ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




GQに続いて『CUT』の "MEN OF THE YEAR 2009" 、いいですね。
お揃いのディオールのスーツ姿がお美しい・・・!

テキストを読んでいたら不覚にも涙が。
全然そんな感傷的な内容ではないのになんでだろう。

上田さんの「彼ら独特のセンチメンタルな仲間感はパッと見の派手さで目を惹くものではないため、実は非常に高い理解力が必要なアイドルといえる」というテキストに そうそうと相槌を打つ。

・・・さて、このテキストの中で何回「5人」というワードが登場したことでしょう。
読み進めていると、何度も何度も「5人」という言葉が繰り返し登場するのです。


   『 5人で嵐 』

聞き慣れたフレーズなのに何だかジンときてしまったりする。この人たちは本当に嵐が大好きなんだと感じずにはいられない。語っている本人たちが楽しそうなことこの上ないです。

年末の雑誌ラッシュもあって彼らの対談やインタビューを目にする機会も多かったけれど、今回のインタビューを読んでいて彼らがなぜ(ジャニーズアイドルでありながら)ダントツにサブカル誌への登場頻度が高く、そしてエディターから愛される存在のかというその理由を改めて見せつけられた気がする。

本当にねぇ、クレバーな人たちです。
彼らが喋っている内容そのままを載せても成立する、その語られる内容の密度がね。
他愛もない会話もしているんだけれど単なる雑談ではない示唆に富んだ言葉がいくつも散りばめられている。
そういう感性や知的さが才気あるエディターをして「5人の魅力を分析・解明して文字で表現してみたい」と思わしめるのだろうなぁ。 
ダイノジの大谷さんがずっと「嵐は批評型アイドルだ」と言い続けているけれど、本当に "語るべき何か" をこんなに包容しているアイドルってそうはいないと思う。逆に語らずにいることの方が難しい。

上田さんが嵐の10周年を記念するビッグイベント ~ 日テレの「嵐 CHALLENGE★week」やディズニーシーのコラボイベントやSPドラマ「最後の約束」~ に向かう気持ちを尋ねたら、翔くんが「今の話はひと括りにしづらいんだけれど」と前置きをして、それぞれの企画に対する意味合いの違いをきちんと説明する。
ファンにすればどれも彼らの10周年を記念する企画として存在しているわけだけれど、当然ながら当事者にとってはそれぞれに意味や歴史や方向性が違うものだから一概にしないできちんと説明しようとする。
何気ないことだけれど、こういう部分でいつも必ず自分の言葉でその意味を伝えようとする翔くんに感心してしまう。

そしてP21の最後に触れてあるのだけれど、上田さんの 『07年の東京ドームのライブで、櫻井さんがおっしゃっていた「時代を動かせるかもしれない」っていう言葉が現実になってきているという実感があるんですが』 という言葉にひどく反応してしまった。

これは2007年10月7日のTimeコンのオーラス、東京ドーム初日の最後の挨拶の時に翔くんが語った言葉でした。

 「大げさに聞こえるかもしれないけど、青臭く聞こえるかもしれないけど、僕は時代を動かしたいと思っています」

最初この言葉を聞いた時には「翔くんってばスゴイこと言ってるなぁ!」なんてビックリし苦笑いもしたのだけれど、その真意はドームに集まった5万5千人の熱気を体感し、この熱が何かを動かすを力を持っているのではないか、そういうパワーを目の当たりにした翔くんの嘘のない言葉だったのでした。
東京ドームどころか今や7万人の観衆を国立に集めることのできる彼ら。 そしてリリースするもの全てが記録を叩き出すこの状況を体験したならば、2年前に彼が発した言葉は言霊となってあながち仰々しいものだとも言えないかも知れない。

最後に、メンバーひとりずつに他の4人から見てどう頑張っていたのかを語ってもらうインタビュー。
最後の相葉さんについてのところ。
国立のリハの後半、ドラマであまり参加できなかった相葉さんがみんなに追いつこうと頑張ってる時の会話にちょっと泣けてしまった。

ニノが冗談まじりに 「振りとかも忘れかけてるから、ポンコツロボットみたいいになってて必死だったなあ」と笑ったら、大野くんが「その場ではねぇ、みんな笑ったりもしてたけど『頑張れ頑張れ』って思ってた」と言い、ニノも「頑張ってたよね。家帰ってビデオ見たりとかしてたし」と。 
―― ここを読んだら何だかポロポロ涙が出てしまった。


11年目からも初心を忘れず、ずっとスーパーフレッシュでいてください。
環境が変化したとしても5人の佇まいに羽鳥さんと西尾さん並に「絶対の安心感」を感じていますから――。


【追】12/25発売の『H』の「嵐TV!」の予告が巻末に出ていますが・・・
   おぉ~、二宮さん、オーバーオール!?


*******************

昨夜の情報7days でオリコン年間ランキングのニュースが流れましたが、ようやく大野くんの「ジャパン!」の件を見ることができました。(笑)
「ジャパン!」って言った時の自信に満ち溢れた大野くんの顔がたまらなく男前!

山崎さんと駒井さんが代表してインタビューしてたから、とりあえず明日の「おはようコール」「スパモニ」と「ミヤネ屋」は押さえておくべきかなぁ。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/12/20 19:32】 | #[ 編集]
お久し振りです。

CUTは見たら買いたくなっちゃうので
しばらく本屋には近寄らない事にします((笑
コングッズにお金使っちゃったので、次のCDに向けて貯めないと・・・。

el sur様のレポ、読めてよかったです。
ありがとうございます。

どんなにバラエティでバカにしてても
やっぱり心の中で本当はすごく心配して、気遣ってる。
そんな嵐にしかない空気が大好きです。

翔くんの挨拶はいつも泣けてしまいます。
Timeの初日は聞いた事がないのですが、
オーラスの挨拶はDVD見ながら未だに泣いてます。
【2009/12/20 22:17】 URL | なほ #aIcUnOeo[ 編集]
◆ 【2009/12/2019:32】にコメントをくださった方へ

こんばんは。 ただ今エアハグ中です!!

非常にシンプルなグラビア&テキストでありましたが、一年の最後を飾る『CUT』は無駄を省いたシックにしてゴージャスな表紙で飾られていましたね! それこそ『GQ』の表紙みたいでカッコイイ~!

彼らは(自分たちの仕事において)何をどういう風に伝えたいかというビジョンを明確に持っているので、ああやって言葉で説明された時の説得力が非常に高いですよね。 彼ら自身が語るものをたくさん内包しているという点でこういうインタビューは絶対に面白いはずなんですけど、わたしも読んでちょろり→クスクスを繰り返してしまいました。(笑)

あの大宮くんと他の3人とのスーツのお値段の違いはやはりサイズの違いなのだとわたしも思います。しかし1サイズ変わるだけで5万円も違ってくるんですね!(笑)
【2009/12/21 02:22】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ なほさん

こんばんは。
もし絶対に買わないぞ!と心に誓っておられるなら、『CUT』の表紙を見てしまうと置き去りにするのは難しいと思うので近づかない方がいいかも。(笑)
見たら絶対欲しくなると思います、グラビアが秀逸なので・・・!

相葉ちゃんについての大野くんの一言がちょっと泣けるのです。
ものすごく愛に満ちていました。それを言ったのが大野くん、というのが余計にね。

Timeコンの時の最後の挨拶は5人ともとてもよかったですね。
あのDVDの収録日(ツアー最終日)はわたしも会場にいたのですが、翔くんの挨拶にもグッときて、相葉ちゃんの挨拶の時には周囲もみんな涙ぐんでいました。 オリジナルアルバムのツアーでの初めての東京ドーム公演だったからきっといろんな思いが交錯したのだろうと思います。 
今、彼らはもっともっと先へ進んでいるけれど、あの時の翔くんの言葉は現実味を帯びてきていますね。
【2009/12/21 02:33】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ メルティー♪さん

こんばんは、拍手コメント有り難うございます。^^
& 先日は有り難うございました♪

『CUT』、思いっきりネタバレしてしまっていてすみません。(>_<) グラビアもモノクロですが素敵ですよ、お楽しみに!

紅白、どんなメドレーでくるでしょうね? 智くんの ♪for dream~ は是非聴きたいですねぇ、ベストアーティストでは端折られちゃったし・・・!(笑)
こないだはトップバッターがいいなんて言ってましたけど(笑)、一体どの時間帯に登場するのかも興味がありますね。 ワクワク。
【2009/12/21 02:41】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ さつき☆さん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
いつも立ち寄ってくださっているとのことで、嬉しいです。m(_ _ )m

『CUT』はたぶん表紙を見ちゃうとレジに持っていかざるを得ないような気がします。(笑)
わたしが購入した書店では(いつもそんなことないのに)今回のCUTはビニールでラッピングしてあって立ち読みできないようになっていました。(イジワル!) 
それでも発売日前日に平積みの状態であと2冊しか残ってなかったのでやはりかなり売れているんだろうと思います。 25日の『H』の方も期待できそうです。^^

本当に今年も残り僅かですね、大晦日に楽しみなイベントも控えているので何とか頑張ります!(笑)
【2009/12/22 03:01】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
こんにちは。息子がインフルエンザの中。合間をみて CUTだけはなんとしても!と予約してあったので とりに行き。読めました。

そして。この胸の奥に残る思いはなんなんだろう・・とおもいながら、el surさんのブログを読み。

あ~。。そうなんだ。そうなんだ。これなんだ。 と。
その嵐をみる丁寧な視点。軌跡をつないでいく言葉。
ぴあをよんだあとも 必ずel surさんのブログを読みたくなり。
私にとって el surさんも ダイスキなライターさんのお一人です。

ほんとうに
グラビアで胸をわしっとつかまれて。
テキストで。インタビュー形式で届くあったかいものに ほっこりして。
幸せなCUTからのクリスマスプレゼントだと思いました・・(〃^ー^〃)

語らないほうが難しいくらい。ほんとにそう思います。
でも 語ろうとすると どうやって自分の想いをコトバにしていいのか わからない。もう いっそのこと おしゃべりしあう以外は 文字では何も語らない。陳腐でいやになっちゃう という友人も多くいます。なんだかその気持ちわかります(^^;)

でも わたしも こういう大事な雑誌に出会うと 自分の受け取った気持ちを文字にしたくて・・・転換作業にアップアップしてます。 el surさんのセンスに 惚れ惚れして・・あぁ。ほんとに このブログを発見できてよかったなぁと。心から想うのです。

いつもいつも素敵なel surワールドをありがとうございます。
【2009/12/22 07:28】 URL | よこりん #bUm4Z7Rc[ 編集]
◆ よこりんさん

こんばんは。
『CUT』のインタビュー、よかったですねぇ。 
なんか嬉しくなったり感心したりホロッとしたり、読んでいる間にいろんな感情がやってきて、本当はまだまだ書けると思うんですけど我慢しました。(笑)共感していただけるところがあったなら嬉しいです。 大活躍の一年の最後に5人の声が聞けて温かい気持ちになれました。

> でも 語ろうとすると どうやって自分の想いをコトバにしていいのか わからない。もう いっそのこと おしゃべりしあう以外は 文字では何も語らない。陳腐でいやになっちゃう という友人も多くいます。なんだかその気持ちわかります(^^;)

あぁ、そのお気持ちはとてもよくわかります。 
わたしの場合はすごく心動かされてしまったテキストに出会うとどうにかして文字でこの気持ちを伝えたい・・・!と思ってしまう質なのかも知れないですけど、そうすることで自己完結してるところ多々があります。(笑)

そんな自己満足な内容でも楽しんでいると言っていただけるのはとても有り難いです。 ほんとに誉められ慣れていないのでとても恐縮しています。(汗) 
でも同じような気持ちを共有できたなら嬉しいです。

息子さんのインフルエンザ、大変ですね。 どうぞ早くよくなりますように・・・!
【2009/12/23 01:31】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。