ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




相葉ちゃん舞台の初日、無事に幕が開いたみたいですね。
カーテンコール、やっぱり相葉ちゃんは感激してしまったかなぁ。

公演期間中に新曲のリリースもあるし、相葉ちゃんにとってまたまた忙しい日々が待っていると思うけれど、無事に千秋楽を迎えることができますように。

まずは初日、おめでとうございます。

*******************

怪物くんの第3話。


自分でもアホか!と思うんですが。 
イタイほどわかっているんですが。

定時にTVをつければ大野くんの怪演が当たり前のように見られるなんて
たとえそれが荒唐無稽なアニメの実写版ドラマであっても、あの豊かな表情と身体表現を毎週見ることができるなんて
それを録画して飽きることなく何度も繰り返し見ることができるなんて

第3話を見ながらそんなシアワセを噛みしめつつ、なんだか涙がこみあげてきそうになっていました。
脚本もよく考えられていて、演出もテンポがいい。 毎回テーマの描き方が非常にスッキリしているので純粋に見ていて気持ちがいい。 でももうそれ以上に今回の第3話は「大野智劇場」でありました。
以下はそんなツボ満載だったサトシ劇場を楽しんだ感想を。


どんだけ大げさなんだと自分でもそのイタさは十分実感しておりますが、大野くんが本当にユカイ・ツーカイにやさぐれた怪物くん(ほんとにやさぐれてる)を伸び伸び演じてる姿になんか感動してしまうのです。
クルクルと表情を変える彼の(自前)百面相を見ているだけで、なんだかもう「ごっつぁんです!(泣)」と言いたい気持ちです。


オープニング、運動会会場でフラを踊る町内会の人たち越しにカメラが下がってきて怪物くんの後ろ頭をアップで映し、正面に切り替わった時のちょっと前後に身体を揺らしながら(ウキウキして)落ち着かない怪物くん。
(もうこの表情が絶妙過ぎる)


二重に被ってる帽子を「変だ」とヒロシに咎められ、「いんだよ、これでぇ!」と毒づく怪物くん。

ウタコがバイトのために運動会に参加する約束を守れなかったことに不満をもらすヒロシ。
「心配すんなよおめぇ、オレがついてんだぞ!」 ヒロシにガン飛ばしながら「絶対白組優勝だよ」とニヤついてヒロシにちょっと肩を当てにいく怪物くん。


もう、この場面の(どうみても)チンピラ怪物くんが大好きです。 何回リピートしてんだっていうくらい好きです。
コレ、怪物くんじゃなかったらホントにただのチンピラじゃないスか。(しかも江戸っ子の)
このガラの悪さでもう冒頭から楽しすぎ!

そして徒競走でのゴール前のあの大コケ!
3104美麗フォト満載の永久保存版 『+act. mini vol.09』でプロデューサーに「あれができる身体能力は凄い」と言わしめた見事なコケっぷり。 マンガよりマンガ的な表現が身体全体でできるのはやっぱり踊りによる自己表現に優れた大野智ならではなのだろうなぁ。

警察に保護されたヒロシをみんなで迎えに行った帰り、ヒロシと一緒なら念力が使えるかと思って走ろうとするんだけど走れない、っていう時の 「ふんっ! ・・・あれぇ? ふんっ!」のアップがまたマンガ見てるみたいに見事な顔するんだよなぁ。あそこはどうやってもポーズボタンで「止めてくれ」って言ってようなものなので、止めて見てしまいます、うぷぷぷぷぷ。 
こういう表情や動きのコメディセンスは正に志村けんリスペクト! 
いつもながらその引き出しの多さに脱帽です。


しかも今回は "ダブル怪物くん" で2倍お得! 眼福、眼福。 
偽怪物くんはやたら姿勢がいい。(笑) 
そしてお供3人衆をねぎらう時には(やっぱ)アゴ出てる・・・! アゴ出てるよ、怪物くん! 
ニノじゃないけど突っこみながら見てました。(笑)

最後のアックマーとの対決はやはりアックマーが弱すぎて笑っちゃうけど、今回で津田寛治さんはクランクアップということで、どこか憎めないアックマーは愛されキャラだっただけに残念だなぁ。 ヤッターマンのドロンボー一味みたいにダメダメでやられてもやられても対決は続く・・・という設定かと思っていたのでなんか寂しい。

でも次週予告にまたまた釘付け・・・! 最後の最後でまたドカッとテンション上がりました。(笑) 
涙の怪物くん! アーンド 怪物くんの本格的なアクションシーンが! 
来週もまたまた楽しみです。


* 今回のお供3人衆、相変わらず絶妙なツッコミが各所に散りばめられていましたが、毎回3人(正確にはヤッシーと竜ちゃん)の 『えぇ~っ!?』 のバリエーションの豊富さに笑わってしまう。 
一番笑っちゃったのはヒロシの「今僕と何をして遊びたい?」というクイズに対して偽怪物くんのそつのない回答にオオカミ男が 「手堅くまとめてくるなぁ、偽物はぁ!」って言っちゃうところ。 (ホント、西田敏行もこういうイントネーションで言いそうなんだもん。(笑)) 脚本の西田征史さんのセンスも好きだけど、それを言う上島さんがすごくいいんだなぁ。

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能







こんにちわ。

相葉ちゃんの舞台、遂に始まりましたね。
ついこの間、舞台決定の知らせを聞いたと思ったらあっという間に初演です(汗)時間が経つのは早いですね。
今回は行かれないのですが、いつか嵐さんの舞台も見てみたいなぁと思います。

怪物くん、周りの嵐ファン以外の子に「何が面白いんだ!?」なんて批判されながらも毎週楽しみに見ています。
私は面白いと思って見ているのですが・・・贔屓目で見すぎでしょうか?

でも、何度リピートしてもプリンス智くんは可愛いですね。
怪物くんのコロコロ変わる表情も、わがままな態度も、大野くんだからこそ演じられるのかなぁ・・・なんて思っています。
【2010/05/03 14:26】 URL | なほ #aIcUnOeo[ 編集]
こんばんは。
うちは旦那と見ているんですが、旦那が結構ハマってます(笑)
時々ぼそっと、大野くんうまいなーって言ってくれるんで、横でふふふ~と喜んでます(あんまり騒ぐと言ってくれないんで 笑)
周りの三人とのバランスも、さりげない?ギャグもいい。
多分、多くの人が「大丈夫か?」って思ってただろうドラマだったんじゃないかと思うんですが(ごめんなさい)、全然いい仕上がりだと思ってます。

怪物くん→しやがれの流れもなんだか嬉しい今日この頃です。
【2010/05/03 21:32】 URL | Lisa #-[ 編集]
こんばんわ うめです。
相葉くんの舞台始まりましたね!観たかったです~。
今日のズームでmonsterのPVと相葉くんの舞台の取材風景を放送してましたよ~。舞台の取材内容は携帯サイトと同じでしたよ。新曲はmonsterダンスでかっこよく踊っておられました。発売が楽しみです。
「怪物くん」サイコーに面白いです。あの表情と間!!!はまっています。最高に考えてんでしょうな~と関心さえさせられます。
『+act. mini vol.09』読みました。今回のおおちゃん若くないですか?すごくかわいい。保存版です!非言実行の人は静かで穏やかな運動神経抜群な王子様!アラサーなのに「欲」なくしちゃって、外見は若返ってるのにおじいちゃんみたくなってきてる・・・もはや仙人だな、、、。
『嵐にしやがれ」今週はとても面白かったですね。志村さんは相場君と関わりもあるし、おおちゃんのリスペクトぶりもとってもはまりました。旅行で保養所に泊まっていたのですが、夜中なのに堪え切れず大声で笑ってしまいました(×。×;)しか~し、来週のゲストはどうなるんでしょうか?!なぜラーメン・・・。
話は違いますが旅行で「奈良」と「鉄人28号」と「太陽公園」に行ってきました。「鉄人28号」は思っていたより大きくてびっくりしました(^。^)あとは広くて今日は筋肉痛で仕事がつろうありました。でも帰ってすぐおおちゃん再放送ドラマみました!やっぱおおちゃん天才ですわ。
【2010/05/03 23:50】 URL | うめ #dUKRIz3A[ 編集]
こんばんは。

『怪物くん』、私も運動会シーン冒頭の王子のウキウキの表情に、さっそく見とれてましたねー。
すごいなー、見始めるまで心配だらけだったのに、怪物大野くん、もう全く違和感ないもんなー。その覇気のない童顔((C)ロキノン粉川女史)からくりだされる豊か過ぎる表情にやられっぱなしです(笑)

次週は本格的に泣かせにきそうな内容で(そんな気がしただけです…)。
今回のですら、私は結構涙腺やられそうになったのですが(苦笑)
楽しみですねー。
【2010/05/03 23:57】 URL | xtal9270 #-[ 編集]
◆ なほさん

こんばんは。
朝からベッピンさんの相葉さんが見られましたね♪ きっとあっという間に千秋楽を迎えそう。(笑)

何をどんな風に面白いと感じるか、もうそれは人それぞれで感性の問題なので自分が楽しいならそれでオッケーなのだと思いますよ! (ちなみにわたしの周囲=非嵐ファン&エンターテイメント好き= には「怪物くん」、好評です。^^)

やはり大野くんは舞台で演技を磨いてきた人なので、どんなにオーバーアクションであろうとも身体全体でお芝居をすることがきちんと身についていて、あれほどマンガ的な表現を求められてもそれを具現化することのできる高度な技術をちゃんと持っている、その強味が「怪物くん」で遺憾なく発揮されていると思います。 
大野くんは感性の人でもありますが、感じたことを形にするハイレベルな表現技術も併せ持つ強者ですよね。 モノマネが上手なのもその一つなのかも。(笑)
【2010/05/04 00:52】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ Lisaさん

こんばんは。
ふふふふ、やっぱり最初にこの報が飛び込んできた時は「・・・マジっすか!」という感じでしたが、始まってみるともう大野くんにしかできないようなキャラクターになっていて、彼の非凡さがまた白日の下にさらされてしまいましたね。(笑)

> 怪物くん→しやがれの流れもなんだか嬉しい今日この頃です。

そうですよね、嵐の出演番組が土曜のプライムタイムに2時間あるんですもんね、ものすごい贅沢なことですよねぇ!
【2010/05/04 00:56】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ うめさん

こんばんは。
相葉ちゃんの舞台会見、楽しそう&元気そうで男前でした。^^ 
そう、関西のエセ・ズームでは相変わらず「Monster」のPVも相葉ちゃんの舞台会見もオールスルーでありましたが(笑)、PVは「DON!」でも見ることができました♪

> 『+act. mini vol.09』読みました。今回のおおちゃん若くないですか?すごくかわいい。

決め手は前髪!?(笑)

> 『嵐にしやがれ」今週はとても面白かったですね。

志村さんから直伝でコントを教えてもらえるなんていうことはものすごいことで(普通はなかなかあんな舞台裏をTVで見せてくれないですよね)、番組のコンセプトとしてあれ以上の先生はいないですよね。 志村さんがとても真面目な人だから、教えられる側のこれまた真面目な嵐くんたちがまた素直に教えてもらって頑張る姿が微笑ましかったです。
来週の獅童さんは・・・どうでしょうね?(^_^;)

関西に遊びに来られたんですね。^^
わたしは鉄人28号の実物は見てないのですが、こちらではニュースで頻繁に取り上げられていたので映像では見てました。 あれ結構デカイんですよねぇ。(笑) 
【2010/05/04 01:19】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ xtal9270さん

こんばんは。

> その覇気のない童顔((C)ロキノン粉川女史)からくりだされる豊か過ぎる表情にやられっぱなしです(笑)

ぷぷぷぷ、確かに。 
大野くんはそうやって周囲を油断させるんだよなぁ~。(笑)

怪物くんが経験の中から学んでいくテーマを、西田さんの脚本は説教臭くなくウィットに富んだ形で進めてくれるので楽しいですねぇ。 時に痛みも伴いながら怪物くんが成長する姿にわたしもウルッとしつつ、来週の回、次週予告を見てちょっとテンション上がりました。(笑)
楽しみですー。
【2010/05/04 01:30】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
怪物くんはサトシックにとっては、嬉しさと誇らしさでいっぱいになる番組です。
「何で怪物くん?」との疑問は、始まる直前まで持っていましたが、もうこんな疑問どこ行ったの?って感じです。

大ちゃんの表情と身体表現がこんなに生かされるなんて。
怪物くんの実写化を考えた人に、「ありがとう」と言いたいです。
そして、その期待に見事にこたえている大ちゃんも素晴らしい!
サトシックで良かったとしみじみ思います。
el sur さんが書かかれてる場面全てに、同感同感!とうなずいてしまいます。

私のニノ担の友人は、怪物くんを見るたびにサトシックになりそうになるのをこらえるのが大変らしいです。とっととサトシックランドに来るようにと言っているんですけど・・・(笑)

私もアックマーさんにちょっとハマってたので、亡くなって残念でした。アックマーVS怪物くんのおとぼけ会話が大好きだったのにな。

次回の怪物くんはまたまた、我らのハートをぶち抜きそうですよね。
楽しみですね。

【2010/05/04 21:42】 URL | 白衣の天使 #-[ 編集]
◆ 白衣の天使さん

こんばんは。
「怪物くん」のプロデューサーもいろんなところで「怪物くんを演じることができるのは大野くんしかいないと思う」と語ってくれていますね。 撮影が始まって実際に大野くんの演じる怪物くんを見た時、その考えが間違いでなかったことを実感した、と。

> 私のニノ担の友人は、怪物くんを見るたびにサトシックになりそうになるのをこらえるのが大変らしいです。とっととサトシックランドに来るようにと言っているんですけど・・・(笑)

うふふふふ、ほんとに大野くんは才能の塊ですもんね。
わたしは基本的に天才肌の人に非常に弱いのですが、こんなに熱くサトシくんについて語っているわたしも実はニノ担であるという事実・・・! いったいどのくらい認知されているんだろう。(笑) 
だって大野くんの才能も素晴らしくて語らずにはいられないんだもの! というか、嵐5人とも同じくらいに好きなのでニノ担なんだけど5人担でもあるのです!

来週はあのわずかな予告だけでも相当期待が高まりましたね。 デモリーナが人間界にやってきたことで怪物くんの闘いぶりも見応えありそうでしたし、気になるのはやはり涙の怪物くん!
【2010/05/04 22:17】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
はじめまして。
赤林檎と申します。
櫻井くんのソロ曲のペンの指す方向の記事(?)を拝見させていただきました。あの歌詞の意味だったり、何を思って作ったのか、これからの意思だったりと聴けば聴くほど深読みしてしまうリリックの素晴らしさをキレイに文章にされていてすごい方なのだろう思いごあいさつ失礼しています。
これからもお邪魔させて頂こうとおもいます。
今回はごあいさつだけで失礼させていただきます。

「かーいかいかい」CD発売楽しみですね♪
【2010/05/06 16:35】 URL | 赤林檎 #OOm7rHkg[ 編集]
◆ 赤林檎さん

はじめまして、コメント有り難うございました。
こちらのエントリーではない記事についての感想をいただいたのですが (これでしょうか?→ http://elsur88.blog77.fc2.com/blog-entry-1739.html)、こちらにお返事しておきますね。

翔くんのソロの中でも「ペンの指す方向 ChapterⅠ」は特に好きな曲で、この曲と「still...」はいつ聴いても翔くんの詞に無条件でグッときてしまいます。
彼の人生の中の長い時間を共に過ごした親友たちに贈る詞はやっぱり翔くんでなければ書けない言葉に溢れてますね。 新しい人生のスタートラインに立つのと同時に青春の終わりを受け容れようとする彼の叙情性が胸に響いてきます。 今でもやっぱり「伝え忘れたことはないかな」の部分でグッときてしまいます。(笑)

よかったらまた遊びにいらしてください。 コメント有り難うございました。
(大野くんの挿入歌「ユカイツーカイ怪物くん」はサントラに収録されないみたいで残念ですが、主題歌の「Monster」は間もなくリリースですね。^^)
【2010/05/07 01:16】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
* 今回のお供3人衆、相変わらず絶妙なツッコミが各所に散りばめられていましたが、毎回3人(性格にはヤッシーと竜ちゃん)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
拝見しました。
お節介、しても、大丈夫ですか?

  性格 → 正確  かな?
【2010/05/15 09:46】 URL | 光 #-[ 編集]
◆ 光さん

こんにちは、ご指摘ありがとうございます、訂正しておきました。m(_ _ )m
【2010/05/15 11:33】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。