ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気漫画が原作のドラマや映画というのはどうも実写化すると原作のイメージから遠ざかってしまうために満足度が下がってしまうことが多い。だから通常は(スタッフにもよるけれど)あまり期待しないのだけれど、原作を全く知らないとそれはそれで先入観がない分、楽しめることもある。

青年誌・少年誌の漫画をほとんど読まないわたしは当然ながら『医龍』も読んだことないのだけれど、『アンフェア』同様、脇役キャストの豪華さがものすごく魅力的。

岸部一徳、夏木マリ、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、北村一輝、池田鉄洋(+小池徹平、稲森ずみ、水川あさみ)。
おぉ~、惹かれます。
あ、忘れてましたが主人公は坂口憲二。どうもこのメンツでは主役としてのオーラが少ない気が…。
ちょうどわたしがこちらに来た頃から彼の人気もグングンと上昇したということで、彼の人気度について実はわたしはよく知らない。わたしが初めて彼を知ったのが2000年の『池袋ウェストゲートパーク』だったので、わたしの中ではいつまで経っても彼は「ドーベルマン山井」なのだった。
いいですよね、『IWGP』のドーベルマン。


それにしても阿部サダヲ、佐々木蔵之介、北村一輝の魅力的なことよ。
漫画のキャラクターを演じているとはいえ、みんなシャープでいいですね。
特に北村一輝のあの冷たい美しさはなんだ!
ダークスーツに細メガネ、そしてトドメにあの髪型は反則です。『夜王』でも主役の松岡くんを完全に喰ってたそうだけれど、かなり痩せたのではないですか?あのアゴのラインは素晴らしいですねぇ。

もともと細身だけれど、佐々木蔵之介も痩せてちょっと青白くなった気が。
首の長さがますます伸びた感じがします、ひゅ~っと。まだ3話までしか見ていませんがジャージ姿も登場した。(笑)
あ、『アンフェア』で篠原涼子の娘を演じていた美央ちゃんが佐々木蔵之介の娘役でまた出てる。相変らず可愛かったな。

阿部サダヲも金髪が似合ってる!
これからだんだんと彼の天才麻酔医としての才能を知ることができる展開になるのが楽しみです。ほんと、第2話の彼の可愛さは尋常じゃないですね、わずかしか登場しないのに!

岸部一徳の無表情な不気味さも相変わらず静かな凄味があってさすがです。これから彼の冷たい怖さがジワジワと登場するらしく、こちらも楽しみです。

それにしても小池徹平くんはわたしの友人にソックリだ。
その友人はアメリカ人女性なんだけれど、ちょっと少年っぽくて(いや、小池徹平が女の子っぽい?)、ほんとによく似てるんだよなぁ。このドラマを見るたびに彼女の顔が浮かんでしかたないです。

音楽もいい。
『白夜行』は見てないけれど、河野伸は売れっ子なのですね。
もう一人の澤野弘之という人は全然知らない。
どういう風に二人で作っているのかわからないけれど、ロック系の音楽と弦を使ったメロディアスな音楽が場面毎に効果的に使い分けられているので、お二人それぞれに分担があるのかな。

「ゴッドハンド」と言われる腕を持つ敏腕外科医を北村一輝が演じていて、彼がオペする時にクラシックのピアノ曲を流しながら手術するシーンが出てきますが、あれはあながち嘘ではありません。わたしの知っている病院では手術室でモーツァルトが流れておりました。

さて、まだ3話の時点ではバチスタ手術を行うためのチーム・メンバー集めをしている途中のなわけですが、一人ずついい人材を捜していく過程がまたわたしの好きな『水滸伝』というか『ロード・オブ・ザ・リングス』方式でいいですね。楽しみです。

ところで、北村一輝のせい(?)で、全然見る気のなかった『夜王』の彼を見たくなってしまったー。


【本日のBGM】  Storm Remix / Lenny Kravitz  feat. Jay Z





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。