ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




第7話と第8話を見ていて、石井康晴という演出家はほんとにドラマチックな見せ方が上手な人だなぁと思う。 もちろん第3話の、あの子供と大人のアリアケ3が交錯する胸を打つ演出もたまらなかった。

せつない気持ちを丁寧に描いた7話と8話、昨日の回はもう兄たちだけではなくて静奈すらもせつない。 三者三様にせつない模様が繰り広げられて、そしてそれぞれがまたものすごくいい表情を見せるので引きこまれてしまう。

ただ、距離が近づいても行成と佐緒里がずっと他人行儀なままなので今ひとつ佐緒里のせつなさが胸に迫ってこないところがあって、彼女が行成に送ってもらって来た様子をアパートの階段の陰から見ていた泰兄の笑顔のピース姿の方がやっぱり何倍もせつないんだよなぁ。
錦戸くんがほんとに何とも言えないいい表情をするものだから・・・。 

「ラスト・フレンズ」で、恋人を傷つけてしまうひどいDV男なのになぜか彼が漂わせる寂しさや影の部分には負の魅力があって、彼の演じた宗佑の孤独はどこか共感を呼んで突き放し切れない哀しい人物像を作り上げていた錦戸くん。
感情を内に秘めてしまうタイプの功一とは対照的に、気持ちが顔に出てしまう泰輔。 彼の繊細な表情がドラマのせつなさを3割り増しぐらいにしてる気がする。


カレー屋での功一と柏原のシーンも秀逸でした。
台本にして何ページあったんだろう。 

2人しかいないシーンだからずーっと交互に2人のアップ。
セリフと顔の表情だけなんだけれど、食い入るように見てしまうなぁ。


「犯人わかったらどうする?」
「殺しますね」

ニノの目が充血してて、ライトが当たってずっと潤んでるんですよね。
このセリフの後の無言の三浦友和がじっとニノを見つめる表情がまたいいんだな。
柏原が自分の本音に共感を示してくれたことで微かに笑みがこぼれる功一、その後で涙もこぼれてしまうのだけれど、斜め上の角度からのカメラでこぼれ落ちる涙がチラリと光る絶妙なアングルなのがいいですね。 
7話の終わりで 「いいわけねぇだろ!」 と怒鳴った後の彼のいたたまれない心情を右斜め上のカメラが功一の視線を(カメラから)外す形で切り取っていたのも印象的だった。


そして最後に麻布十番で高山係長 ”アイルビーバック・完結篇”。
危機一髪の静奈を救うべく、面の割れていない功一が助けに行こうと歩き始めるときのお兄、カッコイイ~!(涙)
でも行成にやりこめられてオドオドする高山係長が何だか涙モノで可愛いと思ってしまうのは何故。
   「じゃあ・・・今日は帰ろっかな! また連絡するわ!」
もう大笑い。 ・・・憎めないよ、係長!


行成がレシピノートを取り出した後の、錦戸くんとニノの表情がまた・・・!
もぉ~、二人の表情が、もう、もう、もう!! 
毎回同じ事しか書いてない気がするけど、2人の表情萌えだ、コノヤロー!!


HPにて次回のあらすじを読みました。
原作を読んでないので(それにしてもこの件は原作通り?それすら知らない)超楽しみなんですけど、次回の展開が。

ニッキによると森下さんが本日撮了、ニノも月曜にはオールアップとのこと。(最終回の生番宣が本当の意味での最後だけど、と。)
最終回の放送直前ギリギリまで編集作業が続いたりする状況が多い中、一週間以上前に主演も撮り切り予定というのは本当に順調に撮影が進んだのですね。

残すところ、あと2回。
あぁ・・・もっともっとニノのお芝居を見ていたい気分です。 (まだ終わってないけど)


■ 視聴率 - 11.5%

テーマ:流星の絆 - ジャンル:テレビ・ラジオ







このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/06 22:04】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/07 00:50】 | #[ 編集]
◆ バニーさん

お久しぶりです☆ コメント有り難うございます。
最後の2人の表情、よかったですねぇ。 
行成が「あなたは一体何者なんですか」と尋ねた後のニノが、困惑の表情でゴクッと唾を飲む演技をするんですが、ニノの眉間のしわとウルウルに潤んでいる瞳の表情がもう、もう、もう・・・!(涙)

高山係長の桐谷くんはホントにもう目がアブナいくらいで、ふふふふ、ほんとにほんとでアレが最後なのかなぁ。 コントみたいに可笑しかったですねぇ。

ほんとにもう後2回で終わってしまうのかと思うと悲しい~!
来年は翔くんの映画がありますが、スクリーンでも会いたいですね。^^
【2008/12/07 11:08】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2008/12/07 00:50】 にコメントをくださった方へ

恵まれたチャンスとそれを生かすことの出来る恵まれた才能がある、ということなんでしょうね。 『Cut』のインタビューでも 「仕事を選ぶなんて百万年早い」(だったかな?)と言っていましたものね。 与えられた仕事でベストを尽くす、それ以外のなにものでもないのでしょうね。(それを実現することだって簡単ではないのに)

以前、ニッキだったかインタビューだったかで克実さんを介してシスの社長さんともご一緒していたようなことを読んだ記憶があるので、もしかしたらそういう機会も生まれるかも・・・期待したいですね。^^

またまた井上ひさし×蜷川幸雄の黄金コンビは休む暇なし。
それにしてもこれまたチケットがとんでもないことになるんでしょうねぇ!
【2008/12/07 11:45】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/08 08:47】 | #[ 編集]
◆ swnさん

はじめまして、拍手コメント、有り難うございました。
ドラマの1クールってこんなにアッという間だっけ?というくらい、わたしにもアッという間な感じです。 せめて全11回にしてくれれば、もうちょっとアリアケ3が見ていられるのに。(笑)
一つはきっと何度も繰り返して見ていたから余計にそう感じるのかな、とも思うのですが。
楽しみにしているものが終わってしまうのは寂しいけれど、また来年のお仕事に期待したいですね。^^ 今度は1年以上のブランクは開けずにお願いしたいです、もっとお芝居するニノを見たいので・・・!

1月からは大野くんのドラマがスタートするから、またそちらも楽しみになりました。

またよかったら遊びに来てくださいね。m(_ _ )m
【2008/12/08 21:21】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2008/12/08 08:47】 にコメントをくださった方へ

いやぁ、「流星」の第8話はビックリするくらい視聴率が落ちましたね。(笑)
「252・生存者あり epsodeZERO」「報道ステーション」「一攫千金!日本ルー列島」の次でした。 

1月からはまたまた大野くんに毎週会えますね。^^
コメディーなので楽しみですねぇ!

シス・カンパニーの舞台だったら楽しみなんだけどなぁ。
大竹さんが移籍しちゃったのが残念だけど・・・。

なんか大野くんのあの写真を見るだけでウキウキの1日でした。(笑)
【2008/12/08 21:37】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
りんごです!いやぁ、以前視聴率について書いたとき、自分自身が面白ければいいじゃないですか!的なこと書いて下さってたから、そうそう、駄目駄目、って思っていましたけど、えっ?11,5でしたっけ?ヤバイぐらい落としてしまいましたね、この後半なのに・・・ひえぇええ。
 なんだろう、視聴者を引っ張れない理由って・・、演技者には問題ない気がしてるんですけど・・、私はニノファンだから贔屓目で見ているんですかねぇ・・管理者さんはどのように考えますか?
 個人的には、リアルタイムで見ていて、主役が中心になっていないことが多いなと感じる。八話に関してもそう思いましたね。映画「黄色い涙」のときも思いましたが、4人全員にそれぞれ話があるので、どこに感情移入したらよいのかわからない所ありました。そんな所ぐらいしか考えられない・・。静奈が中心になっている部分が多いですよね、そこがないと話がすすまないのも事実なんだけど・・・。えーっ、わかりません、やっぱニノファンだからそう思うだけ?
 ニノとカシさんのシーンなんて一級品でしたけどなぁ・・、画面に引き込まれるってまさにあんな感じでしょう・・みたいな・・。ニノさんカシさんに負けない貫禄で演じてらっしゃったけど・・・。
 何だかショックで頭が真っ白です。
 大野くんのドラマ楽しみですねー。癒されそう。ドラマって主演張っちゃうとどうしても視聴率がものをいうでしょう・・、この俳優は視聴率持ってる持ってないみたいなことを・・・俳優自体が傷つくこと多いですよね・・まあ、ニノさんの場合、演技者として素晴らしいことは認められていますけど・・、彼にアンチ的な人も多いし、というのも世間で評価されだしたら、賛否両論は当たり前だし、両方言われてプロって気もするんですけどねぇ・・。すいません思わず愚痴ってしまいました。
 私の希望としては、次は二番手あたりでいい味だしてほしい。主演だと凄く数字に左右されちゃう自分が嫌なので・・なんて自分勝手な!
【2008/12/08 22:39】 URL | りんご #-[ 編集]
◆ りんごさん

こんばんは☆
佳境にきて落ちましたね?(笑) 
でも8話の内容は非常によかったです。 数字が低くてもわたしは大満足であります。 
裏の番組もいつもよりすごく数字が高い、ということもなかったと思うのですが・・・基本的にサスペンス色よりも兄妹の絆に重きをおいたストーリー展開になっているので、後半での大きな加速はないのかも知れませんが。

大野くんのドラマは純粋に大野くんが歌のおにいさん、という設定が楽しみですね。^^
世間での注目度のバロメーターにはなるので数字がよければやっぱり楽しみも増えますが、でも最終的にはやっぱり自分が好きか嫌いか、わたしの場合はそこに行き着いてしまうので、世間的評価が気になる場合だと気を揉んでしまうのでしょうね。 
主役であってもなくても、二宮くんは心に残るお芝居をしてくれるという絶対の信頼感があるので、どんな役であっても関係なく引きこまれてしまいますね。
【2008/12/09 21:28】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
前回のコメントで取り乱してごめんなさい。そうそう、作品がとても素晴らしいのだから、それを堪能することにいたします。
【2008/12/13 23:12】 URL | りんご #-[ 編集]
◆ りんごさん

いえいえ、作品が好きだからこそなのだと思います。^^
もう来週が最終回ですね。 ほんとにあっという間だったなぁ・・・
楽しみだけど、すごく寂しいです。(涙)
【2008/12/14 00:19】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。