ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨年の6/17に書いた「嵐/スケッチ」というエントリがブログ拍手で100拍手をいただきました。読んだくださってそして共感を示してくださったこと、とても嬉しいです。

正確にいつ頃初めて「スケッチ」を聴いたのかは定かではありませんが、嵐のことが急激に好きになっていって遅くやってきたファンとして少しでも彼らのことを知りたい、という気持ちからいろいろと情報収集をしている途中で出会ったのだろうと思います。

初めて耳にした時から楽曲としての美しさと歌詞の深さと、そしてこの曲からもたらされる嵐というグループの人柄――あたたかさと誠実さと人間臭さと等身大の彼ら――そういうものにKOされてしまったのでした。


あれを大人と呼ぶのは酷かも

ふざけてる僕らだけど ちゃんと どうもありがとう

こういうところ、すごく上手いなぁ。

メロディーも非常によく出来た美しい曲ですが、翔くんとニノが書いた歌詞がたらまないですね。
他の誰でもなくて彼らでないと歌えない言葉、彼らでないと意味のないフレーズ、そういう唯一無二の、最強にパーソナルでホームメイドな歌を作った彼らをほんとに一気に好きになっていきました。

去年のTimeコンの京セラドームの2日間、「うらあらし」のコーナーで彼らは1日目に「Stil...」を歌い、2日目にこの「スケッチ」を歌ってくれました。
この「嵐/スケッチ」のエントリを書いた時には「スケッチ」を生で聴くことができるなんてことは想像もしていませんでした。 「コンサートでやってDVDに収録してくれたら」と最後に書きましたが、きっとそういう機会があるとすれば10周年か15周年か、特別なアニバーサリーの時だろうと思っていたのでまさかその3ヶ月ほど後に直接聴く機会が訪れるなどとは考えてもいませんでした。
「Still...」も「スケッチ」もわたしの大好きな曲だったので、まさか京セラで2日続けて聴くことができるなんて、とあの時はほんとに嬉しかったのです。

「嵐/スケッチ」のエントリーにたくさんの拍手をいただき、この曲が彼らにとってもファンにとっても大切なアンセムであることを改めて感じています。
また何か特別な機会の時にこの歌が聴けるチャンスがあれば嬉しいですね。

きっとどんな時に歌われても、この曲の深さと美しさは普遍的だと思うから。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







最近、娘の同級生の中にも(嵐ファンではないのですが)この「スケッチ」が好きでDLして聴いているという子が増えてきているそうです。
インターネットというアイテムを使って(著作権無視で褒めれる事ではないのですが)広まったのでしょうね。

名曲は年代問わず、受け入れられる。という表れですね。
何度聞いても新鮮で、心に沁みます(^^)

そのうちボーナストラックでいれてくんないかしらん(*^^*)
出来ればシングルに♪そうすればもっと多くの人に聞いてもらえるよね♪
【2008/03/19 01:37】 URL | さぶこ #-[ 編集]
さぶこさん

収録するチャンスとしては今回のTimeコンでやってくれたから(恐らく公の場で歌うのは初めてだったと思うのですが)今回のDVDに入ると自然だったのですけど、横アリの「ファイトソング」の方が収録されますね。(横アリにはカメラ入れてたんですね) 残念!

わたしの個人的な、正直な気持ちとしてはシングルにするのはどうかな、というのが本音でしょうか…。
シングル曲というのはやっぱり商品としてとして売らなければ(売れなければ)いけない宿命があって、彼らからのファンへの感謝の気持ちを歌った「スケッチ」はそういう商業ベースで売られる曲ではないと思うし(なので彼らは非売品として100枚しか作らなかったのだろうし)、彼らからの特別なプレゼントのような曲だからこそファンの間で大事にとっておきたい、というような心情も湧いてきたりして。矛盾してますか。(笑)
「名曲だから多くの人に聴いてもらいたい」というのもわかるのですが、
彼らの制作意図を考えるとこの曲はセールス(利益)やランキングとは無縁のところに置いておいて欲しいかな…と。 何というか、宝物なので売り物にして欲しくないというか――あくまでわたし個人の気持ちなんですが。^^

【追】 言葉が足りませんでしたが、”公で歌ったのは京セラが初めて”というのは嵐として5人で、という意味です。確か翔くんのソロコンの時に歌われたことあるんですよね?
【2008/03/19 02:49】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
>彼らからのファンへの感謝の気持ちを歌った「スケッチ」はそういう商業ベースで売られる曲ではないと思うし(なので彼らは非売品として100枚しか作らなかったのだろうし)

そうですよね(^^)わかります
彼等の純粋な思いを綴った ”ただそれだけ”。余計な演出も外野の声も「スケッチ」には不必要なもの、だもんね。だからこそ大事にしたい曲ではあります。
ただこんな風にネットでDLしてでも手に入れたい と思う人たちが増えるのであれば問題ない形で多くの人に提供してもらいたいなー。なんて思ったのでした(*^^*)
カップリングではなく、あくまでも「ボーナス」で(笑

#DVDだと更に嬉しいけど・・・でへっ

【2008/03/19 08:45】 URL | さぶこ #-[ 編集]
はじめまして。いつも見させていただいてます。
去年の秋から突然嵐ファンになってしまった者です。
今朝は起きたときからなぜか「スケッチ」が頭の中を流れてて歌いながらPC開くとこのタイトル!思わずコメント書いてます!
古い映像たくさん見てすっかりファンになった頃、初めてこの曲を聴いてほんとに涙出ました。
一緒についていたのかな。あの写真がまたいい。
ほんとに傷をつけたくない宝物のような曲ですね。
手元に欲しいのはやまやまなんだけど、大事にしてほしいです。
そんなまぼろしのような曲、あってもいいのかな。
事務所の方そういうのわかってくれるかな。

数あるファンのブログの中からこちらをいつも見させていただいているのは、カテゴリーに「水曜どうでしょう」があったからです。
嵐の深夜番組と「どうでしょう」、近いもの感じている方なのかなって。 私はそうなんですけど。
ちなみに私札幌に住んでいるので初期の頃から見てますよー。
大泉君有名になっちゃったなー。
【2008/03/19 10:15】 URL | まゆこ #6/34PU6.[ 編集]
elsurさん、こんにちわ。
また来ちゃいました(笑)。
私がこちらに初めてお邪魔したのは、まさに「嵐 スケッチ」で検索してだったと記憶しています。ファン歴の浅い私にとって「スケッチ」はよく聞くけど分からない何かで、ソレが何か分かった時そしてネットのおかげで聴くことが出来た時、嵐のファンになって良かったなとココロから思いました。彼らが口を揃えて嵐でよかったと言うことの答えがこの曲には詰まってます。

私は神奈川在住なので、この曲と「still…」が聞けた大阪の方がホント羨ましいです。「うらあらし」は、彼らが大きな飛躍を前に一度後ろを振り返り自分たちが歩いてきた道をそしてファンとの素晴らしい関係を再確認する上でホントにステキな企画でしたよね。

いつか、この曲が生で聴くことが出来たらどんなにステキだろうって思います。10周年記念で「スケッチ」を始めとした「うらあらし」が特典DVDで付いたらイイのにな。
長々とすみません。失礼しました~。
【2008/03/19 12:13】 URL | caoru #-[ 編集]
こんばんはv-22
「スケッチ」を初めて聴いた時、たとえが変かもしれませんが・・ 「明日に架ける橋」を初めて聴いた時と同じような気持ち、静かに心に伝わるものがありました。 この曲にelsurさんと同じように”嵐”そのものを感じています。 そして何年経っても変わらずそうあり続ける事ができるのは、そこに嘘や作り物が無いからでしょうね。  
v-254elsurさんが選ばれる「文字・ことば」も好きです ^^。
【2008/03/19 19:03】 URL | apple+jam #-[ 編集]
さぶこさん

さぶこさんの仰る、「いい曲だからこそ多くの人が耳にするチャンスがより広がれば」というお気持ち、よーっくわかります。^^

嵐ファン以外の方がこの曲を聴きたい・好きだ、というのはやはり曲(メロディ)の良さなのでしょうか…? 
嵐のバックグラウンドを知らないで「スケッチ」を聴いた場合、この内容はどんな風に受け止められているのでしょうね。(ファンには涙モノですが)
とても興味深いところです。

果たして10周年記念のBOXセット(勝手に出ると決め込んでます)に収録されるでしょうか?! ――つか、入れて!(笑)

【2008/03/20 02:41】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
まゆこさん

初めまして、コメント有難うございますe-68

以前、翔くんが彼のラジオ番組で「スケッチ」の出来にすごく満足していて、いつかきちんとした形で発表出来れば…というようなことを言っていたように記憶していますが、わたしは直接その番組を聴いたわけではなくどなたかのレポで読んだものなので確かではありません。

もし彼らの中にそういう心づもりがあるのであれば、いづれよいタイミングで多くの人の耳に届くように検討してくれるんじゃないかな?と密かに期待しているのですが、どうでしょうね。 ファンの人達が愛する以上に彼らがこの曲を愛していそうだから(笑)、きっと大事に、愛情たっぷりに扱ってくれると思ってるんですけど…!


>数あるファンのブログの中からこちらをいつも見させていただいているのは、カテゴリーに「水曜どうでしょう」があったからです。

えへへへへ、うちのブログを読んで「嵐と共にどうでしょうのファンです」
と仰ってくださったのはまゆこさんが3人目です。 祝・3人目!(笑)
しかも初期からのファンで札幌住み、これはもうバリバリの「どうバカでいらっしゃるのでしょうか?!

一昨年~去年の春までは「どうでしょう熱」も高かったのですが、嵐くんたちに落ちてしまったので最近はエントリも挙げないままです。(;^_^A

大泉さんはほんとに(いろんな意味で)男前になりましたねぇ…! 
現在絶賛発売中の『日本映画 Magazine / Spring 2008』はご覧になりましたか?堂々の表紙と巻頭グラビアです!わたしは潤くん目当てでなく大泉さん目当て(!)で買ってしまいました。(笑)

嵐くんたちと「どうでしょう」の共通点は自分の中でも謎ですが、強いて挙げるならば――

くだらないことを楽しむ術を知っていて、おバカなことをやっているのに清潔感があって品がある

ところでしょうか。(笑)

「品がある」というのは「上品である」、というよりも「どんな事をやっても下品にならない」という性質の意味です。
適切な言葉かどうかわかりませんが、「どうでしょう」って地方ローカル番組の輝ける星のように言われますが、実は地方ローカルにありがちな垢抜けない印象は微塵も感じさせません。 きっと出演陣やD陣の持つ天性の「育ちのよさ」があのくだらない企画群を単なるくだらないものに終わらせていないのだろうと思っているんですがどうですか。(笑)
あくまで個人的感想ですが、嵐の5人にも(経済的な意味ではなく)精神的な”育ちのよさ”というのが感じられて、おバカなことをやっても嫌味のない面白さを生んでいるのかなぁ、なんて。 
「あばたもエクボ」でしょうか??(笑)

なんか長くなってしまった上に「どうでしょう論」になってしまいました(汗)。 これに懲りずにまた遊びに来てください!^^
【2008/03/20 03:22】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
caoruさん

こんばんは☆ 
caoruさんのブログ、いつも愛読してますe-51

こちらのブログを知るきかっけになってる検索ワードはやはり「嵐 スケッチ」がすごく多いようです。あと「嵐 シークレットトーク」「二宮和也 情熱大陸」 「嵐の宿題くん 視聴率」 「岡田准一 おしゃれイズム」 「トヨタ 3年分」あたりがTop5~6です。^^

「うらあらし」は複数回歌われた曲もありましたが、毎回何が歌われるのかな?というお楽しみもありましたね。 リクエストを募集して、「ファンと共に作る空間」を実現させてくれた彼らのサービス精神あふれる企画でした。 昨年わたしが聴けたのは「途中下車」「Still...」「スケッチ」「風」の4曲でした。 今年のドームコンはどんなお楽しみが用意されてるんでしょうね?ニノのニッキに期待がふくらんでおります。(その前に当たらないとネ!)

「スケッチ」、また何かの機会に披露されることをわたしも心待ちにしています。京セラの時は意外に淡々と歌ってたんですよ。 初めて耳にする人が多いだろうという配慮から、スクリーンに全ての歌詞がスクロールして映し出されていました。

昨日リリースされたタキツバの5周年記念 Live DVDの限定生産盤はパターン違い(A/B)で2種類出てる…ひぃ~!
嵐10周年記念貯金、マジで始めた方がいいかも…!!(;^_^A
 
【2008/03/20 03:55】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
apple+jamさん

>そして何年経っても変わらずそうあり続ける事ができるのは、そこに嘘や作り物が無いからでしょうね。  

そうですね、ほんとにそうだと思います。
きっとずっとずっと愛され続ける歌だろうと思います。翔くんとニノは名曲を生み出しましたね。(ha-jさんのアレンジも素晴らしくて!)^^

自分の思いを文字にして表現するというのは難しいですね。
心の中にある、ぼんやりとした感覚的なものをどういう風に伝えられるだろう、といつも思います。思いこみ激しく言葉足らずなのでちゃんと自分の気持ちが伝わっているか怪しいのですが、共感の証にコメントをいただいたりするのが何より嬉しく、そして日々の楽しみでもあります。
いつも遊びに来てくださって感謝カンゲキ☆です!e-466
【2008/03/20 04:13】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。