ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




これはわたしの勝手な思いこみなのですが、毎年末っ子の潤くんが誕生日を迎えて、そうして嵐が1つ大人になる、そんな8月の終わりです。


上の姪っ子のお誕生日が8/28なので毎年姪っ子の誕生日のプレゼントを準備しながら「今年は潤くん、メンバーからどんなプレゼントもらうんだろ、むふふふふふ!」と想像をめぐらす楽しみがあります。
コンサートと重なる機会が多いから、ステージ上で茶目っ気たっぷりのお遊びプレゼントをもらってはちょっと困った顔でプレゼントを受け取るのが恒例だったりしますが、今年はちょうど国立公演の前後半戦のはざまだから9/3の公演の時に何か報告があるのでしょうか。


この夏の潤くんの輝きっぷりったら本当にハンパなく、今年はかなり潤くんにやられています。
わたしの中でこれまで潤くんの 「可愛さ」の部分はそれほど大きくフィーチャーされることがなかったのに、今年は潤くんの可愛さにドカン!とKOされてばかり。

その愛らしさとカッコイイ男っぷりをますます磨いて、魅力的な27歳の松本潤をわたしたちに見せてください!
お誕生日おめでとう♪
スポンサーサイト

テーマ:松本潤 - ジャンル:アイドル・芸能





昨日の「くちこみっ」で夏虹の番宣も終了でしょうか。
どの番組でもどの雑誌でも、キラキラオーラ満載だった松本さんを眺めつつ、髪型とか衣裳とかそういう外見の輝きじゃないんだよなぁ(いや、外見も麗しいけど)、なんか内面の輝きを感じるんだよなぁ、とそのこぼれおちるキラキラを眺めております。



朝から爽やかに番宣出演していたキラキラな松本さんの「夏虹」がいよいよ始まりました。

第1話のわたしの印象を綴ってみましたが、ちょっと辛口気味になっております。


>> 続きを読む

テーマ:松本潤 - ジャンル:アイドル・芸能





先週のレコーダーショックからゆるやかにアラシゴトを追いかけるスピードが落ちておりますが、ユルユルしつつも一応チェックしております。

あぁ、潤くんの「夏虹番宣week」がスタートしました。
それにしても潤くんのビジュアルが最強すぎ。

出る雑誌どれもステキ過ぎるため最近出たものはほぼ全買いしてる自分がコワイ。(Fine Boysは堪えたよ)
潤くん、その輝きを若干抑え気味にしてくれても十分だ!(汗)


>> 続きを読む

テーマ:松本潤 - ジャンル:アイドル・芸能





お~!

ただいま小栗くんのオールナイトに潤くんが飛び入り出演中!

>> 続きを読む

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





前回がとても心の重くなってしまうようなストーリー展開だったので今回も胸が苦しくなってしまうような内容だったらどうしよう・・・そう思っていたけれど、今回は気持ちの温かくなる内容でよかった。

第1回の視聴者の反応を受けて制作スタッフが「「スマイル」をご覧の皆様へ」というコメントを発表したくらいだから、初回放送後の反響がよほど大きかったのだろうと思います。 ビトを目の敵にする刑事が吐き捨てた言葉はドラマのテーマを想起させる以上にその言葉だけが一人歩きしてしまう程の強烈なインパクトを与えていたように思えたし・・・。

今回は花ちゃん探偵が身の危険を顧みず(あ~も~、ハラハラしたけど)大活躍してくれたことでビトとの距離が縮まっていく様子も描かれていて、その初々しさにようやくホッと心が和む瞬間が訪れた感じです。

>> 続きを読む

テーマ:スマイル - ジャンル:テレビ・ラジオ





昨日は潤くんの金ドラのニュースからスタート。
「早ズバ」は見逃してしまった。 

とりあえず「朝ズバ」以降の情報番組の録画予約。
「ピンポン」と「2時っチャオ」でも流れていたけど、「2時っチャオ」はいつもわたしの欲しいニュースは第2部の方で流れて、2時からの第1部しかネットされない我がエリアでは捕獲できないことがほとんど。 なので今回は珍しく2時台に取り上げられていたので入っていました。

「花男」と同じスタッフで作るということになると、どうやっても前作の出来が引き合いに出されるだろうしハードルも高くなる分やり甲斐もあると思うけれど、潤くんの「すごいドラマになりそう」というコメントに期待したいですね。
中井貴一が「ふぞろい4」からもう12年もTBSのドラマに出ていないということにビックリ。
前クール「風のガーデン」である種鬼気迫る静かな演技が印象的だったけれど、今度は「目立ちたがり屋のミーハー弁護士」になるんだ。

>> 続きを読む

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能





1/12から『隠し砦の三悪人』の公式HPで特報予告が解禁になってますね。
初めてちゃんと映像を見ました。

あっ、オサレな潤くんがボロキレ1枚!
そして潤くん、小汚い!(笑)

黒澤版(オリジナル)の最大の見せ場である疾走する馬の上でのアクションシーンや村人たちの圧巻の火祭のシーン、思った以上にオリジナルに忠実に再現してある気がする。
オリジナルでは千秋実と藤原鎌足の凸凹コンビの罵り合いが面白いんだけど、潤くんと宮川大輔はどうなんだろう。
椎名桔平がダースベイダーに見えるんですけど(笑)、これって「SW逆リスペクト」??

初めて主演メンバー以外のキャストを知りました。芝居巧者の役者が多いですね。
音楽は佐藤直紀。
きっと現在は鋭意編集中だと思うけれど、潤くん自身も「どんな風になるんでしょうね?」って前にラジオで言ってから、後は編集の力次第でまた面白さも変わってくるんだろうな。

1/19発売の『CUT』2月号の【CUTが選ぶ50人 2008年は彼らだ!】に潤くん登場するみたいですね。ちょっと楽しみ。






昨日から潤くんの「きみぺ」が始まりました。
いやぁ、この2年後に道明寺を演じているとは思えない可愛さ♪^^

モモに癒されるすみれちゃんの心地よさが毎回伝わってきます。
わかってはいるんだけど、すみれがいろんなストレスを抱えて泣いてしまい、モモが優しい言葉をかけて抱きしめてあげる浄化作用のシーンに毎度ホロリとしてしまう。

当分の間、モモに癒される毎日になりそうです。

そんな今月はWOWOWでも嵐三昧。
「鉄コン」「ハチクロ」「僕妹」、映画でも嵐!でございます♪


【拍手コメントへの返信】

apple jamさん
今年もよろしくお願いいたします☆
お正月休み、満喫されましたでしょうか??
えぇえぇ、わたしももう大・大・大がつくほどの櫻井画伯のファンですので、いつか必ず画伯シリーズを復活していただきたいと願っております。
画伯には申し訳ありませんが、アゴが外れそうになるほど大笑いさせてもらった経験は彼の描いた名画の数々(「トトロ」「モナリザ」「マイケル」「大仏」etc)以外にはないっ!
進化する画伯の新作をホントに見てみたいです。(笑)


rikaさん
知念くんの”大野くんLove”の一途さたるや、関心を通り越して感動すらもたらしてくれます!
いつか2人で踊るところを見てみたいです。いや~、見応えあるでしょうね!
そのためにも大野くんには知念くんとお近づきになってもらって。(笑)

世間には多くの”隠れ相葉すごろくマニア”がいると睨んでおります。少なくとも現在までの「ブログ拍手」5票のうち3票が”望・相葉すごろく!”でした。
みんなあのお約束・ストッキング兄弟に会いたいですよね? ちくび開きTシャツもね??
もう事務所がOK出さないのかな、キケン過ぎて。(笑) 


ドラコさん
初めまして、コメント有難うございます。
やっぱり「相葉すごろく」は人気高いですねぇ!
あそこまで徹底的におバカに徹することができるってのはなかなかありません。
「相葉すごろく」という名の罰ゲームを何故彼らが自らに科しているのかわかりませんが(笑)、「相葉すごろくファン」のためにも是非改変期あたりでやってもらいたいですね!!





今日の「ニッキ」によるとニノは昨日の「Hey×3」を家で見ててのりピーが嵐のコンサートに来てことを知ったそうで、テンションが上がっちゃって勢いでマネージャーに電話したのだとか。

昨日の「宿題くん」のゲスト、だいたひかる&まちゃまちゃは何だか穴埋めゲストみたいな感じでした。何のPR活動もなく、ほんとに「スケジュール空いてた同士で出た」っていうような。(笑)
先週のゲスト・ELTの時とは嵐のテンションもエラく違ってた。特に松潤!

わたしは松潤と相葉ちゃんの日焼けッぷりにずっと目がいってしまって。昨日の松潤は一段と歯が白く見えた!(アゴヒゲも濃く見えたけど)
彼の容姿+肌の色まで濃いとやっぱり”濃さ”が増しておりまして、やはり彼は日焼けしてない方がいいかな?なんて。

そんなわたしは今更ながら放送時に挫折したまま見ていなかった『バンビ~ノ!』の続きを地道に消化視聴中。それにしても潤くんも濃いが市村正親も濃いな。(もっと言えば北村一輝も濃いか。)
先輩役の佐藤隆太くんが松潤を「バンビ!」「バンビ!」って呼ぶたびに、『木更津』じゃないんだよなぁ~、この「バンビ」は翔くんじゃないんだよなぁ~、なんて不思議な偶然を楽しんでしまいますが。

しかし秘かに吹石一恵ちゃん、連ドラの連投が続いてますね。
今年ですでに「華麗なる一族」「バンビ~ノ!」「山田太郎ものがたり」と3クール連続出演。
そして何気に香里奈も「ぼくの歩く道」「バンビ~ノ!」「牛に願いを」と(3クール連続ではないけれど)絶え間なく連ドラ出演が続いてますね。

しかし…そんなことを言ったらもっとすごい人がいた。
そうさ、佐々木蔵之介!
絶え間なく出てますね、大河にまで!!
「バンビ~ノ!」&「僕の歩く道」でも香里奈と、「バンビ~ノ!」&「風林火山」では隆太くんとも重なってます。
そして佐々木蔵之介さん、秋からは「医龍2」で「バンビ~ノ!」で一緒の北村一輝とまたまた共演。

つまりは「バンビ~ノ!」の売れっ子キャスト勢揃いを再確認した、と。
そういうことですね。(笑)





今、毎日『花男2』と『拝啓、父上様』の再放送をやっているので録画しているのだけれど、寝る前に録画チェック、と思って再生するとついガッツリと見入ってしまう。
『拝啓』なんて1日に2話連続でやってるもんだから結構大変。でもやっぱり面白い。

『花男2』の第2話、滋が道明寺とつき合うことになり、周囲から「本当にお前はそれでいいのか?」とハッパをかけられたつくしは思い切ってあの「俺様ケータイ」で道明寺に電話をかける決意をする。

このシーンのサタケミキオの脚本が素晴らしいんだなぁ。
ものすごくいいセリフを書くのです。また、井上真央と松潤の演技も秀逸なんですね。
画はつくしメインなんだけれど、電話なので道明寺は携帯から声が聞こえるだけ、つくしも見えない相手に話し掛けるだけの芝居なのにこの胸の締めつけられようったらどうなのさ!

前の回で道明寺の姉・椿に泣きながら自分の本心を打ち明けるシーンの彼女もすごくよかったんだけれど、つくしが明るく元気で意地っ張りな女の子のなだけに、彼女のこの弱くて健気な部分をあんな風に真っ直ぐに演じられると堪らない。ほんとに見事なぐらい、ポロポロポロポロと真っ直ぐに涙が流れ落ちて。上手いなぁ、井上真央。

道明寺にかけた電話は留守電につながりそうになるんだけど、ちょっとして道明寺本人の声に切り替わる。道明寺がつくしからかかってきた電話に出るべきか否かの迷いがあったことをさり気なく見せるわけですね。
ものすごく思い詰めて電話したつくしに、すごく穏やかでいつもの俺様キャラでない優しい声で「どうした?」と声をかける道明寺。いやー、ここはつくしでなくても泣いちゃいます。
「…泣いてんのか?」という道明寺の問いかけに、

「なんかさ、なんかね、この電話でね、道明寺と話してんのがさ…なんかすごいことなんだ…もうここから道明寺の声は聞けないもんだって、ずっと思ってたから…」

彼女がどれほど道明寺のことを想っていたのか、このセリフにもうわたしはグッときてしまってダダ泣きです。
サタケミキオの台詞と井上真央の芝居の合わせ技で泣かされてしまうなぁ、ほんとに。

それでその次に『拝啓』の5話、あの家出した女将さんのために一平が坂下にお金を取りに行って見つかってしまい、竜さんに女将さんの居所を問いつめられるシーンです。

「責めないでやってください…雪乃ちゃんのこと…」

この一平の表情にまたやられてしまって涙。
どっちも展開はわかってるのにどんだけ泣かされてんだ、わたしは、と。

だって『山田太郎』では何となく消化不良なんだもの…。
グッとくるドラマを欲してるんだもの…。


二宮くんの今日のニッキは、福岡での観客の反応を踏まえた彼の気持ちがちょっと見え隠れする含みのある内容で。すごく言葉を選んで書いていたけれど。
福岡でお客さんの反応を見る前とそれを受け止めた後と、きっといろいろと複雑な心境だったんだろうな…そう感じさせる文面で。

福岡での彼のコメントはいかにも彼らしい皮肉を込めた切り返しであの記事に対する気持ちを表現していたようですが、明かな否定も肯定もしなかったみたいで。
ただ彼の表現からは何となく「このことで世間の自分に対する評価がどういうものかがわかった」というようなニュアンスが受け取れました。

ニッキにあった「楽しくみんなと接していけたら」という表現に、いつもの強気な彼には見られないものを感じなくもなかったけれど、今、せっかく嵐に”きてる”波が止まってしまわなければいいのにと…再加速しているスピードが鈍ってしまわなければいいのにと、そう思ったりしました。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ





現在、関西では毎日『花より男子』を再放送中。
今のクールのドラマに満足感を得ることのできないせいなのか、1日の終わりに『花男』の録画を見るのが楽しみになってしまった。
そう、これこれ、この「次の回が楽しみで待ち遠しい」、こういう気持ちにさせて欲しいのよ、『山田太郎』。
同じプロデューサー&ディレクターなんだけど…となるとやっぱり脚本…ですか? 
『花男』見てても主人公の恋の駆け引きのもっていき方がね、やっぱり巧いんです、サタケミキオ!! 

8/5まで新宿シアターサンモールで上演中のセレソンの『歌姫』がTBSで10月にドラマ化されるみたいですね。
磯山P+長瀬くんの「IWGP」&「タイガー&ドラゴン」コンビで。
ここ ←に記事ありました> Kao-Poohさん

ほんとかどうかわかりませんが、以前に『ハケン』の続編が10月クールで始まるなんて噂があったので、もし本当にそうなら10月は楽しみが増えます。

そしてきっとわたしは『歌姫』を見てボロ泣きするんだろうなぁ。

あぁ、御本家セレソンの『歌姫』を見てみたーい…。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 fragments  , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。