ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




明日のはなまるカフェ、大野くんですね。
メンバー写真、どんなだろ。 楽しみ!


最近ほんとに雑誌買いすぎです。
あぁ、ガードが甘い甘い。
昨日も評判のよい『TVガイド』と『TVぴあ』を買ってしまった。


『TVガイド』の表紙、いいですね。 大野くん、すごくいい眼をしてて。 
ただ左下の

「大ちゃん初主演!がんばるよ~ん」 

これ、要りますか? 
このモノクロのカッチョイイ表紙に、このカット必要でしたか??

7/10の「アラシちゃん!」、チャイルドマインダー嵐の第2弾なんですね。 遂に潤くんとニノも資格を取ったか! 楽しみだなぁ~(笑)


『TVぴあ』の方は上甲さんのドームツアーライブレポがいつも評判いいんですね。
普段は嵐が載ってなきゃTV誌も買わないのですが、上甲さんのライブレポはいつもとても評判がいいみたいで、今回は楽しみにしてました。

あの短い行数の中にメンバーの魅力を200%凝縮してあって、無駄な文章は一行たりともないような密度です。(笑) ほんとに嵐のことをよく知ってないとあそこまで的確に伝えられないだろうなぁ。 
小さなライブフォト1つ1つに添えられた短いキャプションもまた見事。 最終ページのオマケコラムからも完璧ファン目線での愛があふれてて。 もう、書きたいことが山ほどあってページ数が足りないよ!という悲鳴が聞こえてきそうなくらい、密度の濃いレポでした。 
コンサート内容を伝えるという使命以前に、上甲さんの嵐愛が誌面にあふれ出ちゃって(笑)そのツボをわたしも楽しむ、という方が読みどころだったかも。 ふふふ。


アラシゴトではないけれど、セーブしてるくせに『BRUTUS』の井上雄彦緊急特集号も買ってしまった。 井上雄彦マニアでもフリークでもないのに、あの圧倒的な画力に惹かれてついつい。
それにしてもこの人はどこまで腕を上げていくんだろう。 もう漫画家というレベルを超えてしまってる。 今週末までやってる上野の森美術館での展示、見てみたかったなぁ。 


福岡のコンサートの時に発売日だった、翔くんの『CUT』、福岡ではまだ入荷されていなかったので結局大阪に帰って来てから買いましたが、これも秀逸な一冊でした、インタビューも、写真も。 サイズ、一回り小さくなってたんですね。 

巻頭特集が蒼井優ちゃんだったので表紙も優ちゃんだったけど、意外に彼女の表紙だと(そういうタイプの仕事をたくさんやってるので)インパクトないんですよね。 「あ、また出てる」って感じで。
これ、もし(中身と同じ)翔くんの写真を使ってたらすごく視線を惹いたんじゃないかと思うのはファンだからでしょうか。 
この翔くんのグラビアが素晴らしくいいので、これを表紙にもってきてくれたら・・・なんて惜しいの!と思ってしまった。 そのくらい魅力あるグラビアでした。 
いつもながら、『CUT』、ナイス。 


先週の『オリスタ』。
大野くんは魔王ではない優しい柔らかい顔。 相葉ちゃんはやっぱりちょっと太った?
24Pの 【Q. 自分からメンバーへの「LOVE」を、ぜひ叫んでください】 という質問に。

翔くん 「もう言葉になりません。大切すぎて。」

ニノ 「どんな種類の愛かって? メンバー愛じゃないですか、たぶん(笑)。 あんまりそういうのはね、語らない方がいいんですよ。 安くなっちゃうから。」

・・・でも、いつも一番深くメンバー愛を語ってるのは二宮さんだと思います、たぶん。(笑)


もうちょい前に出た『ダヴィンチ 7月号』での潤くんの印象的な言葉。

 僕自身、ライブの演出や構成に携わったりして、そこに費やす時間はどんなに大変でも苦にならないくらい楽しいんです。 でも、本当のクリエイティブというのは高度なテクニックと上質な感性が必要とされるもので、僕がやっているのは、まだよちよち歩き程度のこと

 (次に進むための一歩として)いままでやっていた構成や演出のようなことは一旦やめようと思います。(中略) 個性的な一流クリエイターの方々は本当にたくさんいらっしゃるので、僕は料理していただく食材の側に徹してみようと。 (蜷川さんと仕事をした時のような厳しい仕事を経験して)ものづくりに対する本気を学びたい

 (これからやってみたいことを尋ねられて)
何かをやりたいではなく、表現することをやめない、ということかな。


何事も貪欲に吸収しようとする潤くんらしいインタビューでした。
それでも嵐には名プロデューサー松本潤は必要不可欠なので、個人の仕事で培った経験を昇華して是非とも嵐の5人でしか表現することのできない唯一無二のステージを創造してください。 

『TVぴあ』の上甲さんのドームライブレポにあった、潤くんについての文章――

”個人の考えを訊かれた時にもつい 「俺らは・・・」 と嵐の総意として語っちゃう若干の勇み足、そういう所も嵐愛の深さと、あったかい人であるがゆえかと”

頼りにしてます、コンサート隊長。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能








私もCUTつい買ってしまいました。翔くんのグラビアに負けました。
立ち読みにしようと思ったのに。。。

あと、オリスタのニノの質問の答えがとてもツボです。
elsurさんの言うとおり、一番深く愛を語っていますよね(笑)
【2008/07/05 01:10】 URL | りん #-[ 編集]
◆ りんさん

あの『CUT』は中を見てしまったら、立ち読みで済ませるにはなかなか手ごわい内容です!ふふふ。

オリスタのニノのあの緩急のつけ具合がまたニノらしいんですけどね(笑)。
【2008/07/06 07:00】 URL | elsur #Ldt7sEBE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。