ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




4/23発売の新譜「Dream"A"live」のリリース情報が出ましたね。
お昼過ぎにいつものように新星堂から第一報が届いていました。
「Time」同様、初回盤には特典ディスクとしてメンバーのソロ曲が入ってるんですね。
なんか毎週何かを予約してる気がします。

PCの前を離れている間にすぐに新情報が飛び出してくるので何だか気を抜けなくなっている――この状況もどうかと思うのですが(笑)、実際に2~3日でも旅行に行こうものならアッという間に置いていかれてしまいそうなぐらい今はめまぐるしくなってますね。
こんなことになろうとは去年の今頃ですら思ってもみませんでした。(笑)


ここ2、3日の間、翔くんの「ペンの指す方向 ChapterⅠ」がずっとパワープレイ。 この歌詞を聴いているとちょっとグッときてしまうなぁ。
個人的には「ChapterⅡ」「ChapterⅢ」よりもこの「Ⅰ」が好きです。これを聴いてると「PIKA★★NCHI Dobule」も聴きたくなってしまう。

”もう伝え忘れたことはないかな”

この部分にちょっと弱いです。

翔くんの詞作の言葉の選択のセンスにいつも感心してしまう。
文学的な香りも残しつつ、直接的な表現を使わずにその心境を伝えるのが非常に上手いですよね。
例えば離れてしまう寂しさと新しく踏み出す一歩にエールを送る歌であっても、直接的な”頑張れソング”にしない(いろんな意味に解釈できるような幅を持たせたりする)ところが心憎い。 
ラジオで翔くん自身も「出し切った」と言っていた「Still...」もそうで、わたしもこの曲が大好きなのですが、この曲のラップ詞は何度聴いてもいいです。 「Step and Go」のPVでのラップ部分も同じです。

何というか、翔くんの音楽スタッフとの交流や常に新しいものに興味をもって貪欲にそれを吸収しようとする姿勢、そして培ったものを嵐の楽曲にラップ詞として反映させることのできる才能、これは嵐の音楽面において非常に大きな個性として輝いていてる一つだと思うし、彼のラジオ番組でそういう一面を垣間見る(聞く)ことができるのもファンにとっては興味深いです。

嵐は切ない恋心を歌ったりすることはあるけれど生々しい恋愛の歌は歌わない。
どちらかというと彼らの個性にはウェットなものより晴れやかなもの、ネガティブなものよりポジティブなもの、傷心なものより前向きなものが似合うからなのだろうけれど、安易な恋愛ソングを歌ったりしない、翔くんの(時として文学的な)リリックの真っ直ぐさが彼らの歌をより身近に感じさせてくれている気がします。そういう意味でも翔くんは嵐の音楽面において大きな存在です。

嵐のファンになる以前は一般的なジャニーズのイメージとして、優秀な音楽スタッフが準備した楽曲に歌入れをして発表するだけのような印象を持っていました。
けれど嵐のことを知るにつれ、(個々の活動もさることながら)彼らが音楽制作&(コンサートを含めた)音楽活動を非常に重要視していること、また音楽的才能に恵まれたグループであることがわかってより興味を持ちました。 何というか、彼らが好きだから彼らの音楽も好き、というのではなく、彼らの音楽ありきでも十分に成立する音楽的魅力にあふれているのだと思います。


CD屋さんのサイトで紹介されていた新譜『Dream "A" live』の初回特典ディスクの彼らのソロ曲のタイトルが全て英語であることがわかりました。さて、誰がどんな曲を歌うのか楽しみだなぁ。
その先には…どうかそれらが生で歌われるところを見ることができますように…!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能







私も翔くんの詩が好きです。
特に♪Still♪…何回聞いても泣きそうになるのはなぜ?
言葉の選び方が素敵ですよね。

昭和な香りがするお馬鹿な詩もサクラップの魅力かな。
何が飛び出すか分からない、ふり幅の大きい所にいつもやられています。
【2008/03/15 04:24】 URL | yumeko46 #UlsMbG36[ 編集]
yumeko46さん

こんばんは。

わたしはどちらかというと詞に重点を置いて音楽を聴くタイプではないのですが(もちろんいい歌詞には心打たれたりもしますが)、翔くんの詞にはいつもセンスを感じて聞き込んで(読み込んで)しまいます。
何気ないようでいて、実はすごく計算された言葉を選んでいたり押韻の効果を狙っていたり、そういうさり気ない言葉の遊びやそれに隠された想いの深さを発見するのがまた楽しみの一つなのかも知れません。

「still...」のラップはほんとにグッと胸にくるものがありますね。実はカップリングでありながら「Happiness」より好きだったりします。^^
よく「似ている」と言われますが、同じくタダさんが作曲の「いつまでも」のラップも好きです。あれもせつない…! ←結局は「せつないもの」好きなので(;^_^A)
でも「Lucky Man」や「太陽の世界」のようなニギヤカ系も好きです。^^ 
【2008/03/16 00:50】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]
こんばんはv-22
彼の言葉や表現に用いる文字は、なんとか自分のお思いをそのまま伝えたいという、技巧にはしらない姿勢にいつも共感を覚えます。 ZEROでのコメントも言葉を慎重に選んでいる様子が垣間見れます。 表現する方法は歌にせよ演劇にせよ、結局その人そのままが現れるわけで、「守は守り、攻めるは攻める」そんな挑戦を続けて欲しいと願っています。 ところでFmで耳にしましたが4月新番組2件と言うのは、決まりらしいですね! 未だHPにアクセスできないのですが、大忙しですね。  バランスの取れた仕事に恵まれますように!! アイドルからエンタテイナーにstep upする年でしょうか・・。 5人が楽しそうにしているのを見ているだけで、幸せな気持ちになります ^^! ※くれぐれも事故や怪我から守られますように! 翔担のレポを楽しみにしています ^^。
【2008/03/16 01:50】 URL | apple+jam #-[ 編集]
apple+jamさん

やはり翔くんの詞が等身大で真っ直ぐだからこそ心にグッとくるのでしょうね。ZEROにおいてもわたしも同感で、彼の選ぶ言葉はいつも見ている人に誠実に、飾り気なく届いていると思います。

潤くんの番組では”2つ”という表現にとどめたみたいですが、翔くんの方では番組説明がハッキリあったみたいですね。でもやっぱり関東ローカルなんだよなぁ~!!(涙)

なんだかめまぐるしい勢いで露出が続いていて嬉しいのと戸惑いとが交互にやってくる日々です。ほんと、バランスよく、彼らが一番楽しんで活躍してくれるのが何よりわたしたちにとっても楽しみになりますよね。^^ それにしても翔くん、来週に引っ張るなぁ~!

【2008/03/16 22:34】 URL | elsur #xFswDGVc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。