ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ガンガン見てます、dwangoのCM。
「曇りのち、快晴」のPV、白い衣装でダンサーと一緒に踊ってるー!
もう、来週のMステがすごーーーく楽しみです。
「Believe」の方も早く歌って踊ってる姿を見たい。 最初のお披露目は3/5の「うたばん」になるのかな。 JストのCMもそろそろ流れ始めるのかしら。


昨年末で二宮さんの怒濤の雑誌ラッシュも一息ついて、これからはちょっと財布のヒモも、気も引き締めるぜ! なんて思っていても、基本5人好きのわたしは誰が登場しても結局ヒモも気も緩みっぱなしなのだった。

それでもちょっとは我慢していたのだけれど、ここのところの「ヤッターマン」&「グリーンフィンガーズ」&「歌のおにいさん」攻勢にちょっと打たれ気味です。

昨日今日でまたまた新たな雑誌の刊行ラッシュで、結局TV誌3冊、「ピクトアップ」、「BARFOUT!」を買ってしまった。 (それでも「DIME」と「Continue」は踏ん張りました)

TV誌はなぁ、チェックするだけのつもりだったのになぁ、2誌で昨年の年間ドラマ大賞の発表号なんだもの。 大野くんと二宮さんが受賞してるとなればやっぱり見逃すわけいはいかないんだもの。


週刊テレビジョン
中でも「週刊テレビジョン」は嵐の登場率が非常に高いです。
ドラマアカデミー賞の発表ページもさることながら、「宿題くん」紹介ページ(ここのニノ・翔・智の3人並びの顔はどうなんだ)、潤くんの新ドラ、ニノのSPドラマ、そしてタキ翼ページにまで5人の写真とコメントが。 これはページ数にやられました。


TVガイド
ここでも春のドラマ紹介のページに潤くんの「スマイル」の記事が出てますが、「歌のおにいさん」のページの智くんが可愛くて買ってしまった。(特にカメラチェックでモニターをみんなで見ている黒ヤギさん姿の大野くんのキメ立ちに萌え)
《産地直送便》は翔くんと相葉ちゃん。 なぜかファイティングポーズの2人。


TV LIFE
これはもう、年間ドラマ大賞のためだけに買いました。
そう、大野くん、あなたと「魔王」のためです!
作品賞のベスト10の中に「風のガーデン」が影も形もないところを見ると、投票者の視聴者層も推して知るべしなのですが、それでもダントツで支持を得たというのは喜ばしいですね。
他部門については次号に詳細が載るとか。 
大野くんの個人賞というのは貴重だし、トロフィー持ってる姿も新鮮なのでやはり買ってしまった。(笑)


ピクトアップ
雑誌を並べてある棚にしまおうと思ったら意外に「ピクトアップ」を持ってたことに気がついて、確認したら嵐関係では6冊目になっていました。

巻頭の「ヤッターマン」特集のページ(P6~P33)のボリュームがたっぷりあるんですが、これで650円ってコストパフォーマンスがいいなぁ。
表紙と最初の2ページは翔くんと深田恭子ちゃんのシックな2ショット。
翔くんのみのグラビアは粒子粗めのカラー写真。 しかしなぜ敢えてこのザラザラした質感で撮ることにしたのか、わたしには謎。 
わざとピントを外したもの、ちょっと遊んだ表情のもの、翔くんだけで写真8P、テキスト2P。 
インタビューは映画について半分、残りの半分は櫻井翔と嵐について。 この「櫻井翔と嵐について」の部分がやっぱり読んでいて一番心躍るところなのです。

  「彼個人について聞いていても、話はいつしか必ず嵐に戻っている」

こう書かれていることがまず何だか嬉しいのです。
いつもそうですが、メンバー個人がそれぞれの個別の仕事で取材を受けていても、その中で嵐のことについて語られている部分があるとものすごく嬉しくなります。 発売中の翔くんが登場している「DIME」もそうですが、そういう部分にさり気なく彼らの愛情や絆が感じられて、彼らの【核】が嵐であることを再確認して幸せな気持ちになってるんですね、わたしが。(笑)

特集の中でドロンボー一味の3人が登場しているのも楽しいけれど(でもネタバレを避けて読んでませんが)、最も強烈だったのはP28の三池監督。 黒のレザーJKにフレアのレザーパンツ(にドロンジョTシャツ姿)で颯爽と立っている姿は往年の石原裕次郎のようでカッコイイです。(笑)


BARFOUT!
BARFOUT!はさっき見たら「黄色い涙」の時の嵐特集号(in 麻布十番)と「鉄コン筋クリート」の特集号を持っていました。
関係ないけど、わたしはこの「鉄コン」のプロモーションをしてる頃の二宮さんのビジュアルが非常に好きです。 「拝啓」の一平ちゃんの髪型になる少し前くらいでしょうか。

それにしてもビジュアルといえば「ヤッターマン」PR中の櫻井氏のビジュアルが何だかどれも最強な気がするのですが。 
この「BARFOUT!」はモノクロ3P、カラー1Pでテキスト2Pですが、このグラビアもまたまたベッピンさん。
嵐の10周年については 「嵐らしいファンの人に恩返しできるような1年にしたいなって」。

「時間のかかることとか、手間を厭わず、気持ちのこもった形のものができたらいいね」 という彼らの希望がどうか実現されますように――。


あぁ、明日は「CUT」の日なのだ。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。