ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近のヘビロテはなぜか「手つなごぉ」です。

こういうミディアム&アーバンなブラコンテイストを帯びた楽曲における大野くんの声のはまり具合はハンパなく、いつもながらホレボレ聴き入ってしまう。 
高音の突き抜け方、声の伸びの美しさ―― あぁ神様、大野くんのこの歌声を、この歌の才能を世に送り出してくれて本当に有り難う。 

「歌が上手い」と一言でいっても音程やピッチが正確で技術的に上手いシンガー、声質は特に優れたものではなくても歌を表現し伝える能力が高く感動を与えることのできるシンガー、いろんな”上手さ”のタイプがあって、最終的にはその歌声が聴く人の心に届くもの・心を動かすものを持っているかどうかということになるんだろうと思うのだけれど、大野くんが歌い出すだけでこう、手を止めて聴き入ってしまうような歌声っていうのはもう他の人にはない彼の特筆すべき能力な気がします。
ジャニーズであるとかないとかそういう範囲を超えて、大野くんの歌い手としての歌唱能力のずば抜けた高さ、声質の美しさと透明度にいつも感嘆してしまうのです。 

嵐のシングルのカップリングに名曲が多いのはつとに有名ですが、この曲もさりげなく美しい名曲。
Timeコンの名古屋公演(2日目)のうらあらしで歌われたことがあるようですが、わたしは彼らが生で歌っているのを聴いたことがまだありません。 曲調やC/W曲という性質からしても歌われる機会はそうないかも知れないけれど、「できるだけ」と共に大野くんの歌声を堪能したい1曲であります。

*******************

『月刊Songs』を購入。

表紙の智くんの右足に笑ってしまった。
それにしても左端の2人は黒いな!

「有名アーティストの楽曲を嵐が表現したらどうなるだろう?といことに興味がある」と潤くん。

そうかぁ・・・。
個人的には「嵐×有名アーティスト」というパターンをあまり歓迎していないので複雑な心境。(笑) 「瞳の中のGalaxy」も「アオゾラペダル」も、何となくわたしの中ではやはりちょっと異色な感じなので・・・。

【追】 雅紀くんの口から 「メロウ」 という単語が登場しておりましたよ!!(笑)

*******************

斗真くんが映画『人間失格』で主演が決まったというニュース。
あの好青年の斗真くんが破滅して堕ちてゆく青年をどんな風に見せてくれるのか今から興味津々です。
監督が荒戸源次郎というのがクセモノです。 
誰が脚本を書くんだろう。

荒戸源次郎のプロデュースした映画・監督した映画はかなり見ていますが、生きることに真正面から向き合い、運命に翻弄される人たちを時に幻想的に時にリアルに描写する彼の世界観は「人間失格」という作品に非常に合っている気がするので、どんな映画になるのかすごく楽しみ。 このニュースを聞いて「赤目四十八瀧心中未遂」をもう一度見たくなってしまいました。

ジャニーズの若きパイオニアとして、斗真くんの新境地の開拓に期待しています。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







「手つなごぉ」
これ読んでから、この曲が頭の中でグルグルと流れています。
おっしゃるとおり
ジャニーズとか、そんな壁を外して、ボーカリストとして多くの人に
彼の歌声を聴いて欲しいなと思います。
釣師よりボーカリスト!!

ちなみに最近私のヘビロテは「ONE」のアルバムです。
【2009/05/16 21:54】 URL | よぴこ #-[ 編集]
◆ よぴこさん

こんばんは、コメント有り難うございます。
今日も「手つなごぉ」、聴いてます。(笑) いい曲だー。

こうなったら大野くんには 「歌も踊りも絵も上手い釣り師」 を狙って欲しいですね。ふふふ。 ・・・ってアレ、並べ方がなんかヘン!?

「One」もいい曲揃いのアルバムですねぇ。 
もう言い尽くされていることだけれど、この時のコンサートの映像が特典DVDのダイジェストっていうのが本当にもったいないですよね。(涙)
【2009/05/17 21:55】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。