ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日から教育テレビで「Schola| 坂本龍一 音楽の学校」がスタート。

第1回の昨日は音楽の父・バッハを紹介するシリーズのパート1。
どうしてバッハが「音楽の父」と称されるのか、というところなどをわかりやすく実演も含め解説。
「スコラ鼎談」として浅田彰氏、小沼純一氏と教授で鼎談していたけど、浅田彰を久しぶりに見た。

「バッハ」の次のテーマが「ジャズ」で、最後が「ドラムとベース」というこのザックリとした流れ。(笑)
しかも「ドラムとベース」のゲストが幸宏と細野さんというラインナップに笑ってしまった。そりゃぁこの人たちを呼ぶわなぁ。

......................................................

■NHK教育
番組名:“スコラ” 坂本龍一 音楽の学校
【放送日時】
NHK教育 : 2010年4月3日より毎週土曜日 23:45~24:14
【再放送】
NHK衛星第2: 毎週火曜日 16:30~16:59
NHK教育  : 毎週土曜日 10:30~10:59
【放送期間】
4月~6月

<オンエア内容>
1- 4回:テーマ「J.S.バッハ」 ゲスト:浅田彰・小沼純一・岡田暁生
5- 8回:テーマ「ジャズ」 ゲスト:山下洋輔・大谷能生
9-12回:テーマ「ドラムとベース」 ゲスト:高橋幸宏・細野晴臣


トーク:各テーマに沿って、多彩なゲストを招いてのトークパート
ワークショップ:学生たちに実技を教えるワークショップコーナー
演奏:毎回最後に坂本龍一(+ゲストも)が放送に則った楽曲を演奏
 
...................................................................


個人的にはかつては「ジャズは好きじゃない」と公言していた教授がどんな風にジャズを紐解くのかにちょっと興味あり。ちょっとだけだけど。
だって、なんだかんだ言ったってやっぱりジャズはかっこいい。


偶然、先日からずっとウェス・モンゴメリーとチャーリー・ハンターを聴いていて、なんてギターの巧い人というのはかっこいいのかしらと改めて聴き入っていました。

ジャズの分野に関しては浅学非才の身であり、琴線に触れるものは大好き、でもジャズ全般に詳しいわけでも特にこだわりのミュージシャンが多くいるわけでもないのであくまでも楽曲本位。 心に響く演奏を聴ければそれで満足というレベルの "好き" 具合。


かなり昔にBSでタモリと林家正蔵(当時はこぶ平)がジャズの歴史や名演奏家たちを紹介する「ジャズ入門」的な特番をシリーズでやっていて、その時に紹介されてたウェス・モンゴメリーの「Jingles」という曲の演奏にすっかり参ってしまった。なかなかこの曲が収録されたアルバムが見つからなくて、結局アメリカで買って帰って来たんだったかな。

ピックを使わずに指で弦をはじいて弾くオクターブ奏法の丸い音がすごく好きだ。
もうこの曲を知ってから相当な時間が経つけれど、今聴いても全く飽きるということがない。
たぶんそういう自分の一番根底に居座っているものというはずっと動かずに残り続けていくんだろうなぁ。

多感な時期に吸収したものはやはりその後の嗜好にも影響しているわけだけれど、その先でたどり着いた1つが「嵐」っていうのがまた不思議です。
わたしの琴線に響くものが彼らの中にあった、それだけで十分なんだけど。


とりあえず教授の「Schola (スコラ)」は毎週録画する予定。
昨日観た初回はまだ面白くなるかどうかもわからない「これから」という感じだったけれど、生徒として選ばれているあの中高生の6人は正解なのか。(笑) 
中3の女の子がビートルズの「イエスタデイ」をあの場で初めて聴いた(いろんな音楽の例として少しだけ流した)、と発言していたことに衝撃・・・! 

ビートルズなんて、耳をふさいでいても勝手に聞こえてしまうくらい、日常にあふれていると思ってた。
15歳までビートルズの「イエスタデイ」を聴かずに育つ方が難しいと思うんだけどなぁ。 
教授が「えっ!? 今初めて聴いたの!?」とビックリして笑ってたけど、全く同じ反応をしてしまった。(笑)

そういう少年少女たちに「ジャズ」と「ドラムとベース」をどんな風に解説するのか、それはそれで楽しみかも。
ふふふふふ。

*******************

このエントリーには全く関連していないけれど、東方神起が活動休止を発表。
とても残念です。 パフォーマンスの素晴らしさもさることながら、(嵐と共通して)彼らの人柄の良さがとても魅力的だったから・・・

ファンの人の心境を思うとたまらないです。







こんにちは。

私も楽しみにしていたのですが、この番組すっかり見逃してしまっていて…。
ジャズもバッハも、有名な曲だけ知ってる程度なので、なんらかのきっかけになればなー、と。

そっかー、今どきの女の子にとってのビートルズって、そんなものなのかなー。多分、私はel surさんよりもその女の子に近い年齢だと思いますが(違ってたらスイマセン!)、ビートルズとカーペンターズあたりは普通に聴こえてきたけどな。ただ「イエスタデイ」が、ってことだと思いたい。。

ホント、現時点でたどり着いた1つが「嵐」ってのが、不思議ですね。それだけ魅力があるってことだけど、4~5年前の自分には全く想像できなかったなぁ(笑)
嬉しい誤算です!
【2010/04/04 13:20】 URL | xtal9270 #-[ 編集]
◆ xtal9270さん

こんばんは。
一応、BSでもやってるみたいですね、教育とBS、どっちが先に放送されるのか確認してないんですけど。

わたしもクラシックやジャズは "好きなものしか聴かない" という聴き方なので、バッハだと無伴奏チェロ組曲やゴールドベルクなどのポピュラーなものを好きなときに聴く、というような感じなんですが、いろんな角度から音楽を楽しめる話が聞けるんじゃないかと楽しみにしていました。基本的に教授が好きな音楽をピックアップしているそうなので、その辺にも興味があります。

中3の女の子はフルートを演奏していたのであまりポップスを聴かない環境なのかも知れないですけど(笑)、恐らく「イエスタデイ」はビートルズの中でも最も有名な楽曲の1つだと思うんですけどね、「今日初めて聴いたんですけど・・・」と言ってるのを聴いて、あぁ、もうビートルズすらも遠い過去の歴史的グループなんだと軽く衝撃を受けました。 (想像するに)きっとxtal9270さんは確実にわたしより彼女の方が年齢的に近いと思いますよ。(笑)

以前、Char とクラシックギタリストの村治佳織がゲスト出演した音楽番組があって、Charがツェッペリンの「天国への階段」は弾いたことあります?とあの有名なイントロのアルペジオを弾いたら、村治さんが「あ、昔お稽古でさらったことあります」と答えてChar が大ウケしてました。(笑)世のギター小僧にとっては想像もしない出会い方ですね、ふふふふ!

たぶんそれまでジャニーズのことは知らなかったのに嵐には惹かれてしまった、という人は結構いると思います。 かくいうわたしもその一人です。^^
【2010/04/04 21:10】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。