ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日のニッカンの二宮さんの憂い顔のどアップはちょっとインパクト大。
ホッペと口元がもう全くの少年なんだもん・・・昭和男キラーったら。

*******************

そして昨日は「最後の約束」オンエア。

うーん、これは脚本の出来に尽きるなぁ・・・という感想です。
ファンとして気負いなく楽しむという趣向で見るといろいろお楽しみポイントはありましたが、脚本があまりにも隙や穴がありすぎて、大いにツッコミながら見ていました。(笑)

テロとか爆破とか、大がかりで非現実的な設定の2時間ドラマというのは(嵐くんたちが出演するのでなくても)一歩間違えれば大ヤケドの危険性をはらんでいるので、ストーリーを知った時から大きな期待を抱かないようにしてその日を待っていたのですが、あれだけ大事件が起きているのにあまりにもビル内の様子に緊迫感がなくドキドキハラハラするようなスピード感のある展開でもないので、ツッコミどころ満載の隙だらけの脚本に「うわぁ~、マズイなぁ、マズイなぁ・・・(泣)」と違う意味でハラハラしてしまいました。(コラ)

サスペンスと謳うなら巨大ビル占拠なんていう大がかりな設定にしなくても社長令嬢を人質に取った限られた状況下での心理戦とかそういう個々の人物描写をもっと深く描くような設定で見たかったなぁ・・・とか、友情を主軸に据えるならイギータとの絆の深さももっと見せておく方が彼らの心情を理解しやすいよな、とか個人的にはいろんな思いがあったものの、5人がセキュリティールームに揃ってからは青春物語としての面白さが見えたのでわたしは後半の45分ぐらいが一番のお楽しみポイントだったでしょうか。

好きだったのは駐車場のシーン。
大野くんのポッケに手を突っ込みながらの猫背走りと「ないっ!」の時の顔!(笑)
ホントに大野くんの顔芸(もとい、表情)は何度見ても上手いんだよなぁ。ちょっとした微妙な心情を表現する目配せのタイミングとか振り返るスピードとか首の角度とか、そういう細かい技術が卓越してる。 そういう部分は二宮さんも共通して巧いんだけど。
飯尾さんが置き土産にしてくれた車のキーを見付けて揚々と運転席に乗り込む大野くんに全国のファンが「おーい!」と突っ込んだと思いますが、智くん、今後のためにもほんとに免許持ってた方がいいよ、と大きなお世話を焼きながらのツボでありました。

この作品で嵐の実力がはかられてしまうのかと思うとあの陳腐な(コラコラ)脚本が口惜しい気もするけど、「Vの嵐」からリアルタイムで彼らを見つめて来たファンの人はエンディングの5人がスローモーションで歩き出す姿を見たらその成長ぶりにジンとしてしまったかも知れないなぁ・・・なんて思いながら見ました。
「空高く」が流れ始まるタイミングもすごくよくて。 
決してハッピーエンドではないのに、この曲が流れ彼らが歩き出すシーンには何かある種の達成感や爽快感にあふれていて、その辺は彼らの青春物語の区切り・終焉の迎え方として好感が持てたし画としてかっこよかったなぁ。

やっぱりわたしは「空高く」がかなり好きです、ふふふふ。
エンドクレジットで「空高く」が流れる2分間だけでも何回リピートしたことでしょう!
ドラマの評判がどうであっても、わたしは「空高く」が聞けたことが何より嬉しい。
あぁ、翔ちゃんのラップまで聴かせてくれ~!とジタバタしながら今日もリピートしています。
いつかどこかでフルで聴けますように―― 

頼むよ、J Storm。


【参】視聴率:19.4%

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







☆el sur様☆

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もまたお邪魔させてくださいね。楽しみにしています♪

さて、昨日のドラマ・・・
他ブログでは絶賛の声が多く、私としてはちょっと納得いかない思いでいたものですから、こちらにお邪魔して、el surさんのコメントを読んで、「さすが!!」と叫んで(笑)しまいました。
私も正直、このドラマで嵐の実力がはかられることが残念です。それじゃ、どんなドラマならよいかと問われたら答えられないのですが、el surさんがおっしゃるように、個々の心理描写を丁寧に描いたドラマが見てみたかったなあ・・・。5人の演技の幅を見せてもらえるような、ね♪
もちろん、ファンにとって見所満載で、楽しかったのは間違いありません。娘も大野くんが運転席に乗り込んだ途端、大ちゃん免許ないじゃん!とつっこんでましたし・・・(笑)
ただ、ファンだけがみるドラマではないだけに、もっと嵐のよさを出せる脚本だったらよかったなあと思ったのです。

ぐだぐだと書いてしまい、すみません。
今年もel surさんの率直なコメント、楽しみにしています☆
【2010/01/10 19:26】 URL | みゆママ #-[ 編集]
◆ みゆママさん

こんばんは、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

昨日のドラマは絶賛の声が高かったのですかー。 
番宣やインタビューで「最後のどんでん返し」というようなこと5人も言っていたので、接点のないように見える彼らが実は・・・という視点で最初から見ていたせいか、いろんなところで設定の無理やツメの甘さが見え隠れしてしまって・・・。 丸腰で一般人の藤木さんがライフルを持った犯人と格闘し始めたところでは「あらららららららら!」と思いっきりツッコミました。それはないわ~!と。いくら非現実であってもそれじゃマンガです。(笑) 

わたしは金子茂樹の脚本はダメかも知れません。(>_<) せめて金子さんが得意な青春ものの分野にしてしまえばよかったのに、と思わなくもないです。 
エンディングのある種の爽快感は、彼らが背負ってきた「親友の無念を晴らす10年」という(彼らの青春の)荷物を下ろすことができた安堵感と達成感からきている気がするので、そういう部分をもっと深く描けばよかったのに、と。 芸達者な主役が5人も揃っているのですから。^^
たぶん大野くんは免許を取るつもりは全然ないと思いますが、あぁいうシーンがある度に邪念が入るので(笑・魔王の時もそうでした)取ってもらった方がつっこまずに見られていいです、ふふふ。

それにしても「空高く」はヘビロテです!
【2010/01/10 22:01】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/10 23:23】 | #[ 編集]
◆ 【2010/1/10 23:24】にコメントをくださった方へ

こんばんは。
ほんとに、相葉ちゃんは間違ってないぞと。(笑)

上田さんが『H』誌上でも指摘していましたが、ほんとに "青春の終わり" というのを体現させたらこの人たちほど似合う人はいないんじゃないかと思います。 
もう20代も後半のこの5人が変わらずに人生の蒼さを抱えている、その部分にたまらなくギュッとやられてしまうんでしょうねぇ・・・。 

(これまでの活動を通して)この5人のつながりの深さや常に一緒にいる姿が自分の中に擦り込まれれば擦り込まれるほど、人が年月を経て失ってしまうものや薄れていくものを彼らがずっと持っていてくれることに愛おしさが増すのかも知れません。

完璧に「空高く」はヘビロテになっております。
エンディングのあの部分は何度見ても好きです。
これもシングルカットしてくれたらいいのにね!
【2010/01/10 23:50】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
こんばんは。

「最後の約束」
率直な感想は、[嵐の、嵐による、嵐ファンの為のドラマ]だっかな、と。
設定に無理が有りすぎの上に心理描写が浅すぎて、感情移入ができず…。
el surさんと同じく、智君が運転席に乗り込む所や<やることリスト>には笑っちゃいましたけど、ふふふ。
あっ、それと智君の顔芸も好きです、口が尖りますよね、ついでに言うと翔ちゃんのへの字口のドヤ顔も大好物です

青春群像劇での5人が好きなので(ピカンチ万歳!)、奇をてらった設定よりも、auの「もし僕が嵐でなかったら」のような彼らを身近に感じられる設定のドラマを観たかったのですが、まぁなんやかや言っても、また5人でドラマをやらせてもらう機会があるといいですね、ファンとしてはwelcomeです。

el surさんのブログ同様、毎回楽しみにしているオトノハ、「ラッコ兄弟」って実弟くんのことかしら(笑)
【2010/01/11 01:33】 URL | けろよん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/11 07:56】 | #[ 編集]
el surさん こんにちわ

『最後の約束』の脚本については、el surと同感です。
サスペンスにしては、あまりに雑でしたね。
半分を見終わらないうちに、結末がわかってしまいました。

この5人を揃えてのドラマですもの。もっと練った脚本でもう一度やってほしいな。週刊誌には、SMAPが10周年でやった『古畑 VS SMAP』との比較が書いてありましたが、これは脚本で完全に負けましたね。

最後のダクト内での5人の会話と駐車場シーンが救いだったかな?
さとシックとしては、音声システムに言う「イギータ」の声に萌えたんですけど・・・(笑)

「空高く」いいですよね。シングルでるのかな?
ぜひフルで聞きたいです。
【2010/01/11 11:14】 URL | 白衣の天使 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/11 13:34】 | #[ 編集]
el surさん、こんばんわ。
最後の約束終わっちゃいましたね。
私的には最初の事件が起こる前と終盤の真相が明らかになってからは良かったのですがその間はやはりイマイチかなぁ、と思いました。(相葉ちゃん出演のシーンは基本的に良かった(笑))

なんとなくダラダラとした雰囲気で、もうちょっと緊迫感のあるスリリングな展開が良かったのではないかと思います。

あと…智くんがビルに残った時点でその後の展開が読めてしまった感があって…。

嵐ファン以外の方でもある程度楽しめたのでしょうか?
【2010/01/11 20:28】 URL | なほ #OS7RI82Q[ 編集]
「最後の約束」、脚本に同じような感想を持った方がいて良かったです。
私も、他のブログ等で絶賛のアラシだったのをみて、自分の感覚に不安を感じていたのですがv-356

“サスペンス”を押されると、コントにしか見えなくて…(汗)
ファンとしての楽しみ方はあるのでしょうけど、
物語としてみたとき、あの展開とオチは残念でならなかったです(>_<)

益子と飯尾のシーンは5人揃う前の過程の中では一番好きです。
逃げる行為に過去の選択や囚われている心に
「一度選んだ道は正しかったって信じたいほうなんですよね」 とつぶやくセリフ、リピートしてからの方がグッときます。

棚田はトイレでしたけど(笑)他はそれぞれ90分間の中で新しく芽生えた絆があって
イギータ含め6人の10年越しの絆もあって
色んな想いをもっと上手くまとめてもらえたらなぁと、そこが残念でなりませんでした。

「空高く」を含め、それでもリピートが止められませんがv-343
【2010/01/11 22:19】 URL | chisen #-[ 編集]
◆ けろよんさん

こんばんは、コメント有り難うございます。

> 「最後の約束」
> 率直な感想は、[嵐の、嵐による、嵐ファンの為のドラマ]だっかな、と。

嵐についてまだ詳しく知らない視聴者に向けても「1ドラマ作品」として楽しんでもらえるよう、嵐5人のキャラクターを紹介するような登場人物に設定してある点でその配慮はわかるのですが、(嵐云々に関係なく)純粋に物語として無理がある、というのがやっぱり大きいんじゃないかと思いますよね。 ファンはもちろんどんな内容であっても彼らの作品は観ますものね。果たして主人公が嵐くんたちでなくても納得のいく内容だったかどうか、というところですよね。 

> あっ、それと智君の顔芸も好きです、口が尖りますよね、ついでに言うと翔ちゃんのへの字口のドヤ顔も大好物です。

わははは、そうなんですよね。「魔王」の時は無表情を通しましたけど、「歌のお兄さん」の時は百面相のようにいろんな顔を見せてくれたので楽しかったです。大野くんに困った顔とかさせたら天下一品です! 翔ちゃんのドヤ顔もわかりますわかります、ふふふふ。

auのCMみたいな設定って彼らにはテッパンですよね。 彼らの楽曲世界にも通じますが、”青春の痛み”みたいなちょっと感傷的な部分と、それを受け容れて前へ一歩踏み出す爽やかさと、そういう要素が本当に似合う人たちだと思います。そしてそういうのが大好きなわたしです。

昨日のオトノハ、最後の部分でちょっと胸がしめつけられてしまいました。 
ね、やっぱり「青春」を感じさせる人たちですよね。(泣)
櫻井家の「ラッコ兄弟」はきっとそうなんじゃないでしょうか、わはははは。
【2010/01/11 22:49】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2010/1/11 7:56】にコメントをくださった方へ

こんばんは。

わたしは見る前から彼らが事件の実行犯だと予想して見ていた(事前の番宣や記事などを読んだ段階で)ので、もしそう思わずに全く先入観なしに見ていたら印象も感想もまた違っていたかも、と思ったりします。 どの時点で犯人に気付いたかで前半の面白さは変わってくるかも知れないですよね。

> でも、このドラマをみて
> 改めて、嵐さんの演技力を感じました!!

5人のキャラクターを生かした登場人物の設定になってましたね。^^
大野くんの芝居は毎回必ず「巧いなぁ、ちくしょー!」と思わせてくれるツボがあって、その快感を味わいたいという楽しみが大きいのです。(笑)

二宮さんもいつも通り文句なく上手かったです、本文中では触れなかったのですが。
わたしの中で二宮さんの演技への期待度やハードルが相当高く設定されてしまっていて、つい前よりももっと高度なものを、もっと新鮮な驚きを見せて欲しい、と貪欲になってしまうので、これまで以上のものを求めてしまう傾向にあるのかも知れないです。(毎回決して彼は期待を裏切らないのだけども) 

ニノは純粋に作品は監督のものだと思っているでしょうし、本人が言っていた通り完成したものより「それを作る過程」の方が彼にとって興味深いのでしょうね。 めざましの発言はそのまま受け取ると誤解が生じそうですけど(笑)、「出来上がったものに興味がない」というのは関心がないのではなく、仕上がりの最終的判断を行うのはあくまで監督であって自分ではないから、という意味合いだと思っています。 仰るように「情熱大陸」の時の、あのポリシーに従っているのではないかと思います。 
ちなみにあの時撮っていたPVは「We Can」ですね。^^
【2010/01/12 01:33】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 白衣の天使さん

こんばんは。

このSPドラマの製作状況 ― 同じテレビ局製作でグループの10周年の記念ドラマ ― という条件を考えると先輩の時と比べられるのは致し方ないだろうと思いつつ、偉大なる先輩と比較されるだけの存在になっているんだと思うと実はすごいなと思ったりしますよね。(笑)

個人的には先輩と比較して優劣を決めることより、彼らの記念ドラマとしてこの作品は残っていくわけなので、純粋にドラマとして面白いものだったかどうか一番気になってしまいます。
5人が揃って出演した単なる記念ドラマではなく「あれ、いい作品だったね」と皆の記憶に残る作品になって欲しいと思いたいですものね。

白衣の天使さんは智ヴォイス萌えだったんですね。(笑)
それにしても「イギータ」て! 普通に「佐藤」とか「田中」とか苗字で呼びゃぁいいじゃないか!と。 「イギータ」ってみんなが口にする度、シリアスな場面なのに何かその言葉だけが浮いてる感じで違和感を感じてしまって、いつもこのワードが出てくるたびにそこに耳が引っかかってしまったんですよね。 他にアイディアなかったんかい!と。(笑)

相葉ちゃんが「空高く」はこのドラマ内だけで流れる曲だと言っていたようなのでシングル化される可能性は低いのかなぁ・・・と思ったりしますが、要望が多くてシングルになったりすると嬉しいですね。^^ わたしも翔ちゃんのラップも含め、フルで聞きたいです!
【2010/01/12 01:54】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2010/1/11 13:34】にコメントをくださった方へ

こんばんは、明けましておめでとうございます。

楽しんだツボはほんとにたくさんありましたね。ふふふ。
相葉ちゃんのめざまし占い&<やることリスト>もそうですけど、大野くんと小堺さんのやりとりとか、おしるこが好きな潤くん(笑)とか、イギータの合成写真とか、キーボードを叩く二宮さんの可愛い手のアップとか(←ニノヲタ向け)、ホントにいろいろと。(笑)
2度目、3度目に見るときはちょっとした細かいところもチェックして楽しめそうですね。^^

今年もどうぞ宜しくお願い致します!
【2010/01/12 02:03】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ なほさん

こんばんは。

相葉さんはほんとに相葉さんキャラでしたね、ムードメイカー的なね。(笑) 

アクションの要素も少なかったのでスピード感もあまりなかったですけど、嵐ファン以外の人も楽しめたのかなぁ・・・どうなんでしょうね??
【2010/01/12 02:24】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ chisenさん

こんばんは。

「テログループによる巨大ビル占拠」という社会的大事件のはずなんですが、それがちっとも大ごとのように感じられない描き方なんですよね。警察の描写もかなり手抜きで。(笑)
リアリティがなさ過ぎる点について、やはり相葉さんの「ファンタジー」発言はあながち間違いではないですよね、ふふふふ。
ドラマの中で一番気持ちを理解しやすかったのがやはり大野くんと小堺さんのシーンだったと思うので、あの2人の場面にはいいセリフがたくさんありましたね。

「彼らの10年」をキーワードにした5人ありきのドラマだったわけですが、記念ドラマという冠に捕らわれずにドラマ作品として内容の深いものだったら嬉しかったなぁと思うんですけど、それにしてもあまりに時間が足りなさ過ぎたのかな、という気もしますね。
【2010/01/12 02:38】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ るんるんさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
「空高く」はもうヘビロテです。(笑) フルバージョンを何らかの形で聞かせてくれることを祈ってるんですけど・・・!

アルバムの準備も進んでいるのかなぁ、「ドリアラ」からもう2年近くブランクがありますものね、新しいアルバムが待ち遠しいですね!
【2010/01/12 02:41】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/13 01:21】 | #[ 編集]
◆ 【2010/1/13 1:21】にコメントをくださった方へ

こんばんは。
ドラマ、全くダメでしたか?? 作品としての完成度は高くないと思うのですが、嵐ファンとしてのお楽しみポイントもなかったですか??(笑)
【2010/01/13 01:49】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ ハリボーさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
「空高く」、シングルかアルバムにちゃんと入ってくれると嬉しいのですが・・・翔ちゃんのラップもちゃんと聴きたいです!
今年もどうぞよろしくお願いします。
【2010/01/14 00:03】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
いつもながら凄い読み はっはっと頭が下がります。
おっしゃるとうりだと はたと脚を手で叩きました。脚本家の力量か兎に角作れとせっつかれたのか
流石大野くんですね

では又 コメント楽しみにしてます
【2010/01/14 09:01】 URL | RIE #-[ 編集]
◆ RIEさん

こんばんは、コメント有り難うございます。
今年もよろしくお願い致します。

あの脚本はどうだろう・・・と思ってもやはり高視聴率で、嵐くんたちの注目度の高さが改めて示されましたね。(それだけに尚のこと惜しいんですけど)

(あくまでわたしの感想ですが)大野くんの歌を聴いても踊りやお芝居を観てもそうなんですけど、自己流のクセがなく、どこまでも透明度が高いのがすごく魅力的なのでもっと彼のポテンシャルの高さを見せてくれる機会が増えたら嬉しいです。^^
【2010/01/14 20:59】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
いつも拝見させていただいてます^^

私も今回のドラマにはがっかりでした・・・。

(先輩と比較してもしょうがないというのは分かっているのですが)リアルタイムで古畑 VS SMAPを見て鳥肌ものだったからこそ、今回のドラマで彼ら5人が集まった時の実力が計られてしまうかと思うと残念でなりません。
私的には「部活って…」の一言に尽きます。
5人という結構な人数が10年間「復讐」という同じ方向を見て、かつ犯罪を実行にうつせるだけの説得力がありませんよね。
本格サスペンスで、銃を持った人間と生身で格闘する、という発想も理解しかねますし^^;
5人の個性も際立ってますし前宣伝での煽りもうまかっただけに、その全てを殺しかねない隙だらけのストーリーが残念です。

次に期待、ですかね^^;
【2010/01/15 01:13】 URL | 匿名 #8/uw2hxc[ 編集]
◆ 匿名さん

こんばんは、コメント有り難うございます。

わたしも三谷さんの「古畑 VS SMAP」はリアルタイムで見ました。 
三谷幸喜×SMAP×古畑という、とにかくみんなが必ず見てみたいと思う最強の布陣で作ったわけですから、そりゃ無敵ですよね。また宇梶さんが憎ったらしかったですしねぇ!(笑)

結果から言うと、「最後の約束」の5人はこの計画を実行するためにそれぞれの人生の10年間をこのために費やして準備してきたわけですよね。 それだけ用意周到なのに成り行きはかなり偶然に任されていて、大野くんが小堺さんとコンビを組むことになるのを当日まで知らなかったり、翔くんが計画になかった人質解放を突如実行したり、潤くんが人質作戦の最大の目玉(?)だった社長令嬢を本気で逃がそうとしたりと破綻が多すぎて、10年かけて彼らが練ってきたものは何だったの?という気がしてしまったんですよね。 実は一番「やることリスト」に沿って完璧な仕事をしていたのは相葉ちゃんだったという!(笑)

そういう穴だらけの筋書きなので、後半彼らの動機が明らかになってから実はこの脚本家が描きたかったのは "彼らの失われた10年" の方だった、というのが明確になって、面白さもグッと上がりました。 ただやはり仰るみたいにテロを起こそうとする動機があまりにも弱いですよね。 

「5人主演のドラマ」ということにこだわるとどうしても脚本に無理が生じるような気がするので(5人をまんべんなく描く必要があるため)、よほど内容的に練られたものでないと満足のいく作品にはなり難いのではないかと思ったりします。 もちろん5人のドラマは見たいけれど、安易な5人主演の冠ドラマだと一歩間違うとヤケドしそうで心配です、5人ともそれぞれに魅力ある個性の持ち主なだけに――。 
【2010/01/15 02:22】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2010/1/19 1:53】に拍手コメントをくださった方へ

こんばんは、情報有り難うございました~!
【2010/01/19 02:11】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。