ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日は翔くんの入所記念日とのこと。
先日の大野くんの時もそうですが、こういう記念日に疎いわたし。
この日を境に翔くんの人生が大きく変わったんですね。

*******************

「流星の絆」の初回の高視聴率はよほど出演者・スタッフを喜ばせたのですね。

磯山・宮藤コンビは彼らの作るドラマの評判に比例せず、数字としては高いものを残してこなかっただけにお祝いコメントもその驚きと喜びが感じられるものでした。

ニノ自身も始まる前から注目を集めるスタッフでのドラマで期待された以上の数字を得て素直に喜んでいる様子がニッキからも伝わってきました。 メンバーも茶化しながらも喜んでくれたみたいですね。

第一話放送後コメント” で 「二話以降も、見てくださった方に “クオリティー” という部分で落胆させないように頑張ります!」 とニノが語っているように、初回の高い数字に惑わされる(?)ことなく、二話以降も面白いドラマを見せてくれればわたしはそれで十分です。

何より原作者の東野氏自身が 

 「楽しみました。もっともっと皆さんの持ち味を発揮しちゃってください。」

と言っているのだから、心おきなく遊び心を見せて大丈夫なんじゃないでしょうか。 
そしてそのお遊びが原作の物語に帰着する時には胸が締め付けられるような展開が待っていると期待しています。

*******************

「僕が僕のすべて」の着うたをDL。

「Beautiful days」をはじめ、今回のシングルはc/w曲の「忘れられない」も「僕が僕のすべて」も今の季節にピッタリの、少し切なくて胸に沁みるような曲で彼らの歌がものすごく届く。
サウンドプロダクションの素晴らしさがよく取り上げられる嵐だけれど、彼らの歌声の力も(ファンとしてのお世辞ではなく)素晴らしいと思う。 ほんと。

*******************

今日は書店に寄る時間がなくてTV誌はじめ、ノーチェック。

うーぬ、明日から来週にかけて・・・
『MAQUIA』 『COOL TRANS』 『Tokion』 『MORE』 『+act mini』などなど、ファッション誌、エンターテイメント誌のお金のかかりそうな雑誌が目白押し。 二宮スキーには厳しい季節はまだまだ続く。
それでも一時期の潤くんスキーさんに比べたら・・・


再来週にはTVで歌ってる嵐に会えると思うと待ち遠し~い。

ありがとう、Jスト! 
ビバ☆ 年間シングル4枚リリース!!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







お久しぶりです。あの流星第一話をelsurさんはどう斬る?のかと、とても期待していました。好調な視聴率を物語るようにブログの反響も大きかったですね♪東野の愛読者、クドカン作品信者、俳優二ノの…嵐のファンがそれぞれの視点で待ち望んでいた作品ですものね。私自身は東野カラーどっぷりの『容疑者Xの献身』(そうか主演は堤真一だったのか?)を観た直後だったので映画とのあまりのカラーの違いに少々面食らいましたが、考えてみればシリアス一辺倒な復讐劇ならクドカンに脚本を依頼する必要性は無いわけだし…何より原作者の東野氏がイケイケのゴーサインを出しているんだからクドカンさんには二ノを無茶苦茶にいじってこの振幅のままガンガン行って欲しいなぁ。それにしても那須田氏の手腕には脱帽です。このシリアスなのにコミカルでなおかつアキバ系オタク族だなんてチョー難解な役を違和感なくさらりとべたつかず演じられる役者なんて二ノ以外いないもの。というよりあのオニイは始めに二ノありきでキャラを積み上げていったに違いないって私は確信してるんです(笑)《蛇足》♪僕が僕の全て…クォリテイの高い作品ですね。詞も素晴らしくメロディーラインもとても美しいですね。数日リピしまくりです。
【2008/10/23 05:10】 URL | のんのん2 #CZf43Uyc[ 編集]
◆ のんのん2さん

こんばんは。
『ピクトアップ』の那須田さんのコメントを読まれただろうと思うのですが、那須田さんが宮藤さんに脚本を依頼しようと思った理由として、

「本筋は押さえつつ、その行間の部分で立ち上がってくる彼らの性格が、ドラマ版のキャラクターになっていくということ。(中略)つらくてもキラキラと生きようとする若者の姿、宮藤くんはそういう若者を描ける最高の書き手だと思う」 

と語っていました。 

まだ始まったばかりで物語の一面しか見えていませんが、芝居巧者の役者さんたちを見ているだけでも楽しいです。 
わたしの中ではお芝居してるニノは打率10割のバッターなので、毎週金曜が楽しみです。(笑) 
芝居が巧すぎて悲しいほど「さえない君」が似合う(誉めてます)のは複雑ですが、それでもクルクル変わるニノの表情を見ているだけで頬がゆるんでしまいます、ふふふ。 (マンガ喫茶の3兄妹の場面での、W「タイスケ!」の時のあの顔!)

わたしも着うたフルで「僕が僕のすべて」を聞きまくっておりますが、これがもうほんとに泣けてしまうくらいいい曲なんですよねぇ。 Jストのスタッフはやっぱり優秀です。
【2008/10/23 20:57】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 海ママさん

相変わらず雑誌関係は続々と登場してキリがないですね。(笑)
吟味しないと出費がたまらないからチェックだけはするのですが、見てしまうとやっぱりね。えへへ。 特に表紙だったりするとなかなかスルーできないのが悲しい性ですね。(>_<)

新曲の3曲は本当にすごく嵐の声を押し出してくれていて素敵ですね。
気がつくと引きこまれるように歌詞に聴き入っていて、サウンドやメロディだけが独り歩きしてないというか、サウンドプロダクションに嵐の声が負けてない、むしろ上回ってる彼らの声の魅力が溢れていていいですね。

ポップでもキャッチーでもなく、さり気なくやわらかで温かいスローな曲をあんな風に歌いこなせるというのは、彼らのボーカルの力量が確実に上がっているからなんでしょうね。
リリースの日がすごく待ち遠しいです。^^
【2008/10/24 01:07】 URL | el sur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。