ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日から教育テレビで「Schola| 坂本龍一 音楽の学校」がスタート。

>> 続きを読む
スポンサーサイト




ガビーン・・・

今頃気づいた驚愕の新事実―――

関西では3/29(月)~ ズームインの 5:20~6:30am の時間帯、東京からのネットをやめて、辛坊さん司会の関西ローカル情報番組「朝ナマワイド す・またん」という新番組がスタートするらしい・・・(T T)

>> 続きを読む




昨夜「CDTV」をチェックするべくTVをつけたら偶然「EXH」をやっておりました。
ゲストがおぎやはぎと東京03だったんですが、矢作さんの「ちょうどいいライン講座」がめちゃくちゃ面白かった。 やっぱりおぎやはぎはいいなぁ。 
特に矢作さんの妙に自信に満ちた説得力のあるテキトーさがホントに可笑しい。 

>> 続きを読む




今朝の「ボクらの時代」、ずっと楽しみにしていました。
前後編に渡っての鼎談は 市川海老蔵×藤原竜也×小栗旬。
竜也くんと海老蔵くんは一緒に飲んだりするお仲間だったと聞いたことがあるけれど、海老蔵くんと小栗くんは初対面。 

もう半年くらい禁酒していて肉も魚も食べなくなったというストイックな海老蔵サン。 
肉や魚を食べない状態で芝居をしたら(芝居の)ヌケがよく、頑張りすぎない。 そうすると同じコンディションで長く芝居を続けることができるようになった、という話が面白かった。 動物性タンパクはパワーもつけてくれるけど、必要以上の精神力もついてしまうんだな。 過剰なものの摂取を止めたら、無駄なものが削ぎ落とされた感覚になったようなことを語っていたけれど、それはもはや俗世の煩悩を払拭した修行僧の域に近づいてる?(笑)

>> 続きを読む




昨夜の「情熱大陸」は長瀬くん。
肩書きは「タレント」になっていました。

2007年の5月6日にジャニーズ所属タレントして初めてニノが「情熱大陸」に登場し(*)、その後山下くん(3/2/08)、中居くん(11/30/08)に続いて5人目の登場となった長瀬くん。
毎回彼らの肩書の表記に注目していますが、山下くん(「俳優・歌手」)以外の3人は「タレント」と表記されていました。
(*) 2003/1/12に草剛くんがジャニーズとして初登場されていた事をコメントで教えていただきましたので訂正いたします。

昨日の回、よかったです。
きっといろんな努力と、いろんな葛藤と、いろんな雑音に日々向かい合っているのだろうと思うけれど、この人はどうしてこんなに何事も実に楽しそうに、そして伸び伸びと自然体でいられるのでしょうね。

>> 続きを読む




今日は朝からSSTVをベタ録画、またもやレコーダーくん、回りっぱなし。
嵐の「One Love」「Beautiful days」「truth」「a Day in Our Life」「きっと大丈夫」の5曲のPVがオンエア。
DVDで持っていても「ちょっと見たいな」と思った時にいちいちトレーにDVDを入れて出して・・・という作業が面倒くさい(どんだけ!)ので、HDDに録画してしまえー!ということで。
 
>> 続きを読む




昨日の山下くんが登場した「情熱大陸」の放映があったからなのか、今日は「情熱大陸」の視聴率での検索多数。 ということでチェックしてみましたら、昨日の山下くんの「情熱大陸」の視聴率は7.7%でありました。一応録画したままでまだ見ていませんが、「東京フレンドパークⅡ」も今日は山P&哀川翔でしたね。
ふふふ、今月末は嵐が2時間出るんだなぁ~。あぁ、楽しみ~。



昨日の「新日曜美術館」の特集は「アウトサイダー・アート」。
プロの画家ではなく、作者の芸術的衝動と欲求を満たすためだけに生み出された作品たち。
昨日の放送を見ていて、アウトサイダー・アートの性格が大野くんが個展の取材の数々において常に口にしていたことと重なる部分が多くて興味深かった。

作者は正規の美術教育を受けたことがない、作品を発表することを目的に作られた物ではなくあくまでも自分の作品を作りたいという衝動から生まれている、自分で編み出した手法・自分が選んだ素材と題材で公にされることなく作り続けられどんな流派や模倣も持たない、既成の美意識や社会的評価に惑わされることがない等々――。

アウトサイダー・アートの作品たちは精神に障害を抱えている人が作り手なので、作者の心の孤独の中でひっそりと生み出されているという点において大野くんのそれとは決定的に違っているのだけれど、あくまで正規の美術教育を受けずに独自手法で世界観を生み出しているという点において、その無垢な独創性・創作欲求に共通するものを感じた。




今日は朝から相葉ちゃんの消防署一日署長と潤くんのペプシCMの話題がほとんどセットで登場したので”一粒で2度美味しい”(ふ、古い…)エンタメニュース連発。
なので、とりあえずいつもより多めに録画を設定してみた結果、めざまし、ズームイン!、スッキリ!!、ピンポン、ムーブ!、リアルエンタメで捕獲――どうもみのさんが好きではないので無意識のうちに「朝ズバッ」と「思いっきりイイテレビ」は録画対象にならないことが多いなぁ。

それにしても相葉ちゃん、格好いいのか格好悪いのかわからない。(笑)
ズームイン!では羽鳥さんに潤くんのペプシのCMと比較されてしまった。 こ、これでは”1粒で2度美味しい”効果のはずが…!涙


今日はボストンでお世話になった方と会うことになり、心斎橋で待ち合わせ。
久々に英語、でも単語も忘れがちで危機感を感じた。マズイなぁ。

でも心斎橋筋のアーケードの中は等間隔でニノのauのどデカい吊り広告(「シャベル」のやつで庭玉に座ってる写真)が飾られ、心斎橋アーケードを抜けたところ、長堀通りに面したビルの壁面にはやはり「シャベル」のどデカい相葉ちゃんの垂れ幕がドーンと飾ってあって嬉しくなった。

翔くんのトヨタのCMもオンエア再開されたみたいで、いくつかの録画番組に入っていた。
やっぱり爽やかなCMですね。^^






「おしゃれイズム」のゲストは岡田くん。
面白かったなぁ。
トークは苦手だと思うんだけど、どことなく彼のちょっと風変わりな人柄がトークににじみ出て面白いんだよなぁ。

彫りの深い顔立ちに、よく”外国の血が入ってますか?”と聞かれる、と言っていたけれど、そうなのよ、どう見ても彼は大阪人の顔立ちじゃないんだよなぁ!
彼の大阪弁を聞くとやっぱり関西人だと思うんだけど、どうも顔立ちからは関西人のイメージはわかないのだった。

イスタンブール(というかトルコなんだが)だとあのルックスは違和感がないと言われたと笑っていたけど、トルコは中東とヨーロッパの境にあって、そういう文化が混ざり合うところってエキゾチックな顔立ちの美しい人が多いんですよね。カザフスタンの人たちも同じで、アジアとヨーロッパの交流地なので肌は白くスタイルもヨーロッパ人体型なのに髪と瞳は黒、という独特の美しさを持っておりました。


岡田くんの話の中には必ず「木更津」の話しが登場するけれど、今回もやはり他局ながらキャッツのメンバーで「東京フレンドパーク」に出た時の話や「SP」のドラマのことについても話してましたね。
話を聞けば聞くほど彼は独りでできることが好きみたいだから、芸能人のような人前に出る仕事には向いてないんじゃないかと思うんだけれど、お芝居をすると全く別の才能が発揮されるからやっぱり凄い。というか、それを見いだしたジャニーさんが凄いのか?!

自分で撮った自宅紹介の喋りが本当に素人みたいで笑ってしまった。
嵐くんたちだったらこういう時、撮りながらも上手に喋るだろうなぁ!(大野くんは苦手かも知れないが…)なんて思いつつ見ていた。彼は素の自分を見せることにはホントに今も慣れないみたいだ。逆にそこが彼の愛すべき人柄なのだろうと思うけれど。


翔くんのトヨタのCMの捕獲に成功したのだけれど、あれは基本が30秒CMなんですね?
HPで見る事のできる映像も、オンエアされていたのもどちらも30秒ver.で、15秒には縮まらない感じだから、もともと30秒ver.しかないのかな。 ちなみに「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の中で捕獲しました。(放映局によっても違うかも知れませんが、今回は9時35分過ぎに流れました)

さーぁ、また今日から忙しくなりそうです!!


テーマ:岡田准一 - ジャンル:アイドル・芸能





昨日は岡田准一くんが「陰日向に咲く」のプロモーションで朝から日テレジャックだったようですが、わたしがちゃんと見たのは「ZERO」だけでした。

当然ながら月曜キャスターの翔くんと仲良しだという話題に触れて、今でも(『木更津』の役名である)”ぶっさん”と”バンビ”でずっとお互いを呼んでいる話など、交流エピソードなんかも披露してくれてましたね。
昨日お誕生日だった翔くん、果たして岡田くんの「ZERO」を見たかなぁ。

「オタクなんで」と自分で言っていましたが、読書や歴史に詳しい彼の趣味に村尾さんはかなり関心を持たれていたご様子。彼の文学青年としての一面が意外だったのかな。

岡田くんは個人での仕事がとても充実していて、わかってはいるんだけどふと彼が「V6」であることを忘れてしまったりする。
ラルフくんが「今日のゲストはV6の岡田さんです」と紹介した時に今更ながら「あぁそうだった」なんてその呼び方を新鮮に感じたりして。

ラルフくんが「アイドルとしての活動とお芝居と、両方されていてどんな感じですか?」みたいなことを尋ねたら、彼は素直に昔から芝居が好きであると明言し、V6のグループとしての活動も芝居の仕事に反映されていてそこからいろんなことを体験できれば、と語っていました。

嵐の場合、5人ともどんな仕事においても必ず(とまではいかないかも知れないけれど) 「嵐の○○です」 って名乗ってる気がする。
グループへのこだわりという点において”アイドル”である自覚を強く感じさせる嵐とV6のちょっとしたカラーの違いというのも面白いなぁ。


昨夜のゲストが岡田くんということで事前に翔くんに電話してコメントを求めた、というラルフくん。
「櫻井さんから岡田さんは”将来羊たちに囲まれて自然の中で暮らしたい”と常々語っておられると伺いましたが…」
というコメントに、すごくバツの悪そうな顔をして苦笑いで

「余計なことを…」

と小声で言ってた岡田くんに笑ってしまった。
「いや、ラッセル・クロウみたいな生活ができたらな、と思いまして」

まさかこんなところでその話が登場するとは…!という不覚な思いが美しい笑顔ににじんでおりましたね。(笑)

何度か映画「陰日向に咲く」の宣伝映像を見ましたが、やっぱり岡田くん、鍛えられた上半身によってポロシャツがピッチピチ!顔立ちは美しく繊細、でも体が映ると肉体派!みたいな。だって肩とか胸回りが相当分厚いんだもの。(笑)

もうこれ以上ムキムキしなくてもいいから…!なんてさり気なく思っていますが、CXの「SP」も本日最終回を迎え、そして4月にはスペシャルドラマとして帰ってくるという展開で、まだまだ岡田くんの肉体改造は続きそうだなぁ…。


でも岡田くん、やっぱり控えめな好青年でありました。^^

テーマ:岡田准一 - ジャンル:アイドル・芸能





わが家の印刷物の担当はもちろんわたしなんですが、昨年末に「筆王」にて作成した家族用の何百という住所録データがなぜかすっかり消滅していて大打撃を喰らっております。
年賀状の準備ももっと早く終了する予定が、本日までずれ込んでしまったので「スポーツ大感謝フェス」を横目で見ながら年賀状印刷ですよ。全く、刷っても刷ってもあるんだなぁ、これが。

そんなわけで、ちっとも落ち着いてこの番組を見ることができなかったのですが、何というか、なんでこの番組のサポーターに嵐が選ばれたのかちょっと理由が見当たらない内容ではありましたね。嵐くんたちに会えればそれだけで幸せなおメデタイわたくしではありますが。(笑)

こんな事を言ってしまっては申し訳ないけれど、メイン司会のウッチャンと太一くんの2人が何とも地味で!! 
「ゴチになります」ファンゆえ太一くんはわが家のアイドルなわけですが、やっぱりこういう番組は中居くんの方が華があるなぁ!なんて改めて感じた次第。 許せ、太一くん!
見なかったのだけれど、こないだ日テレでも同じようなスポーツ選手が集合する番組やってなかったでしたっけ、誰が司会をしてたのか忘れちゃったけど。
それにしても50人も現役トップアスリートを集めておきながらほとんど絡みがなかったっていうのは何だか勿体なかったですね。

結局、相葉ちゃんだけロケがなかったのね。
何となく相葉ちゃんの印象が薄かったのはわたしが年賀状プリント作業に気を取られていたせいなのかな…。

ニノは『嵐IZM』でやってたみたいに伸びた髪の毛を耳にかけてて可愛かったheart01
ロナウジーニョに『AAA+in DOME』見せてたけど、ほんとに映ってたのは潤くんと翔くんばっかりで。(笑)

それにしても大野くん、スーツ姿がお似合いでした。好きです、スーツの大野くん。
そのスーツのままでロープよじ登ってましたね。リーダーは身体能力の高さをまた見せつけちゃったな!


そんなこんなしているうちに年賀状が刷り上がったら番組も終わってしまって。
最後のボーリングも何だかなぁ…っていう感じで、何だか盛り上がりに欠ける番組でありました。いえ、嵐を見ていられる幸せは味わったんですが!!


あ~、やっぱり飢餓状態です!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





一昨日野球でガッチガチの筋肉痛だという二宮さんは昨日スペインへ旅立って行ったのね。――しかし、コレは何の仕事デスカ?

ドキュメント番組のナレーションとか上手いからそういうの? とか ドラマの撮影?とか、あれこれ思い描いてみたり。 明日のニッキで判明するでしょうか…?
世界遺産関連だったら櫻井”ヤッターマン”翔くんはちょっと悔しがるかも!



関係ないけれど、昨日の夜にBS-hi でやっていた「ハイビジョン特集」で、ピアニストの仲道郁代さんがショパンにまつわる謎を追う『ピアノの詩人ショパンのミステリー』を見た。
ショパンの楽譜から読みとれる、彼の演奏者へのメッセージ。
ワルシャワやパリを訪れショパンの直筆譜や彼の時代に使われたピアノ(プレイエル)を実際に検証することで、なぜ普通では不自然となる指遣いをショパンは指定しているのか?、どうしてペダル踏み上げ指示のタイミングが早いのか?という、演奏者ならではの観点からの謎を追ったドキュメンタリー。

現代の進化したピアノとショパンの時代のアンティークなプレイエルのピアノでは音の響きが全く違い、彼が譜面に書き残したペダルの指示はその当時のピアノで弾かなければその効果が100%生かされないという事を、実際にプレイエルを弾いてみて体感した仲道さん。
本当に長い間待ちわびた人に会えたように、懐かしむように、「強く弾いてみてもいいですか?壊れたりしませんか?」と(プレイエルの管理者に)お願いしてしばらくの間ショパンを弾き続ける彼女はとても幸せそうだった。

ショパンを追う旅をしながらピアノを演奏する楽しみと喜びを表現する仲道さんがチャーミングだった。 やっぱりBS-hi はお金と時間をかけて面白い番組を作るなぁ。





視聴率での検索がとても多いので、最近見た番組についてちょっとチェックしてみました。


●11/15(木) 「みなさんのおかげ/食わず嫌い 櫻井翔×優香」 - 18.6%

●11/21(水) 「はねトび/ほぼ百円ショップ」 - 20.3%

●11/22(木) 「医龍2 KARTE7」 - 14.1%

●11/24(土) 「しゃばけ」 - 14.4%

●11/24(土) 「SP Ep.Ⅱ-3」 - 15.7%


「しゃばけ」、面白かったんだけどなぁ。裏に2夜連続でたけし主演の「点と線」があったから(20%以上の高視聴率)伸びなかったみたいですね。

【...Read More】 以下はオマケで「嵐の宿題くん」視聴率。


>> 続きを読む




昨日の小栗くんの「情熱大陸」の後編の視聴率は8.0%だったそうです。
先週「来週も一緒に見ようよ?」と小栗くんからお誘いを受けていたみたいですが、結局ニノはご本人と一緒には見られなかったみたいで。

4年前の「ハムレット」の時には蜷川さんにダメ出しすらしてもらえないことを悔しがっていた小栗くんは、「カリギュラ」において蜷川さんに「完璧」と言わせる役者に成長したんですね。
吉田鋼太郎さんにタメグチで「どうしよう、全然セリフが入んない!」と弱音を吐いている姿が微笑ましかった。「クローズZERO」の完成披露のための試写会や取材山田孝之くんと一緒の時の様子も同志のような関係性が感じられて、同世代の俳優に恵まれているなぁ、なんて感じました。 

「今日、松潤サーフィン行くってさ」 ―― ちょっと羨ましそうでしたね。^^

蜷川さんとの雑誌の対談で稽古の時に小栗くんが蜷川さんや鋼太郎さんの膝の上に「よっこいしょ」といって座ったりするイタズラをしている話しがあったけれど、そういうことが許されるぐらい愛されているんだなぁ。
来年早々、また連ドラ出演の話しもあるみたいだし、小栗くんの疾走はまだまだ続きそうです。


「KIRIN Fire」の新バージョンCMも可愛い大泉さんが今日の「いいとも」のテレフォンゲストでした。前回の「救命病棟24時」の番宣で出た時よりちょっとトークが冴えませんでしたね!(笑)
タモさんが「今日のゲストは大泉洋ちゃんです!」って言ったのがツボでした。 「洋ちゃん」なんだ。(笑)

先週の「暴れん坊ママ」で大泉さんがドライブの最中に歌った鼻歌が「ナックスハリケーン」で、あんなところで「ナックスハリケーン」が登場したことにわたしはバカウケしていたのだけれど、今日のトークでちゃんとその経緯を説明してくれてました。
「本日のスープ」でも歌えばよかったのに、なにゆえ「ナックスハリケーン」?と思っていたのでした。そうか、自分の曲だと著作権も問題ないし印税も入る――??その辺はぬかりなさそな洋ちゃんである。

そういえば今朝の「めざまし」でV6の岡田くんの誕生日をV6のツアーファイナルでお祝いした様子が映っていましたが、事務所仲間(+「SP」で共演中の堤さん)からのお祝いコメントで翔くんも「木更津」つながりで登場してましたね。^^ 
長瀬くんが「歌姫」の太郎の衣裳で「タイガー、タイガー、おめでタイガー!!」とやってるのには笑っちゃったけど!(なんか懐かしいな!)

ニノのニッキにもあったけれど、岡田くんの誕生日が来たということは……大野くんの誕生日ももうすぐですねheart01


《関連エントリ》 
小栗くんの「情熱大陸」&「SP Ep.Ⅱ-1」の視聴率(11/13/07)




いやいやいやいや、今日のはもう、始まる前からパクチー入り生春巻きが異様に目立ってましたね。(笑) あの4品ではやっぱり「生春巻き」、浮き上がってます!!
いつもながら口に手を当ててモグモグしていた翔くん、頑張って生春巻き食べてたけど「大きい方食べてみてよ」なんて言われて辛かっただろうなぁ!

とんねるずが優香に話を振るものだからあんまり翔くん、お喋りのチャンスがなくて静かな感じ。連日のバレー中継でお疲れなんだろうな。
夏の頃に比べると若干お顔のふっくらが戻ってきた気もするけれど、顔色がちょっとメイクで隠されていたような…。 貴さんからも「テンション低い~!」って突っ込まれていたけど、確かに1人だから「面白い翔くん」は封印され、始終「品のいい翔くん」でありました。

それにしてもイッパツ負けしてくれたお陰?で貴重なニノとの2ショット・アカペラ「A・RA・SHI」が!
ニノの雪辱は果たせなかったけれど、ファンにとっては貴重なお宝映像ですねheart02





テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





「県民性発表SP5」、まだアリーナツアー中の髪の長い姿の翔くんで登場。
熊本、大阪、福岡、福島…ツアーやって、ドラマも追い込みで、最終回の番宣にも出て、C1000のイベントもやって、そしてレギュラーもこなして――その上にこのロケをやってたってのがスゴイです。(笑)
大阪のロケはまだツアー中だったのかな、喋ってる時にちょっと喉の筋?が張って見えて「声が出しにくいのかなぁ」なんて思いながら見ておりました。

紹介されていたあの大阪駅前の(JRと阪急の間にある)横断歩道は昔から交通量が多いために信号待ちが長いことで有名で、歩行者は信号が青になるのを待ちきれずに渡りだしてしまう事態が多発。 そのために「あと○秒で信号が青に変わります」ということを知らせるためのカウントダウンサインが信号機の横に登場したのですが、そのカウントが「10秒(前)」になった時点で皆は「もう10秒で青に変わるんだから」と結局渡り始めてしまうため、あのカウンターを設置した意味はほとんどなかったに等しいです。確かに大阪人はせっかちかも。(笑)

わたしが昨年まで暮らしていたボストンも同じで、車が来なければみんな当たり前のように道をバンバン横切ります。道路の大小には関係なく、とにかく「車も通ってないのに信号が変わるまで大人しく待っているなんてバカらしい」という発想のようです。
ただし歩行者のマナーの悪さと同じぐらいドライバーのマナーもよくないことで有名なのでお互い様かも知れないけれど。けれど、人身事故が身近で起こったという話は一度も聞かないし遭遇したこともない。きっとそれは歩行者を優先させる意識がドライバー側に強くあるからで(裁判王国なので万が一事故でも起きたらその補償額がとんでもないため)、そのため歩行者は我が物顔で道路を渡っていくのです。

でも同じような感覚でNYに行ったりするとエライ目に遭います。
NYは交通ルールに非常にうるさい街なので、人通りの多いタイムズスクエアの交差点なんかには警官が立っていて信号を無視して渡る歩行者には容赦なくピリピリと笛を吹いて注意をしてます。
街によってそういう違いがあるのもなんか面白かったなぁ。

先週、ニノがニッキで克実さんや勝村さんたちとご飯を食べに行った話を書いていましたが、勝村さんのブログにやはりその時のことが少し触れられていました。
(勝村さんの)舞台が終わった開放感もあるのでしょうが、それにしてもスゴイ飲みっぷり。
怪しげな芸能サイトからのTBがズラリと並んでいるのが何だか可笑しい。TB、受けつけないように設定すればいいのに、なんて余計なお世話かな。(笑)

さて、明日は「Mステ3時間SP」!
久しぶり?の<生嵐>!
果たして二宮くんは髪を切っているのでしょうか??

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。