ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最終回は意外なほどにサッパリと、アッサリと、余韻少なく、でも味わい深く終わった。

きっとそれは最後まで引っ張った「一平の父親探し」というエピソードにそれほど強い関心がなくて、それよりも変わり行く坂下の人々の人間関係や心の揺れや、一平と雪乃の母子の関係などが描かれた第5話、6話、8話あたりの余韻を残した演出が大好きだったからかも知れない。

それでも雪乃ちゃんが一平に「津山冬彦は父親ではない」と打ち明ける喫茶店のシーンはすごくよかった。こういう、ちょっと拗ねてちょっと不服そうな時の二宮くんはほんとにいい。不信感丸出しの、伏目がちだったり上目遣いで雪乃ちゃんを睨みつける一平は、多くを語らずとも彼の怒りを見事に表していた。

「遅いね」
「今さら言われても信じないね」
「嘘だね、あんた話作ってるよ」

父親のことで一平に対して負い目を感じている雪乃ちゃんに、肉親だからこその無遠慮な苛立ちのトドメの一発として「あんた」と突き放して呼んだことに、ちょっとドキッとする。

雪乃ちゃんがナオミに会って誤解を解く。
津山冬彦が一平に会って誤解を解く。
皆表立っては接触せずに、本人たちにはわからないようにさり気なく立ち回る。
大人の仕事です。

今回一番ジーンときたのは、東京を離れる女将さんが鼻歌を歌って始終車中でご機嫌な姿だったこと。
そして女将さんと共に坂下を消える決心した竜次が一平に左利き用の包丁を贈るところ。

「使いにくかったら使わんでいい。楽な方を選びな。」

一平にとって料理の師であり人生の師でもある竜次の、一平に贈る最後の言葉。
自分の道は自分で決めろ―― あぁ、竜次という頼れる心の拠を失ってしまう一平の心境は、どんなにか心細いだろう…。

「今の一時はな、後悔を生むぜ」
なんだか石原裕次郎みたいな言い回しじゃないか。
いちいちカッコいいじゃないか。

雪乃ちゃんの根回しでナオミと再会を果たす一平だけれど、4月からパリに行ってしまう彼女との関係は語られないままだ。
そして坂下を閉めてしまってからの、その後の一平の進路も語られないままだ。
ただ閉店を控えて忙しく働く彼の姿が映し出されるのみ。
動きだそうとする町と店のその直前の瞬間で時間が止まってしまった。

森山良子の『パピエ』が久しぶりに流れ、”その後の坂下の人々”の様子がエンディングで紹介される。

竜次は東京を離れ、エリと時夫はいつもの”子供人生相談”(?)、松子さんは年下のBFに失恋した模様、澄子さんは子供との時間を過ごす、保さんはカナルカフェでたそがれ、ルオーさんは相変わらずカメオ出演に精を出し、若女将はエリに活け花を教え、一平は雪乃ちゃんのショッピングの荷物もちをさせられている。

何げない日常の風景で幕を閉じた『拝啓父上様』。
最終回を盛り上げるため延長拡大、というパターンが多い昨今のドラマにおいて、気負いなく普段通り、さり気なく爽やかに、特別なことは特になし、これはこのドラマの基本姿勢だったと思うので好感が持てる。

欲を言えば、その後の一平とナオミはどうなったの?一平はどんな進路を選んだの?と「もっと、もっと」とその先を知りたくなってしまってしまい、このエンディングに多少の物足りなさを感じるところもあるんだけど、でもまぁそこは「腹八分目」ということで、お腹いっぱいにガッついてしまうのは品がないということなのかも知れないなぁ。

振り返ってみると、「ちょっといい時間を過ごしちゃったなぁ」という味わいのあるドラマでしたね。

…続編、期待してもいいのかな?(笑)

テーマ:拝啓、父上様 - ジャンル:テレビ・ラジオ







一平と刻まれた包丁を使いたいか使いたくないかと言われれば、わたしだったら・・・
おそらく彼は竜さんからのそれはどこかに丁重に仕舞っておいて、自分で自分用のを新調するのではないかと思う。それを使う場所はきっと新坂下だ。
そうか、これは包丁人味平の壮大なパロディでもあったわけか。
ついでに奥田瑛二の唐沢利夫も唐沢寿明を連想させられる。
前略おふくろ様が田中絹代という顔のある対象に投げかけられた叫びないし呟きであったのに対し、拝啓、父上様には誰に聞いて欲しい言葉なのかが最後までわからずじまいでした。
それでもelsurさんご指摘のとおり、ちょっと良い時間を過ごさせてもらえたことは予想外の喜びでした。
毎回、適切に言い当てていただき、共感しきり。
ありがとうございました。
【2007/03/23 01:08】 URL | デヘ #-[ 編集]
デヘさん

毎回毎回 「あ、この場面について書きたい!」 と思わせられるシーンがいくつもあって、脚本と演技と演出と、どれもが高いレベルで調和のとれた作品だったと思います。
確かに一平の「拝啓、父上様」という呼びかけ自体はあまり意味をなさないもので、終盤に出てくるナオミとの恋物語の味付けとして「一平の父親は誰か?」という薬味を投入する形で彼の父親の存在をアピールした、ということなのでしょうかね。
こちらこそ、毎回デヘさんのレビューも楽しみに読ませていただきました。

それにしても「包丁人味平」て。
ビッグ錠て。

若者にはわかるまい。(笑)

【2007/03/23 01:52】 URL | elsur #-[ 編集]
かみなり屋です。
自分の「万年筆で書く」ブログで、さっき「拝啓、父上様」について書いたので、他の方が神楽坂をどんな風にごらんになったかが知りたくて来ました。
神楽坂、いい街なんです。ぜひおいでくださいね。

最終回も梅宮さんが光ってましたね。
「~ぜ」って「ぜ」で終わるセリフが似合いすぎ。

ではまた。
http://kaminariya.blog95.fc2.com/
【2007/03/23 12:17】 URL | かみなり屋 #GsbZZxQM[ 編集]
かみなり屋さん

コメント有り難うございます。
神楽坂は何度か足を運んだことがありますが、雰囲気のあるいい町ですね。今はドラマの影響もあって賑わっていることでしょうから、落ち着いたら町歩きをしてみたいです。

梅宮さんの「」は明らかに若者が明るく使う「ぜ」とは違って、何となく心に引っかかってくる、ちょっとズシンとくる「」でしたね、いつも。(笑)
【2007/03/23 12:54】 URL | elsur #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。