ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ラジオ番組で流れたアルバム曲を3曲ほど聴きました。

「Move Your Body」はコンサートでガンガンに踊ってるところがイメージできるような仕上がり。
ホーンセクションが全編に入ってて非常にキャッチーだなぁ。ダンサブルでアップテンポなR&B、ベース音とスクラッチが耳に入ってくるなぁと思って公式サイトをチェックしたらやっぱりアレンジが ha-j さんだった。途中のブレイクのアレンジも粋です。ここはどういう演出で踊るのかな、なんて勝手に想像してますけど、あ~早くこの曲で踊ってるとこ見てみた~い。 かっこよさそ~う。
『いざッ、NOW』の「Keep a Peak」のテイストが好きな人ならきっと好きだろうと思う。とにかくホーンアレンジがカッチョイイ。


偶然にこんなサイトを発見。 → G-APE

音楽企画制作エージェンシーと言っていいのでしょうか。
主立ったサービス内容は楽曲制作・キャッチコピー制作、そして音楽マーケティング業務のようだけれど、そこに示された提供楽曲実績は見事にお馴染みの曲ばかり。

このG-APEと作家契約しているクリエイターの一覧を見れば一目瞭然。
どのお名前も嵐(引いてはジャニーズ)の作品でよく見かける作家陣ばかり。

先日『Dream"A"live』の詳細が発表されたけれど、そのクレジットを見ると今回も当然ながらこの G-APEのクリエイターの皆さんがガッチリと楽曲制作を行っている。
そんな中にタダさんのお名前を見付けるとやっぱり(その信頼感から)ちょっと安堵感がありますね。

通常盤のボーナストラックにて久しぶりにCHOKKAKUさんの名前を見ました。
「WISH」以来なのでしょうか。

先月の『週刊文春』の近田春夫の人気連載「考えるヒット」で嵐の「Step and Go」が取り上げられた時、近田さんはアレンジャーの吉岡たくさんの仕事について非常に好意的な意見を書いていた。

”船山基紀、CHOKKAKUといった職人にも通ずる構築性と、トラックメーカー的な遊び心を備えて持つ仕事ぶりがあんまり良かったので素性を調べてしまった”

最近でCHOKKAKUさんの名前を聞いたのは近田さんの文章だったなぁ。

きっと明日も翔くんとニノの番組でアルバム曲は流れるのでしょうね。
それにしても、「SHO BEAT」、ほんとに終わっちゃうんだなぁ…。(涙)







elsurさん、こんにちは。こうしてG-APEとJ-Stormはガッチリとスクラム組んでるんですね。こういうマーケティング&楽曲提供会社があるのに驚きました。楽曲製作のプロの中にご自分の音楽活動もしているタダさんがいることで温かみが生まれる感じがしますよね♪
アルバム早く聴きたいな~。
【2008/03/30 11:33】 URL | caoru #-[ 編集]
こんばんは。
わたしもG-APEの事を偶然に知りました。
翔くんの「夢でいいから」の詞を書いた栗原晋太郎さんって「どこにいても」の ”SHIN feat.櫻井翔” のSHINさんと同じ人なのかしら?という素朴な疑問があったのでググッてみたらあのサイトに辿り着いたのでした。 したらば馴染み深いお名前が大挙して現れたので「なんだコレ?」と思って。

恐らくタダさんの起用はディレクターさんがタダさんをご存知で依頼されたのだろうと思いますが、タダさんの作品にはG-APEで活躍されている楽曲提供のプロの皆さんの作品とはまた違った、温かみや柔らかさ、切なさ等が感じ取れてスタイリッシュな作品群とのバランスがいいのかも知れないですね。嵐との相性もバッチリでこれまでのタダ作品にハズレなしという信頼感もありますしね。
ラジオ番組で少しずつ新譜内容が明かになって参りました。(笑)
【2008/03/31 01:45】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。