ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




北海道は大好きな土地で、何度か訪れています。
そのうちの2回は北海道のあちこちをのんびりとレンタカーで回るドライブ旅行で、その大らかな土地柄がとにかく大好きで、もしよその土地に住むチャンスがあるなら札幌も間違いなく住んでみたい場所の1つです。 同じ雪国であるボストンでの生活が余計にそう思わせるのでしょうか。 冬には好きなスキーが満喫できる環境というのも魅力的です。

そんな札幌、今回は嵐のコンサートで訪れることになりました。
わたしには個人的にもう一つ別の大きな目的もあって、念願だったそちらの予定も同時に満喫できるというラッキーな機会に恵まれ、またまた思い出深い旅になりました。


そんなこんなで札幌初日。
往きの伊丹からの飛行機で修学旅行の団体と乗り合わせたため、騒がしくてちょっとうんざりしましたけど、早朝起きだったこともあって一眠りして気がついたら札幌に着く直前でした。 
いやぁ~、快眠!(笑)

新千歳から札幌に移動するJRはとにかく嵐のコンサートにやってきたと思われる遠征の方々であふれていて、わたしの周囲もとにかく聞こえてくる会話はすべて嵐のことばかり。(笑) 会場のどのぐらいが地元の方でどのぐらいが遠征組かわかりませんが、本州からもかなりのファンが訪れていたんじゃないかと思います。

初日、わたしは南ゲート側の席だったので気がつかなかったのですが、窓口で当日券が売られていたそうですね。 2日目は北ゲートからの入場だったので窓口の前を通り過ぎましたが、やはり当日券売ってました。 ただ、中に入って客席を見回すと空席があるようには見えないくらい埋まってる感じでした。 上・下両側ともメインステに最も近いスタンド席の部分は使われずに黒い布?がかけてあったと思いますが。 振り返って見てもスタンド席の上の方まで埋まっていました。 「チケットの売れ行き、大丈夫?」なんて心配が嘘みたいに始まる前の嵐コールも大きくて熱気も高かったです。

多くの札幌公演参加者の皆さんが詳細なMCレポやセットリストなどを上げておられるので、ここではわたしの気づいたことや個人的なツボを覚え書きしておくつもりです。 
MCでの口調や語調などもメモを取っていたわけじゃないので正確な情報・記録を記載するものではありません、どうぞお許しを――。

■ 初日は開始がちょっと遅くて、6時を過ぎても10分以上は待っていました。
東京ドームほどの大きさは感じなかったけれど、天井が高くてモダンなデザインで、札幌ドームは外見も内装もちょっと個性的で美しい、空間の広い会場でした。

■ 元々設置してあるものなのかどうなのか、正面スクリーンの上に左右対称に2つ、小モニターが備え付けてありました。 でもそれとは別に正面スクリーンから離れた両脇にもいつも通りのスクリーンが1つずつあり、スタンド・バックスクリーン上方にも同じものが1つありました。
正面上方の2個は場合によって使ったり使わなかったりですが、結局小スクリーンは合計すると5つもあったわけで、なんのためにあんなに設置してあったのかはちょっと謎だったなぁ。 
だからあの Dream-A-Baloon はその正面上の2つの小スクリーンの間を通って移動してきました。


■ 2日目にはそれほど感じなかったのですが、初日は音響が非常にクリアで通りがよくて、とにかく音のいいドームだなぁ!という印象。 わたしが参加した公演の中で最も美しくわたしたちの歌声(「Your Song」の時)が響いていたように聞こえました。 座席位置も関係するとは思いますが、音ズレもほとんど気になりませんでした。

■ なんか・・・不思議なんですが札幌はとにかく5人がキラキラしてるように見えたのです。
パレードの時なんかほんとにキラッキラに見えました。 もちろんあのド派手衣装もあるんですが、そうでなくてもパレードがよりいっそう華やいだように見えたんです。 わたしの思いこみかも知れないけれど。 そして2週間ぶりに見た大野くんが、とにかく色っぽかったのです。 4人も追っかけてるんですが、実はわたしはこの日の大野くんの色っぽさにちょっと目が釘付けでありました。(笑)
わたしだけがそう思うのかな?と思ってお友達にちょっと訊いてみたところ、お友達もそう感じていたと。 おぉ、やっぱりそうか! なんでだか艶っぽく感じられた大野くんでした。


■ 前日(金曜)には『魔王』初回オンエアという一大イベントがありましたが、それとは別に写真週刊誌に大野くんの記事が掲載されるという出来事もあったので、どうするのかな~とちょっと思っていました。
MCが始まってわりとすぐ、札幌ドームの感想をみんなが話した時、このドームが緑豊かな田んぼに囲まれてて美しい風景の中にあるので大野くんが写メを撮ったと言ったため、翔くんがさり気なく  「あなたすぐ携帯で写真撮りますよね?」  って。(笑)
お、核心に触れるのか? そういう展開なのか? 
・・・と思ったら、「国立に下見に行った時だってみんなも写メ撮ってたじゃん!」と大野くんも切り返し。

■ その後びっくりしたのが、客席(男性)から 「auだよーっ!」  と叫び声が。
嵐くんたちも野太い声でのかけ声(?)にちょっとビックリ。 「なになに?だれだれ?」という感じになってバックスクリーンのスタンド席中段ぐらいに座っていた男性が自分もau使ってるよ~と声をかけたことが判明、照明さんがその男性にスポットを当てたのでカメラも巨大スクリーンにその男性を映し出し、メンバーも「こういうパターンは初めてじゃない?」と笑ってました。 一瞬、何が起こったのかわからなかったけれど、こういうのどかさも地方公演の良さの一つなのかも。(笑)


■ MCで面白かったのはやはり『魔王』話。
メンバーの中でリアルタイムで見たのは潤くんだけだったのですが、潤くんが魔王の顔真似を何度もするのが可笑しくて。 「ヒデオ・・・見ていてくれ・・・!」の場面とあの眼を剥いてる魔王フェイスをやってくれる潤くんは確実にご機嫌さんでした。

大野くん本人は前日に完パケをもらって見たそうですが、自分で見るのは恥ずかしくてしょうがなくて笑っちゃう、と。 「だってこの俺が芝居してるんだよ?!」
いやいやいや、この期に及んでそこまで客観視しますか。(笑)

そしてやっぱり出た、シャワーシーンの話題。
唯一リアルタイムでオンエアを見た智マニア・松本氏がこう言いました。

「びっくりしたんだけどさ、リーダーのシャワーシーンがあるんだよ! あれ見てさぁ、ドラマともなるとリーダーも体張るんだなぁ!と思って」


どのぐらいスタイリッシュでキメキメのシャワーシーンだったかを、他のメンバーにまたもや演じて見せてあげる松本さん。 いつもなら下向きで頭洗ってるんだけど、シャワーを上からバーッと浴びてセクシー♪だという場面を実演。 
2日目のMCで翔くんから 「あなた『魔王』の相当コアなファンだね!」と突っ込まれてましたけど、見ていても潤くんは終始嬉しそうに『魔王』話をしていて可愛かったのです。

■ シャワーの話から、札幌ドームの大浴場のお湯がやたら熱かったという話題にスライド。
こういう展開になると主役はもうあの方しかいません。 体を張った出来事は相葉ちゃんの独壇場です。
(ニノの策略にはまって?)ものすごく熱い湯に足をつけてしまってさぁ大変! 熱さに耐えきれずテンションのあがってしまった相葉ちゃんは素っ裸で「あち~っ!」っと楽屋中を走り回ってたそうです。
なんか・・・想像できちゃうところがスゴイ! そしてやっぱりお風呂ネタは相葉ちゃんに限ります!

■ 面白MCはまだまだ続くのですが、この日はとにかく大宮SKが長かったのです。
いつものようにメインステに移動後大宮がはけ、残った3人が近況報告をします。 そして相葉ちゃんが「リーダーの個展会場の様子をご覧いただきましょう」といってあの映像が流れて大宮コーナーがスタート。

大宮SKOSHIの後、ユウジの「オヒサシ!」の反応に対して。
「ア~・・・ナルホド。 6:4ッテカンジカナ? 6:4ッテカンジネ!」
「6:4」の微妙さ加減にで笑ってしまいました。

この後ユウジがタカの腕にやたら長い毛が生えているのを発見。
「タ~カ!腕ニモノスゴイ長イ毛ガ生エテルヨ!」
タカの 「取ッテ!」 というリクエストにユウジがクィッ!と抜いてあげると 「イッテェ~!」
やっぱり大野くんは完璧ドMだと思います。(笑)

今回の札幌で大宮を初めて見る人が多いと判断したユウジ(会場の「このコーナーは何だ?」と真剣に見入ってる空気を感じ取り)、それに応えるために「鋼の腹筋」を披露。 
(会場の空気から) 「今日はリアルに本気でいくから」 (←ここはユウジではなくニノとして真声?で言っております)

「みぞおちは避けて」とお腹を出しつつお願いするタカ。
大野くん、痩せてしまってとにかく体の厚みがない!薄い!
「タ~カノ体ガプラズマテレビミタイニ薄クナッテル、撮影ガ大変デ!」

「プラズマテレビみたいに薄い」 という表現に笑っちゃいました。
あぁ、やっぱり貴方は回転が速いね、ニノ。(笑)


■ この日のDream-A-Baloonの翔くんの最後の一言。
  「久々だったんで怖かったです!」

■ このバルーンの一連の演出の中でわたしが一番楽しみにしてるのが、バクステで踊られるオリジナルの振り付けの「WISH」。 これを見ると幸せ感満杯になります。

■ 潤くんの「Naked」は何度見ても美しいのですが、あの腰の細さに毎回 「細せぇーっ!」 と言いたくなってしまう。 もしかして潤くん、コアリズムやってる?!

■ この日、「Green」でニノが珍しく続けて2度歌詞を間違えました。 どうした、ニノ? 
表情を変えることもなくそのまま熱唱してやり過ごしましたが。

■ この日の盛り上がりの最高潮は「Oh Yeah!~ 言葉より大切なもの」だったかも。 ここは毎回盛り上がるところですが、「Oh Yeah!」の盛り上がりがすごくてテンション上がりました。

■ 「Your Song」は最初に書いたように音がよかったせいかすごく美しく、そして揃っているように聞こえました。 潤くん、この日もイヤモにを外してダイレクトで会場の歌声に聴き入ってた。

■ 盛り上がって止まない嵐コール。 
ダブルアンコールで登場した時の潤くんが、規制退場のアナウンスをしている男性に 「規制、規制ってうるさい!」 と道明寺口調で。 とにかく潤くんがご機嫌でした。
「すみません、ほんとはこんな子じゃないんですよ!」 フォローに回る翔くん、やっぱお母さんでした。

■ 最終的に「truth」は歌わず。 これは発売が近づかないとお披露目はしないのでしょうね。



スタッフが規制退場を促すのですが、とにかく人の流れが悪すぎて会場を出るのに時間がかかってしょうがない。 臨時のシャトルバスも出しているのですが、札幌・大通り・すすきのなどの主要駅には向かってくれない。 ドームから地下鉄の駅へ向かうのに必ず歩道橋を渡らなければならないため、そこで大渋滞が起こって全然進まない。 ドームから駅に到着するのに一体どれだけ時間がかかったか、ってくらい時間がかかってくたびれてしまいました。 野球の試合の時も同じような状況なんでしょうかね? 福岡の時もそのアクセスと動線の悪さにうんざりしましたが、札幌も相当ひどかった。

基本的に駅からドームまでが遠いって、やっぱりネックですね。


テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







こんばんは。いつも拝見してます。大野くんの記事は本当なんでしょうか??私、見たとき爆笑しちゃいまして・・・(笑)リーダーが?!こんなことありえないっつーのみたいな。。だって、和と付き合ってるんでしょう??ってね。あははは。
【2008/07/09 20:20】 URL | バニ~ #DNkx.4Y2[ 編集]
◆ バニ~さん

初めまして、コメント有り難うございます。
う~ん、あれはどうなんでしょうね? あまりにあまりのタイミングなので誰も意に介してないのでは・・・やっぱり本命はカズだろうと。(笑)
ファイナルラブを披露された上に交際宣言まで出ましたものね、こっちの方がよっぽどニュースだと思うんですけど!(笑)
【2008/07/09 21:50】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]
おかえりなさいv-22
札幌のレポもありがとうございましたm(__)m。
札幌で潤くん、上機嫌だったんですねェ。 お風呂も想像できてしまうので楽しいです ^^。 今月末には「国立」の当落がわかるんですよね。もう、忙しすぎますねー。 私の周りでは「大野くんてセクシーだね」という声が聞かれてます。 なんだかテレます(笑) そういえば雑誌の質問コーナーで「透明人間になったら何をしたいですか?」って聞かれて『リーダーを見守る(笑)』って潤くん答えてましたねv-238
※雑誌見て相方がひと言「ノーマルなんだァ」ってコンビニで言ったんですよぉ・・・。
【2008/07/09 21:54】 URL | apple+jam #-[ 編集]
こんにちは。そうですよね、こっちの方がニュースですよね。でも、何にも書かれていない・・・(笑)いったい週刊誌は何を書いてるんでしょうかね!まったく!!本命は和だぞ(笑)宣言してたんだぞ!みんなの前で!では。
【2008/07/10 16:59】 URL | バニ~ #DNkx.4Y2[ 編集]
◆ apple+jamさん

こんばんは☆
なんかコンサートの時にはいつも潤くんはご機嫌に見えるんですよね。(笑)
5人ともそうですが、コンサートが楽しくて仕方ない!というのが伝わってきます。^^

シャワーネタ、お風呂ネタといえば相葉ちゃん!
去年のTimeコンの時にも(どの会場だったか)、シャワーではしゃいでニノをびしょ濡れにさせてしまい、ニノは相葉ちゃんの(未使用)パンツをはいて「やまたろ」の撮影したことがありましたよね。(笑)

今週出たドル誌をチラッと見ましたが、どのグラビアの大野くんもイケメてましたね。^^ 黒髪で前髪を流してるのが色っぽく感じのかしらん?
大野くんの「はなまる」での ”潤 ♡” くんのところが可愛くて楽しくて、何度もリピってしまいます。 ふふふふ。 
愛されてるなぁ、リーダー!
【2008/07/10 20:29】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]
◆ バニ~さん

あまりに彼らの堂々とした愛情表現は逆にニュースにならないんでしょうかね。 わはははは。
しかし松本っさんのさりげない智愛もありますからニノもうかうかできないのだー!
もうリーダー、モッテモテ!(笑)
【2008/07/10 20:35】 URL | elsur #pYrWfDco[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。