ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今朝の「ボクらの時代」、ずっと楽しみにしていました。
前後編に渡っての鼎談は 市川海老蔵×藤原竜也×小栗旬。
竜也くんと海老蔵くんは一緒に飲んだりするお仲間だったと聞いたことがあるけれど、海老蔵くんと小栗くんは初対面。 

もう半年くらい禁酒していて肉も魚も食べなくなったというストイックな海老蔵サン。 
肉や魚を食べない状態で芝居をしたら(芝居の)ヌケがよく、頑張りすぎない。 そうすると同じコンディションで長く芝居を続けることができるようになった、という話が面白かった。 動物性タンパクはパワーもつけてくれるけど、必要以上の精神力もついてしまうんだな。 過剰なものの摂取を止めたら、無駄なものが削ぎ落とされた感覚になったようなことを語っていたけれど、それはもはや俗世の煩悩を払拭した修行僧の域に近づいてる?(笑)

海老蔵くんがちょっとおにいさんなので「ムサシ」コンビが海老蔵くんのお話を行儀よく拝聴してる雰囲気になってて、彼らが芝居の話をしてるところを見ているのが面白い。
芝居について語ることをしないニノがもしこの場にいたら、きっと黙ってみんなの話を聞いているんだろうなぁ・・・なんて想像しつつ。 

小栗くんが、監督やプロデューサーに自分の考えを伝え、話し合いながらものを作っていくことがここ3~4年でようやくできるようになった、と言っていた。 竜也くんも「こっちの方が面白いんじゃないか」という意見は言う、と。
もちろん現場での意見交換やアイディアの提供はしているだろうけれど、徹底して”監督の要求に応える芝居をする”ことを基本とするニノのことがついチラッと頭によぎる。 

今、実力派・演技派と言われる若手の俳優さんたちは自分がどこに&どんな風に進んでいきたいかという目標もきっちり持っていて、芝居に対しても非常に熱心で且つストイックで、セルフプロデュースの能力に長けている人が多いような気がする。 決して運と美貌だけでスポットライトを浴びたわけではなく、それらは才能と努力に裏打ちされている――わたしの中では小栗くんなんかがその代表なんだけれど。
そういう同世代の熱から少し距離を置いて離れたところにポツンとニノがいる感じがとてもユニークだなぁ。 その熱い仲間たちに飲み込まれずに独自のポジションを築いているニノが逆に新鮮に映ったりする。 これはあくまで個人的な好みの問題だけれど、自分色を排除して「フラットでいる」ことを基本にしているニノのスタンスがとても好きなのです。(小栗くんタイプが嫌いだという意味ではなく)  


関係ないけど、海老蔵くんが市川家に生まれ否応なしに歌舞伎の世界に生きることが義務づけられた環境で育ったという話(実力が伴っていないのに父のお弟子さんたちが自分のためにいろいろとやってくれることにジレンマを感じていた)の中で、 「オレ、御曹司じゃない?」 とサラリと言ったのが可笑しかった。 決して奢っているのではなく、自分の置かれた立場を理解した上での発言なので彼が言うと嫌味にならない。 実際その通りだ。(笑)

海老蔵くんが最近の芸能界について、「アメリカでも韓国でもヨーロッパでも、どこの国でもみんな基礎を学んで実力をつけてから人気が出るのに、日本は人気が先に出てしまい実力が伴っていない逆転の状況がある」とコメント。 今更ではあるけれど、実力も実績もある人たちの口から出ると説得力が増す。 
ちょっと話が逸れるけれど、最近なにかと露出の多かった東方神起を見ていてもそれを感じる。 歌も踊りもものすごく上手い。 容姿が優れているというのは基本だとして、最後は他の人より抜きんでた優れた「技」を持っているかどうか、美しさで勝負しなくなる時期がきた時により鮮明にわかるんだろうなぁ。


竜也くんと小栗くんはビール→白ワイン、でも海老蔵くんはシラフなのでその辺の微妙な空気がまた面白い。 来週の予告を見ると「ムサシ」コンビの2人が適度にほろ酔いしていて「先輩・海老蔵にちょっとムカツク」ってテロップが出たりして面白そうな展開。 ふふふ。

*******************

今日はWOWOWで三谷さんの「ザ・マジックアワー」が19:30~22:00pmまであって、22:00pmからスカパーで「隠し砦」がある。 加えて「おしゃれイズム」の総集編や「Msic Lovers」もあったりするのでW録必須。 HDD残量は依然減らない。(汗) これでも昨日の「オールスター感謝祭」は潤くんが映ってるシーンのみのブッタ切りで30分くらいに編集したんだけどな。 もう、意味の分からない編集だけど、とりあえず映ってるとこだけ切り取り。 
「オールスター」は毎回こういう風にしか残しようがない。 だったら録らなきゃいいんだけど、見過ごすこともできない小心者です。 
あんな中身のない番組に何時間も拘束されている出演者の人たちが気の毒になったり、テロップで名前が出てても 「え?いたの?」 というくらい映ってないヒナ壇の上段の出演者の人たちに後で気がついたり。 番組最後にカメラがパンして初めてチュートリアルが出演してたことに気がついた。 編集のため早送りしながら見ていたから気がつかなかったのかも知れないけれど、発言したりゲームに参加してる場面ってあったっけ。 そもそも200人の芸能人を揃えることに何の意味があるんだろう。  
最後の20分ほど、潤くんは姿を消してくれたのでちょっと助かった。(ニノの「流星」の時もそうでしたが)

先日のアメトークの「腰痛芸人」で、宮迫さんも出川さんも腰痛持ちでその辛さを語っているのを見たばかりだったこともあって、(それが彼らの仕事とはいえ)あのローションまみれの陸上大会での姿は痛々し過ぎて笑えなかった。 熱湯風呂とかリアクションとか、芸ではなくて悲惨な姿を見せることで笑いを取るというのが元々好きではない(ちっとも楽しめない)ので、こういう見せ物的な番組作りを面白いと思っているTBSのバラエティスタッフがいる限り、「アラシちゃん」の未来も決して明るくないなぁと思ったりする。

そんなことを言いつつチャンネルを合わせている人間(わたしです)がいるから視聴率が上がり、TV局の思うツボに。 ささやかなジレンマです。
 
そのためには嵐のメンバーが春秋期のTBSドラマに出演しないことを祈るばかり。 ←人間が小さい







こんばんは!いつも楽しく拝見してます。
本当にel surさんがおっしゃるように、私もこの3人の中にニノがいたら果たして…、と思いながら見てました。
ニノの持つ役者としての立ち位置というか考え方が、私も大好きなんですけど、やっぱり注目すべきこの3人と比較したときに、自由に演劇の仕事を選べて多くの経験を重ねることが可能な役者さん達に比べると、ジャニーズという括りの中で自分で仕事が選べるわけではないニノの立場では大きく違うのだという事を思い知らされます。
熱く語る3人が演劇界での自由人だとすると、語りたくとも語りきれない、ニノの環境が特質なんだよなぁと思ってしまいます。
彼はとても頭の良い人だから、そういう事も含めて、芸能界の中の自分の身の置き方を身に付けて来たんだろうけど、それでもニノが、役者に拘らずともあれだけの素晴らしい演技ができるのは、天才と言わずしてどう表現していいのでしょうね。
DOOR TO DOORは「天才」の一言では表現できない…と評されていますが、もう天才の域をも卓越したか。
今回のこの3人と絡ませて蜷川舞台に立たせてみたい気持ちになった番組でした。来週も楽しみ。
【2009/04/05 21:44】 URL | maron #Cu0ypdf.[ 編集]
もう・・・。本当。思ってることをコトバにしていただいて・・・感謝してます。まったくその通りです。本当に・・・。
>熱湯風呂とかリアクションとか、芸ではなくて悲惨な姿を見せることで笑いを取るというのが元々好きではない(ちっとも楽しめない)ので、こういう見せ物的な番組作りを面白いと思っているTBSのバラエティスタッフがいる限り、「アラシちゃん」の未来も決して明るくないなぁと思ったりする。
そんなことを言いつつチャンネルを合わせている人間(わたしです)がいるから視聴率が上がり、TV局の思うツボに。 ささやかなジレンマです。
 そのためには嵐のメンバーが春秋期のTBSドラマに出演しないことを祈るばかり。

何も楽しくないですよね・・・。可愛そうって毎回思うし・・・まだやるのか・・・ってね失笑。
昨日、潤くん帰ってくれてよかったです。(もち、ニノのときも)
あんなの時間の無駄・・・。誰か止めてほしいです。。
あっちの作戦に引っかかってる自分がなんだか・・・みじめで。。
あらしちゃん・・・もう終わってくれないかな??
もう、T○Sに嵐さんを出さないで!!
あっ。。うたばん以外のね・・・笑。
でも、潤くんのドラマがぁ・・・!!!
【2009/04/05 23:14】 URL | バニー #DNkx.4Y2[ 編集]
◆ りえこさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。^^

たけしさんのお話、興味深いです。 彼はきちんとした台本を作らないことで有名だから、台本に縛られずにその場で役者と芝居を作って、逆に役者にゆだねる部分が多いのかと思っていました 意外な感じです。 役者として出演する時の姿勢も「なるほど」と思います。

わたしは韓流ブームも体験していなくて全然詳しくないのですが、東方神起はパフォーマンスと5人のあの素直な人柄に好感を持ってます。^^ 5人が踊ってたらそのキレの良さについガッツリ見入ってしまいます。(笑)
【2009/04/06 00:04】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/06 00:16】 | #[ 編集]
◆ maronさん

こんばんは。
仰るようにニノや潤くんは常々「自分は俳優ではない」と言っていますが、演技の仕事に臨む上ではどういう立場であれ作品を作り上げるという点においてゴールは一致していると思うので、彼らのそれぞれの考え方、取り組み方の違いが面白いなぁといつも思います。

ニノに関して言えば、彼は芝居について "語りたいこと" というのをホントに持っていない気がするのですが、どうでしょう?(笑) 
きっと完成したもの(披露したもの)が全てで、それ以上に演技について言葉で語る必要を感じていないんじゃないかなと思ったりするので・・・。 
自らこんな風にやりたいという願望を見せない分、「どういう風に受け止めてもらってもOKです」という懐の広さというか許容量の大きさがあって余裕が感じられるんですよね。 そこがスゴイなぁと。 やはりズバ抜けて感性の鋭い人なのでしょうねぇ。

海老蔵くんはしきりに結婚観について突っ込んでましたけど(笑)、「ボクらの時代」、来週の後編も楽しみですね。^^
【2009/04/06 00:37】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ バニーさん

こんばんは。
ニノや錦戸くんの時もそうでしたが、「オールスター」の後半で姿を消すのは裏番組のジャニーズ出演番組とバッティングしないように・・・ということらしいですが(ホント?)、それなら「アラシちゃん」の裏のフジの木10ドラマ枠も思いっきりバッティングしてるけどなぁ!なんて思っいました。 「ラストフレンズ」にも「コードブルー」にも思いっきり数字もっていかれてたので。(笑)

全国ネットの看板番組を持てるということは本当に恵まれたことだと思うのですが、「アラシちゃん」は不思議なほどその恩恵を感じさせてくれない番組だというのが残念でなりません。 嵐くんたちが1時間も登場するのにね。 あ~、もったいなーい。
本編に期待するものはないので、ほんとにラスト20分でいいから、彼らのパフォーマンスを見せてくれるコーナーがあったならいいのにな、と毎回言ってますが! 

最近見たことありませんが、あの公式HPのやる気のなさにスタッフの気概も感じ取れるというものですね。 「アラシちゃん」がTBS春の大改編に組み込まれてなかったというのが違う意味で驚きだったりして。(笑) 

嵐メンバーのTBSドラマへの貢献度は高いですものね、「うたばん」とドラマは外せないですね。(^_^;)
【2009/04/06 00:59】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2009/04/06 00:16】 にコメントをくださった方へ

こんばんは。
相葉さんMCの番組、番組内容に関して各所で厳しいお言葉を拝見しました。 相葉ちゃんがMCに抜擢された理由を知りたいです。(笑)

昨日の「ボクらの時代」、きっと楽しみにされているだろうと思っていました。 一瞬でしたけど、結婚話の時に勘太郎くんのお名前も出ましたね。 海老蔵くんが即答で「あ、新選組!で一緒だったね」と言ってたのが印象的です。 竜也くんはもう随分会ってないと言っていたけど。 
来週の後編も楽しみですね。^^ さいたまも楽しんできてくださーい!
【2009/04/06 01:21】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ sさん

こんばんは、拍手コメント有り難うございました。
それぞれの好みだとは思うのですが、始まった当時の「アラシちゃん」もほとんどVTR映像ばっかりで「うーん、どうなの、コレ」という感じでしたよ、最初から。(笑) 裁判員制度はなかったけれど、ほとんどスタッフのお膳立てしたものを嵐くんたちが最初にプレゼンする、という形だけのもので、彼らが取材に絡んでいるということはなくて。

「わたしは知られざるヒミツを持っている」という人を募り、選考して嵐くんたちと番組CMに出演できる!みたいな企画まで募集しましたが、番組の評判が芳しくないのでいつの間にやら立ち消えに。 批判の声が高まったためなのか、メンバーのロケ企画が少しずつ増え、恐らく最大のヒットロケ?となったのが「チャイルドマインダー」の企画でしたが(多忙なメンバー全員に資格まで取らせたものの)それも今やマボロシ。 改編されてからまたもやスタジオでVTRを見るだけの番組になってしまいましたね。
わたしは『毎週嵐くんたちの姿が見られる♪』、そういうスタンスで見てます、もうそれ以上でも以下でもなくて。(笑)

わたしはニノから浅野さんを連想したことはなかったので面白く拝読しました。 そうかぁ。 浅野さんはあの人を食ったような(スッとぼけた)ところが好きです。(笑) ニノと浅野さんはわたしの中ではタイプがちょっと違うのですが、一緒にお芝居をしたらどんな感じでしょうね、ちょっと面白そう!
【2009/04/08 00:26】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。