ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




翔くんの『ぴあ』を読んで、紅白の録画をもう一度再生しました。

「A・RA・SHI」の歌い始め、5人がシルエットで登場した時に翔くんが両脇の4人の方を見渡したことはリアルタイムで見た時に気付いていましたが、彼が『ぴあ』で語っていた想いがこめられていたことを知って見ると、あの日見た時とはまた違った思いがこみ上げました。

オープニング、逆光でシルエットになっているため5人の表情は見えません。

でも「A・RA・SHI」のラップを歌い始めた翔くんが4人を見渡した時、4人も「ヨシッ!」という気合いの入ったテンションで翔くんの方を振り返る姿が確認できました。(相葉ちゃんは左端にいてちょっと遅れるんだけど)
バカみたいにそのシーンを繰り返し繰り返し、何度も再生。
ちょっと涙が出てしまった。

やっぱり紅白のステージは特別でしたね。
翔くんのインタビューを読んで、あの6分間はものすごく大きな経験だったのだと改めて感じてしまった。
きっとずっと、彼らにとって忘れられない6分間だろうなぁ。

ちょっとグッとくるエピソードにやられてしまいました。
翔くん、ありがとう。

*******************

今日の志村どうぶつ園の2時間SP、相葉ちゃんのあの24時間テレビの紘作くんとのチャレンジがまるまる再放送されて懐かしかった。 
もう2年も経ってしまったなんて本当にあっという間。
その翌週の週末には彼らは初の国立競技場のステージに立ち、わたしは鳥肌の立つような思いをしていたのだった。

(本当に幸運なことに)去年のこの日も大豪雨の国立競技場にいて、夜中までホテルで翔ちゃんの選挙速報を朦朧としながら見ていたのでした。 
ほんとに毎年潤くんバースデーはビッグイベントが重なるのだよね。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







私も翔くんの『ぴあ』購入しました。

このインタビューを読んでから私も紅白を見直したのですが、
あのステージが、以前より深く胸に響きました。

リハで衣装の早替えが上手くいかなかった事。
どうしても5人で歌いだせない事。

翔くんも他の4人もすごく悩んで、考えて、
あのステージを作り上げていたんだなぁ、と改めて深く感じました。

2009年12月31日のたった6分間。
デビュー10周年という特別な年の中で
たくさんのイベントや出来事がありました。

それでもあのステージは、嵐にとってもファンにとっても
去年1年で最も深く、大きく、心に残ったのではないでしょうか。
【2010/02/07 15:02】 URL | なほ #aIcUnOeo[ 編集]
◆ 【2010/2/7 1:10】 にコメントをくださった方へ

こんばんは。
大野くんもどこかでコメントしていたように思うのですが、早替えがリハでうまくいってなかったから直前まで楽屋で早替えの練習をしてた、って言ってましたね。 

NHKの「AtoZ」だったかな? 紅白の裏側を紹介する番組で嵐のこの早替えの90秒の裏側を見せてくれるような見出しがあったのに結局紹介されずに終わってしまってすごく残念に思っていたので、わずかなコメントでもその時の状況を教えてもらえるのは嬉しいですよね。 リハは本当に短い時間で1回きり、それで後は本番という段取りだから、やり慣れているはずの早替えでも相当緊張があったんですね。
そんなことを思いながら翔ちゃんのインタビューを読むと、中居くんや松岡くんたちが笑顔で迎えてくれたことはホントに嬉しかっただろうな、と改めてジンとしまいました。
【2010/02/07 19:12】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ なほさん

こんばんは。
5人しか知り得ないあのステージの裏側について翔くんがオトノハやぴあで語ってくれたことはどれも心に響きますね。
恐らくこれからもまた紅白に出場する機会が巡ってくるかも知れないけれど、(翔くんも言っていたように)昨年の紅白初出場は2006年の最初のアジアツアーの時と同じに嵐の活動の歴史においても特にエポックメイキングな出来事になったでしょうね。
【2010/02/07 19:18】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
こんばんわ、うめです。
「ど根性ガエル」・・・くぅぅー懐かしい。でも角刈りではありません。あしからず・・・(笑) もしかしたら同年代ですかね?
翔くんの記事が見たくて注文してしまいました。
ついでにデュエット買っちゃいました。何十年ぶりかしら・・・。光GENJIにはまってたころ以来だわ。かなり嵐病に冒されてるなと実感してます。

しかし嵐くんたちは自然にしているのでしょうが、文字や写真、映像何からでも何でこんなに元気や幸せがもらえるのかとーっても不思議です。

翔くんぴあ 早く届かないかな・・・。
【2010/02/07 22:50】 URL | うめ #dUKRIz3A[ 編集]
◆ うめさん

こんばんは。
大丈夫です、ハチマキしてアゴが出てるうめさんはイメージしてないです! 
そして超昭和な世代です!(笑)

> 翔くんの記事が見たくて注文してしまいました。

追記しておけばよかったのですが、2/23に発売される『ぴあEX』の方だと同じ内容のインタビューが掲載されるみたいですが表紙も翔くんのイラスト(写真かな?)のようです。(今発売の「ぴあ」だとたぶん表紙は浅田真央ちゃんの分なんですけど、エントリーに追記しておけばよかったです、間に合わなくてごめんなさい。(>_<))

嵐くんたちはとてもメッセージを伝えるのが上手ですよね。
2年前に突然SHO BEAT が終わってしまった時はほんとに残念でしたが、翔くんは文章で伝える技術も高いので、いろんな形で届くメッセージが有り難いです。
ただしまだ「とくじょう!!」の更新に慣れてなくて、今日も更新されてたのを忘れてましたけど!(汗) 
今回の『ぴあ』の特集はとてもよかったのでお楽しみに!
【2010/02/07 23:23】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
おはようございます。elさんのブログをみて『ぴあ』がほしくなり、購入しました。教えてくださり、ありがとう。買って良かった。
翔くんが、今の状況を怖いと思う時があるという事・・次の世代に何を残すか、自分達に出来ることがあるはず・・・果てしない未来の事を考えていて、今を冷静に見ている彼は素敵な28歳ですね。最後の上を見上げている写真が全てを物語っているように感じました。
【2010/02/08 08:32】 URL | ゆきゆき #-[ 編集]
◆ ゆきゆきさん

こんばんは。
今回の翔くんのインタビューはよかったですね。
写真も可愛くて。(笑)
TVのWSや情報番組などでワイワイとお喋りしてる楽しさももちろん大好きですが、活字媒体(特にエンターテイメント誌やサブカル誌)で彼らが語る内容は興味深い言葉がいっぱいあって読み応えありますね。
【2010/02/08 20:48】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
こんばんは(^^)
やっと注文していたぴあが手元に届き、櫻井君の言葉をじっくり読みました。

紅白の本番後のあの5人のすっきりした笑顔の裏にあった重圧からの解放や、中居くんを始め先輩への「敬意」、年相応の味を・・と
私たちが嵐を語るときに、”あの5人ならこう考えているだろう”と思うような内容と、合致する事柄があって 
ファンと「雲の上の人」であるはずの嵐が相思相愛という”錯覚”(笑)を起こしてくれるある意味シアワセを感じました。←勘違いヤローですね(^^;

ほんとに el surさんが言うように
「私たちが知りたい事を」発してくれる櫻井君。
嵐5人と6人目の嵐をつないでくれる赤い糸みたいで←勘違いヤローその2(w
これからの10年を語る彼ら個人個人から発せられる 冷静で謙虚で、でも頼もしい言葉を私たちは信じてついていける、そんな「確信」すらもってしまいそうなこの関係をこれからも続けていけたらなぁ~と、思いました。

↑まるで櫻井君へのお手紙or感想文みたい・・・(苦笑)

「ぴあ」いつも他のインタビューにはないところをついてくれて有難いですね♪うふっv-344
あと・・・珍しく超、どの写真もストライクゾーンでした(爆
もういっちょ・・・アクセントダンス。珍しく(禁句)あんまり堅そうに見えなかった(激爆 裸より髪を乱して踊る櫻井君に色気感じます&ババババババッv-344
【2010/02/15 01:09】 URL | さぶこ #-[ 編集]
◆ さぶこさん

こんばんは。
メンバーのインタビュー記事(特に雄弁に語ってくれる翔くんや潤くん)を読むと、わたしたちが思っていることへの答えを必ず用意してくれているかのような、ファンへの深い心配りや誠実さが読み取れていつも感心してしまいます。 ほんとにデキた人たちだなぁと。(笑)
そういう思慮深さが嵐とファンの相思相愛のつながりを太いものにしているんだとわたしも感じます。 

去年の紅白の「Believe」しかり、最近 "乱れ髪セクシー☆翔" 率が高いですね!
うふふふふふ。
【2010/02/15 22:12】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。