ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今までに参加できた3回の国立の公演は全てスタンド席で、そのうち2回が聖火台側の真ん中から上という位置だったので(笑)、わたしの中の国立の景色というのはメインステは遠いけれど会場全体を見渡せる俯瞰のポジションであることと、同時に後方に新宿副都心の美しい摩天楼も視界に入るオマケがついているということです。

DVDのCMでの5人がフライングでこちらに向かってくる映像の背景にもこのオマケは映り込んでいましたが、7万人が集うコンサートの喧噪とあの大都会のビル群が共存する図というのは何度見てもワクワクするものがあって、屋根のない野外の開放感もあるし、その全景が空撮で映し出される時のスケール感に自然と高揚するものがあります。


もし今回のツアーで1つだけ贅沢でわがままなことを言っても許してもらえるならば、(わたしの嵐のコンサートにおける最大の楽しみの一つが大野くんのソロでのキレッキレの踊りなので)可愛い歌のお兄さんもあのタイミングではバッチリだったのだけれど、"スタイリッシュでストイックでカッコイイ大野智" を見てみたかったな、という思いがあったことでした。

けれど今回その欲求を満たしてくれるパフォーマンスが、いつも "明るくて楽しくてハートフル" なステージを見せてくれる相葉雅紀から繰り出されるとは。 
今回のツアーの5人のソロのパフォーマンスの中でわたしが最も好きなのは相葉ちゃんの「PIKA☆NCHI」でありました。 マーチングバンドが好きっていうのもあるんですけど、この楽曲のアレンジ、この振り付け、そして相葉ちゃんの踊りの大きさ、全てドンピシャだった気がします。

ドームツアーの時もよかったけれど、国立の空の抜けた広い空間の使い方(大きな縦移動)もよかったし、マーチングバンドを使うアイディアも、非常にシャープでタイトな群舞も秀逸で、相葉ちゃんの格好良さが最大限に引き出された演出として今回のツアーの中でもベストパフォーマンスの1つだったと思っています。

「DANGAN-LINER」「アレルギー」は過去のライブ映像とコラボした演出になっていたからDVDに入れる時はどうするのかなぁと単純に思っていたんですが、「アレルギー」はワイプで流してきましたね。(笑)
暗黒の歴史を楽しそうに踊る5人が愛おしいです。
(蛇足ですが、さっきDVDを見ていてこのシリーズの時の二宮さんの来ているTシャツののデザインがピストルズの「God save the queen」のジャケ写プリントであることに初めて気がついた。パンクだネ!(笑))

ニノのソロ、ピアノのイントロと一緒に映し出される東京の街の風景がきれい。
まだ「見知らぬ」のブルーノの髪型の名残がみえる二宮さん。
今回のソロはよく歌詞を間違ったりもしていたけど(笑)いつもすごく楽しそうに伸び伸び歌ってるニノがとてもよかった。 ファン心理からするとここは敢えて初日で歌詞を間違えて「ぜってぇ間違えてねーからなー!!」と言ってるニノの姿を記録しておいて欲しかったけど、ふふふふ。

この後のバンド紹介 ~ Everything の流れがすごく好きです。

メンバーのスキンシップを見るのがファンは大好きですが、「Galaxy」のイントロで通りすがりにポンとタッチする翔ちゃんと相葉ちゃんをちゃんとカメラは捉えてくれてた。
(このタイミング?と思うのだけど)なぜか歌いだし早々に観客にマイクを向けて歌わせてるニノ。(笑)
パターンとしてはこのあとのフレーズで大宮のイチャイチャコント(?)がお約束になってましたが、この日のカメラは下手の潤・雅・翔の3人を追っているから上手の大宮は映らず。この時はまだあのイチャイチャはやってなかったのかなぁ。


「台風」のイントロで見つめ合ってリズムを取り合う山コンビ。 くー、かわいい。
こんな細かいお遊びをやっててもアリーナのメインステ周辺にいるお客さんにしか肉眼では見えないだろうから(笑)記録してくれてるのは嬉しい~。


「a Day」でメインステで潤くんがバックのJr.に即興振り付けをして遊ぶ、というのをやってたみたいですがあの30日の大雨映像の時にもやってたのに笑ってしまった。状況としてはそんなことやって楽しんでる場合じゃなかったと思うけど。(笑)

「5×10」DVDのCMで「Oh Yeah!」で相葉ちゃんが大きく手を振ってるカットが入っていたけど、毎回この振りをやってる彼らも観客も楽しそうなんだな。 次に「ハダシ」でまた一緒に踊れるのが楽しい。 


完全に日が落ちて暗くなってからの「Beautiful days」。 
初の国立でのコンサートでも「イチオクノホシ」や「Sirius」などの星空選曲シリーズがあったけれど、「Beautiful days」は AAA 2008の海外公演が初お披露目だったのかな、夜空の下で歌うのは今回が初めてですよね。


29日のMCは皆さんのレポを読んだりしてすごく面白かったと聞いていたから楽しみにしていたのだけれど、残念ながら30日やドームのダイジェストが入っていることもあって29日のMCはカットされてしまってとても残念!

今回の5人のソロはそれぞれ選曲の縁もあるしアレンジも個性的で好きだけど、翔くんの「とまどいながら」のピアノのイントロで始まる部分がすごく好きです。 あのフードを被って登場した時の翔くんの美しさというかカッコ良さはちょっと破壊力が大きかったなぁ。


潤くんのソロもこのツアーでのベストパフォーマンスの1つだったと思いますが、あのミュージカル演出はもう潤さまでないと成立しない華やかさでありました。 
ブレイクの後にメインモニターに映し出された彼の過去のドラマ映像はDVDではひとつも拾ってなかったけれどなんでだろう。権利問題があるのかな。 ドームの時には道明寺の映像しか流れてなかった気がするけれど、国立の時にはきみぺのモモやごくせんの沢田くんの映像も流れてた記憶があるんだけど違ったかなぁ。


この日の「Attack It」、潤くんは自分の歌いだしに間に合わなかったんだね。 次のtruthのフライングのために装置を付ける必要があったから手間取ったのかな。 「この静けさの中セッティング~」のパートになっても潤くんが登場しない! 翔ちゃんが慌ててカバー!みたいな。その後悠々と登場する潤くんがかっこいいです。(笑) 


結局30日はあの悪天候のために「truth」はフライングをやらずにオリジナルの振り付けで踊ったのでこの29日の公演が唯一「truth」のフライングに成功した映像になりますが、正直言うと「truth」はオリジナルで踊ってる方がいいと思います。(小声) ごめんよ、潤くん!


10周年記念という冠のツアーで最も泣けた演出が「明日の記憶」でありました。 ライブレポの時にも書いた気がするけれど、これは映像ディレクターの見事な勝利でありました。 
彼らの成長と現在につながる歩みを見せるのにこれほどシンプルで心を打つ演出はないと思うし、また歌われる楽曲が「明日の記憶」という、ある意味この演出にこれほどハマるバラードはないだろうと思うコラボレーションが優れていました。エンディングで彼らの写真のコラージュがジャニーさんが書いた「嵐」の文字にかたどられ、そして最後に浮かび上がるのがデビューシングルのジャケット写の初々しい5人、という心憎さに毎回涙が出てしまいました。


10周年アルバムの部分は客席の映像を挟むより、会場で流していた映像を全部ちゃんと見せて欲しかったのだけど、これもTV局との権利関係などの問題があるんでしょうね、映像も音声も全く収録されていなくて残念。入っていたのは彼らのコンサートとPVの映像だけでした。 彼らが出演したドラマ、映画、バラエティ、24時間テレビで相葉ちゃんが手紙を読んでるシーンなどの名場面が散りばめられていたんだけどな。 


10年メドレーは・・・ふふふふふふ、「SUNRISE」でメインステに戻る時の3人の軽やかなスキップがいいッスね!

「ナイス」のエンディングでのニノの ♪ Wow Yeah~~! の高音のフェイクが非常に好きです!
この頃、本当に腰痛が辛かったはずなのにそういう気配は微塵も感じさせない二宮さんが素晴らしい。(泣)

WISHはで花道からバクステに移動する間のサビだけしか流れなかったけど、ニノ+(後ろから踊りながらついてく)4人がカワイ過ぎるな!

きっと大丈夫の振り付けが大好きなのでこの曲をオリジナル通りガッツリ踊ってくれたのが嬉しかったなぁ。

Love so の時にお隣の神宮の花火が見事に上がってる映像が入ってましたが、この日わたしはお友達の音漏れピクニックにお邪魔していて東京体育館側から Love so を聴きながらこの花火を撮影しておりました。(*) 
会場の中から見るとあんな風景だったんだなぁ。
「Believe」の花火もDVDでは空撮で見せてくれて、わたしも会場の外から大きな歓声と見事な花火を堪能しました。


「5×10」はCDで聴いている時よりも5人の表情を見ながら聴く分、もう倍ぐらい泣けてしまう。
空を見上げて涙をぬぐう相葉ちゃん。(泣)

♪ 僕たちからはたくさんの愛の言葉しか・・・
このフレーズを歌う翔ちゃんの表情を見ているともうもうもう。(T T)

30日は雨で風船を飛ばす演出はなくなってしまったので見られて嬉しい。 空に風船を飛ばすなんて演出は野外の公演でないとできないですもんね。美しいシーンでした。  


アンコール、「明日に向かって」が流れ始めた時の翔ちゃんの「なんだこの曲は」っていうつぶやきが可笑しい。
この間の相葉ちゃんが少クラプレミアムに出た時かな、過去映像でJr.の時にみんなでこの曲歌ってる映像が流れてたような。

「できるだけ」ですれ違いざまハイタッチするふりしてやらずに隣のムービングに移動するニノを睨みつける大野くん。うぷぷぷぷ。



8/30のダイジェストはもう何回目の再生かしら・・・あの日のあの空間を記録してくれてるだけでもう十分です。

何の罰ゲームだっちゅーくらい降ってる! 尋常じゃないくらい降ってる!!(笑)

実際、「a Day」の頃から雨の激しさが増してきたと思うのでDVDに収録されてる時間帯が最も過酷だった時の記録かも知れない。ちなみに一番雨がキツかったのが(悲しいかな)MCの時間帯という別の意味でのミラクルでありました。

わたしの願いは「Beautiful days」のあの末っ子ズの感動的な場面が収められていればそれで幸せで、そしてやっぱりちゃんとあの場面を収めてくれていたことに大満足です。 それだけでもうわたしにはこのDVDの価値は十分すぎるほどにあります。 結局どんな状況も楽しみに変えてしまう彼らの人柄がとても愛おしかったです。
惜しむらくはこの日のトリプルアンコールで歌われた「season」も見られたらもっと嬉しかったなぁ。 9月の大阪での公演までしか歌ってくれなかったので、結局ツアーDVDには収録されずに終わってしまった。

それにしても記念すべき潤くんの初バースデー映像がコレていうのが・・・まぁ、嵐らしくていいか。(笑)


ドームツアーのダイジェストは各会場のMC満載で楽しい♪
わたしは札幌には参加しなかったので話に聞いていた男性客の声援の件が見られて楽しかったな、ふふふ。
潤くんが嬉しそうだなぁ。

ドーム映像の方で「truth」のオリジナル振り付けをちゃんとフォローしていてこの辺の心配りもなかなか。(何様)
どうせなら「Galaxy」の大宮のイチャイチャコントも毎回お約束だったので入れてくれててもよかったけどネ。(笑)


はぁぁ、とにかく満腹満腹。
たくさんのファンから「おめでとう」を受け取って、そしてまた嵐くんたちからも「ありがとう」を受け取った10周年ツアーでした。 10周年のお祝いっていうのはこの1回きりしかないですものね。 素敵な時間を作ってくれてありがとう、という気持ちです。

そして、このエントリーをここまで読んでくださったことについても有り難うございます。
ちょっと長くなり過ぎちゃった。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







こんにちは うめです。
私はどの公演にも参加できなかったのでとてもうれしく、楽しく読ませてもらえました。その過程があってのDVDで最高に楽しみにしててやって来た子だから超よかった!何倍も楽しみが増した気がします!ありがとうございます!
おおちゃん大好きな私も「キレキレ」ダンス含めの普段とのギャップありあり、ステージでのキラキラアイドルオーラ満載のとこがもっと見たかったな~(´▽`*;)と…贅沢かな?
でも嵐の作品はどれも「ちから」がもらえるから不思議です^_^
これからも楽しみに読ませていただきますね!!
【2010/04/12 09:57】 URL | うめ #dUKRIz3A[ 編集]
el sur さん、こんにちは。
5×10の記事、渾身の力作ですね~。同感のツボがいっぱいでうれしいです。こういう記事を読ませていただいたあと、改めてDVDを見るとまた楽しいです。
私がぜひ入れて欲しかったのは、seasonと、僕が僕のすべて、なんです。
僕が僕のすべては、東京ドームのバックステージで大野くんが踊るのを見て、なんてステキに踊るんだろうってホレボレしたのでぜひDVDで見たかったんですよね~。
大野くんのダンスはキレッキレなのはもちろんすごくかっこいいのですが、ミドルテンポ(スローですかね?)のダンスもひとつひとつの動きがキレイで、もう胸がキュ~~~ンとなるくらい好きなんです。2008年の国立でピンクの衣装で踊ったイチオクノホシみたいな感じです。
30日に行かれてたんですね。映像を見て、あまりの豪雨に絶句でした。よくこの中で最後までやりましたよね。やるほうもかなり勇気が要ったことと思いますが、無事に最後までできてよかったですよね。これを見ると嵐とスタッフとファンの心意気を感じて本当に感動します。
きっとこの先も何回も見るDVDになると思います。
【2010/04/12 11:41】 URL | くーこ #-[ 編集]
こんにちは。
DVD・・・どっぷり堪能させてもらってます。
最初は自分がその場にいないという辛さから見るのをためらっていたんですが、見始めたら引き込まれて、右手を上げて踊ってました(笑)

私、DISC2が好きだって言ってましたが、1もやっぱり好きです!
ライブ映像を見ると、いつもニノを目で追ってしまう・・。
今回のソロ・・・ギターを弾いている姿に心を奪われてしまった。(ピアノを弾きながら、顎から汗が落ちる横顔も好きです)楽しそうでしたね。
5人で歌いながら移動するのもツボでして・・・
ホントに満腹満腹(笑)その場にいなくても、DVDで幸せな時間が過ごせて楽しめる。でもやっぱり嵐コン行きたいっす(笑)
【2010/04/12 15:11】 URL | ゆきゆき #-[ 編集]
嬉しいです。
ソロのイチオシが相葉ちゃんのピカンチで。
ニノの「ぜってぇー間違えてねぇからな」を惜しんで。
ニノが客席にマイクを向けるタイミング、
今回に限らずいつもちょっと、そこ ? と思うことが多くて、
el surさんもそうかと思うと、嬉しいんです。
答え合わせをして○をもらったような気になります。
【2010/04/13 01:25】 URL | JRIN #-[ 編集]
◆ うめさん

こんばんは。
きっと観る人のバックグラウンドの違いによって楽しみ方も違ってくるし、満足度も変わるだろうと思うんですけど、「この人はこんな風に感じたのか」と軽く読んでいただけたら嬉しいです。(笑)

仰るように、コンサートの嵐くんたちの楽しそうな笑顔を見てるだけで本当に元気がもらえるので、やっぱりコンサートで輝いてる嵐くんたちは最強ですよね。 
うめさんもいつもコメントくださって、こちらこそ有り難うございます。m(_ _ )m
【2010/04/13 03:56】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ くーこさん

こんばんは。
楽しみのツボ、同じだったですか? ふふふふ。

> 私がぜひ入れて欲しかったのは、seasonと、僕が僕のすべて、なんです。

そっか、「僕僕」はドームツアーからセットリストに加わったんでしたっけ!「Attack It!」の前でしたね。 わたしもバクステ側のムービングの大野くんと相葉ちゃんのコンビばっかり見てました。2人の振り付けが可愛かったですね。(笑)
2年前の国立の「イチオクノホシ」のダンス、わたしも好きです。しなやかで洗練されていて美しくて!(「AAA 2006」のARASHIC-ARACHIC-ARASICK Tourのダイジェストにちょっとだけ入ってる「LOVE PARADE」のエレガントなダンスったら!!)

個人的には会場が広くなると必然的に5人が固まって踊ってくれる演出が減ってしまうのが残念なのですが、国立でしかできない演出、10周年でしか見せられない演出、そういうのがたくさん詰まったコンサートでしたね。 5人の笑顔が最高です! 
【2010/04/13 04:23】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ ゆきゆきさん

こんばんは。
嵐のライブ映像は何回見ても飽きないですね。 わたしもファンになった頃に入手することのできたライブDVD3枚をホントに飽きずにずっと見ていました。(笑)そのくらい繰り返してみていても楽しくて何度も見たくなる、それが嵐のライブなんだなと思います。そしてそうやって中毒度(?)がアップしていくのだと。(笑)
また激戦をくぐりぬけて彼らに会えるチャンスがあったらいいなぁと願うばかりです。(祈)
【2010/04/13 04:43】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ JRINさん

こんばんは。
JRINさんのソロのイチオシも相葉ちゃんでした?(潤くんよりも?^^)

ニノが客席にマイクを向けるタイミングっていつも唐突なことが多いですよね? 声が途切れて「あれ?」と思ったらマイクをこっち向けてる、みたいな。 彼の中ではあのタイミングなんでしょうね。(笑)
お楽しみのツボはきっとJRINさんと近いと確信してますですよ、わたし。 むふふふふふ。
【2010/04/13 04:50】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ yorikoさん

初めまして、拍手コメント有り難うございました。
相葉ちゃんのソロ、いつもの見せ方とは違っていて新鮮でかっこよかったですね!
また遊びにいらしてくださいね。
【2010/04/13 04:53】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ miiさん

こんばんは、初めまして。 
拍手コメント有り難うございました。
DVD、満喫されたでしょうか。 多少なりとも記事がお役に立ったなら嬉しいです。
また遊びにいらしてくださいね。^^

【2010/04/14 00:04】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
嵐コン未経験の私は、嵐の魅力が詰まったこのDVDで
会場の雰囲気・一体感・嵐のステージパフォーマンスを
穴があくほど見ています。

純粋な「おめでとう」と「ありがとう」の言葉で成立するコンサート。
嵐と嵐ファンの温かさで包まれる会場の雰囲気がどの場面からも伝わってきました。

「5×10」は挨拶と併せて聴くともう涙腺崩壊です。。。
(どうしてもニノの挨拶から涙が止まらないのですi-201

el surさんの想い溢れるエントリーにも「そうそう!」と共感する部分が多く
最後まで楽しく読ませていただきました。
いつもありがとうございます^^
【2010/04/14 23:11】 URL | chisen #-[ 編集]
◆ chisenさん

こんばんは。

正直、2008年の国立の公演の完成度があまりに高かったので、あれを9周年でやってしまっていいのか、10周年にとっておかなくてよかったのか、あれ以上のものを10周年で作り上げることができるのか、そんなことを思っていました。

今回のツアーに関してはどういう形にするか、ものすごく苦労したという話をツアーが始まった頃によくメンバーの談話から拾うことができました。 凝った内容にするよりもとにかくシンプルに「10年間の自分たちを観てもらう」ことに徹し、それゆえに仰るような純粋な「おめでとう」と「ありがとう」の交歓が可能だったような気がします。

「5×10」は涙腺決壊スイッチがいろんなところに散りばめられているから、あの映像を見るとほんとにジンときてしまいますね。(T T)
長いエントリだったのですが、最後まで読んでいただいて有り難うございました。
こちらこそ有り難うございました。(笑)
【2010/04/15 00:51】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。