ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




『MORE』の連載 [It] の余韻がまだ続いています。
やっぱり二宮さんは一筋縄ではいかない人なのだ。

”言葉にするとその時点で嘘になってしまう” ―― こう言ったのは確か二宮さんでした。


多くを語りたがらない人だからこそ気持ちを伝えようとする言葉はとても深い。
人を煙に巻くのが上手だけど、でもだからこそ、彼のふとした言葉にものすごく敏感に反応してしまったり、そこに彼の心理を読み取ろうとしたりする。

どんなに深く結びついた家族やパートナーや友人があったとしても、究極のところ、人は自分以外の人生を生きることはできないし誰かの代わりになることもできない。

ニノの言葉にはそういう究極の意味合いが込められているような気がして、「独りが好きだから孤独な人だ」とか「友人が少ないから寂しい人だ」というレベルの解釈とはまた一段違う話のような気がしています。 ―― あくまでわたしの感覚的なものですが。 
なんか自分の書いてることすら抽象的過ぎてうまく表現できないなぁ・・・トホホ。

結局のところ(当たり前だけれど)お芝居の上で彼の感じたことを知る方法は彼の演じる様でしかわたしたちは触れることができないわけで、それを言葉や別の方法で説明したりしても意味のないことなのだろうなぁ。

「人生の中で自分主導で生きてきたことがない」と言う二宮さんなのに、一方で「誰からの影響も受けない」人だというのもとても興味深いことです。


蜷川さんの言うところの

  ”人に許さない僕”
  ”人に明け渡さない僕”

そういうニノの人間としての 《揺るがなさ》 が、アイドルであるか否かとか、性別や年齢とか、キャリアや人気なんかを超えて彼に惹きつけられる理由の1つである気がします。


「嵐のメンバーは友達か」―― 何だろう、きっと「同志」とかそういう意味合いの方が強いのかも知れないけれど、きっとそれも適切ではないんだろうな。 彼の言うようにきっとその繋がりは既存の言葉で正確に表現できるものはないのでしょうね。

この [It] の記事を読んでわたしの心がチクチクする感覚というのは、彼のどこか離れたところから俯瞰で見ているような達観してる姿が、彼の演じてきた役のごとくガラス細工を見てるような感覚に似ているからなのかなぁとふと思ったりしました。

あぁ、これとて上手く表現できてないんですけど。

言葉で表現するってほんとに難しい。


【関連エントリ】 『MORE』 (2009.3月号) / 連載 「It」 (1/29/09)

テーマ:二宮和也 - ジャンル:アイドル・芸能







er surさん、
はじめまして。こんばんは。

半年前ぐらいにこちらのブログを見つけまして、
それから拝見しているものです。

連載とかにのが言わんとすることを
常に考えますよね。

今回も考えました。

自分に興味がないといいつつ、
確固たる自分をもっている気がします。

彼は、相反する事柄を同時に持ち合わせているんじゃないかなって。

ちなみに私はおととしのにのが出演していた
情熱大陸で二宮語録に感銘を受け、
ファンになったものです。
また遊びに来ます。
宜しくお願いします。

【2009/01/29 23:41】 URL | さわっち #PPo6vkPA[ 編集]
お久しぶりです。
毎日拝見しているのですが、el surさんの文章にはワタクシが口をはさむ余地がない静かな迫力があって、いつも読み終わったあとそっとページを閉じていました( 笑 )
コトバって難しいですね~。
ましてライターさんを介して自分の心の内を的確に表現するなんて至難の業でしょう。
そんな中でも「It」はどこよりもニノの内面に近づける場だと思うのですが、だからこそ「チクチクする」と言う表現がピッタリで。
そしてそれこそがニノと言う人に惹かれる気持ちと背中合わせのような気がしてなりません。
ああ、やっぱりうまく表現できない( 笑 )
【2009/01/30 01:19】 URL | JRIN #-[ 編集]
el surさんありがとう。
読みたかった日記があって嬉しいです。

なんか私もしかして無理強いしちゃった、かもしれない、と。心配ですが・・・
きっとel surさんも もやもやって していた想いをまとめてみたかったのかな なんて自分に都合のよいように考えています。


ニノ知ろうとすればするほどわからなくて
そこにどんどん惹かれていって
さらにまた知ろうとしてしまう・・という
魔力をもってますよねぇ。

好きな人のことは知りたい恋心ってやつです。
私の場合。

言葉ってキャッチボールしながらだと伝わりやすいけれども、
こういう配信する方法だと 
想いをぴったりと言い表すのって難しいですよね。

でも、el surさんのこの文章。
さすがに素敵に言い表してると思いました。
【2009/01/30 01:21】 URL | よこりん #bUm4Z7Rc[ 編集]
初めまして(uωu)*゜

いつも文章読ませてもらい勉強させてもらってます。

今回の記事にとても共感(というとちょっと変ですけど)したのでコメントさせていただきました。

これからも楽しみに読ませていただきたいと思います。

スペース失礼しました。
【2009/01/30 08:07】 URL | 愛純 #-[ 編集]
◆ さわっちさん

はじめまして、コメント有り難うございます。

わたしもニノの「情熱大陸」は定期的に未だに見ています。(笑) 
時折すごく見たくなる時があって思い出したように見たりして。 BGMまで記憶に残っちゃって、こないだの長瀬くんの回でも同じのが流れてたなぁ、なんて。ハハハ。 ニノの回もDVDになるといいですね。

ゲームマニア、何事も自分から意見は言わない、独りが好き・・・などなど、恐らく彼のような職業にあってマイナスであったり消極的に受け止められがちなことを公言する、そのことに全然躊躇がないのがすごく新鮮で面白い人だなぁと思います。 人からどう思われるかなんてほんとに気にしてない感じが。(笑)

でも求められた時に求められた以上のものを発揮できるその能力の高さが半端じゃないっていうのがたまらなくかっこいいです。
わかりにくい人だからこそわかりたい、もっと知りたい、そういう気持ちにさせてくれる人ですね。 掌の上で弄ばれてる時もありますけど。 ふふふ。
また遊びに来てください。^^
【2009/01/30 20:49】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ JRINさん

こんばんは。
えっ、「静かな迫力」がありましたか? どこからそんな迫力が生まれてたのかしら、本人の知らぬ間に。(笑)
自分の気持ちを自分の言葉で、と思っても難しいことなのに仰るように第三者(ライター)を通して100%伝えるなんてことは至難の業ですよね。 
それでもニノという人を知りたいなぁと思わせてしまう、一筋縄ではいかない不思議な魅力を持った人ですね。
自分の気持ちを思った通り伝えるってホントに難しい・・・!(>_<)
【2009/01/30 21:00】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ よこりんさん

こんばんは。
いえいえ、わたしも自分の中に起こったこの気持ちは何だろうとモンモンしてて(by相葉さん)、もう一度考えたいなぁと思っていたので。 結局スッキリする答えは出てこなかったですけど。(笑)

彼に「アイドルとしてのイメージを守ろう」とか、「カッコつけよう」とか、そういうことへのこだわりに1mmもないところがいいですよね。 
いや、ちょっと語弊があるかも(笑)、もちろんアイドルとしてカッコつけたりする部分もあるでしょうが、そうすることに必要以上に努力したりエネルギーを注ぐことをしない、というか。 非常にユニークだと思います。

あぁ、文章を書くのって難しいですねぇ。(>_<)
【2009/01/30 21:14】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 愛純さん

初めまして、こんばんは。
自分でも何だかうまく伝えられないなぁなんて思ってるんですが、共感していただける部分があったでしょうか。
よかったらまた遊びに来てくださいね。
【2009/01/30 21:16】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
el surさん
こんばんは!素敵なエントリーだったのでちょっとコメントしたくなっちゃいました。
ニノの魅力が引き出されるのは、ステージやテレビに出ている時の職業としてアイドルになりきっているニノと、一人になった時の本当の自分との切り替えの速さと、潔さ、そのギャップが凄い魅力になっているんだろうなぁって思います。幼いときから、自分が望んでいなかった世界でいろんな事に折り合いを付けながら、彼の中のたくさんの葛藤と向き合ってきて、今の自然体のニノが居るんでしょうね。
そして常に彼は自分にまっすぐなんだと思います。
長い時間、ジャニーズという枠の中で過さなくてはいけなかった幼き二宮少年は、きっと誰にも影響されない確固たる自分を持っていなければ、揺ぎ無い自分を確立しなければ、壊れてしまいそうな繊細でガラスのようなハートの持ち主だったのだろうと推察します。
彼の演技の中に見せるセツナイ表情や表現は自然ににじみ出てくる物のように思えてなりません。
itの連載で書かれている彼の本音とも思える記事は、そんな彼の中から見え隠れする私達の知りえない部分が書かれているから、ドキドキするしチクチクするのかもしれませんね。
でも、どこまでが本当でどこまでがウソなのか計り知れませんが…。
アイドル二宮和也は、ウソツキで、自然体で、ナイーブで、セツナクて、クールで、かっこよくて、熱い人なんだと思います。
いくつもの顔を持つそんなニノがやっぱり大好きです。
引き出しの多さにいつも惑わされてしまいます。
なんて魅力的な人なんでしょう。
こういうエントリーはニノの事をたくさん語りたくなっちゃいますね。
長くなってごめんなさい。お邪魔しました。
【2009/01/31 01:42】 URL | maron #Cu0ypdf.[ 編集]
◆ maronさん

わたしのぼんやりとした文章に、たくさんの方が感ていじる「二宮和也像」をコメントで書き足していただいて、ちょっとずつクリアな輪郭が浮かび上がってくるような、そんな気がしています。

「It」で語られていた二宮さんについて読んだ人はどこかにひっかかるものがあって、「どういうことなんだろう?」と考えをめぐらしてみたり、「こういう事なんじゃないかな」と気持ちをまとめてみたり、そういう作業がしたくなってしまうんですよねぇ。(笑)

それはやはりmaronさんが仰るように、彼がいろんな複雑な(時には相反する)要素を抱えているからこそなのでしょうね。
そしていろいろと彼について思いを巡らしたりして何となくわかったようなつもりになっていると、「でも実は何も知らないでしょ?」というパンチを食らったりして、またもや迷宮に誘い込まれてしまうのでしょうかね。ふふふ。

彼のインタビューを読んでいつも感じるのは、流して読むことができないということ。 読む度、何かしら新しい発見があったり、彼独自の考えに驚かされたりすることです。
「きっとこういう風に考えているんじゃないか」というこちらのある種の予定調和的な発想をを軽々と裏切ってくれるその面白さがまた「あぁ、この人頭いいなぁ・・・!」と思わせてくれて、それで観察をやめられなくなるのかも知れません。(ドM?)

とにもかくにも興味の尽きない人ですね。 えへへへ。
【2009/01/31 22:56】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ yuraさん

はじめまして、拍手コメント有り難うございました。

「It」の中で彼も触れていましたが、”みんな好き嫌いを分析したり定義したがるけど自分には必要ない。 好きなら好き、嫌いなら嫌いでいい” と。 
もしかしたらもっと前から言っていたのかも知れませんが、昨年のインタビューでは頻繁に「フラットな状態でありたい」ということを言ってた気がします。 常にどんな展開にも対応しまっせ、というニュートラルな状態が彼にとって最も居心地がいいのでしょうね。
ある意味、流れに身を任せているようでいて実はどんな状況にも対応できる揺るがない信念があるからこそのスタンスなのかも。

一つのことにのめり込む(ゲームなりマジックなり)タイプな割に執着やこだわりがない、というのがまた彼の魅力なのかも知れないですね。(笑) 奥が深い人ですねぇ。
よかったらまた遊びにいらしてください。^^
【2009/02/02 01:24】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
いつもブログ読ませていただいてます。

私はにののファンです。たぶん最初は外見だけでファンになったと思うのですが、にのの事を知れば知る程に彼の内面に惹かれていきました。と同時に言葉では言い表せない不思議な気持ちになるのです。elsurさんの言う、チクチクすると言う気持ちの様なものです。

私も「it」を読んで色んな事を感じ、考えました。にのの考えは、当たり前ですが、私のものとは遠くかけ離れていて私にとっていつも衝撃なのです。
でもこの感情が何なのかわからないし、また抜け出すこともできないと思います。「迷宮」に迷い込んでしまったみたいです。

やっぱり言葉にするのは難しいですね。また遊びにきます。
【2009/02/02 17:12】 URL | まみ #QktxJpj6[ 編集]
◆ まみさん

こんばんは、初めまして。
コメント有り難うございます。

今日は春のドラマSPの様子やニノのコメントが流れていましたね。^^
ちょっと「マラソン」の頃を思い出したりしました。

いろんな複雑な面を持っている人なので興味が尽きないというのが大きいのかも知れませんが、インタビューを読んだりすると彼のものの考え方が他の誰にも似てない、独自の境地にあるのがわたしにはすごく面白いです。 
ただ、突拍子もないものではなくて、ニノがわたしの思いもしない角度から物事を見ている言葉があったりすると「あぁ、なるほど、そういう発想なのか」と驚かされることが少なからずあります。 

なかなか迷宮から出してくれないみたいですが、そこも含めてまた楽しむという心づもりで応援したいです。(笑)
また遊びに来てくださいね。^^
【2009/02/02 21:14】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。