ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今更なんですが・・・
『流星の絆』 のサントラをBGMで流しております。

きっと智スキーの皆さんは 『魔王』 のサントラを聴くだけで数々のシーンが思い出されてウルッときてしまうんじゃないかと思うのですが、わたしの場合は 『流星』 のサントラを聴くとこう、すごくせつなくなってしまうのですね。

3兄弟が子供の頃の切ない場面で必ず流れた「獅子座流星群」。
7話の最後、泰輔に「いいのかよ兄貴?」と問いかけられて功一が声を荒げるあのシーンで流れていた「流星は終わらない」。
最終回で静奈が行成に本当の自分のことを明かすときに流れていた「闇と光」。


こんなのが流れる中で『MORE』の二宮さんの連載(第3回)を読んでしまった。
なんだか胸が締め付けられるような思いです。
ものすごく心にひっかかってきます。

独りが好きなのは知っている。
友達が多くないことも知っている。
演技について語ることをしないのも知っている。
そして嵐の関係性について繰り返し、山ほど尋ねられてきたであろうことも。

「10年前にグループを組む時、人数も組み合わせも可能性は限りなくあったのに、最終的にはこの5人でデビューできたことも、10年間一緒にやってこれたことも、本当に奇跡的なことで。 その道のりとか関係性は、友達なんていう言葉では言い表せないんだよ」


ちょうどこないだの「プレミアム」で5人がデビューする時の話を改めて彼らの口から聞いた後だけに余計にひっかかってくるのかな。
それともこの「流星」のサントラが何となくおセンチな気分にさせてしまうのか。


これを読んでから、ずっと心のどこかにこの記事が残っているのです。
なんでだろう。
何だかチクチクするのです。


今日は「アラシちゃん」で短い髪の二宮さんに会えますね。


【関連エントリ】 或る「孤独と友達」考(1/29/09)

テーマ:二宮和也 - ジャンル:アイドル・芸能







このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/29 09:35】 | #[ 編集]
なんだかうまくいえないけど私もMOREをみていろいろな想いを抱きました。

この前プレミアムでみたこともあるし。

ニッキの終了でニノの言葉に飢えていたこともあるし。

嵐ファンになってから嵐友達がふえてきて
そのつながりに感激しているところでもあったので
友達を語るニノの記事を読んで
友達ってなんだろうって考えちゃったり。
ニノにとってつながってる人は 友達ではなく
なんていうのかな、とか。そこに一般名称なんていらないんだろうな、とか。


el surさんなら上手に言葉にしてくれるかな、って思って
この日記アップされるのを楽しみにしていました。


el surさんをもってしても。
このMOREから着た感情を言葉にするのは難しいんですね。


でもいえることは。
ニノは本当に嘘をつかないな、ということ。
そして嵐でいること、嵐がここにいることは本当に奇跡であって、その関係はニノの感性でもってしても
言葉にできないんだなぁと思ったこと。

嵐って深い。

嵐と同じ時を生きることができてものすごく幸せです。
あ、ひとつだけ。悔しいのは国立コンのときはまだ嵐をそこまで慕ってなかったということです。それだけはタイムマシーンで戻って一緒にあの場にいて 感じたかったな。

あら。話がそれてしまいました。

アラシちゃん。短髪ニノが非常に楽しみです。
【2009/01/29 15:23】 URL | よこりん #bUm4Z7Rc[ 編集]
◆ 海ママさん

こんばんは。
ほんとに二宮さんは深いですね。 二宮スキーさんは大変だ。(笑)

ただ何でしょう、ほんとに上手く表現できない自分でももどかしいのですが、わたしはマイナスに感じたわけではなくて、他に迎合しない彼独自の価値観に潔さすら感じるんですよ。 きっとそういうのも含めて惹かれるのだと思うのですが。

もうちょっと何とか考えがまとまらないかなと思って、も一つ別にエントリーを上げてみたんですが、やっぱり何ともまとまりませんでした。(笑) 

「言葉にした時点で嘘になる」――蓋し、二宮さんの名言です。
【2009/01/29 21:19】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ よこりんさん

こんばんは。
すみません、力不足でうまく気持ちを表現できません。(>_<)
でも相変わらず心に引っかかってるものがあるので「コレは何だろうなぁ」と、もう一度考えてみました。 それでも解決しなかったんだけど・・・スミマセン(汗)

あぁ~、国立コンのDVD早く見たいですねぇ! 
【2009/01/29 21:25】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/31 02:06】 | #[ 編集]
◆ 海ママさん

「It」にもありましたが、ニノは「誰にも影響を受けない人」だと。
確かにニノの面白いところは(ものの考え方において)同じよなタイプの人が見当たらないところな気がします。 もしかしたらいるのかも知れないけれど、彼のように頻繁に取材される立場にある人であんな風に語れる人はそう多くない気がします。

「相手から興味を持たれないようにするために、自分から先に近づいておいて適度な距離を保つようにする」

こんなこと、なかなか言えないです。 
面白いなぁ。(笑)
でもこれだって本当に本心かどうかなんてわからない。 人懐っこいフリをしているのと同じように、人懐っこくないフリをしているだけなのかも。 

二宮スキーさんはほんとに大変なのだ!(笑)
【2009/01/31 23:15】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。