ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日の「宿題くん」も面白かったー。

最近は確実に櫻井くんが笑いをさらってく的な。
何というか、とにかくレジェンド櫻井ワンマンショー的な。
カンペキ、落とし芸を完成させてしまった的な。

――どこまでいくのか、櫻井翔。


しかも翔くんの場合、ネタが自虐的であればあるほど可笑しく、でも決してマイナスに働かずに逆にその弱点が愛すべきキャラクターとしてパワーアップしてしまうところがスゴい。 
しかしなんであんなに面白いんだ。 


■ 『木更津』以来キスシーンのある役のオファーがない翔くん。

   「そっから話が来ねぇなぁ~」 (はぁ~)


■ スナックパインを食べた時には「チュ~チュ~うるさい!」と、にのあいにWでツッコまれる翔くん。
 
■ 「なんかさぁ、ぶどうみたいに止まんなくなるね」 ―― 発言するも黙殺される翔くん。

■ 一番可笑しかったのは潤くんの解説に全く耳を貸さず 「日本で買えるのかなぁ?」 とふと思いついたまま発言し、速攻で 「いや、だから2520円ね」 と冷静に低いトーンで潤くんに返された翔くん。
合間合間に甲高い声の二宮さんの 「お前もう帰れよぉ!」 が響き渡っていました。
最近は潤くんも迷いなくシャープに翔くんに突っ込んでおります。


大野くんが潤くんにマンゴーの切り方を教えてもらった時の、ニノの

    「お料理教室か!」

にも笑っちゃったけど、「カップルか!」 に続くタカトシ風突っ込みでした。
しかし、何気に潤くんより大野くんの方がカットが上手だったりして。 ふふふ。
ここの2人が可愛いなぁ。 ほんと、大野くんは子供みたいに好奇心を示しますね。^^ 

石原さとみちゃんの「しびれる男性のしぐさ」。
白のタンクトップを着ていた大野くんをモデルに仕立て上げるニノの手際よい段取りっぷりったら、いつもながら”仕事のできる男”の姿を垣間みました。 「ハイ、マイク替えま~す」
しかしなぜに ♪ いとしのレイラ ?
関係ないけど石原さん、そんなに大野くんや翔くんの肩を指で撫でないように。


後半は久々のおバカ運動会。
やっぱりここでも翔ちゃん大活躍。
ちょうど今、オリンピックでトランポリン男子の決勝やってるんで思い出すと余計におっかしい。
さすがです、レジェンド櫻井。


ニノのアホ顔ハードル、アホ顔といいつつ可愛かったなぁ。 
二宮さんが「ハリウッド俳優」であることを忘れつつある今日この頃ですが(笑)、この肩書きはバラエティでは最強ですね。うふふふふ。


それにしても、今夜も北京から熱戦の模様を伝えてくれるレジェンド櫻井。
かっこいい!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能








”仕事ができる男”と”されるがままの男” 大好きですっ!!

ちょうどトランポリンやってたんですか?!
おもしろすぎます!
【2008/08/20 15:49】 URL | まゆこ #-[ 編集]
◆ まゆこさん

もう、それが当然の流れかのような 「されるがままの男」 と 「仕事のできる男」 なお2人でしたねぇ。 えへへへへ。

先日の「少クラ・プレミアム」のトークの時、確か5人はスツールに横並びに座ってトークしてるんですが(左から の並び)、二宮さんが話しながらちょっとイスに座り直す場面があって、その瞬間、二宮さんは話しながら右手で大野くんの左太ももに手をやって体重をかけて座り直しました。 これはやった本人もやられた隣の人も他の3人も全く無意識で、そのまま話しが進められました。 

見てる方はどうにもそのシーンに目がいってしまって、「あら、二宮さん、リーダーの太ももに手が」なんて思うんですが、ホントにごくごく日常的な行為であるかのように、全くその様子が見えていないかのように、誰一人気にとめることもなく話が進んでいきました。 触られた本人(智くん)はニノの方を見ることすらしませんでした。真っ直ぐ前を向いたまま。(笑) 
こんなポイントをリピートしてニヤついてる大宮好きなわたしです。 えへ。

昨日のエントリを書いてる時、ちょうど外村選手が登場して演技してたんですよ、男子のトランポリン! ほんとにすごいタイミングで笑っちゃいました。(笑)
【2008/08/20 21:11】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/08/21 00:53】 | #[ 編集]
◆ 【2008/08/21 00:53】 にコメントをくださった方へ

クラプトンの名曲「いとしのレイラ」が流れてましたが、あれはワイルドさを強調したかったんでしょうかね。(笑)

「truth」のPVは抑えた表情の嵐メン。 「PVでは全編踊ってます」って潤くんは言ってましたが、実際にはサビの部分以外はそれぞれのアップが多いので物憂げな表情の5人を愛でるPVかも知れないですね。^^
「風の向こうへ」は爽やかさと軽快さを全面に押し出しているので「truth」との対比の意味もあって意識して表情を豊かに見せてたみたいですね。 
どちらも違った形で彼らの表現力が楽しめる演出になってると思います。

あのプリントスウェット、ものすごい勢いで検索されてるみたいです。 翔くん、ブームを作っちゃう??(笑)
【2008/08/21 21:40】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]
◆ 【2008/08/20 22:31】 にコメントをくださった方へ

翔くんの面白さはもう、わき出てくる感じですね。(笑)
くだらないことを嬉々として楽しんでいる嵐くんたちも大好きですし、ビシーッとクールに歌って踊る嵐くたんちもかっこよくてシビれます。 彼らはその両方を持ち合わせているところがまた魅力的ですよね。^^

「指さし確認の振り」というのは ♪謎めいて~ のところの手で四角を描くところのことでしょうか??
【2008/08/21 23:11】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]
名無しで失礼いたしましたe-466
そうです、四角を描くところです(笑)
ただ何度も観てると、ちょっとバイオリンの画が多いかな。
と欲が出てきた今日この頃です。
今夜の魔王も楽しみですねe-319
【2008/08/22 20:54】 URL | ドラコ #-[ 編集]
◆ ドラコさん

なぁ~んだ、ドラコさんでしたか。(笑)
あの振りはやっぱり目がいっちゃいますね、ふふふ。

PVは結構な割合でヴァイオリンが映ってますよね。 サビ以外は踊ってるとこが実は意外に映ってない! その代わり彼らの憂いを秘めたアップが挿入されているので、これはこれで見所でもありますが。 

「truth」のPV、嵐くん・ヴァイオリン・シャンデリア・百合の花など、クローズアップの画は意図的にレンズのボケの効果を利用して見ている人の視界の集中度をすごく上げていて、反対に踊ってる時の映像は引きの画で奥のオケまでピッシリとピントが合ってるからすごくメリハリを感じます。
(「風の向こうへ」のPVでもソロショットの時は同じレンズ効果を狙ってますね)

もう『魔王』も第8話ですねぇ! 
わたしもまたまた大野くんに釘付けだと思います。(笑)
【2008/08/22 21:54】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。