ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




23日、チャールズ・ブルーノに会いに新大久保まで行ってきました。
本来観られないと思っていたこの日、本当に本当に恵まれた機会をいただいて彼に会うことができたことに感謝するばかりです。 
噂では今日の公演には翔くんが観劇に来ていたとのことで・・・あ~、惜しい!

*******************

あいにく雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、そんなこともどうでもいいくらい二宮さんは圧倒的でした。

つい4、5日前、トーク番組のVTRの中でクリクリ坊主をなで回して照れ笑いしていた13歳の少年は、昨日のグローブ座で母親の愛情に頼らなければ、アルコールの力を借りなければ、自分自身を支えていくことのできない屈折した青年になっていました。

【注】 内容に触れている箇所がありますので、これからご覧になる方、内容を知りたくない方はご注意ください。

雑誌のインタビューで語っていたように、今回の舞台における二宮和也は「役を演じている」という事を非常に強く印象づけるお芝居でした。
わたしは彼の舞台を観るのは初めてで、観ている間中ずっと、舞台でのニノはこんな風に演じるのかという新鮮な喜びを感じていました。 

映像の仕事では自然に演じることの巧さに評価の高い二宮さんですが、今回の舞台で ”愛情を求めるが故に自分自身も相手も追い詰めてゆく危険な青年” を精神的な波の高低を繰り返しながら演じる、その舞台ならではの緊張感ある芝居に揺さぶられました。

育ちの良さ、愛らしさ、頭の良さ(あるいは狡猾さ)、情熱、執着、苛立ち、孤独、悲しみ―― 約2時間40分の間に二宮さんのブルーノが見せる様々な表情の一つ一つに非常に惹きつけられます。
とにかく彼のささいなしぐさや細やかな表情からひとときも目を離せない。 まさに釘付けです。
その圧倒的な吸引力に彼の凄さと天才を見た気がします。


二宮さんと共に共演の内田くんもガイを好演していて、この2人の場面を観ているとふと二宮さんと内田くんの二人芝居を観ているような錯覚に陥りました。 勝手な妄想として、二人芝居でも十分成立しそうなやりとりの面白さだったのです。

わたしはあまりたくさん舞台作品を見ていないけれど、その中でも二人芝居として傑作で、またこれまでわたしが観た芝居の中でもベスト3に入るくらい好きな作品、三谷幸喜の「笑の大学」がチラッと頭をかすめました。 この芝居の初演も再演も観ましたが本当に隙のない優れた作品で、メッセージ性、笑いの質、物語の巧みさ、演技陣の上手さ、すべてに恵まれた希有な作品だと思っています。

優れた脚本とシンプルなセット、ほぼ会話だけで進んでいくストーリー、芝居巧者な2人の役者によってキャラクターがどんどんと魅力的になっていく舞台のマジック。

「見知らぬ乗客」の冒頭シーンを見ていて、あるいはガイとブルーノの2人だけのシーンを見ていて、会話のテンポや流れから二宮さんの二人芝居が見てみたいなぁ・・・そんなことを休憩中にぼんやり考えたりしていました。
翔くんの「オトノハ」で、大野くんがニノのために一緒に本読みの稽古をしてあげた話が出ていたのを読んで、大宮コンビでの二人芝居というのもすごく見てみたいなぁ、なんて思ったりもしました。 大野くんのガイ、というのも面白そうだなぁ、なんて。


舞台の演出上のことで言えば、非常にコンパクトで無駄がなく、場面展開の早い構成になっています。 回転舞台を使うことで一瞬にして次のシーンに移り変わり、そしてジャニーズのコンサートさながらの早替えも主役の二人は何度も見せてくれる。 

黒と白にこだわった衣裳と同様、照明の使い方の上手さにも非常に惹かれました。
愛情と執着から次第に影がさしてゆくブルーノの心理を映し出すように、顔に深い影の出るコントラストの強い照明を使っている場面はすごくスタイリッシュで、またこの芝居で唯一幸福感を見せるガイとその恋人の場面では白く華やかな明るさをもって、その状況を見事に描写していました。 場面ごとの照明を見ているだけでも面白かったなぁ。

主役の3人(二宮さん、内田くん、秋吉さん)の達者なところは言わずもがなですが、探偵役のパク・ソヒさんがまたよかったのです。 どこかで見たことあるような・・・と思っていたら、堤さんと岡田くんの『SP』で北村有起哉演じるテロリストグループの1人を演じていたのが彼だったとわかりました。 あぁ! と、パンフを読んだ後に気がつきました。 終演後ですけど。(笑) でもなんかスッキリした気持ちです、ふふふふ。


終演後、昨日の同じ回を観劇していたお友達と一緒にご飯を食べてお喋りのひととき。
昨日はちょうどそのお友達のお誕生日でお祝いができてよかった。 舞台を観ることのできた幸運とでWのおめでたい1日でした。 お誕生日おめでとうございます。^^ (私信)


【追】 記しておこうと思って忘れていたこと。
今回のパンフレットは物語である50年代を意識したセピアカラーのトーンとマット紙の紙質がシックでいいです。 何と言ってもわたしが一番喜んだのは 「稽古場風景 report」でした。 お稽古場を撮影したモノクロ写真が散りばめられていますが(秋吉さんがはなまるに出演した時に映った写真もあり)、まだブルーノの髪型になる前の、稽古場のニノの様子が垣間見られて嬉しい。

テーマ:二宮和也 - ジャンル:アイドル・芸能







このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/24 23:51】 | #[ 編集]
◆ mimiさん

そういうつもりはありませんが、削っておきました。
【2009/07/25 00:08】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ Botakoさん

こんばんは、はじめまして。
拍手コメント有り難うございました。m(_ _ )m
また新たな発見があったら記しておこうと思います。
いつも遊びにきてくださっているとのこと、励みになります。
どうもありがとうございます。
【2009/07/25 00:21】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ mamiさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
わたしも観劇後、思い出してはじわ~っと余韻に浸っています。
今日は26時間テレビの生放送でニノに会えましたね。^^ お台場は暑そうでしたが、今日の舞台、無事に終わったでしょうかね。

わたしも「青の炎」、すごく好きです。 あれを見ると胸が締め付けられる気持ちになります。 あの時の、あの瞬間のニノを蜷川監督がフィルムに記録しておいてくれたことに感謝しています。

若干まだニノの新しい髪型に慣れてないのですが、コンサートのグッズ写真はいつ撮影でしょうね??(笑) 

また遊びにいらしてください、有り難うございます。m(_ _ )m
【2009/07/27 00:04】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
・・・観たい。

映画では観たのですが、この舞台は主役がガイからブルーノになってるってことで、さらに興味津々です。

初回を観にいかれた方のレポと比べ、ニノも結構「波」に乗ってきたようですね。

いいなぁ!!!
【2009/07/28 21:28】 URL | よぴこ #-[ 編集]
◆ よぴこさん

こんにちは、コメント有り難うございます。

開幕した頃にご覧になった方のお話を伺うとやはり日にちを経てお芝居も少しずつ変化しているようですね。  

もう少ししたら少クラプレミアムのステージリポートで舞台の映像やインタビュー(相葉さんの時にはインタビュー付だったから)が少しでも流れてくれないかなぁと期待しているのですが・・・!

今日は休演日だけどVS嵐の収録がありますね。
ニノ、やっぱり最近ちょっと痩せたかな?と思うので(内容的にも毎日相当エネルギーを消耗していると思われます)、千秋楽が無事に迎えられることを祈るばかりです。
【2009/07/29 09:15】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ lavenderさん

こんにちは、拍手コメント有り難うございます。
本当に、DVD化されるといいのにとわたしも願っています。 難しいかも知れないけれど、ささやかな声であっても届きますように、とわたしもアンケートに要望を書きました。 多くのファンの声が届くといいのになと願っています。
少クラでのリポート、必ず見せてくれると信じております。
【2009/08/02 12:11】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ ayaさん

こんにちは、初めまして。 拍手コメント有り難うございました。
3階席であってもあの狭さだと遠くは感じなかったんではないでしょうか。 ニノのお芝居は常に視線を惹きつけて放さない魅力がありましたね。

新しい髪型、慣れてきました? ふふふふ。
お芝居の時にはオールバックにしているけれど、普段はパーマかかってるからフワッとしてるんですね。(笑)

それにしてもポストカード! そうなんです、作品のイメージとは随分かけ離れてましたね。何だか可愛くって。(笑) 白×黒のスタイリッシュなブルーノ仕様のニノも見てみたかったです。

よければまた遊びにいらしてくださいね。
【2009/08/09 16:28】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。