ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日の藤やんの日記に、一昨日2006年の新作最後の前・後枠撮影が無事終了した、という記述が。
最終的に最新作は全9夜になったみたいだ。

CUE HPの「も日記」で連日東京での『HONOR』の稽古の様子が綴られているけれど、火曜に「メンバーの一人は北海道へ。
多忙すぎる。よい休息になりますように…」とあって、メンバー全員が北海道でのレギュラーを持っているから誰のことかしらと思ったけれど、こりゃぁ大泉さんのことだったのか。

『ハケン』の撮影はセットを組んだらそのセットを使うシーンばかりをかためて撮っていくので、とにかく1日12時間、13時間とガンガン撮影を進めていくのだとか。セリフの多い大泉さんは覚える時間が全然足りなくて苦戦を強いられているらしい。平行して来月からの芝居のセリフも覚え、北海道で持っている4本のレギュラー番組もこなしているわけで、『新選組!』をやってた頃の慎吾ちゃん並の忙しさかも知れない。

『ハケン』で時々共演している渡辺いっけいさんは『どうでしょう』の大ファンだそうで、『ドラバラ』の「マッスルボディは傷つかない」も見ているツワモノなのだそうだ。
「安田メモ」でも『ハケン』の共演者の方がNACSのDVD(『LOOSER』『COMPOSER』)を見たよ、と声をかけてくれる、と書いてあった。

大泉さんの『ハケン』出演の経緯は、プロデューサーが彼が出演したバラエティ番組を見て「なんて反射神経のある方なんだろう」と思って出演を熱望されたのだそうだ。これはきっと『どうでしょう』のことを指しているのだろうけれど、大泉さんの場合やはり人との出会いにしても仕事にしても、『どうでしょう』という番組が礎であることがよくわかる。

そう言えば、NACS関連で3月にBS2で内野さん主演の金曜時代劇『秘太刀 馬の骨』がアンコール放送される。
これは同じ藤沢周平原作ながら『蝉しぐれ』とはまた違った内野聖陽主演の時代劇として評判になったので、是非見たいと思っていた。第4話には音尾さんもゲスト出演しているし、再放送してくれて嬉しい。
ついでに『次郎長 背負い富士』も再放送してくれないかなぁ。

WOWOWの新しい番組表が届いたけれど、5月に『笑いの大学』英国公演の模様が放送される、と。なんと!
英題は『ラスト・ラフ』なんだって。その制作過程にも密着して放送されるそうなので楽しみ。

そう言えば、昨日の「スタジオパーク」のゲストが生瀬さんだったのだけれど、4月から『サラリーマンNEO』の新シーズンがまた放送されるらしい。
それにしても生瀬さんは本当に楽しい人だ。

現在彼が演出を手がけるお芝居『橋を渡ったら泣け』の稽古風景が紹介されていたが、有働さん相手に語った彼の演出家としてのポリシーと、VTRで映し出された稽古場での彼の演出ぶりには若干ズレがあって、「NHKの編集には悪意が感じられるなぁ」とボヤいていたのが可笑しかった。
あー、見たいなぁ。大阪でもやってくんないかな。


【本日の新選組!】第24回 避けては通れぬ道

あぁっ! 録画の最後が切れてしまっている!!
…ショック。


    
    せんせぇぇぇぇぇぇぇーっ!(泣)





















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。