ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




月に一度、すごく楽しみにしている二宮さんの『MORE』の連載。

今月の写真は爽やかニノ。
伊賀大介さんのスタイリングが毎回すごく好き。

あぁ・・・

ニノはわかってるなぁ。
今更だけど本当にクレバーな人だなぁ。

今月も「ニノ語録帳」に記録しなければならない言葉が満載です。


どうかその自然体のまま、ありのままを受け容れて自分たちのやるべきことを、そして進むべき道を進んでください。


旬であろうがなかろうが「本物」は必ず残る。


わたしたちはちゃんと知っているから。

テーマ:二宮和也 - ジャンル:アイドル・芸能







『宿題くん』の移動や、ついて行けない程の嵐の露出に、
不安な気持ちでいっぱいになっていました。
でも、『一途』のニノのことばに救われた感じです。

冷静でいて、温かい。
ぶれない芯を持っていて、柔軟で自由。
力を抜いているようで、いつも一所懸命。

相反するかに思える定義の間を軽々と行き来する…。
ほんとうに mature な人だと思います。
心配無用、なんでしょうね。きっと。

嵐くんたち本人もファンも忙しくてどうにかなりそうな今のタイミングに、
こういうニノのことばは、何だかありがたいです。
【2010/01/29 00:38】 URL | さえ #-[ 編集]
◆ さえさん

こんばんは、コメント有り難うございます。
本当にニノの言葉はこういう状況だからこそ、よけいに心に響きますね。

ニノだけではなく、嵐のメンバーは「アイドル」に賞味期限があることも十分に理解しているし、それをわかった上で自分たちが何をすべきかも理解している―― おバカなことをやっていてもそういう聡明さが彼らの中にちゃんとあるとわかっているから、わたしたちも彼らに対して揺るがない安心感と信頼感を失わずにいられるのかも知れないですね。

当然ながらあのインタビュー原稿は事務所の目にも通っていると思われますから、彼のあの発言が誌面に掲載されているということは事務所も彼(または彼ら)の考えを理解しているということなんでしょうね。
大体においてニノや潤くんの発言がファンの心配や不安を一番に察知して取り除き、あるいは補完して安心させてくれることが多く、末っ子ズの "相手を察する" 能力の高さにわたしもいつも救われる思いです。 ホントに彼らはマチュアでスマートですね。

これからも「アイドル」の概念に捕らわれない、そのままの彼らでいて欲しいなと思います。
容姿だけではない、そしてブームに左右されない実力と才能を彼らが備えていることは誰よりもファンが十分にわかっていますものね。
【2010/01/29 02:38】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
el sur 様
はじめまして。こちらのブログにお邪魔したのも初めてです。
大人になった嵐ちゃん。嵐を見守りたいなぁ~と思いながらも不安な気持ちがあって、最近いろんなブログをたどっていました。

こちらのブログ、なんか落ち着いた感じで、コメントにもホッとしたので止まりました。
MOREはいつも読んでないんですが、そうかニノは何か発言してるんですね。
彼の言葉は素直でメッセージ的な事もあるから、ドキドキしながら解釈しています。

周りの状況が変わっても、嵐は嵐らしく挑戦してくれるので今までどおり応援していきたいです。

翔くんのバースデー記事☆読みました☆
ナチュールシロモト!?もしかしてあそこの?って
何店舗かあるなら違うかも知れないのですが・・・
おいしいですよね(*^^*)
【2010/01/29 13:36】 URL | サトchan #-[ 編集]
今回のニノの言葉を読んで、本当に鳥肌が立つような思いでした。

きっとこんな風にアイドルという職業を捉えている方はそんなにいらっしゃらないと思いますし、アイドルは決して永遠でも魔法でも無い、という事から目を背けず、真っ直ぐに見つめている方って(アイドルにもファンにも)本当に少ないんではないでしょうか。

旬はいつまでも続く訳ではないけれど、いつか嵐が本当の『旬』になって帰って来る日を楽しみに待ちたいと思います。
【2010/01/29 18:24】 URL | なほ #-[ 編集]
◆ サトchanさん

こんばんは、初めまして。コメント有り難うございます。
『MORE』での連載「It」で二宮さんが「旬のアイドル」というテーマで、アイドルについて、そして自分たちの置かれている現状とこれからについてを、非常に冷静に分析して語ってくれています。

「嵐の旬は今がMAXで、仕事量的には今の状態が限界。この状態を続けると一つ一つのクォリティが下がるので今の量はいつまでも続けられない、そしてこれがいつまでも続くとも思えない――旬はいつか終わりがくるから」 と。

> ナチュールシロモト!?もしかしてあそこの?って

京都のナチュールシロモトです。^^ 
ここのシフォンケーキも大好きなのですが、1日限定30個のアップルパイはいつもアッという間に完売してしまうので予約しないと食べられないというのが玉にキズですが・・・でも肉厚の甘酸っぱいリンゴがほんとに美味しいですね♪
【2010/01/29 22:22】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆なほさん

こんばんは。
わたしはアイドルとして活動している人は誰しも必ず「時間(若さと美しさ)との闘い」に直面する時がやってくることを知っていると思うのですね。 もちろん若い時にはそんなことは考えないだろうと思いますが、ある時期を過ぎると必ず若さと美しさだけで勝負することの難しさを実感する時が来るはずです。それは見ているわたしたちより求められる立場のアイドルの方がより強く察知するのではないかと思います。

以前のインタビューでもニノは「一生この仕事を続けているかどうかはわからない」と語っていましたけれど、彼だけでなく他のメンバーも非常に現実的に冷静に自分達の立場を見極めている様子はインタビューなんかから伺えました。
人気に酔ってしまって勘違いしてしまう人も中にはいるだろうと思いますが、嵐を含め近年のジャニーズのアイドルの人たちはとても冷静で堅実な印象をわたしは持っているんですよ。ただ、それをニノのように口にすることのできる人は多くはないかも知れないですね。

> 旬はいつまでも続く訳ではないけれど、いつか嵐が本当の『旬』になって帰って来る日を楽しみに待ちたいと思います。

流行で終わらない存在であるためには、若さと美貌だけで勝負するレベルを超えて人の心を動かす才能と技術と経験を持っておく必要があるわけで、彼らは今それらを磨いている最中なのだろう思います。それぞれに他が真似の出来ない秀でた才能の持ち主ですから――。
【2010/01/29 22:57】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
コメントの返事下さってありがとうございます(ToT)
MOREのコメントまで…すっごく嬉しいです
ニノのお言葉、何回も読み返しました。かなり響くものがあります…。胸がしめつけられる感じです。ニノ~(;_;)

本当にありがとうございます。またお邪魔させて頂いてもいいですか?というかコメント残せなくても読ませて頂くと思いますが
PS.アップルパイは知りませんでしたこりゃ買いに行かねば!
【2010/01/29 23:14】 URL | さとchan #-[ 編集]
◆ さとchanさん

再度、コメント有り難うございます。
いつでも、また立ち寄ってくださったら嬉しいです!
ちなみにアップルパイは(午前中で完売してしまうことが多いようなので)予約を入れておいた方がベターです。^^
【2010/01/29 23:52】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ さぶこさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
記事の全文を読むとわかるんですけど、ニノ自身は旬であることも、旬に終わりがくることについても良いも悪いもなく、自分たちのポテンシャルは変わらず時代に求められることは幸せだ、と語っています。 

ちょっと面白かったのは、インタビュアーの芳麗さんが「情熱大陸」の時にニノが「世の中の若い男の子にジャニーズだとバカにされながら仕事するのが面白い」って言っていたことについて尋ねたら、「今はもうその気持ちはない」と答えていたこと。^^ 
【2010/01/30 21:37】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
いまや『MORE』はニノの連載が楽しみで購読を継続しています。
小さな紹介記事と近況コメントを含む見開き2ページに凝縮された言葉に
いつも胸を打たれます。

10周年イベントの怒涛の取材ラッシュの中、彼らが語る「これからの嵐」には
誰がコメントを求められても
 『とにかく目の前の一つ一つを、一歩一歩こなしていく。今までと変わらずに。』
というキーワードが必ず出てきていて、そこにブレない覚悟をずっと感じてました。

「変わらない進化形」と同じく、嵐は嵐でしかない。

今回の連載でニノが発信してくれた真っ直ぐな言葉
私たちが信じていればいいのはコレに尽きますね。
【2010/02/03 21:48】 URL | chisen #-[ 編集]
◆ chisenさん

こんばんは。

そうなんですよ! 「一途」の連載で何が楽しみって、あの写真下の近況報告の数行コメントが毎回メチャクチャ楽しみなんです! あそこ、興味深くてあなどれないんですよね、ふふふふ。(笑)

> 10周年イベントの怒涛の取材ラッシュの中、彼らが語る「これからの嵐」には
> 誰がコメントを求められても『とにかく目の前の一つ一つを、一歩一歩こなしていく。今ま
> でと変わらずに。』というキーワードが必ず出てきていて、そこにブレない覚悟をずっと感
> じてました。

仰る通りに、コンサートの挨拶でも彼らの口から出るのはそういうコメントが多かったです。
彼ら自身も今の人気の全体像が掴めないくらいの勢いですものね。
これまでもそうですが、彼らは出来ないことは決して口にしないし、口にしたら必ず実現してくれる、そういう信頼感・安心感があるから彼らの進む方向を一緒に見ていれば大丈夫なのかな、という気がしますね。
【2010/02/04 00:10】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。