ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリーが整理中で見苦しい状態になっております。
わたしは1つのエントリーにいろいろその日の出来事を書いてしまうからなかなかカテゴリー分けが面倒くさいのだけど、あまりにもザックリし過ぎているので着手してしまったら収集がつかなくなってしまった。

*******************

Jun Style でオンエアされた 「Believe」 のフルコーラスを聴きました。
WSで一部聴いただけでもかっこよかったけど、相変わらず今回も楽曲自体の完成度が高くて、嵐の曲はほんとにハズレがないなぁ。 
またこのサウンドプロダクションの素晴らしさを文春で近田さんが取り上げてくれたりしないかしら。


それにしても。
いやいやいやいや、もう、吉岡たく!
もう一回言おう、吉岡たく!! (もう敬服しすぎて敬称略)

相変わらずあなたのアレンジは超がつくほどかっこいいです!
もう、「かっこいい」という安易な表現しかできない自分が悲しいけど、「Step and Go」で見せたあの疾走感ふたたび。 音が向こうの方からやってきて過ぎていく感じといいましょうか。
テクノとストリングスとブラスと、音が厚くてかっこいいなぁ。 
いつもながらベースのアレンジも非常に好きです。

映画のラストで流れるのを想像するだけでものすごくカッコイイな。
「ヤッターマン」、もし海外でも公開の引き合いがあったら「Believe」も世界中で流れる?(笑)

歌い分けも配分も絶妙。 嵐の音楽スタッフは本当に優秀だ。
実はボコーダーにかけた声が最も映えるのは相葉ちゃんという発見!

翔くんのラップが始まる直前、大野くんの張りのある高音のフレーズから相葉ちゃんのパート(ここの相葉ちゃんの声が非常に色っぽくて秀逸!!)に入って、そこから次第にジワジワと翔くんのラップに移っていく切り替えが、もう超気持ちいいんですけど。(笑) 
翔くんのラップの後のストリングスの美しさがマイケル・ナイマンの「Gattaca」を思わせて、スピード感あふれるアレンジの中で非常に緩急をつけていてこれまた素晴らしいなぁ。 

早くもっとクリアな音質で堪能したいものです。


昨夜の大野くんの「歌のおにいさん」の主題歌、「曇りのち、快晴」も軽快で爽やかで大野くんの高音が冴える一曲でした。 

ダァーンダァーンダァン♪

もう見た後ずっとこのフレーズが口をついて出てしまうほどキャッチーで、歌い始じめの「ダ」のはじけた音がすごくパンチがあって、大野くんの張りのある”表の声”が存分に生かされたメロディーになってましたね。 初回盤のPVがどんな風になってるのか楽しみです。


もう、今日は一日「Believe」と「曇りのち、快晴」をずっと聴いてます。
人工的なサウンドを織り交ぜたた「Believe」と、ミディアムテンポで楽器の生音が心地よい「曇りのち、快晴」。 前回の両A面シングル 「truth/風の向こうへ」 もそうでしたが、1粒で2度おいしいシングルですね。

歌番組、Mステでは矢野健太の登場を心待ちにしています。(同時に「Believe」で嵐もネ☆) 

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







el surさんこんばんは!
私の住むとこでは潤くんのラジオ聞けませんし
リーダーのドラマも来週オンエアなんです。
が!
某動画サイトのおかげで両方の音楽をきくことができました~。ありがたいコトです。

とにかく!!!Believe。
かなり!かなり!!かっこいいですね。WSでテクノチックな音が聴こえたので、ボイスアレンジはいっているんだなぁと思っていましたが。
もう予想をはるかに超えていました。
ダンスミュージックとラップが融合するとこういう感じになるんだなぁ~と。
嵐の曲はほんとにアイドル超えですよね。
ハズレがないとおっしゃっていましたが。本当にそうですね。

映画館の響く音でこの曲を聞いたら。そう想像するだけで鳥肌が立ちました。

はやくCDで聴いてみたいですし、PVもかなり楽しみです。

【2009/01/17 22:52】 URL | よこりん #bUm4Z7Rc[ 編集]
◆ よこりんさん

こんばんは。
「Believe」はまた嵐の新しい一面が感じられるかっこいい曲ですね。
この曲でどんな風に踊るのかがまたすごく楽しみです。 
わたしは「S&G」のパフォーマンスが大好きなんですが、巧みにフォーメーションを変えつつ踊る嵐くんたちを見てみたいので、カッコいいダンスにも期待しています。 PVも楽しみですねぇ!
【2009/01/17 23:36】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
こんな古い記事に、コメントを残してしまってすいません。

「Believe」、途中の相葉さんのソロの部分が地声なのかどうかはっきり判別できず、困っていたのです。…いや、なにも困ることではないんですけど(笑)
やっぱ、ボコーダー通していたんですね。地でこの声だったら、相葉さんは本当にミラクルだと思っていたので、勝手に凹んでいます。。

ソロパートのまわし方、絶妙ですよね。
この曲に関しては、情感のこもった二宮さんの歌唱が、個人的にはツボでした。
「曇りのち、快晴」は、真っ当すぎてなんか正直物足りないなー、なんて(笑)

長文失礼いたしました。
【2010/03/21 03:07】 URL | xtal9270 #-[ 編集]
◆ xtal9270さん

こんにちは。 古い記事にも目を留めてくださって有り難うございます。(笑)

> やっぱ、ボコーダー通していたんですね。地でこの声だったら、相葉さんは本当にミラクルだと思っていたので、勝手に凹んでいます。。

ボコーダーを使っているのはエンディングの 「This is the movement」の部分で、そこの相葉ちゃんの声×ボコーダーは相性がいいなぁと思ったのですが、ソロパートは相葉ちゃんの地声だと思いますよ。 この曲の音域は相葉ちゃんの声質に合ってて非常にセクシーだと思います。^^
この曲は全体的にキーが低いのかな、ソロパートでも全員の声がとてもバランスよく聞こえます。短いソロでもニノの表現力が光ってて耳に残りますね。

> 「曇りのち、快晴」は、真っ当すぎてなんか正直物足りないなー、なんて(笑)

ドラマのテーマソングとして悩みながらも真っ直ぐ前を向いて歩み出そうとする主人公のキャラクターと重ね合わせてある歌だと思うので、技巧よりも気持ちいいくらい "高音で突き抜けるようなハリのある声" を前面に出した歌い方ですものね。 でもこれを聴くと、彼の歌唱が歌い方でごまかしたりするのではない「声そのもの」の魅力に溢れたヴォーカリストであることが感じられて。彼の懐は深いですよね。
またこのPVの踊りがね、いいんです。 特に白い衣裳になってからの滑らかでしなやかな動きが!(笑) 
メロウでジャジーでファンキーでソウルフルな大野くんのヴォーカルも、ヒップでポップな歌声も、結局大野くんはウマイんだよなぁ~!という結論に必ず落ち着いてしまうんですけどネ、最後はね、ふふふふ。 
【2010/03/21 16:55】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。