ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




もうねぇ・・・ダダ泣きしてもいいですか?
いや、もうダダ泣きしてます。

なんてスバラシイ番組なんだ、「ウィークエンドシャッフル」。
一体 「普段、嵐なんか聴かねーよ」 という人がどのくらい今日の放送を聴いているのかわかりませんが、少なくとも普段から嵐を聴いてる人間にすら涙モノの有り難さ。

(しつこいけど)版権の関係で流してくれる音楽と翔くんのコメントが聴けないのがコレまたストリーミングを聴いてるファンには大泣きを誘いますけど、それでも宇多丸さんとオギーさんの解説だけでも十分涙モノです。

とにかくお二人の語りが熱い! 熱いよ! 嵐の音楽を愛していることがヒシヒシと伝わってきますよ。 数あるカッコイイ本格派の音楽と全く同列に嵐の音楽があって、アイドルであるか否かは問題ではなく音楽的に優れているか否かの観点で嵐を語ってくれている事がとにかく聴いてて気持ちいいです。(笑)

大野くんの最大の魅力はやはり彼のソウルポップを歌いこなせるボーカルにあるとオギーさんは言ってましたが、大野くんのみならず嵐のボーカルの魅力について、大野くんのソロ曲と嵐としてのボーカル曲の魅力はまた別にあり、大野くん+(メンバーの)ユニゾン で歌う時に大野くんのボーカルがクッと突き抜けているところに「嵐っぽさ」「嵐のグルーブ感」がある、と。

嵐のその「嵐のグルーブ」が感じられるオススメの選曲としてオギーさんがチョイスしたのが「眠らないカラダ」。
宇多丸さんも 「このバックトラック(演奏)の本格度が半端ない」と、嵐の曲だという視点からでなくても普通にジャズファンクとして楽曲が魅力的であることを指摘していました。
大野くんのボーカルが抜きんでて伸びやかな表情を見せる一曲として紹介してくれました。

【蛇足】 この辺はやはりサウンドプロダクションの優秀さですよね。 サウンドディレクターの手腕であり、ミキシングの巧さであり。 
「Beautiful days」 ではやはりニノをメインに据える、という前提があるからなのでしょうが、ユニゾンで歌っていてもニノの声が前に出ている、大野くんではなくて。 そういう配慮もやっぱり上手い。


続いてラップ担当の翔くんの魅力について。

以前なら翔くんのラップに対する信念だったりラップ詞に込めた思いや背景だったり、嵐の中で最も音楽的なクリエイターの部分を担っている翔くんの考えは直接 『SHO BEAT』 で聴くことができたのだけれど、残念ながら現在はそういう場がないのがもったいなくて仕方ない。

今回、翔くんのそういう部分を聞かせてくれる場を作ってくれたというのはファンにとっては嬉しいですね。(わたしは聞けてないけど(涙))

ここは自身もラッパーである宇多丸さんが饒舌に、雄弁に語ってくれていましたが、まずはアイドル歌謡という分野において自らラップ詞を手がけ、それを自らコントロールして発表するという先駆者が翔くんだと言っても過言ではないということ。 ラップ詞を手がけた人はそれまでにもいたかも知れないけれど、(セルフプロデュースも含め)アイドル自らが音楽制作に参加するという形がまず革新的であるということ。

第一に翔くんのリリックの知的さ。
あらゆるジャンルにラップを乗せることができ、そしてそれが曲を生かす形でのラップになっているところが技術的にすごい、と唸っていました。 
嵐として伝えたいメッセージが翔くんのラップに集約されている、他の誰でもなく彼らでないと歌えない(伝えられない)ものを持っている、そこがまず第一に(ラッパーとして)正統な姿勢だと誉めておられました。

その代表例として 「Re(mark)able」 を選曲。 写真集のオマケであるにはもったいなさすぎるカッコよさ!! これは写真集の付録として存在するにはあまりにもったいないので、絶対にアルバム等に収録して正式にリリースすべきである、と宇多丸さんもオギーさんも絶賛していまた。 
残念ながら翔くん自身はこの曲を何かに収録するつもりはないように以前語っていましたが・・・。

この曲のメロディに乗せてあのラップを歌うには変則的ゆえ(技術的に)非常に難しい、この曲に関してはラップを本職にしている人間であってもとても難しいので、翔くんのリリック、テクニックにほんとに感心されていました。

翔くんの2回目のコメント、リリックを書く時の心得を語ってくれたみたいですが、宇多丸さんが 「非常にクレバーな人である、そして上品である」 と。 嵐というグループ自体品の良さが感じられるけれど、それは翔くんの持つ品の良さが繋がっているから、と翔くんのコメントを受けて感激しながら熱く語ってましたね。 速攻で翔くんにメールしてお礼を伝えたい勢いで。(笑)

情景描写(Visualizing)と他のキャラクターになりきる(Storytelling)、そして語呂合わせにならないように詞を作ることを心がけているという翔くんの姿勢について、「一流のラッパーの考え方、意識の持ち方が非常に高い」と絶賛の宇多丸氏でした。


【最後に嵐の音楽には一貫したものがあり、その音楽性において突出している】 と締めていましたが、近田春男をはじめ音楽を専門の生業とする人たちが 「嵐の音楽はいいね」 と愛してくれるのはやはり彼らの繰り出すものがアイドルポップのレベルを越えて常に本格度の高いものであるからで、そのクォリティーの高さがプロを惹きつけるのでしょうね。 

嵐の音楽を聴いたことのない人、「嵐なんて」と食わず嫌いでいるの人たちに向けて、どれだけ魅力的であるかを熱く熱く、たっぷりと語ってくださったお二人。
「熱い!」 「キモイ!」 と言われてもその熱弁はとどまるところを知らない勢いでした。(笑)


最後にオギーさんオススメのアルバムとして(番組中に何度も触れた)6枚目の「ARASHIC」 を挙げておられました。 
わたしも 「Cool & Soul」 に打ちのめされた派ですので、この選択には大納得。

宇多丸さんの、

「俺たちやったね(魅力を伝え切ったね)!?」
 
「嵐、サイコー!!」 

この雄叫びがそのエネルギッシュな嵐特集の達成感を伝えていました。


いや~、ナイスな放送をありがとう!!
ストリーミングでは聴くことができなかったけれど、お2人が選曲したのはBGM以外では(間違ってなければ)以下の楽曲。


● a Day in Our Life
● Step and Go
● 眠らないカラダ
● Re(mark)able
● Beautiful days


通好みの選曲です!!

あぁ、何とかして翔くんのコメント含め、ちゃんとこの放送を聴く機会があればと願ってます。


*******************

【追記】 絵の具さんからコメント欄で教えていただきましたが、リスナーからのリクエストコーナーでの生Remix のところで

● 感謝カンゲキ雨嵐
● 身長差のない恋人

がかかったそうです。 


【追】 翔くんのコメントを文字起こししてくださったサイトがありました。 
    → ROCK YOU 『翔くんコメント@ウィークエンド・シャッフル 』 


【関連エントリー】 ビバ☆ ウィークエンドシャッフル!【Part 1】 (10/25/08)

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







こんばんは。
いつもおじゃまさせていただいていたのですが、
コメントは初になります。絵の具と申します。

今日のラジオ、私の住む北の大地では雑音の中、
なんとか聴くことができましたので、OAされた楽曲について、
あと2曲ほどお知らせさせていただきます。

書かれている曲のほかに嵐の曲は
「感謝感激雨嵐」と「身長差のない恋人」が流れました。

両方とも、リスナーからのリクエストでジャニーズの楽曲を
DJの方がリミックスして流す、というコーナーで
リクエストされたものです。
(他のジャニさんのグループの曲もたくさん流れました。)

「身長差のない恋人」をリクエストされた方は、
もしこの曲がだめなら「JAM」を…とおっしゃっていました。
私もこの2曲大好きなのですが、あの名曲が2008年にラジオで流れたこと、
こうした特集でもなければなかったと思うと
今回の特集、本当に嵐ファンとして嬉しく思いました。

そして、パーソナリティの方も、身長差のない恋人のことを
すごく褒めていて、自分もDJするときは、かけまくります、とのことでした~。

では、初めてのコメントなのに長文申し訳ありませんでした。

【2008/10/26 01:04】 URL | 絵の具 #ZBcm6ONk[ 編集]
◆ 絵の具さん

初めまして、コメント有り難うございました。
ちゃんと本放送が聴けたんですね、羨ましいー!
リクエストコーナーでの楽曲情報、有り難うございました。m(_ _ )m

「身長差のない恋人」、わたしも大好きです。
このファンキーでディスコなイントロが流れてくるだけでワクワクしますねぇ!

『How's』 のDVDで、5色アフロでこの曲のイントロを超~楽しそうにキレッキレに踊る彼らを見るのが大大大好物なわたしです。(笑)
(余談ですが歌が始まって花道を歩きながら超速スウィングでスタンドにサインボールを投げる大野くんがとてつもなくカッコイイ! えへへへ。)

クラブなんかではこの曲、盛り上がるでしょうねぇ。

ついつい『How's』 のDVDを見始めてしまいました。(笑)
「身長差」~「テ・アゲロ」はもう完全なるアリーナ・ディスコ!! 

よければまた遊びに来てくださいね。
【2008/10/26 01:52】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]

私が覚えている限りでBGMでは、『Love so sweet』『A・RA・SHI』『We can make it!』『Still・・・』は流れていました。(たぶん!)
他にも何曲かあったと思いますが。
なかでも『Still・・・』は、後半の翔くんのラップに関するコメントのあとに流れまして。
「わかってるな~!」って感じでした(笑)
個人的に大大大好きなんです。『Still・・・』のラップ。
嵐ファンはもちろんですが、ぜひぜひ「嵐なんてきかねーよ!」って方に聴いてほしい番組でしたね!

あと、PCからコメントしようとしたら、「書き込み制限を受けています」と出てしまいました(;_;)

禁止ワードかなんかに引っ掛かったのでしょうか??
【2008/10/26 02:12】 URL | りん #-[ 編集]
◆ りえこさん

なんか聴き終わったらお腹いっぱいな気分でした。 
熱い! 熱かったですねぇ、お二人の語りが!(笑)
翔くんのコメント、文字おこしをして下さった方のリンクを貼らせていただいたのですが、翔くんの声で聴きたかったですねe-263
お二人のコメントを聞いてるだけでも十分楽しかったのですけど。
いやぁ、密度の濃い時間でしたね。(笑)
【2008/10/26 16:37】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ りんさん

BGMを教えてくださって有り難うございました。
会話の状況から「A・RA・SHI」が流れているのはわかったんですが、他の曲はわからなかったので助かります。

「still...」はわたしも大大大好きです。 
翔くんのラップで一番泣けてしまうのがこの曲です。 いつ聴いても泣けてしまう。 カップリングというのが惜しいほどの名曲ですよね。 わたしはシングルとしてリリースして欲しいと思ったくらいです!(笑)

書き込み制限の表示が出てしまったとのこと、ご不便をおかけしてしまって申し訳ありませんでした。
一時期(今も時々)迷惑サイトからの不要なコメントが書き込まれることが多くて、禁止ホスト・IPの設定をしたのでそれにかかってしまったのでしょうか・・・。 再度チェックしてみますね。 すみませんでした!(>_<)
【2008/10/26 16:46】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
たびたび、ごめんなさい!!ちょっとだけお礼を♪

文字起こしのリンク、有難うございます。
早速、お邪魔して読ませて頂きました!(嬉)

確かに・・・el surさんのおっしゃる通り、翔くんの語りで
聴きたくなっちゃいますねぇ(涙)んふふ、諦め悪いですね(笑)

でもやっぱり、すごーく満足&しあわせな時間でした!!
【2008/10/26 19:45】 URL | りえこ #yujJ8eng[ 編集]
番組終了後も、今日も、まるでコンサートに行ったあとのような(あまりに経験のない事だったので)興奮冷めやらぬ・・・という感じです(^^;
#CD聞きながらの嵐会ってこんな感じなのかな?是非参加してみたい(笑

「ROCK YOU」さんの文字起こし読ませていただきました。
櫻井くんの話の、普段見えない“ライター”としての裏の部分がとても興味深くて面白いですね。もっともっと語って欲しかったです(笑
次回は是非!スタジオまで来ていただきたいですね。
#お二方共ありがとうございました~<m(__)m>

明日はいよいよ新曲PVの初(?)お披露目ですねv-238
楽しみぃ~v-354


【2008/10/26 22:23】 URL | さぶこ #-[ 編集]
こんばんは、はじめまして。
「ROCK YOU」管理人のnonn*と申します。

メッセージありがとうございました。
せっかくコチラにお伺いしましたので、コメント欄にて失礼致します♪

リンクありがとうございました。
ストリーミングでは翔くんのコメントが流れないということだったので、
ここは聞ける人間の義務だと思い、眠気に耐えながら起こしました・・・

・・・というのは嘘で。(コラ)

あまりに素晴らしい番組だったので、
深夜にテンションが上がりきってしまい、
眠れなくて一気に書き起こしてしまいました!!

専門的な視点から、専門的なワードを使って解説される、
嵐の音楽的特徴&魅力・・・。
なんだかファンとして誇らしい気分で聞いてました。
そして惚れ直しました。嵐の音楽。


翔くんは、それほど抑揚もなく淀みもなく、
すごくハッキリとした口調で淡々と喋っていて・・・

それと「~いただきます」という言葉が多くて。
それはやっぱり音楽に対する翔くんの真摯な態度だったり、
宇多丸さんへのリスペクトな姿勢だったりが
現れているのだと思ったのですが、

それがコメント後の宇多丸さんに「ほんとに品が良い」と
言わしめたポイントなのかなと思います。


・・・おっとっと。
初めてお伺いしましたのに、長々とすみません。

もしよろしければ、私のブログにも、
こちらのリンクを貼らせていただいてよろしいですか?

翔くんのおかげでこんなに素敵なブログ様に出会えて、
とても嬉しいです^^また遊びに伺います♪
【2008/10/26 22:42】 URL | nonn* #HHwP0Xsw[ 編集]
◆ りえこさん

翔くんのコメントを読ませていただいたらますます喋っている声が聴きたくなってしまいますね。(笑) ほんとに欲深いわたしたちです。へへへ。
でも彼のクレバーさと詞を書く姿勢がすごく伝わってきますね。
雑誌で翔くん自身も『SHO BEAT』が終わってしまったことを残念がっていましたが、ほんとにまたいつか復活してもらいたいですね。(切実)
【2008/10/26 23:28】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ さぶこさん

わたしはストリーミングを聴きつつ Winamp を起ち上げておいて、 「ではこの曲を・・・」 と宇多丸さんたちが曲を流すたびにライブラリからその曲を引っ張り出してきて同時に流しておりました。 少しでも放送をより楽しめるように。 ハハハ。 
その後は『How's』 のDVD祭りに突入してしまいました。(笑)
「Walking in the rain」も嵐のアーバン・ジャズ&ソウルテイストを代表する一曲ですよね。 とにかくキレのある踊りがカッコイイ! この曲の潤くんがすごく好きです。

番組にゲストで翔くんが出てくれたら嬉しいけど、自分は聴けないという悲しさが・・・このジレンマはどう解決したらいいんですか!? (笑)

明日のスペシャでのPVオンエア、タイトル検索では流れる予定のようですが、番組でのオンエアリストには上がってない、という話もあるみたいです。
一応録画しますが流れてくれるといいなぁ。 
【2008/10/26 23:40】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ nonn*さん

遊びに来てくださって有り難うございました。^^
リンクの件、お礼申し上げます。m(_ _ )m

わたしも放送が終わった後もずっとDVD引っ張り出してきて”ひとり嵐祭り”状態になっておりました。ほんと、あれはちょっとテンション上がりましたね!(笑)

放送後のポッドキャストも聴いたのですが、リスナーから 「特にジャニーズのファンでも嵐のファンでもないけれど昨日の放送の翔くんのコメントを聴いて、そして嵐の音楽に触れて聴いてみようと思った」 というようなメッセージを宇多丸さんが読み上げていて、きっと翔くんの真摯な姿勢が非嵐ファンの人にも届いたんだなぁと感じたりしました。 
あ~、とにかくファンにとってはたまらん放送でしたね。(笑)

当ブログにリンクを貼っていただけるとのこと、嬉しいです。 有り難うございます。 わたしも 「ROCK YOU」に遊びに行かせていただきますね☆ どうぞ宜しくお願いいたします。
【2008/10/26 23:49】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
それは困ります
>番組にゲストで翔くんが出てくれたら嬉しいけど、自分は聴けないという悲しさが・・・このジレンマはどう解決したらいいんですか!? (笑)

う゛っっっっv-292
オールタイム無言のストリーミングv-404
あぁ・・・v-406まさに生き地獄

i-190そういう時は東京に飛びましょうi-37
…というのは土曜日にどうにかして聞けないかと相談した相手(旦那)の無謀無責任極まりない発言です。
やはり・・・櫻井君にはコメント程度にしてもらいましょう(^^;
【2008/10/27 19:38】 URL | さぶこ #-[ 編集]
◆ さぶこさん

もうそれこそ、お友達に録音を頼む、とか自ら放送圏へ移動する、しか聴く方法はないかも。(笑)
いつか、翔くんに限らずメンバーのFM番組が他地域でもネットされる日がくるといいのに。^^ 

その前に「SHO BEAT」復活切実希望!
【2008/10/28 21:10】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。