ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




またもやテンプレートを換えてみました。
旧いのの使い回しですが。(笑)


潤くんの新しいペプシのCMに全然出会いません。
岡田くんや香里奈のは見かけるのに。
全然TVを見てないのがいけないのか。

それにしても現在の潤くんのメディアへの露出度はとんでもないことになっていて。
「小学五年生」から「女性自身」まで、その取材対象の幅の広さがやはり群を抜いております。
今書店のエンターテイメント&映画雑誌コーナーに行ったらもう”潤くん祭り”状態。
しかも大野くんが表紙の『H』も隣に並んでたりなんかして、嵐ファンにとってはこの状況はたまらんですね。

『SWITCH』、『シネマスクエア』は買いとどまったものの、『+act. 』の誘惑に負けてしまった・・・
他にも読みたい記事が載っていたというのもあったのですが、このグラビアのナチュラル松潤の美しさは『SWITCH』を超えてしまった。 

インタビュアーがかなり突っ込んで松本潤という人間を解剖しようとするのでテキストも読み応えあり。
”一緒に仕事をした5人の監督たちが語る松本潤” が本編のインタビューの次に掲載されているのですが、わたしにはこのページが非常に面白かった。

5人が5人とも「細部までこだわる男・松本潤」、「仕事に対して決して諦めない、妥協を許さぬ男・松本潤」を語っているのです。
わたしたちは様々な試行錯誤を経た上で完成された作品を見ることしかできないから、その陰にどんな試行錯誤があったのかを知る由もないけれど、そこに至るまでの潤くんのプロフェッショナルな姿勢と努力について、監督たちの口から語られる松本潤像は見事に一貫している。

以前ニノの「情熱大陸」で彼が自分から撮り直しを願い出ることはない、というエピソードが紹介されていたけれど、この末っ子ズの対照的な人物像が思い出されて読んでいてすごく面白かったです。
潤くんはプロとして他人にも厳しいけれど、自分にはもっともっと厳しいんだろうな。

取材する側にとってこんなに取材のし甲斐がある人はそう多くないんじゃないかと思うほど、どの質問にも丁寧に嘘のないように答えようとする潤くんの姿があって、この辺がなかなか本心を明かさずにスルッとかわして答えるヒネクレ王子・二宮和也とまた対照的で面白いなぁ。

まだまだ当分の間は潤くんの露出が続きそうですね。
今は映画のキャンペーンや取材、そしてコンサート隊長として忙しいんだろうな。



『+act』の犬童さんのコメントで

  「嵐のライブの素晴らしさを最近多くの人が語っていますが、本当に楽しい時間でしたね」

と語っている部分があるのですが――犬童さん、もっと言っちゃって!

テーマ:松本潤 - ジャンル:アイドル・芸能







◆ とおりすがりさん

拍手コメントの方からのメッセージ、ありがとうございました。
潤くんとニノのインタビューについてですが、仰る通り、真面目に答えているのが潤くんだけ、という意味ではありません。 もちろんニノが真面目に答えないという意味でもありません。 彼らはインタビューに対するスタンスが違うのだと思います。 インタビューの質にもよると思いますが、ニノがここぞ、という時に語る内容はいつも心の琴線に触れるものが多く、深いです。 彼はインタビューなどで熱い部分を見せることはあまりないと思うけれど、でも心の奥ではそう思っていたんだ、というのを垣間見せてくれる時があって、だからこそ心打たれてしまうことがよくあります。 ニノの場合は真正面から向き合う時と少し引いて答える時のメリハリが面白いと思っているんですが。 

撮り直しについても、撮り直しをすることが必ずしもよりよい結果を生むとは限らないし、ニノの場合はその必要を感じないからそうしないのだと思いますから、その2人のスタイルの違いが面白いと感じました。どちらがよい、悪いと優劣をつけるつもりではありません。 それぞれのやり方があって、それぞれがそのやり方で力を発揮しているところが面白いなぁと。 ちなみにわたしはニノのファンですが、彼のそういう直感的な部分、また彼が素材として作品においてどう料理されようとも対応できる順応能力を備えていることに大いに才能を感じています。 過去のエントリでも時折触れているんですが。

長くなってしまいましたが、違った形で個性を発揮している2人が同じグループで活躍していることがまた嵐の面白いところだと思っています。
よかったらまた遊びに来てください。m(_ _ )m

【2008/05/02 15:22】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
こんにちは^^上記の事とは全く関係ないのですが、なんとなくelsurさんに報告したくて・・・いいでしょうか?
まぁそんなたいしたことではないのですが、今日会員証と会報が届いたんです(≧v≦)/会員証ってすごく立派にできてるんですね。びっくりしました。会報とかも雑誌みたいな事書いてあって(゜o゜!
そして会報に載っていたアマツカゼ・・・やっぱかっこよすぎですi-233あれを見れたelsurさん、うらやましいばかりです。

LIVEDVDやっとみれました!にのの「ありがとう」なんかにはもう興奮してしまいましたi-278ファイトソングの翔くんの顔・・・あれはキリッとしているとお世辞でも言えませんね((ワラ
【2008/05/03 21:00】 URL | ☆サエ☆ #-[ 編集]
◆ ☆サエ☆さん

会報、届いたんですね。^^ うちはま届いてない~。
大野くんの記事を楽しみにしておきます。

「Time」のDVDも見られたんですね。 
「虹」で、最後の方に出てくる ♪ ララララ~ララ~ララ~ のところを彼は歌わずにファンの人たちが歌うでしょう? あそこのニノがほんとに幸せそうに笑うのがすごく好きです。
メガネ外し&「ありがとう」とニノファンには悩殺ポイントの多い「虹」です。(笑)

「ファイトソング」では笑わせてくれるけど、アンコール「Future」では高速ラップでまたかっこいいところを見せてくれる翔くんです。^^



【2008/05/04 08:33】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
^^
会報が私のところに早く届いたのは会員証のおかげでしょうか?メールに“4月中旬~5月上旬予定”って書いてあったから・・・

今もまた、親に内緒で虹を見てしまっている悪がきでございますm(_ _)mララララ~ララ~ララ~で笑っているにの、微笑ましいです^^DVDだけどその場にいるくらい興奮してしも~た(^^;モニターに映し出されたありがとうの文字はニノの手書きでしょうか?・・・じゃなきゃ出さないですよね。すみません(笑)

「Future」にはびっくりしちゃいました。「ん?何語??」ってくらい(そこまでじゃないけど。ワラ)
【2008/05/04 15:00】 URL | ☆サエ☆ #-[ 編集]
こんばんはv-22
「H 購入できます」のメールが届いたので、こちらの記事で興味を持った「+act」を合わせて注文し今日届きました。  elsur さんのおっしゃるっている事がとてもよく分かりました。(他にmo興味深い記事がありました。) 同じ20代の俳優さんのインタビューが数件ありましたけど、どれも個性の違いが分かって面白かったです。  
それと、松本さんが四月の歌舞伎座を観劇されたと知り「おぉー」と思いましたァ。 あの後夜の部も運よく観る事ができたのですが、夜・昼どちらだったのでしょう・・。 
☆そう、アクリル・キスですけれど「相葉すごろく」にぜひ入れて頂けたらと思ったのですがいかがでしょうか? 相方は「思い出させた!」と怒髪天でしたが (笑)
【2008/05/05 00:29】 URL | apple+jam #-[ 編集]
【追伸】 誤字が多くて申し訳ありません・・・。
【2008/05/05 00:31】 URL | apple+jam #-[ 編集]
◆ apple+jamさん

今号の『+act.』はなんか読みたい記事が重なっていて、ちょっとお値段の高い雑誌だけれど買ってしまいました。^^
潤くん、歌舞伎座を観に行った話してましたね。 
ラスベガスでのショーを始め、常に貪欲にいろんなものを吸収しようとする姿勢が確実に嵐の進化と成長に反映されていますよね。

相葉すごろくにアクリル☆キッスを取り入れる――もう究極に「何でもアリ」状態じゃないですか! なんかもう、一線を越えてますよ!(笑)

嵐ファンはあれに慣れてしまっていいのか?! 
・・・またまた別次元でパイオニア?!

【2008/05/05 15:21】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/05 23:00】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。