ちゃんもフリ確認のような形でニノと一緒にちょっと踊ってました。それを見た時、あ、この曲は結構踊るんだ?と思ったんですが、先週Mステで披露してくれた時にもわりとしっかりと振り付けのあるパフォーマンスになってましたね。

そのうち翔ちゃんも加わって3人で歌いながら要所要所でアドリブでキメポーズを入れて歌うようになって、それが段取りしたわけでもないのにいちいち3人の息が揃って振り付けられてるのが見ていて可笑しかった。楽曲的にはおふざけできる曲じゃないと思うんだけど、3人はほんとに楽しそうに踊りながら歌ってて微笑ましかったです。

最後にもう一度5人手つなぎで挨拶をしてはけてましたが、この時点でもう21時頃だったかな。

かなりトリプルアンコールを粘る嵐コールが起きていたのですが時間切れなのか、そのまま規制退場が始まりました。


【追記】 * 思い出したこと。
どの曲だったか、外周ムービングを使ってメインステ方面からバクステに回ってくるタイミングで眼下に潤くんがやってきた時、ゲスト席のテントに向かって潤くんが腕を叩いて(いい腕見せますよ!的な仕草)斗真くんたちの方に向かってすごい楽しそうな笑顔でやっているのが見えました。 翔ちゃんもテント前で楽しそうに手を振ってて、その様子を見てるのも楽しかったです。



*******************


見終わったらまたすぐに見たくなってしまう、これが嵐のコンサートに行って毎回感じることなのですが、今回も例に漏れずまたすぐに彼らの楽しそうな笑顔やかっこよく踊ってる姿を見たくなってしまいました。

毎年新しいものを作り出すこと、前回よりももっといいものを作り出そうとするその努力、停滞せずに常に一歩ずつ前に進んでいこうとするその姿勢が今回も強く感じられ、やっぱり彼らのステージングのレベルの高さに感服しました。

あの大きな空間をもてあますことなく、そして長丁場をだれさせることなく密度の高いものを繰り出すことは並大抵のことではないと思うけれど、彼らがこれまでの経験で得た知恵や技術やアイディアを惜しみなく凝縮させて、ものすごいことをやっているのにそれを感じさせない笑顔で楽しい空間を生み出している、その事実に(終わってから)やっぱり5人のエンターテイナーとしての非凡な才能を感じずにはいられない。


前田忠明氏が「とくダネ」だったかで「10周年の公演がピークかと思ったけれど、今年の公演はそれを超えてきた」みたいなことをコメントしていたけれど、去年の10周年公演の構成・演出はファンのみんなへの感謝の挨拶がメインになっていたから全シングルを歌うとか、5人で踊る演出よりお手ふり曲の方が多かったりとか、嵐の本来の魅せるライブとはちょっと趣向が違っていたのであれを基準にするというのは果たしてどうなのかな、というのがあるのです。

なので10年目の区切りを経て新たなスタートを切ったこの11年目のコンサートツアーはニノが言った「嵐クラシック」、つまり原点回帰の「魅せるライブ」をもう一度作り直して見せてくれたというのが素直に嬉しいです。
だってわたしは踊ってる嵐が大好きだから。

欲を言えばアルバム曲の「マダ上ヲ」と「Don't Stop」がセットリストに入ってなかったのがちょっと残念。
この2曲が大好きなので。 過去のライブ定番曲をちょっと控えめにして、この曲たちを聞くことができたならもっと嬉しかったかな。なんてゼイタクを言ってみたりする。
定番曲なら「a Day」よりも「Carnival」の方が嬉しかったな・・・とか。 とか。 とか。(笑)

でもポンパの松本さんも見られたし、3時間のあいだずっとずっと、本当にちぎれるくらい客席に手を降っていた相葉ちゃんが愛おしかったし、相葉ちゃんにチョッカイ出しては追いかけられてるニノも可愛かったし、何かと潤くんにかまってもらってる智くんも微笑ましかった。


記憶からこぼれ落ちてしまたこともたくさんあるのだけど、とりあえず今年の夏の思い出をここに記録しておきました。
たくさんの元気と笑顔をありがとう!



やっぱりコンサートをやってる嵐が最高です。


【参照エントリー】9/13/2010
ARASHI 10-11 TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~ 9/4/10 @ 国立競技場 ① (OP~MC前) *追記あり*

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







こんばんわ。

待ってました! 国立レポ、ありがとうございました。
私は初日参戦だったので、次はどの曲?どんなパフォーマンス?とワクワクドキドキでした。

初コンだったので、興奮MAXでかなり記憶がぶっ飛んでまして・・・。
あ~~こんなんだったなぁ~って思いだすことがいっぱいでした。
いつもながら、el sur さんの細やかなレポには感心します。

ちょうど私の席から、正面に時計台が見えまして、時々無意識に時刻を確認してしまって「終わらないで~」って何度も思いました。
ドームコンも国立も自力玉砕の私は、もう嵐に逢えない・・・と思うと悲しい。

彼らのコンサートには、何度でも逢いたくなる魔力が潜んでいますよね。これがチケットを取りにくくしている原因の一つかもしれませんね。

来年もぜひ国立でコンサートしてほしいな。あの空間で嵐と同じ時間をすごしたいな!と強く思っています。


それと・・・ニノちゃんの連ドラの主題歌、まさかまた嵐ですか?
もしそうなら、新曲のハイペースについていけないんですけど。
どうなんでしょうね。
【2010/09/17 21:17】 URL | 白衣の天使 #-[ 編集]
レポ、ありがとうございます!
私は初日に行ったので
にのあいチュー&櫻宮SKが
拝めなくて今非常に心残りです(泣)
DVDにぜひ入れてほしいですねッ!!

私も「マダ上ヲ」と「Don't stop」
やってほしかったです...。
コンサートではやらなかったのに
私の頭の中ではずっと「Don't stop」
が流れてるんです(笑)

最近は潤&智の絡みが多くて
大宮のじゃれてる姿が見たいのに!
と思っていたのですが...
にのあいの二人で十分満足でした。

私は2008年の国立のDVDが
初めて見た嵐のライブだったので、
やっぱりRe(mark)ableの登場シーンは
すごく衝撃的でした。なので
スタンド席にいた身としては、
もっとスタンドサービスをしてほしかったです...。

個人的にはアンコールで「Still...」を
やってくれたのが嬉しかったですッ!!
AAAを見たときから大好きなので...
あと、「素晴らしき世界」と
「CARNIVAL NIGHT」もやってほしかったです!

長々と失礼しました...。
【2010/09/17 22:15】 URL | まどか #-[ 編集]
こんばんは。
記事がアップされるのを、いつも楽しみにしています。
ずいぶん前にコメントさせていただいたことがあります。

ライブレポ、どきどきわくわくしながら読ませていただきました。
というのも、実は、私も4日に参加しまして、
しかも el surさんとすごく近くの席だったようです。
だから、el surさんの見ていたライブシーンが、
ほぼ私の見ていた風景と重なって…
感激でした。

あ、でも少し残念だったかな。
憧れのel surさんとお話してみたかったです。
el surさんの書かれる文章の語り口も
語る世界も大好きなんです。
嵐に対する尊敬や信頼の詰まった愛溢れることばに、
いつも温かい気持ちにさせていただいています。
マニアックな興味と万人が納得する良識のようなものも
読み取れて、偏見の無い自由な方だなぁと思っています。

今、嵐を好きだというだけで、たくさんの人が繋がりあって
幸せの本当の意味を考えたり感じたりしている奇跡に、
心が震えるほど嬉しくなります。
今回、お席が近かったということで、勝手ながら
私の中ではel surさんとお近づきになった気分です。(笑)

すてきなライブレポをありがとうございました。


【2010/09/18 01:28】 URL | さえ #-[ 編集]
el surさん、こんばんは★

さすがです。
el surさんの手に掛かればレポはこんな傑作が生まれるのですね。
本当に自分が情けないです(笑)。

私も4日に入りました。
メインステを正面から見える席でしたのでel surさんに近かったと思います。
感想ですが、普段のエントリーに共感する事が多かったのですが、コンサートでも
el surさんと私は同じ様に感じたみたいです。

コンレポ1の方で申し訳ないのですが、「Everything」「Summer Splash!」は
私ももっと後の方だと思っていました。
「EYES WITH DELIGHT」も私もやって頂きたいと思っているのですが、これだけ急激にファンが増えると、
C&Rが出来ないと思い、敢えてセットリストから外しているのかなぁと思っています。

ROCY YOUみたいに過去のアルバム曲も欲しいですよね。
嵐さんは名曲が多いのですから。
ま、ROCY YOUの時、私の周りはポカーンとしていましたが。

そして一番言いたいのはメインモニター。
凝った映像を作ってくれているとは思いますが、私達ファンが見たいのは
嵐さんのお顔ですよね。
「let me down」は右サイドも左サイドも背中しか見えませんでした。
お手振り曲ならともかく踊っている全体を映さないなんて、なんて勿体無いのでしょう。
ここでは本当にストレスが溜まりました。

でもコンサート自体はすっごく楽しかったです。
特にel surさんも書かれているサーカスとMonsterの間のアクセントダンスは本当に圧巻、
鳥肌ものでしたね。

本業がコンサートからテレビ(バラエティ)になって淋しい限りですが、
嵐さんは歌って踊っている時が一番輝いているのですよね。

素晴らしいレポをありがとうございました。
【2010/09/18 01:46】 URL | saki #-[ 編集]
長文詳細レポ、お疲れ様でした&ありがとうございました!

大宮SK、見事に各誌スルーでしたねぇ。笑
隙間産業ですもんねw

○周年はどのアーティストにも来るものですが
そこに大波がやってくるかどうかは絶対じゃないと思っています。
やっぱり10年地に足つけてじっくり頑張ってきた嵐だからこそ、
10周年があんなにフューチャーされたし大盛り上がりだったんだと思います。
それが11年目も12年目も続くかは本当にアーティスト次第だとおもいますが
嵐はそれをやってのけてる。むしろ10年を踏み台にまだ上へ上っている。

あぁ、何をお伝えしたいか分からなくなってきてしまいました…笑
いつまでも浮き足立たない嵐が大好きですvv
原点回帰の踊ってる嵐、大歓迎!
【2010/09/18 08:34】 URL | もち #-[ 編集]
el surさん、こんばんは。

あの最高のステージからもう2週間が経ちましたね。その間にも毎日アラシゴトが降り注いでいた気がしますが・・・ありがたいことです^^

国立レポ、楽しく拝見しました^^記憶から抜け落ちている部分もあり、そうだそうだ、と思い出しながらステージ正面からの風景を想像させてもらいました(笑)

ですので、もっとも近かった「let me down」と「still…」についてご報告です。
私は末ズに近い下手スタンドだったのですが、「let me down」はすっごく丁寧に踊っている印象でした。少し伏し目がちなのと、二人がぴったり合っていたのが魅惑的で、双眼鏡でガン見してしまいました。
曲調のせいもありますが、目を合わせることもなく、お互いの踊りのクセみたいなものも極力なくしていて、ミニショー(ダンスバトル?)を見ているような気になりました。(深読みしすぎかも^^;)
途中で花道に移動し、アリーナ後方側に向けた演出となり後姿になってしまいましたが、十分素敵でした。
叶うなら花道最前列で見てみたい!

「still…」では翔雅和のムービングがちょうど目の前を通りました。確か、相葉ちゃんが自分のパートでないところを歌いながらお手振りしていて、それに気づいたニノが肩をたたいて、「違う違う」と言いたげに手を振りながら(否定のアクションです)口パクで「お前のパートじゃないから」みたいなことを嬉々としてツッコんだら、相葉ちゃんがタオルを振り回しながらニノを追いかけて、オシリを叩く。というくだりだったと思います(カワイイ・・・)
少し主観が入っていますが、いい末ズといいにのあいでした^^

曲目などの細かい要望はまさにel surさんのおっしゃるとおりで(笑)。
今回はアクセントダンス、showtimeやメンバーソロ、二井SK(とニノが言ってました)含め、素晴らしい原点回帰を見てしまった・・・!という感覚でした。国立という場所でそれが見られたことにも驚きましたが、嵐くんはやっぱりどこかあたたかくて、素晴らしいエンターテイナーであると思わずにはいられませんでした。

本当に楽しかったですね。すべてに感謝!
【2010/09/18 18:09】 URL | nous #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/09/19 09:28】 | #[ 編集]
◆ 白衣の天使さん

こんにちは。
初日のあの何が飛び出すかわからないあのワクワクドキドキ感はたまらないですよね、嵐の場合は特にね。(笑)今はセットも構成も大がかりになってしまったからそうそう簡単に変更できないかも知れないけど、嵐の場合は初日の反応を見て次の日にはセットリスト変えちゃったりする可能性もあるから初日は面白いですよね。今回は特に全員でのリハがあまりできなかったと言っていたからちょっと緊張感も漂ってたかも。

> ちょうど私の席から、正面に時計台が見えまして、時々無意識に時刻を確認してしまって「終わらないで~」って何度も思いました。

視界に時計が見えるのも困りますよね。2008年の時の2日目、たぶんわたしは白衣の天使さんと同じような座席で、時計を見ないようにしてた記憶があります。(笑)
コンサートの内容として視覚に訴える要素が高いし、MCも毎回違う内容&楽しい話で、その場に行かなきゃ聞くことができないからやっぱりまた見に行きたくなってしまいますよね。
今やFC会員も100万人を突破しているそうなので彼らに会えるチャンスは本当に貴重なんだと思いますが、そのチャンスを得ることができたなら思いっきり満喫したいですよね。

ニノのドラマの主題歌についてもそのうち情報が出てきそうだけれど、どうなんでしょうね。
新曲が出れば彼らが歌番組に登場してくれる機会が増えるから嬉しいという声もあるけれど、(あくまでも個人的な感想ですが)先日のMステの Love Rainbow を見る限り十分に5人でフリを練習する時間がなかったことが画面から見えてしまってちょっと複雑な気持ちでした。結局 Love RainbowはもうTVで見るチャンスはないんですよね? いろんな意味でもう少し余裕があったら・・・と勝手な思いをめぐらせています。
【2010/09/19 14:34】 URL | el sur (エル・スール) #pYrWfDco[ 編集]
◆ まどかさん

こんにちは。
すごいな! 初日参加の方が圧倒的に多いですね!(笑)

「Don't stop」、わたしも踊れる曲だしセットリストに入っていると思っていたのですがやらなかったですね。
アルバム曲はそのツアーでないと歌われる機会がまずないから、できれば定番曲をちょっと減らしてでもアルバム曲を歌ってくれたら嬉しいなぁと思ったり。新譜なのだから古いファンも新しいファンも関係なく楽しめるはずですもんね。

智潤コンビがカワイイですね。他のメンバーにはしないスキンシップもリーダーにだけは惜しみなくやってくれますもんね、潤くん!(笑) 今回はすごく「いいにのあい」もたくさん見られてビックリ!

今年は聖火台を使わない演出だったからスタンド席はちょっと寂しかったですけど、それでも見応えのあるダンスを見せてくれて嬉しかったです。あれだけ大きな会場だから全ての場所に近づくことは難しいだろうけど、会場の隅々まで走ってちぎれそうならい笑顔でいっぱい手を振ってくれてた相葉ちゃんの姿にまたまた感動してました。(泣)

盛り上がる定番曲も嬉しいけどシングル以外にも名曲がたくさんあるから、コンサートで聴けたら嬉しいですよね。 わたしも「素晴らしき世界」大好きです。後でセットリスト振り返って今回は「Carnival」やってないことに気づいたんですけど(笑)、他にももっといっぱい聴きたい曲があるのでまたやって欲しいなぁ!
【2010/09/19 15:01】 URL | el sur (エル・スール) #pYrWfDco[ 編集]
◆ さえさん

こんにちは。
怒濤のアラシゴトが続いてすっかりエントリーが滞ってしまいました。嬉しいけど大変。(笑)
さえさんも4日にご覧になってたんですね、お席もご近所だったとは! 37Gの前の方にいたんですよ。 
実物は憧れの対象になるような人物とはかけ離れたただのヲタクなんですけど(笑)、メールフォーム(ブログの左欄にあります)からご連絡いただければまたご挨拶できる機会があるかも。^^ またどこかでお会いするチャンスがあったらお声かけてくださいね。
【2010/09/19 15:11】 URL | el sur (エル・スール) #pYrWfDco[ 編集]
◆ sakiさん

こんにちは。
sakiさんも4日いらしたんですね。不思議と初日とオーラスに参加された方が多い気が。(笑)
sakiさんもご近所でご覧になってたんですねぇ♪

> 「EYES WITH DELIGHT」も私もやって頂きたいと思っているのですが、これだけ急激にファンが増えると、
> C&Rが出来ないと思い、敢えてセットリストから外しているのかなぁと思っています。

そうなのかも知れないですね。ドリアラの時もツアー初日にやった時ちょっとC&Rが揃ってなくて、2日目の時に修正してセットリストから外されてしまってからやってないのが残念。

「let me down」はホントにメインモニターに映してくれたらいいのになぁと強く思いました。どこにいても必ず死角は存在するとは思うのですが、それを補うためにも場内カメラが存在すると思うんですけど、大きな会場だけに彼らを身近に感じられない距離にいる人には場内のモニターが頼りなとこもありますもんねぇ。 潤くんのラジオにメールしようかなぁ。(笑) 
コンサートで歌って踊ってる時の彼らはやっぱり輝いてますね!
【2010/09/19 15:20】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ もちさん

こんにちは。
隙間産業はやはりひっそりとスルーされてましたね。(笑)

互いの理解と信頼も含め、彼らの地道な活動の積み重ねや人間的な成長の開花するタイミングがちょうど10周年というとても区切りのよい記念すべき年と重なったというのはあるかも知れませんが、これは決して偶然ではないですよね。 
やはり多くの人を惹きつける魅力を磨き蓄える期間としてそれだけの年月が必要だったのだと思うし、またそれだけの月日があったからこそ薄っぺらなものではない、中身の詰まったものを彼らが持っていることも十分に感じ取れる。

先日嵐ファンではないリアル友と会った時に、友人が何気なく「嵐は語るべきものをたくさん持ってるね」と言ってたのが印象的でした。 わたしも全く同じ事を以前ブログに書いたことがあるのですが、嵐ファンでなくてもそう感じるんだなぁと思って。 TV画面を通していても彼らの人柄や姿勢は伝わっているんだなと感じた瞬間でした。 
「揺るがない核となるものを持っている」というのは彼らにとって非常に大きな武器だと思うので、これからもそのまま進んでくれたらと思います。ちょっとお休みを増やしてあげたい気持ちですけど。(笑)
【2010/09/19 15:44】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ nousさん

こんにちは。
先日はどうもでした。 お土産美味しくいただきました!m(_ _ )m

「let me down」、正面からご覧になれたのはうらやましいー。 ニノと潤くん、シンクロしてたんですねぇ!
ダンスバトルっぽいなんて聞くとますます正面から見てみたかったですー!

相葉ちゃんのタオル叩きはそう言う経緯だったんですね、ふふふふ。 相変わらずニノは相葉ちゃん大好きだな! わたしは右見てー、左見てー、みたいにムービングを追いかけてたんですが、ちょうど上手側のムービングを見たら相葉ちゃんがニノを追いかけてタオルでオシリをパシパシッとやってるとこだったんで、また何かニノがイタズラしたのかしらと思ってその瞬間を見てました。(笑)

> 今回はアクセントダンス、showtimeやメンバーソロ、二井SK(とニノが言ってました)含め、素晴らしい原点回帰を見てしまった・・・!という感覚でした。国立という場所でそれが見られたことにも驚きましたが、嵐くんはやっぱりどこかあたたかくて、素晴らしいエンターテイナーであると思わずにはいられませんでした。

大宮のくだりでニノが「二井SK」って言ってたみたいですね? わたしなぜかその部分はスコーンと抜けてて、彼がそう言ったことが全く記憶にないんです。なんでだろ?? 
「大宮SK」のパターンを踏襲するなら「櫻宮SK」(「櫻S」でないとマズイ)が正しいかと思いますが、そこはこだわらないんだ。(笑) 

リハが十分できたかできてなかったか、そういう裏情報は(見る側としては)知らなくてもいい情報だと思っているのですが、それでも短い時間であれだけの内容のものを作り上げたということにちょっと感服です。 やっぱり彼らはレベルが違うんだなと改めて思います。 大野くんじゃないけれど、やっぱり国立は最大級のお祭りですね。^^
【2010/09/19 15:55】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2010/9/19 9:28】にコメントをくださった方へ

はじめまして、コメント有り難うございました。
わたしも結局同じような誌面なのに何冊もTV誌を買ってしまいました。(笑)
わたしも衣裳の細かいところはちょっと記憶が曖昧だったりしましたが、雑誌の写真を見て「あぁ、こんな柄だったんだー」なんて再確認したりしてました、ふふふふ。

うまく整理できずにダラダラとメモにとっていたことや思い出したことを羅列しているだけなので読みにくいとは思うのですが、少しでもコンサートのことを振り返る時の参考になっていたら嬉しいです。
また遊びにいらしてくださいね。 長い文章を読んでくださって有り難うございました。^^
【2010/09/19 16:08】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ murakamiyorikoさん

こんにちは、拍手コメント有り難うございました。
ドームの方に参加されるんですね、おめでとうございます。最終日はきっと楽しめると思いますよ、待ち遠しいですね!
例の書籍、ホントに読んで感想をお伝えしたいところなんですが、身近にツテもなく読ませてもらえるチャンスが見当たらないので残念です。 一般のファンも読めるチャンスがあるといいんですけどねぇ。(泣)
【2010/09/19 16:15】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ よこさん

拍手コメント有り難うございました。 
長文、読んでくださってありがとうございます、また遊びにいらしてくださいね。
【2010/09/19 17:42】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
el surさん、こんばんは
お久しぶりです~(^O^)覚えてらっしゃるでしょうか?
国立のレポ ありがとうございました(><)すごく楽しませてもらいました。。。el surさん目線のレポすごく好きです(^^)
楽しい時間をありがとうございました(><)来年も国立出会ったらいいな~って切に思います(>_<)
ではお邪魔しました。。。
【2010/09/19 23:52】 URL | うめ #dUKRIz3A[ 編集]
こんばんは☆
またお邪魔いたしますe-466

後半戦も楽しく読ませていただきましたe-420
ありがとうございます。

ほんとにel surさんのレポは鮮明であの空気感が蘇ってきます。

わたしも『マダ上ヲ』『Don't Stop』が大好きなので、歌って欲しかったですね…

でも、こんな幸せな気持ちをくれる嵐くん、そしてel surさん
いつもありがとうございます。


【2010/09/20 21:53】 URL | ☆rico☆ #-[ 編集]
◆ うめさん

こんばんは。オヒサシブリ!(笑)です。
かなり個人的視点からみた感想(レポというような立派なものではなくあくまでも感想なんですが)少しでも雰囲気が伝わっているなら嬉しいです。国立、また来年もやってくれたら嬉しいですよね。
また遊びにいらしてくださいね。
【2010/09/20 23:39】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ ☆rico☆さん

こんばんは。
こちらこそ、長い文章なのに最後まで読んでくださって有り難うございました。
記憶が欠落している部分や思い違いをしているところもたくさんあると思うのですが、少しでも雰囲気が伝わっていたら嬉しいです。

アルバム曲、「マダ上ヲ」と「Don't stop」で踊ってるところも見てみたかったですー!
【2010/09/20 23:49】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
elsurさん、レポありがとうございます!心して読ませていただきました(笑)
テレビ紙では嵐コン祭りなので、吟味して2冊に絞ってきましたが、足りないですf^_^;やっぱりファン目線のレポじゃなきゃ♪もちろん、写真いっぱいの雑誌レポには満足してますが。
大宮復活!やっぱり期待していました。参加してないので復活した内容まで分からず、雑誌ではハショラレてたのでわからないまま。良かったです、聞けて!
duetだったかな?ニノちゃんが意味深な発言してたから、大宮くるんじゃない?って言うてました。参戦した日にはなかったからドームでやるんじゃない?とか…。
ラストで出たとは知らずf^_^;事務所サイドからNGかかってるのかな?(笑)DVDに是非収めて頂きたい!もちろんにのあいも。念じて言霊を信じたいと思います。
とにかく嵐コンは最強で(他いったことないですが)あんな楽しそうな嵐を見れるのはこの上ない幸せです。
あとはドーム公演を待つばかりですが、どんな演出に変えてくるのかな?ってやっぱりスッゴク楽しみですo(^-^)o
【2010/09/21 01:35】 URL | さとchan #-[ 編集]
el sur さん、こんにちは!

興奮しながら一気に読ませて頂きました。

初めての嵐のコンサートが、国立の最終日という幸運に恵まれ、更にel sur さんと同じあの空間に居て、感動を共有できた(勝手にそう思っちゃって、すみません)ことがとても嬉しいです。

レポを読んでいて、あの時の光景が蘇ってきました。
スタンド前段だったので、ムービングステージで来てくれた時、翔ちゃんのお顔が肉眼でハッキリ見えて大興奮したこと。
偽タカの翔ちゃんが思いっきりブーたれた表情で登場したことなど、たくさん思い出しました。

とにかくあっという間の3時間半、まさに夢のような時間でした。
そして、すぐにまた嵐くんを見たい、会いたいと思う魔力に私も引き込まれています。
抜け出せそうにありません(笑)
【2010/09/21 14:57】 URL | かこ #-[ 編集]
◆ さとchanさん

こんばんは。
いやぁ、怒濤の二宮雑誌まつりですね。昨日今日でドカッと雑誌がまた増えてしまいました。(笑)
上甲さん@TVぴあ ではソロや一部の演出についてはツアー終了まで秘密に♪ とありましたね。^^
どこのインタビューでだったか、潤くんが、ドラマも終わったしドームツアーのリハにはもっとたくさん参加できるので、ドーム公演での演出の手直しを絶賛精査中!と言ってましたね。
今度は自然の気象条件等の演出が加わらない密室空間でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、また楽しみですね!
【2010/09/22 21:29】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ かこさん

こんばんは。
かこさんも最終日にご覧になったんですね。しかもスタンド前段とは羨ましい~!
暑かったけど(笑)魅惑の3時間半でしたね!
どの雑誌の国立レポを読んでも楽しい空間が再現されてて、ついつい同じような写真なのに買い込んでしまって部屋が雑誌の山で囲まれそうです、えへへへへへ。

ほんとに、嵐のコンサートはものすごい中毒性が高いですよね。 見終わってもまたすぐに見たくなってしまう。あの幸福感に満ちた空間は他の物には変えられないんですよね。
【2010/09/22 21:38】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
el sur さん、こんばんは。

楽しいレポート、ありがとうございます!
私は、3日に参戦したのですが夢の中の世界で、あまり記憶になく
詳細レポート、とってもありがたいです。
いや~、、、本当にすばらしかったですね!!!

感動ポイントは、言い出すとキリがないんですが
私も相葉ちゃんの「Magical Song」 が超テンションあがりました!
登場の仕方といい、衣装といい、ダンスといい、すべてが相葉ちゃんに
ぴったりで、感動しちゃいました!!

あと、翔ちゃんのソロ・・・。
なんか笑ってしまって・・・。画面に気をとられて、かんじんの生翔ちゃん
を見れてなかったことにel surさんのレポート見て気づきました(笑)

5人のソロがそれぞれ、らしくて、よかったですよね!

あと1つ、残念だったのは、こちらも同意見なのですが「Don't Stop」が
聞けなかったこと。アルバムの中で、一番くらいに好きだったのに・・・。
聞けることを信じて疑わなかったので、かなりショックでした・・・。
ほんと定番曲、減らしてでも、アルバム全曲入れてほしかった!

それにしても嵐のすばらしさを体中で感じた幸せな時間でした~!
【2010/09/22 23:41】 URL | く~ #JalddpaA[ 編集]
◆ く~さん

こんにちは。
Magical Song、よかったですねぇ。なんというか、相葉ちゃんにしか表現できないキュートさと格好良さとセクシーさとクールさと、そして極めつけのあの衣裳! ・・・そういう要素が全て詰まっていて、またそのバランスが奇跡的で、わたしはパフォーマンスの間じゅう「終わらないで!ずっと見ていたいから!!」と念じ続けておりました。(笑)メンバーが相葉ちゃんのソロが大好きだという気持ち、非常にわかります。

> あと、翔ちゃんのソロ・・・。
> なんか笑ってしまって・・・。画面に気をとられて、かんじんの生翔ちゃん
> を見れてなかったことにel surさんのレポート見て気づきました(笑)

あの映像で笑ってしまう、というパターンがわたしの周囲でもチラホラ聞かれました。(笑)
攻めてる翔さんはダメですか。(嘘)
いや、でもパンチありました! 今回のソロはほんとに5人とも好きです。

「Don't stop」は非常にキャッチーだし踊れそうな曲だからきっとやってくれるんじゃないかと思ってたんんですがセットリストに入ってなくて意外でしたね?
アルバム曲と定番曲・シングル曲を何曲か毎に交互に混ぜてくれていたので古いファンにも新しいファンにも楽しんでもらえるような構成になっていましたが、アルバム曲は新旧関係なく今回が初めてのお披露目なのだから全員が楽しめるはずで、もう全曲やったっていいじゃないか!と私も思ったんですけど。 アンコールでみんなが聞きたいと思ってる人気の定番曲をやるというのでも十分ファンは満足するんじゃないかと思うんですけどね、本編はガッツリアルバム曲をやって。

3時間半でもあっと言う間で、ドーム用にまたマイナーチェンジしたプログラムで魅せてくれるんでしょうね、楽しみです。
【2010/09/23 17:26】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ えみこばさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
あの隙間産業コンビは表方には現れないようにしてるんですかね、どこも透明人間のように触れてなかったですね。(笑) 恐らくニノが翔ちゃんを口説き落としていたのはこのことなんでしょうね、ふふふふ。
ドームはどうでしょうね?登場するかなぁ・・・再び現れるとしたら福岡のツアーオーラスだったりして?(笑)
【2010/09/24 00:25】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ *104さん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
お元気ですか?(笑)

ドームでは きっと「Summer Splash!」が外れて「Dear Snow」や「果てない空」が入ってくるんだろうね。
 
「果てない空」のリリースは11/10発売だけど、京セラの時にはフリ家のドラマも始まってるから京セラで披露してくれるかも知れないね。 
それにしてもリリースが多すぎてコンサートで披露しきれなくなってしまったらそれはそれで問題だ。そんなわけないと思うけど。(笑)
【2010/10/02 21:15】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。